忍者ブログ

三郎とおやすみ羊のBMW R1200GSで世界一周の大冒険

   
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Day 6 6月30日(水)

本日は日本に帰る日です。12時過ぎまでに空港に着けばいいので11時半頃まで台北をプラプラしてました。

相部屋の山Dさんに別れを告げて、先ずはどうしても行きたかった店へ。
それは魯肉飯で有名な鬚張。屋台から始まったそうですが、あまりにも店が繁盛して鬚をそる暇もなく鬚ぼうぼうになってしまったとう店主。今じゃチェーン店化している台湾のソウルフード屋です。
ワシも鬚を生やしているし魯肉飯好きなのでいってみました。

taipeiche.JPGあ、その前に台北駅のロッカーにバックパックを預けにいったんです。そしたら地下商店街にデフォルメされたCheを発見。かなりおちょくった感じのデザインに仕上がってます。往年の革命家チェもこうデフォルメされてはぜんぜんカッコよくありません。チェのファンは怒るだろうなぁ。

どこに店があるのか調べるのもめんどくさいので、先日忠孝新生駅近辺で見かけたのでMRTで向かいました。魯肉飯NT$30のところMRT片道NT$20、往復NT$40ですので、なんとも馬鹿げてますね。歩くという手もあるんですが、暑くて歩く気にはなれません。

higecho01.JPG忠孝新生駅から出ると店はすぐそこにあります。開店は10時からなのでしばらく近所をプラプラしてました。ようやく10時、開店と共に店に入ります。

店は小奇麗です。やるなぁ鬚張、歌まで作ってますよ。
魯肉飯だけでは寂しいので鶏肉飯も頼みました(NT$60)。魯肉飯と鶏肉飯はちょうどお茶碗一杯分の大きさですね。美味しかったですけど他の屋台で食べるのと変わりはありませんね。まぁ、クーラーが利いた小奇麗な店で食べられるのでそこがお得な点かも。
higecho02.JPGhigecho03.JPG

台北まで歩いて行こうと思い西へ向かいます。途中ワシの大好物油飯が売っていたのでお昼用にお弁当にしました。一駅歩いて善導寺駅まで来たらもう11時ですし暑いのでMRTに乗っちゃいました。

あとは台北駅からバスに乗って空港まで50分。お土産を買って台湾ドルをUSドルに交換して出発です。

飛行機の中でPirates of the Calibbeanを見ました。見たのはめてなんですよ。以外に面白かったですね。

夕方に成田に着いて自宅に帰ったのは9時ごろですかね。

今回は旧友と時間を過ごせて本当に楽しかったです。抑えたつもりなんですがかなり食べ過ぎたみたいで体重のほうは2-3キロ増えてました。
今のところ増えた分を絞り込もうと必死になってますが、メタボしぶといです。

Day 6 6/30 (Wed)

This day I gotta go back to Japan. The flight was at 2:30pm, so I could wonder around the city till lunch time. 
I wanted to have lǔròu fàn at Beard Chiang, a popular Taiwanese food chain. The founder of the chain Mr Chiang started his business with a mere night market stall. His lǔròu fàn was  so popular and he did not hav time to shave his beard. So people call him "Beard Chaing". Now he is the owner of the food chain. lǔròu fàn is one of the signature dish of Taiwanese cusine and as I grow beard as well, I have to eat his lǔròu fàn!

After checked out the guesthouse, I went to Taipei station to put my backpack into a locker. 
I was not sure where was a Beard Chaing around Taipei station but I saw one near Zhongxiao Xinsheng station. So I hopped on MRT. It cost NT$40 return, and lǔròu fàn cost NT$30 a bowl. I guess the cost to get there does not justify but it's Ok, I wanna have Beard Chiang's lǔròu fàn.

One the way to MRT station, I found a shop selling El Che shirts and pants. But this El Che is not cool at all. The design is cute but I reckon El Che funs are not very pleased with this (please see the phote above).

The restaurant is right outside of one of the station exit.  It is very clean, neat, tidy and air-conned! They made a song for Beard Chiang.
I ordered a bowl of lǔròu fàn and chiken rice, together NT$60. They were good but same taste as those you can buy in any night market. Any way you can enjoy good lǔròu fàn in a clean and air-conned environment, that's the bonus.

