忍者ブログ

三郎とおやすみ羊のBMW R1200GSで世界一周の大冒険

   
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2009年Cape York Challenge その4 OTLを突破せよ!
chocolate.jpgダートを走ってると、口と鼻の周りが茶色く汚れてる。チョコを食い散らかしたわけではないんだけど、そんな感じに見える。当然対向車や追い越し車に遭遇すると砂埃で何も見えない。Service Stationでヘルメットを取るわけだけど、いつも自分の鼻と口の周りが汚れているのを忘れちゃうんだよね。店の人はなんとなく何回言いたげな顔をしてるんだけど、だいたい後で気づくんだよね。でもどうせ汚れるからキャンプ場でシャワーを浴びるまでそのままにしていたよ。



Day 8

21/AUG/2009 Bramwell Junction to Seisia
ODO Meter 13,007.9km
6:00am 起床
7:30am Bramwell Junction 出発 (164.1km / 7.70L + ジェリに2L)
11:30am Gunshot Creek渡河
12:00 Gunshot Creekにてミューズリー・バーのLunch
15:45pm Jardine River渡河
16:30pm Bamaga 178.4 / 4.53L +ジェリ缶の5L分 = 9.53L
17:00pm Seisia Caravan Parkに到着

ODO Meter 13,193.8km (本日の走行距離185.9km)
平均燃費: 342.5km / 17.23L = 19.88km / L
今までの総走行距離3,758.8km

昨晩もパナドールを飲んで寝たけど、やはり夜中に痛みで目を覚ましてしまう。寒さは昨日ほどじゃなく気にならないけど、痛みは耐えがたい。パナドールをもう一度飲み込み、再び眠りに着くけど、眠りは浅い。結局6時前には起床して出発の準備を始めた。
Roadhouseは7時半に空くのでそれまでに出発の準備を済ませ給油をして出発。今日はOTLなので昨日の3リットルに加えて2リットル余分にジェリ缶に入れた。合計5リットルのガソリンが入るとリアがかなり重くなったけど、ガス欠するよりはましだからね。昨日フォークのねじれを直すの手伝ってくれたGrahamは他4台の四駆と自前のランドクルーザーで“Cape York Tour 2009”に参加しえている。彼らにはガイドが付いているのでクリークを渡るポイントとか全部教えてもらえる。彼らもOTLを北上するので一緒になる機会が多そうだ。
彼らに出発する旨を伝えて、ついにOTLへGO!
entrance_of_otl.jpgentrance_of_otl01.jpgentrance_of_otl02.jpg







OTL01.jpg9172761a.jpgRoadhouseから少しいったところにOTLの入り口が有る。入っていきなり深い砂地・・・。まじかよ、これは大変な一日になりそうだ。ハンドルを砂に取られながら、低速で進む。道幅は車一台分しかないから、対向車が来たらどうするんだ?まぁ、朝の早いうちは対向車はないか。深い砂地を抜けるとコルゲーション、大きなギャップ、道の左右の段差が50センチ以上あるところとか今までの行程より全然きつい。本当にウンザリするくらいの深い砂地がなんどもなんどもやってくる。わだちの部分が比較的浅くなってるから、そこにラインをあわせて走るんだけど、たまに前輪が真中やサイドの深いほうにいってなんどもコケそうになる。コケそうになると一速に入れて足で踏ん張る。
気温も上がってきて、負傷した身体から体力がドンドン抜けていク。ちょっと気を抜いらとうとうコケてしまった。まぁ、スピードは大して出してないからダメージは無いけど、バイクを起こすのは一苦労だ。砂に車輪が埋まってるし足場が悪いからなかなか上がらない。荷物を全部降ろし、気合一発で起こす。こりゃコケる度に体力が消耗されるな。はやく先に進まないと、Graham達に追いつかれてしまう。当然道幅がせまいから追い抜きも出来ない。入り口から4キロ進んだところで最初のクリークPalm Creekがあるんだけど、乾季で水は殆ど無し。渡河というかぬかるみも無いくらいに干からびた川底をそのまま通り過ぎる。クリークを過ぎたらまた砂との戦い。

creek01.jpgcreek02.jpgcreek03.jpg







magoichi04.jpg更に3キロ進んだところでDucie Creekに遭遇。これはかなりの水量があるぞ。中洲があるから河を二度渡る感じになるな。手前は軽く越えたけど、中洲の向こう側はかなり深そう。念のために中洲にバイクを止めて、足で深さを測ってみる。一番深いところは膝より深い。一番浅いポイントを見つけて(それでも膝のすぐしたくらい)バイクで渡る。ブーツの中はびしょびしょだけど、あっという間に乾いてしまう。わかりますどんだけ暑くて乾燥してるか。Creekの向こう岸にバイクを止めて写真を撮ってたらGraham一行達がやってきた。流石に最新式の四駆にガイドつき。なんなく渡河して先に進む。
ワシはとろとろ行くから先に行ってもらったけど、ギャップや左右の段差があるところでは車は速く進めない。砂地ではかれらは難なく進むけどワシがトロくなる。しばらく彼らの後を走ってたら、四駆連中は写真撮影で小休止。コケたら起こすの手伝うから前を走りなよ、と言われて好意に甘えることに。そうしたらすぐに砂地でコケて助けてもらった。またしばらく進んだところでコケて、今度は彼らの姿がまだ見えないので独りで起こすことに。荷物を積んだままで気合一発で上げる!できるもんだね負傷した身体でも。

