忍者ブログ

三郎とおやすみ羊のBMW R1200GSで世界一周の大冒険

   
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Day 721: 2012年7月18日

Paris - France (Nadia's palace)
73,018km

☆★☆☆★☆

パリの感想については後ほどこの日記にアップしますが、現在深夜2時半。明日はケルンまで走るのでもう寝ないと!!

☆★☆☆★☆


今日はナディアが休暇をとってくれたので2人で街歩き。昨日まで有名観光名所はほぼ見て周ったので、今日は地元民によるパリの街散策。

先ずはメティエー(Metiers)地区へ。こういうレンガ造りのアーケード、

DSCF5838.jpg
















カフェなどはお洒落で「パリ」って感じですね。

DSCF5840.jpg
















公園もイイ味出してます。

d977f5ae.jpeg

















そして国立公文書館(Archives Nationales)へ。

DSCF5844.jpg
















パリにはこういう石造りの建物が沢山あるので、見逃してしまいそうですが、中に入ると庭が美しかったりするんですね。

DSCF5845.jpg
















そしていきなりモダン・アート!! 国立現代美術館(Musee National d'Art Moderne)。建築中に見えますが、こういう建物なんです。うーん、この奇抜な外面には賛否両論がありそうですね。

DSCF5847.jpg
















昼飯はギリシア料理。ナディアはつまみの盛り合わせを。

DSCF5850.jpg
















ワシはギリシアの家庭料理の代表ムサカを。オリーブオイルたっぷりでくどいか、と思いますが、食べるとくどくないんです。オーストラリアにもギリシア移民が多く結構ギリシア料理屋がありますが、ムサカは今回が2度目。ギリシア風ラザニア、っていった感じですか(トマトソースじゃないので風味は全然違いますが)。

DSCF5849.jpg
















気が付いたらルーブル美術館の前に来てました。

DSCF5854.jpg

















相変らず人出は多いです。

DSCF5855.jpg
















折角なのでピラミッドの前で写真。

DSCF5856.jpg
















セーヌ川を渡り、

DSCF5858.jpg
















国会議事堂へ。

DSCF5859.jpg
















ピカソなどの芸術家が集ったカフェ「カフェ・デ・フローレ」。芸術家たちはここに集ってお互いの芸術意識、感性を高めたのでしょうね。今となっては、まぁ、別にこれといった雰囲気があるわけじゃないですけども。

DSCF5862.jpg
















道端でパン屋さん。

DSCF5863.jpg
















そしてルクセンブルグ広場。なんでルクセンブルグなんでしょうねぇ。

DSCF5869.jpg
















泉の前でナディアと。

DSCF5866.jpg
















庭園はなかなかのもの。

DSCF5872.jpg

















パンセオン。ギリシア語では「万神の家」だそうですが、ここはフランスに貢献した偉人が祭られています。「偉人たちへ感謝をこめて(Aux Grands Hommes la Patrie Reconnaissante)」。

DSCF5874.jpg
















折角なのでパン屋さんでお菓子を購入。「パリ・ブレスト(Paris Brest)」。栗味のクリームのシュークリームって感じですか。上品な甘さでヨシ!!

DSCF5881.jpg
















が、しかしワシの顔が汚い・・・。

DSCF5882.jpg
















夜はナディアの友達のロホン、オリビエ、イヴォンたちとパブで飲みながら歓談。楽しい仲間に囲まれてナディアは幸せそうです。ワシもフランス最後の夜を楽しく過ごせました。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

今日も1日結構歩きました。パリを知るのには徒歩が一番! クリックして一票よろしくお願いいたします!!

I am competing in "Round the World Trip Blog Ranking". Please click the button to make my blog No.1!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 *******************************************************************************************************************************************************

拍手[3回]

PR
Day 720: 2012年7月17日

Paris - France (Nadia's palace)
73,018km

昨晩は3時までブログを書いていたので、ちょっと朝寝坊。昨日の日記の後半をブログにアップして出発したのは10時過ぎです。

地下鉄と電車を乗り継いでヴェルサイユまで行くのですが、なんと途中区間整備中でバスに乗り換え。これで結構時間がかかってしまいました。

ヴェルサイユ宮殿の最寄の駅に到着したのは12時手前。さて、ここからが大変です。それは、行列!!