I was walking to Taipei station. But it was too hot and I was running out of time, so I took MRT to Taipei station (my plan to save NT$20 failed...). From Taipei Bus station to the airport, it took 50mins (costs NT$125). After the check in, I killed time buying souveniers and exchaning NT$ to US$.

On the flight, I wathced The Pirates of the Calibbean for the first time. Surprisingly I hadn't seen this movie. It was quite enjoyable.

Well I gained 2-3kg after this 5days trip. But I really had great time there spending time with my old friends and having great foods. Surely I wanna come back to Taiwan again.

拍手[3回]

PR
Day 5 6月29日(火)

台湾5日目は独りで行動です。友人たちも仕事に戻らなきゃなのでね。
3日目の夜にようやくゲストハウスに他の客が来まして、話し相手ができてうれしいですね。名古屋出身の山D達郎さんです。仕事をやめて長期バックパッカーの旅の前の慣らし運転に台北へ来たそうです。アメリカに4年間留学してたとのことでなかなかのやり手とみました。

で、本日はMRT淡水線に乗って終点淡水まで行ってみることにしました。ここは台北から40分くらいですかね、西北にある漁港。12年前にも訪れたんですけど、昨晩Kenと話していて「オランダ人が建てた紅毛城に行ったか?」って聞かれたんですが行った記憶が無く、それなら淡水に行くかとなりました。山Dさんは故宮博物院に行くとのことなので途中まで一緒です。で、今回はガイドブックなんて持ってきてないので山Dさんが駅で見つけてきたMRTの路線沿線上の見所ガイド「台北地下鉄 都会の旅手帳」(日本語版)をもらいました。山Dさんと別れた後暇なのでそれを読んでいたら、笑いどころ満載と冊子でした!
例えば淡水線の説明は「北海郷城小鎮に浸入すると、ゆうゆうカード(SUICAみたいなカード)と共に、ピーと音を聞けば、その通りだ!」です。一体なんのこったかわかりません。台北市青少年娯楽センターの説明は「台北市青少年娯楽センターの内部には、アイス・スケート場、創意広場、漫画ディスク館、インターネット区、岩登り場、青春踊り場などがあり、これらの施設は青少年達をして喜ばせ、最高のHighな気持ちにさせます。」です。「漫画ディスク館」とは一体?「青春踊り場」は笑っちゃいますけどなんとなくわかりますが、「これらの施設は青少年達をして喜ばせ、最高のHighな気持ちにさせます。」のくだりがワシはすっごく好きです。その他にも笑いどころ満点!台北にいったら是非一冊MRTの駅でもらってください。
台湾は日本語が上手な人が多いので、この冊子の出来具合には痛く感動しました。独りでクッククック笑いを堪えながらMRTに乗ってました。ま
ぁ日本にある外国人用英語版冊子なんかもかなり笑いどころ満載の出来具合ですがね。

dunsui01.JPGdunsui02.JPGdunsui03.JPG




淡水につき先ずは紅毛城を目指します。途中わき道にそれて地元の路上市場をのぞいてみました。相変わらず活気にあふれています。ものが乱雑に並べてあるんですけど、それがまたいいんですよね。鶏は毛をむしられて頭付で並べられてます(もちろん既に絞められてます)。その下の檻のなかには生きている鶏がいます。うーん、今の日本じゃちょっと見れない光景ですよね。でもいいじゃないですかこういうのって。生活感がすごく溢れていて、旅はやっぱりこういうところに遭遇すると興奮しますね。肉、野菜、魚、惣菜などの食材が主ですが翡翠などの装飾品も売っていたりと観光客にも楽しめますね。 dunsui04.JPGdunsui05.JPG
dunsui06.JPG





avatar.JPGそれにしても暑いですね!湿気がすごくて汗がベトベトです。途中教会があって門の脇にある掲示板になりやらアバターみたいなポスターが張ってあります。おそらくアバターなんでしょう、「阿凡達」なんて書いてあります。教会の催し物の演劇だと思いますが、ジェームス・キャメロンに了解は取ってないと思われます。