graham.jpgAlice CreekとDulhunty Riverはなんなく渡河して、遂に最大の難所Gunshot Creekに。ここはとんでもないギャップを下降してぬかるみに入ったあと渡河する四駆泣かせの難所。バイクはラインを選べるので比較的楽だけど、それでも崖の上からギャップを見下ろして下降するのにはちょっとした勇気が要るね。何組かの四駆連中に見守られながら、慎重に下降してぬかるみにはまらないようにラインを選んで渡河。以外に簡単に渡れた!
ここまで44キロしか進んでないんだけど、11時半を過ぎている。8時前には出発したから4時間ちかく経ってることに。Seisiaまでは140キロくらいあるんだけど、日暮れまでにたどり着けるのか?それともGraham達とEliot Fallでキャンプか?だけど昼飯も夕食の用意も無いゾ・・・

gunshot01.jpggunshot02.jpggunshot03.jpg







gunshot04.jpggunshot05.jpg









------------------------ちょっと一息--------------------------------------------------------------
magoichi06.jpgここまで来ると本当に暑い。以前にも書いたけど、中までズブ濡れのブーツが30分くらいで乾く。OTLに入ってからGunshot Creekに来るまで4回コケたんだけど、クソ暑い中砂に埋まったバイクを引き起こすのは大変だった。1回はGraham達に起こすの助けてもらったけど、あとの3回は自分自身で起こしたんだよね。一回コケた時にエキパイにアザが有るほうの内股が当たって火傷するし。体力は消耗するし、痛めている右肩には負荷が掛かるしで、ほんとイヤになったよ。水をドンドン飲まないと乾きで死にそうになるし。あと、寝るときもそうだけど、パナドールを飲んでないと痛みでやってられない。だから一日4回もパナドールを飲んで痛みを誤魔化しながら走ってるんだよね。鎮痛剤ジャンキーになるんじゃないかってちょっと心配。
------------------------------------------------------------------------------------------------------

george_n_family.jpgmagoichi05.jpgGunshotを渡りきったところでバイクを止めて、ちょっと記念撮影。ここに集まってる四駆乗り達と話しながら、お互いの健闘を称えあう。ちょうど昼時なので、休憩することに。だけど、マトモな昼飯なんて用意してないから、朝食用のミューズリー・バーを食べてエネルギー補給。後は水を飲んで空腹を満たす。あれ、キャメルバッグ(バックパックの中に水タンクがあって3リットルの水を入れられる)の水が吸いにくくなってきた。開けてみるとなんと残り後僅か・・・。これじゃ、乾いて死んでしまうよ。よっしゃ四駆乗り達に水をもらうしかないなと、彼らのほうに歩いてくると、Georgeファミリーが「水とソフトドリンクをやるよ!」ってギンギンに冷えたマウンテン・デューと凍った水をくれた!感謝!!
マウンテン・デューをがぶ飲みし(一気に3分の2も飲んだ)、糖分でカロリー補給。乾きも癒され、元気もいっぱい。さぁ、前に進むぞ!
George達は今日はJardine Riverまで行ってキャンプをするそうだ。Tipでの再会を期待して、George達と別れる。

cockatoocrek01.jpgcockatoocrek02.jpgGunshotを越えたら4キロ走って次の難所Cockatoo Creekに出くわす。ここはGunshotがあからさまにヤバイのと違って、見た目はただのCreekだけど、いきなり深い穴が川底にあったり、大きな岩がごろごろしてたり、流れが速かったりで、渡河するのが今までのCreekよりも難しい。バイクを河のバンクに止めて、歩いて何度も安全な渡河ポイントを探す。うーん左は浅いが大きな岩がゴロゴロで、ウッカリするとハンドル取られてドボン。真中は深い穴が何個か開いているから問題外。右は浅いんだけど、流れが速くて苔で滑りやすい。右か左か。バイクを水没させると最悪リタイヤだから、ここは慎重に進まなければ。周りには誰もいないので、万が一水没させたらすぐにバイクを引き起こせない。
なんで、後続の四駆部隊が来るまで待つことに。15分くらい待って、四駆部隊が来たので、みんなでどのポイントで渡るか協議する。結局右の流れが速くてすべるところはバイクを押して、そこを越えたら乗っていくことにする。1人がバイクの後ろを支えてくれて、GO! 慎重に慎重に進んで何とか向こう岸までたどり着いた。ここを過ぎると15キロでOTLとバイパスが9キロ重なるところに出る。
さは、このままOTLの北半分も制覇するか、バイパスでJardine Riverまで行くか悩む。
自分の体力、時間、食料、水などを考えて今回はバイパスで抜けることにする。9キロの地点でOTLとバイパスの分岐点に来た。後ろ髪を引かれる思いでOTLの入り口を見つめながらバイパスに向けてバイクを左に向ける。
バイパスの北側はかなりRoad Workが進んでいて走りやすい。分岐点から53キロ走るとJardine Riverのフェリー(艀)乗り場に到着。Jardine Riverは水量が多いのでフェリーに乗らなければ渡れない。フェリー代がなんと22ドルもする!これはアボリジニの土地に入るPermissionの料金も含まれてるんだけど、ボッタクリだよね。写真でも撮ろうと思ったけど、フェリーが着たので諦めてフェリーで河越。ここまで来たらBamagaまであと45キロ、Seisiaまで更に6キロ。余裕だなと思ったけど、意外に道が荒れていて思ったよりも時間が掛かってしまった。