チケットを買うのに2時間待ち!!らしいので、ツーリストインフォから購入(手数料で2ユーロ増し!!、で17ユーロ)。それから昼飯をちょっと離れたところまで買いに行き(駅・宮殿の近くはボッタクリなので)、宮殿へ。

ほう、流石に豪奢!! ルイ14世像が誇らしげに宮殿の前を飾ってます。

216f76a2.jpeg
















「朕が国家である。」うーん、絶対王政。

DSCF5693.jpg


















それにしてもスゴイ人だな。

DSCF5696.jpg
















入り口に行ったら、「列に並んで。」と。あれ、チケット買ったらそのまま通れるんじゃないの?? なるほどだから、こんなに人が広場にあふれてるんだ・・・。列を見ると、宮殿の前の広場を5重の列を作ってます・・・。おいおい。

最後尾は何処だ!?ってくらい混んでます。列に並んだのは1時過ぎ。

DSCF5697.jpg
















正門は金ぴかで圧倒します。こりゃ、18世紀後半の搾取された貧乏人が怒るわな。「パンが無いなら、ケーキをお食べ。」

2969bda8.jpeg
















今日は天気がいいので、日差しが多少きついんですね。女性は傘を差してしのいでいる人が多かった。ようやく宮殿内に入れたのは3時半!! 2時間も待ちました。 

さて、中を散策! さすがルイ14世がありったけの富を傾けて築いただけあって、素晴らしい。

DSCF5763.jpg
















、と思ったら、混雑しすぎで次になかなか進めません。2時間も待って、更に中まで自由に歩けないので、ここら辺は、「ヴェルサイユに来たのは失敗だった。」と思ってました。いや、ほんとに。

DSCF5705.jpg
















しかし、2階に上がると間が広いので、結構自由に歩けるように。そうなると、ヴェルサイユの華美な造りを堪能できるようになりました。ヒツジも「来て良かったよ。」、と。(下の写真は上の写真と同じ場所を2回から撮ったものなんです)。