dunsui07.JPGfortdomingo.JPG紅毛城まで結構歩きました。遠足で来ている小学生が多く、暑さと相まって早々に退城!
今度は川沿いの道をブラブラします。考えてみたら朝飯食べてなかったのでソーセージを食べて、ソフトクリームが10元(35円)だったので2つも食べてしまいました。タロイモとマンゴーソフトをひとつずつ。写真で見ていただくとわかりますが、なかなかのボリュームでしょう?これでSmallなんです。35円なんです。台湾最高!
softserve01.JPGsoftserve02.JPGkusopizza.JPGなんかお土産ないかなぁ、なんて歩いていたら「KUSO PIZZA」と書いてある屋台発見!残念なことにまだ営業前なのでどんなものを出してくるのか見れませんでした。きっと素敵なピザを焼いてくれることでしょう、香ばしい。


淡水は鉄玉子や阿給など他に名物あるんですが、結局歩き回るには暑いので食欲もなく涼しいところを求めて故宮博物院に行くことにしました。

淡水から士林駅まで電車でいき、そこからバスに乗って故宮博物院まで。
ビジターの大多数は中国本土からの団体観光客ですね。以前は日本の団体さんが目立ったのですが、圧倒的に中国勢に負けてます。国の勢いが観光地でもみられるものですね。

12年前に来たときは結構陳列に適当さがあったんですよね。たしか壷だったか花瓶だったかちょっと陳列ケースより尖がり部分が高いのがあったんですけど、その部分だけ穴をガラスケースにあけて展示してあったんですよね。一応ここに収蔵されているのは国宝級とか重要文化財級だと思うんですけど、かなり適当だったんですよね。ワシはかなりそれを見てビックリしましたけどうれしかったですね。
5年前に来たときは大改装中で展示物も少なかったんですけど、今回はかなり気合を入れてモダンな感じに展示も仕上がっていました。見やすくなってましたし、12年前の適当さは微塵もなく博物館としてはいい感じでまとまってました。
閉館まで2時間くらいでしたが、結構ゆっくりと見て回れました。
特に古代中国:青銅器時代の商・殷・周のデザインは力強くてかっこいいですね。なんか縄文のデザインとかメソ・アメリカ文明やアンデス文明に通じるようなデザインですよね。それ以降のつるんとした「中国的」なデザインとは一線をがした古代のデザインは今見ても斬新で新鮮です。文化の断絶があったんじゃないか、なんて思いたくなりますよね。

夜はkenと飯を食べました。
しばらく会えないでしょうけど、再会を約して硬く握手しました。

Day 5  6/29 (Tue)

This day I went to Dansui and National Palace Museum.
From Taipei Station, it took 40mins to Dansui. I went there 12 years ago, but I realised I did not see Fort Domingo (built by Dutch in 1629).

On the way to the fort, I found a local street market selling meats, veges, sweets, accessories, etc. The street is so narrow and full of locals. I was so excited to see real Taiwanese life, it's so dynamic and alive! I don't know how to express the atmosphere, but what I can say is there is full of mess but at the same time harmony in the place.

By the time I got to the fort, I was sweating like hell as it was so hot and humid. The admission was free! But lots of school kids were running around.... Heat and kids put me off spending time there. The view from the fort was good and building itself was interesting though. 

On the way back to the station, I went to the river side street to get some foods and had Chinese grilled sausages and 2 cones of soft served ice cream. The soft serve was so cheap, cost me NT$10 = 35cents!  And it wasn't small at all. Please see the photo above.

I took MRT to Sulin station. Walked around there for a while to find something new. Sulin is famous for the night market, but market is not open yet. I had Chinese dumpling for lunch.
It took 10mins or so from Sulin station to National Palace Museum by bus. This was my 3rd visits to the museum. Last time when I visit there 5 years ago, the museum was under massive renovation, so there weren't much of displays. This time the museum became so modern and was easy to look around. Things I was most impressed were artefacts of the bronze age. The designs of artefacts were so dynamic and powerful. They are so different from later Chinese designs. I felt that the bronze age designs are kinda similar to Central American and Pre-Inca and Inca designs.

I had dinner with Ken.
We promissed each other to see again once I come back from the world trip.