see.jpgseisia.jpgそれでも4時過ぎにはBamagaに到着し給油してGeorgeから貰ったマウンテン・デューの残りを飲み干して、Seisiaに向かう。キャンプ場を発見し2泊申し込む。
バイパスを走ってる時に気付いたんだけど、またハンドルが右に曲がってる。何故か昨日真っ直ぐに直したフォークがねじれてるらしい。
テントサイトについて見ると、向かい側のパワーサイト(屋根と電燈とパワーポイント、水道がついている)にバイクが3台止まってるではなか!
テントも建てずに挨拶にいく。ここでCraig (DR650SEワシと同じバイク!)、Rod(KTM 640)とHenry(Kawasaki KLX450)と出会う。特にCraigとはバイクが同じなので意気投合。楽しい夕方を過ごすのだった。あまりに話し込んでしまって、辺りが暗くなってきた。ヤバイ、まだテント建ててなかった。速攻でテントを建ててシャワーを浴びて、またCraig達のサイトに遊びにいく。日が暮れきってないのでCraigとRodがフォークを直すのを手伝ってくれた。どうやら、ネジの締めが甘かったらしいな。ちょいちょいと直して夜メシにする。
夜飯はRodと一緒に町外れにある(って行っても殆ど何も無いんだよねここ)Local Clubにいってハンバーガーを食べる。Craig とHenryはキャンプ場のレストランで食べて、値段の割には駄目だったらしくてブーブー言ってた。
BamagaからTipまでは34キロのダートを走らなければいけない。そこからまた30分から1時間くらい岩場を歩いてようやく最北端に到着できる。Craig達は昨日行って来たのでいろいろ情報を貰い明日に備える。Punsand BayってところからTipにいけるTrackがあるんだけど、ここは砂が半端なく深いから止めたほうがいいとのこと。
hitsuji_at_seisia.jpg久しぶりにバイク乗りたちに出会えて楽しい時を過ごせた。Cape Yorkに入ってから初めてうきうきした気分で寝につく(もちろんパナドール飲んでね)。

Day 9 に続く。遂にTip制覇なるか?

拍手[3回]

PR
  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
TRACKBACK

TrackbackURL

フリーエリア
一日一回クリックするとランキングがあがります! よろしくお願いいたします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



View Europe in a larger map
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
New Comments 最新コメント
[04/20 Yoshi]
[09/01 NONAME]
[02/07 室橋一也]
[02/04 Yoshi]
[02/03 Yoshi]
カウンター
プロフィール
HN:
三郎
性別:
男性
職業:
革命家
趣味:
バイク・旅
自己紹介:
オーストラリアに移住して16年。遠く南の大陸から母国日本を眺めてみて危機感を感じてはや16年。なにか出来ないものかと考えて考えて、ようやく自分で行動することに数年前に思い当たる。とりあえず自分が出来ることから始めよう!ってことで、革命軍M-26-Julioをシドニーで結成。
誰かが世の中変えるのを待ってるだけじゃなく、自分で社会に貢献できることから始めよう。
世界を旅しながら色々な人と出会い革命の輪を広げていきたい。
2010年からおやすみ羊とBMW R1200GSで世界一周中!

Hasta la victoria siempre, Patoria o Muerte!

現在の愛車:BMW R1200GS 「Esperanza de la Tora」(世界一周)、 SUZUKI DR650SE 「孫市」(オーストラリア一周)
過去の愛車:Buell XR12R Firebolt, Yamaha FZ1, Yamaha TRX850, 、HONDA XR250R, Suzuki XF650 Freewind, Yamaha XV250 Virago
ブログ内検索
バーコード
Copyright ©  -- M-26-Julio 羊とめぐる冒険 BMW R1200GSで世界一周の旅 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]