ba0b8c44.jpeg
















兎に角、スゴイ。

DSCF5716.jpg

















ルイ14世 in ローマ皇帝の衣装。権力者のやることはいつも同じですな。自己顕示欲。

a884ddec.jpeg





















庭も手が込んでます。

9b9cbcfe.jpeg
















はい、ルイ14世肖像画。これも有名ですね。ハイヒールがチャーミング。恐らく彼がハイヒールを履いた最初の人。カツラも素敵ですよ、14世。

3fc832a2.jpeg






















何故か知りませんがモダン・アートが飾られてます。

12c02a0c.jpeg
















鏡の間。シャンデリアも凄いけど、人の数もスゴイ。

0e1872ef.jpeg
















鍋で作られた靴。うーん、ミスマッチなのかマッチしてるのか。

DSCF5731.jpg
















庭に入るには更に8.50ユーロ必要なので、ワシは窓越しに見るだけ。

3054fa7c.jpeg

















ここは女王の寝室。カツラ掛けが面白い。

DSCF5735.jpg
















マリーアントワネットと子供たち。

DSCF5777.jpg
















シャルルマーニュ(カール大帝)。やはり彼は偉大ですね。

DSCF5751.jpg






















この地球儀は面白い。

DSCF5756.jpg
















王冠を戴くヒツジ。未来の「羊界の王」。

b0e5203d.jpeg

















まぁ、兎に角、人・人・人。落ち着いて一つの場所にとどまることが出来ません。しかし、流石に有名・人気の観光地だけあって、素晴らしいことには間違いないですね。

ヴェルサイユを出たのは5時ごろ。電車に乗ってエッフェル塔まで。お、出ましたエッフェル塔。

b066b99b.jpeg
















近づくとその大きさがわかります。

1aab1882.jpeg





















東京タワーに比べて、やはり色の問題でしょうか、落ち着きがあって趣が感じられます。

DSCF5795.jpg





















ここからアルクサンデル3世橋を通ってセーヌ川を渡り、対岸へ。

DSCF5800.jpg
















インヴァリテス宮を遠めに見て、いい眺めですね。

DSCF5802.jpg
















コンコルド広場を通り、

DSCF5811.jpg
















古代ギリシア風建築の教会があったので寄ってみました。

DSCF5813.jpg

















内部はこんな感じ。厳かです。

f2d67e6c.jpeg
















オペラ座へ! ミュージカル「オペラ座の怪人」はここが舞台なんですかね。

DSCF5823.jpg

















そしてモンマルトルの丘へ。ここまで歩くのは結構疲れた! でもパリの街のパノラマが疲れを癒してくれます。

a668b327.jpeg

















モンマルトルの丘にある教会も白くて美しい。

DSCF5829.jpg






















再びオペラ座辺りまで歩いて降り、地下鉄で家まで帰りました。

家に帰ると、ナディアの親友ロホンが遊びに来ていて一緒に夕飯。

ナディアご自慢の女性なら垂涎のルブトン(Christian Louboutin)の靴を見せてもらって1日を締めくくり!(ワシはルブトンというブランドは知らなかったのですが・・・)

DSCF5837.jpg













↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
最近真面目に観光してますね。結構疲れてます!! 皆さんの応援が元気の源です。今日もクリックして一票よろしくお願いいたします!!

I am competing in "Round the World Trip Blog Ranking". Please click the button to make my blog No.1!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 *******************************************************************************************************************************************************

拍手[1回]

Day 719: 2012年7月16日 (後半)

Paris - France (Nadia's palace)
73,018km


一旦外に出て昼飯。既に3時です。腹減ったぁー。外には凱旋門が。あ、あのシャンゼリゼにあるのとは違いますよ。

1742107a.jpeg
















ちょっと博物館から外れて。途中ジャンヌ・ダルクの黄金の像がありました。

919d163d.jpeg
















パン屋さんを見つけてパンを3個ばかし。

再びルーブルに戻り、今度はメソポタミア文明を中心に見てみましょう。

ハンムラビ法典!! ここにあったんですね。感動です。

6626f388.jpeg






















「目には目を、歯には歯を」の復讐法で有名ですね。かなり厳しいように聞こえますが、平等法でもあったんです。人種や宗教に捉われず平等に法に従って裁かれたとか。

DSCF5584.jpg
















バビロニアのスフィンクス。大英博物館にもありましたね。こんなに持ってきて、本国のイラクにはもう残ってないんじゃないかな?? 

a1ef3271.jpeg
















星・月・太陽が可愛い。

1caaad55.jpeg





















筒型の印鑑。粘度に筒を転がして印刷。古代人の知恵ですね。

DSCF5594.jpg
















色彩がまだ残ってるタイル。兵士たち。メソポタミアの意匠も好きですね。

3de3899f.jpeg
















羊家族のモザイクとヒツジ。ヒツジもオーストラリアにいるお父さんヒツジに会いたいらしい。

DSCF5634.jpg
















フランスといえば、ナポレオン・ボナパルト。

DSCF5625.jpg





















「アルプス越えのナポレオン(Bonaparte franchissant le Grand-Saint-Bernard)」。駿馬でアルプスの峻険を駆け上がるナポレオン。勇ましいですね。

DSCF5626.jpg

















しかし実際のアルプス越えはこんな感じだったそうです。ポール・ドラーシュ(Paul Delaroche)「アルプス越えのナポレオン」。ナポレオンは作駄馬に乗っています。しかし、アルプスの峻険で駿馬を無駄遣いするようでは戦略家ナポレオンの名誉にかかわります。移動中は駄馬が一番です。