拍手[3回]

Day 4 6月28日(月)

今日はKenと2人っきりで台北の街を散策します。
暑いので歩くのはやめて車で。
蒋介石を記念した「中正記念堂」や師大夜市などにいきました。
蒋介石は中華民国の初代総統です。
中華民国は本来台湾を含む中国全土を支配する政権でしたが1949年に国共内戦に敗れて台湾省のみを領有するにだけになりました。1971年まで国連に属していましたが中華人民共和国が国連にて中国を代表する国家とされたために脱退、現在にいたっています。体制的には完璧に独立国ですが、中華民国を国家として認定している国は少なく、日本も1972年以降は中華人民共和国と国交を結んでいるため、台湾との正式な国交はありません。
「中正」とは蒋介石の本名で「介石」は字です。
まぁ、台湾でも彼の事跡に対しては賛否両論ありますので素直に彼を称えているわけではないようです。前政権民進党時代には「脱蒋介石」を推進し「台湾民主記念館」に変更されたりしたこともありました。

cksmemorial01.JPGcksmemorial02.JPG中正記念堂のみどころは儀仗隊の交代儀式と蒋介石の履歴や遺愛品の展示ですかね。以前にここを訪れたときに儀仗隊の交代儀式は見たのですが、展示品を見た記憶は無かったので、展示品をじっくり見ました。キャデラックが2台展示されてたりして面白かったですよ。蒋介石さん自体日本とゆかりのある人ですし台湾に訪れる際に下調べをしていくと面白いと思いますよ。

車は地下駐車場に停めたんですけど記念堂から広場を突っ切って駐車場までいかなくてはなりませんので、暑いので急ぎ足で歩いていたんです。これが失敗でしたね。なんとその時シドニーの大学時代の友達Fionaが丁度中正記念堂に来てたんです。ちなみにFionaは香港から旅行に来てました。しかもKenとワシを見て「もしやそうではないか」と思って声をかけようとしたんだそうです。しかしサングラスをかけてたし、急ぎ足で立ち去るワシたち。本人かどうか確認する間もなくワシらがドンドン行ってしまって声をかけそびれたそうです。これは日本に帰ってきてからFionaがFacebookに書き込んでいたので知りました。残念!

お昼ごはんは「排骨飯(パイクーファン)」をいただきました。これも台湾名物ですね。日本でもパイコー飯として知られているとおもいます。

shida01.JPGlargecoveringsmal01.JPGlargecoveringsmal02.JPG






その後Kenがお仕事の打ち合わせで人と会うのでStarbucksで一休みして師大夜市に繰り出しました。ここは数ある台北の夜市の中でも人気があるところ。師範大学のそばということもあり若者で賑わっていますし、値段も安い。ホルモンなどを煮た「滷味 (ルーウェイ) 」を食べ、なんか新しい物を探していたら「大腸包小腸」の看板がワシの目を惹きました。「一体大腸包小腸って???」とKenに言ったら「お前台湾に4回も来ているのに食べたこと無いのか?」と呆れられてしまいました。そんじゃ、いっちょう食べてみるか、ということで。白っぽい「大腸」とソーセージの「小腸」がグリルされています。「大腸」を真ん中から裂き、野菜などの具財を裂け目に盛って「小腸」をその上に乗せて挟みます。見た目は「ホットドッグ」です。「大腸」は大腸でもち米を包んだもので、見た目はホットドッグで味はライスバーガーです。なかなか美味いですね。見た目はそんなに大きくないですが、腹にたまります。日本でも流行らないかなぁ、大腸包小腸。ネーミングがとっても好きです。

mangoicecream.JPG本当は他にもKenはワシに食べさそうとしていたんですが、流石におなかがはちきれそうで、「無理」と断りました。そんならということでマンゴーアイスクリーム屋に連れていかれました。「別腹」なんでしょうかね、甘いものはこんなに腹いっぱいでも食べれるもんなんですね。

今日は大学時代を一緒に過ごしたKenと昔に戻った気分で下らない話とかまじめな話とかいろいろできて本当にいい時間が過ごせました。お互い変わってないって言えば変わってないんですけど、Kenはもうパパなんですよね。ワシは嫁さんどころか彼女もいませんからね。本当に誰か愛の手を…。

Day 4: 6/28 Monday

Today I spent a day with Ken.
It was realy hot outside, so we gave up walking around the city and got around by his car.
First, we went to Chaing Kai-shek Memorial Hall, which is erected in a memory of Chiang Kai-shek, formaer President of the Repubic of China (ROC).  
It is popular for the changing of the armed guards every hour. I saw this at my last visit here.
The hall has a museun documenting Chiang Kai-shek's life and career and exhibits related to Taiwan's history and development. We spent our morning there.
It is very interesting to see photos and memorabilias of Chiang Kai-shek. If you study a little bit before visiting here, you can really enjoy seeing those. The main attractions of the museum is 2 Cadillac used by the late President. There are lots of controversies on what he did during is presidency, so I guess people in Taiwan have mixed feeling toward the late President. The former President Chen Shui-bian actually changed the hall's name to "National Taiwan Democracy Memorial Hall" in 2007, but soon the name was changed back to the original.

We parked the car at the underground parking of the hall, but we got to walk acros the square under the heat. So we were walking really fast. It was a mistake!
When we were walking the square, our university friend Fiona was actually there. She is from Hong Kong and we did not know she was visiting Taiwan. She saw us but she was not sure if those guys were us. I was wearing sunnies and she thought Ken looked too youn for his age, and we were walking too fast. So she could not say "Hi" to us. We came so close to see each other but we missed the chance.... Sorry Fiona.

I had a plate of pork chop rice, this is off cource one of the signature dishes in Taiwan.

After lunch we went to a book store and Starbucks cafe to cool down. Then headed to Shida Night Market. This night market is locateed nearby National Taiwan Normal University, so the market is packed with students and young people. We had "Mixed noodle". Intestines and other internal organs , vegitables and noodle are cooked with special ru-wei souce. This is very popular in Taiwan and people are queuing to get this dish. I like this dish but it has a strong flavour, so some people might not like it.

Another one I had was tōa-tag pau sió-tag (大腸包小腸) – small intestine (sausage) wrapped in big intestine (sausage) . According to Wikipedia, "A Taiwanese snack, common in night market. A grilled Taiwanese sweet pork sausage wrapped in a grilled salty sticky rice sausage. Usually wrapped with garlic and basil. Customer can also choose the flavor they want, such as black pepper, garlic, chili, butter, and chocolate. "
Now you have some idea of this snack!? I had black pepper flavour and was really nice. It is jut like a hot dog, but taste like a "rice burger". The naming is so wired in Japanese sense, but I think it can be popular in Japan.

Ken was planning to feed me more in the market, but we were really full after the sausage.... So he took me to an ice cream shop where he bhad brought me 5 years ago. He thought we got to walk a while to get to the shop from the night market, we have some space for a bowl of mango ice cream. Please see the photo above, a bowl of ice cream.... it is huge...., we had each bowl... What were you thinking, Ken??? But surprisingly we could eat them up! The photo below is me eating the same ice cream 5 years ago. Mangos in Taiwan are very cheap and good. Once I go back to Japan, I have no chance to eat mango at all (very expensive), so I was really satisfied with the taste and volume of the mango ice cream.mangoicecream2005.JPG 
I spent really great time with Ken. We talked about life, politics, economics, rubbish, and shit,  I felt like we were back to old days.
I really appliciate to have friend like Ken. I will see you in three years time.


拍手[2回]

Day 3 6月27日(日)

昨日は朝から晩まで食べていたわけですけども、本日は旧友Kenと奥さんのLeslie、そして去年生まれたKen Jr.と台湾北東部の宜蘭にいきました。

宜蘭は海沿いの街で台北から日帰り観光でにぎわってます。近年トンネルルートが完成し渋滞さえなければ車で30分くらいだそうです。このトンネルルート開通によりますます人気のスポットになっているとのこと。

少し渋滞に巻き込まれましたが(上り坂での減速渋滞とみました)、快適に宜蘭に到着。それにしても暑い。ってことで先ずはアイスクリーム屋に直行。台湾ならではのタロイモ、紫芋、紫米のアイスクリームをいただきました。台湾のアイスは乳分は多くないのですが、タロイモアイスならタロイモが沢山入っているようで味がしっかりしていて美味しいです。まぁ、これはワシの個人的見解なのですが、中国系の人はあまり乳製品食べないのでクリーミーなものよりも混ぜてある材料のほうに重きを置いているのは納得できますね。アイスを食べ終わったら宜蘭名物「葱餅」。お好み焼き風のおやきですね。これも美味しいのですが、朝からまた食いまくりですな。
amimoto01.JPGamimoto02.JPGamimoto03.JPG