DSCF5642.jpg
















ダヴィッド(Jacques-Louis David)作「ナポレオンの戴冠式(Le Sacre de Napoleon)」。

DSCF5645.jpg
















皇帝になったばかりのナポレオンが皇后になるジョセフィーヌを戴冠するシーンですね。

DSCF5649.jpg

















ドラクロア(Delacroix)作「民衆を導く自由の女神(La Liberte guidant le peuple)」。これは有名ですね。女神の上半身が半裸なので中学生のときは教科書で写真を見てドキドキしたものです。

2b20d297.jpeg


















本当に見るもの沢山。5時半まで博物館にいましたが、さすがに全部は見れませんでした。入館料は10ユーロと良心的ですが、内部のカフェやレストランはボッタクリです。

博物館から出て、コンコルド広場へ歩いていきます。有名なオベリスク。

DSCF5666.jpg
















シャンゼリゼ(Champs-Elysees)通りを真っ直ぐ歩いて(ツール・ド・フランスの観客席を設置中でした)、凱旋門へ。これはデカイ。ナポレオンの威信をかけて造った門ですね。完成したのは彼の死後なんですけど。

DSCF5672.jpg
















ここから電車に乗ってナディアが働いているラ・デファンス(La Defense)地区へ。グランド・アルシェ(Grande Arche)のオフィスで働いています。大きすぎるので写真は一部だけ。

DSCF5680.jpg
















夜はフレンチ・レストランへ! ワシはウサギを頂きました。ナディアお勧めの店だけあって美味い!! やはり地元民に訊け、ですね。

DSCF5685.jpgDSCF5688.jpg











































明日はベルサイユ宮殿を訪ねようと思います。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
いつもご愛読ありがとうございます!! ルーブル博物館には圧倒的な所蔵品があります。今日もクリックして一票よろしくお願いいたします!!

I am competing in "Round the World Trip Blog Ranking". Please click the button to make my blog No.1!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 **********************************************************************************************************************************

拍手[3回]

Day 719: 2012年7月16日 (前半)

Paris - France (Nadia's palace)
73,018km

今日も晴れ時々曇り。さて、パリの街を散策です。

先ずはバスティーユ広場へ。ここは1789年7月14日にフランス革命の口火を切った「バスティーユ牢獄の襲撃」があった場所ですね。一昨日はバスティーユ記念日で祝日。エッフェル塔から花火が上がったそうです。

DSCF5323.jpg
















革命後牢獄は取り壊されて、現在の広場になったとか。火縄くすぶる(1789)バスティーユです。

セーヌ川の畔を散策。遠くにノートルダム寺院が見えます。

DSCF5326.jpg
















流石パリ、なんか洗練されてますね。錯覚かもしれませんが。

で、ノートルダム寺院へ。これが噂のガーゴイルかな??

DSCF5331.jpg
















正面はいろんな彫刻に飾られています。

DSCF5333.jpgDSCF5334.jpg

































写真を撮ってくれ、と頼まれたので撮ってあげたので、お返しにワシもヒツジと撮ってもらいました。

078fb8a3.jpeg






















中に入るには行列です・・・。

DSCF5336.jpg
















中はステンドグラスがキレイ。

94d46d32.jpeg

















外に出ると、面白い彫刻が。右から2番目の左右天使に囲まれたおっさん首ちょんぱで自分の首を持ってます。洗礼者ヨハネかな。

DSCF5352.jpg
















シャルルマーニュ(カール大帝)。

DSCF5354.jpg
















更にセーヌ川を西に向かって歩きます。橋が素晴らしい。

4df2190d.jpeg
















ちょっと見えにくいかもしれませんが、顔の彫刻がいろんな表情で面白い。

DSCF5360.jpg
















恋人たちが錠前を橋にかけて永遠の愛を誓う、らしいです。ワシも誰かと錠前をかけてみたいものです。読者の方でワシと錠前をかけたいかたいますか? いましたら是非ご一報を!!

DSCF5363.jpg
















で、来ました、今日のメインイベント、ルーブル美術館。有名なガラス張りのピラミッドの入り口。

DSCF5368.jpg
















もちろん行列です。最後尾から1時間はかかる、と書いてありましたが、20分ぐらいで中に入れました。

お目当ては古代エジプト所蔵品。あまりにありすぎてここでは紹介しきれないので、気に入ったものだけを厳選します。先ずはベス神!! 変わった風貌ですね。各家庭の神棚に祭ってあった庶民的な神です。

DSCF5430.jpg
















船のミニチュア。水先案内人が前を指差してるのがイイですね。

DSCF5375.jpg
















スィーーーー、っとな。

84f48221.jpeg
















アメン神とヒツジ。

DSCF5415.jpg





















デンデラ神殿の天体図とヒツジ。これはプトレマイオス朝のものなのでギリシアの正座とエジプト古来の星座がミックスしてます。

DSCF5418.jpg
















イシス神。オシリスの妹にして妻。ホルスの母。
DSCF5421.jpg





















太陽ビーム!!

DSCF5468.jpg
















そしてもちろんこの人、アクエンアテン(アメンホテップ4世)!!!

da2da239.jpeg
















これはアクエンアテンとネフェルティティだそうです。なんかいつものと違うぞ。

DSCF5485.jpg
















アクエンアテンの幼少期。

60a1895b.jpeg
















横からアクエンアテン!!

a5dc4dc3.jpeg
















アメンエムハト2世。かなりのおっさんです。顔が疲れてます。

DSCF5499.jpg





















おっさんの像。弛み具合がリアルでグー。

e44c3a17.jpeg
















象眼がなかなか素敵です、おっさん。

DSCF5509.jpg
















チビ丸子ちゃん的な先王朝時代の遺物。

DSCF5511.jpg
















マルクス・アントニヌス in ファラオの格好。

DSCF5545.jpg
















いきなりモナリザ! 見物人が多すぎて斜めからしか見えませんでした。印象は? うーん、そんなにスゴイものなのか??って感じです。

cd30982b.jpeg

















アウグストゥス帝の像。ヴァチカンでプリマポルタのアウグストゥスを見れなかったので、これでちょっとは心が癒されたかな。

DSCF5549.jpg





















アレクサンダー大王。

7119d431.jpeg
















ミロのヴィーナス。これも有名ですね。しかし、他の彫像と比べて特に素晴らしい、と感じることは出来ませんでした。

DSCF5629.jpg





















後半に続く・・・。


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

いつもご愛読ありがとうございます!! ルーブル博物館には圧倒的な所蔵品があります。今日もクリックして一票よろしくお願いいたします!!

I am competing in "Round the World Trip Blog Ranking". Please click the button to make my blog No.1!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 *******************************************************************************************************************************************************

拍手[3回]

Day 718: 2012年7月15日

Guildford - UK to Paris - France (Nadia's palace)
72,538km to 73,018km = 480km

今日は天気ヨシ。朝飯をマーク&クレアと食べて9時には出発。また会おうアミーゴ!! 

It was sunny! Having breakfast with Mark & Claire and left to Dover before 9am. Muchas gracias mis amigos!! Nos vemos!!
c11988b5.jpeg
















マーク&クレアとはコロンビアのメデジンで最初に出会い、キトで再会して、キロトア、クエンカとほお一緒に行動、ペルーのクスコ、ボリビアのラパス、スクレでも再会して、最後はリア・ショックを買いにチリのサンチアゴに行ったときに再会と南米で頻繁に会った仲間。次に会うのは、いつになるんですかね。

I met Mark & Claire in Hostal Medellin in Medellin, Colombia first time and met them again in Quito, Ecuador. Until Cuenca we kinda travelled together (via Quilotoa), then we bumped to each other quite often during the trip down south (Cusco, La Paz, Sucre and Santiago). So they are big part of my memory of South America! I hope we will catch up again soon on the road!

高速道路M3からロンドンの南をバイパスしてM25に入ってドーバー(Dover)に向かいます。そうそう、イギリスは多くの高速道路が無料みたいです。

I took M3 bypassing south of London and took M25 to Dover. In IK, many of motorways are free.