本来ならば宜蘭は海産物で有名ですし屋台で昼飯っていうところなんですが、暑いし赤ちゃんもいるんでエアコンが効いたレストランで昼食となりました。その名も「網元・Amimoto」。海産物を使った和華折衷料理ですな。Kenもワシが日本から来て早々和食はねぇだろう、って思ったんですがエアコンの効いたレストランは他に見当たらないので「折衷料理」ってことでいいだろうなんて納得してました。ワシ的には台湾で和食は初めてだからちょっと興味津々なんですけどね。

ちょっと高級なレストランで従業員の愛想もいいです。なんたってクーラーきいてます。これは一番のご馳走!メニューは無しで、お任せコースになってるみたい。実際何が出てくるのかわからない状態でスタート。
先ずはとびっ子のサラダ、お刺身とウニ。ここまでは和食ですな。台湾でウニはちょっと意外でしたが、しっかりとウニです。Kenはウニが好物のようでLeslieは嫌いだから、2人分食べてました。子持ちの生海老、ブリと鮭の刺身でしたかね。やっぱ刺身は暖かい海だからでしょうか、今一プリッと感が無いですね。沖縄でも刺身はそんな感じだった気がします。
その後はアワビ入りおこわ、ふかひれスープ、魚のムニエル、イセエビ、茹でたカニ(みたいな甲殻類。バルメイン・バグみたいなの)、え、まだ出てくるの?って感じで料理が運ばれてきます。おこわとスープは美味かったなぁ。昨日に続いてちょっと贅沢なランチでしたね。

それから海岸線沿いに九份まで北上。右手にずぅーっと亀山島が見えます。角度によって亀に見えるんでこの名があります。国立公園になっていて、周辺は海洋汚染も少ないのでいい魚場だそうです。海岸線は山が左手に迫っていて右は海。湿気が多いせいか遠くは霞んで見えますね。やっぱオーストラリアみたいにパァーって視界がクリアーっていう風にはいきませんね。

jiufen03.JPGjiufen01.JPGjiufen02.JPG




九份は昔ながらの街並みが残る観光名所です。お餅みたいというか白玉みたいなというかそんなデザートが人気です。1998年にもここに来てそれを食べましたが、やはり美味しいですね。ほんのりと甘くモチモチしていて、色んな味があるんで楽しいです。今回はクソ暑いんでかき氷の上に「白玉」を乗せていただきました。店で食べてるととうとう来ました、夕立が。かなりの土砂降りです。スコールです。流石南国ですな。

九份はみどころ沢山あるんですが土砂降りでそれどころじゃないんで、駐車場に戻り台北まで帰ります。途中また高速上で渋滞に巻き込まれたので下の道で渋滞を交わし台北へ。

lesliekenjr.JPGpeteranyujames.JPG夜はKen夫妻、Paul, Joanna, Peter, Anyu, JamesとChirstineの3兄夫妻と台湾郷土料理やで夕食。みんなとこうして集まれるのも3年後世界一周が終わったあとですね。

夕食後はPaul宅にまたお邪魔して3兄弟のお母さまに再会しました。お母さま、なんと日本語がご堪能で前回お邪魔したときもとても良くしてくださいました。今回も世界一周の安全を願って「お守り」をいただきました。石でできたペンダントなんですけど、石自体の模様をうまく使った「目」で悪を監視し、とんがった「剣」で悪を裂くそうです。本当にありがとうございます。Paulの息子Dustinと遊んでいたらJamesとChristineがデザートを買ってきました。ワシ、おなかいっぱいなのよ…。しかも九份で食べたのと同じ白玉が沢山…。

今回の旅はとりあえず旧友との再会が第一目的ですから、みんな忙しい中時間を割いて集まってくれてほんとうれしかったです。
明日はKenが休みを取ったので一日男同士の日となります。

Day 3 6/27 Sun

Ken and his wife Leslie and Ken Jr. took me to Yilan, located Norheast Coast of Taiwan, around 30 mins drive from Taipei on Sunday. This is a very popular day trip distination among Taipei siders especially after the recent complition of the freeway. The freeway is connected with a number of long tunnels, one of them is around 15km long.
 