ドーバーには11時前に到着。12時5分発のフェリーなので、まぁ、1時間前に到着すれば余裕ですね。フェリー乗り場の手前にフランスの、そうですフランスの入国審査があり、またしても「素通りしていいよ」、と。「日本人だから、スタンプ押して。」と頼むと、「あ、そうか。」とスタンプを押してくれました。

フェリーが到着するまでしばらく待ちます。何人かがエスペランサのナンバープレートに興味を持って、「おたく何処からだい?」と訊いて来ました。「日本からだよ。」と応えると、みんな目を丸くしてました。

DSCF5313.jpg
















フェリーに乗り込みタイダウン・ストラップでバイクを固定。

4fa85987.jpeg
















他のバイク乗りとラウンジへ。12時2分頃に出航! さらばイギリス!! 雨ばっかだったけど、楽しかったよ!

31e46907.jpeg
















その後ワシはマーク&クレアが作ってくれた手作りパンのマーマイト&チーズサンドイッチを食べて居眠り。

船は定刻どおり2時半にカレー(Calais)に到着。ここからパリまで300キロチョイ。高速道路に乗れば早いのですが、フランスでは高速料金を取るので下の道を地道に進みます。

フランス側は曇り。ちょっと肌寒いくらい。

7時前にパリ市内まで来ましたが、ここから渋滞。流石大都市、と思ったら故障車が道の真ん中を塞いでいました。

ワシが通り過ぎた地区は黒人さんが多い、というか黒人さんしかいない地区もありました。フランスも他民族化してるんですね。

パリでお世話になるナディアのアパートには7時半ごろ到着。ナスカで出会ったのはもう1年以上前ですね。しばらく歓談後夕食。今日は魚のグリル、マッシュ・サツマイモ、サヤエンドウ、とピーマン。

e8ef7fcf.jpeg

















食後にはもちろんチーズです。フランスのチーズはやはり美味い!!

DSCF5321.jpgDSCF5322.jpg
































明日ナディアは仕事なので、ワシ独りで街散策です。地図をもらったし、ルーブル美術館をメインに散策します。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

三度フランスに戻って来ました! そしてついに華の都パリに到着です。明日はノートルダム、ルーブル、凱旋門などを訪れます。今日もクリックして一票よろしくお願いいたします!!

I am competing in "Round the World Trip Blog Ranking". Please click the button to make my blog No.1!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 *******************************************************************************************************************************************************
 

拍手[3回]

  
フリーエリア
一日一回クリックするとランキングがあがります! よろしくお願いいたします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



View Europe in a larger map
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
New Comments 最新コメント
[04/20 Yoshi]
[09/01 NONAME]
[02/07 室橋一也]
[02/04 Yoshi]
[02/03 Yoshi]
カウンター
プロフィール
HN:
三郎
性別:
男性
職業:
革命家
趣味:
バイク・旅
自己紹介:
オーストラリアに移住して16年。遠く南の大陸から母国日本を眺めてみて危機感を感じてはや16年。なにか出来ないものかと考えて考えて、ようやく自分で行動することに数年前に思い当たる。とりあえず自分が出来ることから始めよう!ってことで、革命軍M-26-Julioをシドニーで結成。
誰かが世の中変えるのを待ってるだけじゃなく、自分で社会に貢献できることから始めよう。
世界を旅しながら色々な人と出会い革命の輪を広げていきたい。
2010年からおやすみ羊とBMW R1200GSで世界一周中!

Hasta la victoria siempre, Patoria o Muerte!

現在の愛車:BMW R1200GS 「Esperanza de la Tora」(世界一周)、 SUZUKI DR650SE 「孫市」(オーストラリア一周)
過去の愛車:Buell XR12R Firebolt, Yamaha FZ1, Yamaha TRX850, 、HONDA XR250R, Suzuki XF650 Freewind, Yamaha XV250 Virago
ブログ内検索
バーコード
Copyright ©  -- M-26-Julio 羊とめぐる冒険 BMW R1200GSで世界一周の旅 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]