We stuck in a trafic jam but it waas quite smooth trip to Yilan. But once we got off the car, it was SO HOT!!! We went straight to an ice cream shop. Taiwan offers lots of unique flavours. I had Taro, Yam and Purple rice flavours. They were really good. I rekon Taiwanese ice creams are not creamy as Australian ones but have stronger flavours (means moreTaro and Yum are inside). After eating ice creams, we had Yilan's famous shallot pancakes. Again I was eating a lot from the morning (I had breakfast before picked up by Ken). Then we drove for a while and went into a restaurant named "Amimoto", which means in Japanese "a leader of fisherman village". Ken was a little anxious if this restaurant serves only Japanese cuisine as I just came from Japan. But it was so hot outside, we wanted to eat in an ACed environment and it looked like this is the only restaurant with the AC in the area. Otherwise, we could have enjoyed those stalls outside. Luckily the restaurant serves Taiwanese and Japanese conbined cuisine.

We had flying fish roe salad and assorted sashimi as the starters, then boiled lobsters, shark fin soup, abalone steamed sticky rice, boild balmain bug look-a-like crab, grilled fish, and so on. I liked shark fin soup and sticky rice a lot. I was a little strange feeling to have sashimi in Taiwan, but as Taiwanese have good understanding of Japanese culture, they do present Japanese stuffs very well. 

Then we drove the coast line to Jiufen, the very popular tourist destination of Northern Taiwan as its traditional appearance is preserved very well till today. I came here in 1998 and remember I had a bowl of traditional sweets here. It was very good I remember, and of course Ken took me to have the sweets! While having the sweets, the rain started to fall really hard. So we decided to head back to Taipei. 

Back to Taipei, we had dinner with Paul, Joanna, Dustin, Peter , Anyu, James and Christine at a Taiwanese restaurant. Next time I can see them all like this will be 3 years later after the world trip. 

After the dinner, I was invited to Paul's place. I could see his mum again, she can speak Japanese very well and she has been so good to me since I saw her the first time 2 years ago at Peter's wedding. She gave me a good luck charm for my world trip. To let me safely come back, the charm  will make "evil' away from me. Thank you so much! 

The prime aim of my visit in Taiwan this time is to see my old friends, so I was so happy to see my friends spared time even though they were really busy.
Next day, Ken took one day leave for me. Yes, just Ken and I, men's talk like when we were living together in Westmead Sydney 10 years ago.

拍手[2回]

6月26日(土)台湾2日目
今日は友人Jamesと彼女のChristine、そして彼女の親戚たちと獅子頭山に山登りに行きます。
8時頃に忠孝敦化駅で待ち合わせ。Chiristineの伯父さんの車で新竹までGo!
朝飯はJamesが買ってきてくれた台湾風パンケーキと大根餅。2つとも油で炒めてあるので朝からちょっと重いですが、なかなか美味しいです。仕上げは豆乳!これは台式朝食には欠かせませんね。

jamesechristine.JPG車で一時間くらいですかね。新竹周辺のIT工業地帯に着きました。伯父さんはここで株主会議があるとのことなのでワシらはChristineの運転で近くのビール工場に。ブランドはその名も「台湾ビール」そのままです。ビール工場そのものの見学はしませんでしたが(時間が無いため)お土産やでビールやお茶の試飲ができます。ビールのつまみのソーセージ(香腸・シャンツァン)を売っていたり、蒸留酒の「白酒」が売っていたりとお酒好きにはちょっと楽しいかも。ワシはお酒飲めないので、見て楽しみました。

伯父さんから電話があり会議はものの10分で終了。迎えにいきます。何故だかIT工場敷地内にはライムが沢山生っており伯父さんは袋いっぱいのライムをお土産にもらってました。これが株主配当なのか?

bigfamilyintw.JPGそれから新竹市に向かい昼飯です。レストランの2階に上がると大きな丸テーブル3台予約してあります。Christineの親戚が総勢28名今回は集まりました。すごいです。「今日は特別な日なのか?」と聞いたら、「別に普通の週末これくらい人数が集まる」とのこと。車6台でています。しかも今日集まったのは全員じゃないそうです。以前にはバスを貸し切って出かけたこともあるそうです。恐るべし家族の団結力。日本も見習わないといけませんね。あまりにも核家族化してますし、その核家族内でも絆が薄いですから。従兄弟同士はまあ遊ぶにしても従兄弟の子供同士が遊ぶというのはなかなか無いような気がします。

hakkabanquet.JPG昼飯は客家料理です。ここら辺は客家の方々が多いそうで客家料理が名物だとか。久しぶりに「本格中華」を堪能しました。シドニーでも本場中華の味は手軽に味わえるのですが、やはり中華は大人数で回転テーブルにいろんな料理を載せて食べるのがいいですね。しかもどれも美味しい!Viva Taiwan!

それにしてもJames、彼女の親戚がこんなに多いと名前を覚えるだけでも大変そうだな。まぁ、かわいい彼女だからそのくらいの苦労はなんともないかな?

食事の席でChristineの従兄弟のKwunと仲良くなり、彼は今上海で仕事をしているんだけど住まいはアメリカのサンディエゴだからうまく日程が合えばサンディエゴで再会することに。しかも彼も一頃世界一周を真剣に計画していたとのこと。やっぱ同じことに興味があるもの同士は引き合うんですかね?彼はバイクよりも車派なんですがね。エンジン大好き!

おなかいっぱいになったところで獅子頭山に向かいます。車に揺られること一時間くらいでしょうか。山のワインディングを越え獅子頭山資料館に。そうそう途中何台かの大型バイクとすれ違いました。近年まで台湾では125cc以上のバイクは制限があって乗れなかったそうなんですが、解禁後は大型バイクもちらほら見られるようになりました。山がちな土地なのでバイクを走らすのには楽しいだろうなぁ。だけど雨が多いかな。
街中では相変わらず125cc以下のスクーターの天下です。やっぱ街中は小さいバイクがスイースイーっていきますからね。

資料館では獅子頭山についての説明映画を見ましたがクーラーが利いていて気持ちよく爆睡してしまいました!
ここでようやく山歩きです。でも暑い!蒸し暑い!この気温での山歩きはきついです。でもまぁ行程は1kmくらいですから楽なもんです。台湾の緑は深いですね。日本の山線に似てるんですけど、植物の濃さっていうんですか、鬱蒼と茂っているっていうか、あーやっぱ南国だなぁ、って感じます。ヒツジさんも相変わらずアーミージャケットを着たままなので暑くてかなわないそうです。ちょっとかわいそう。

soysouce01.JPGsoysouce02.JPG山歩きの後は冷たいお茶で渇きを潤します。みると伯父さんたちがなんか黒くて醤油みたいなのを飲んでます。少し別けてもらうと「仙草茶」でした。ちょっと漢方の味がする軽く甘い飲み物です。キンキンに冷えていて飲んだ後なんか爽やかになります。流石漢方!明治乳業の北海道あずきアイスも買ってもらって、暑さも吹っ飛びました、と言いたいところなんですが、暑いです、相変わらず。

odoutohitsuji.JPGodoutohitsuji01.JPGそれから道教のお堂にいったり新竹の夜市でいろんなものを食べたり夜遅くまでもてなされました。
屋台に現総統馬英九氏が訪れたときの写真が張ってあったりしましてね、やっぱ夜市は台湾を代表するものだなぁ、なんて思いましたね。
presidentma.JPGnightmarketshinju01.JPG本日は実に楽しかった。なかなか台湾の大家族の催しに参加することなんてないでしょうから、ね。ワシは幸せですね。


Day 2
6/26 Sat

Today my friend James and his girl friend Christine will take me to Mountain Hike. What interesting about this hike is that I am actually joining Christine's big family / relatives gathering. I am not sure how many people will be there, but according to them there should be more than 20. Wow that's a lot. 

They came to pick me up at Zhongxiao Tonghua station in the morning and heading to Shinju city where we meet up with others. James baught us Taiwanese break fast: Taiwanese style pancake and radish cake. They are a little heavy for breakfast but tast really good. Of course we had a coup soy milk each, this is the Taiwanese favourite for breakfast.

We drove around 1 hour to Shinju's IT industrial area, where uncle was attending the shareholders meeting. While he was in the meeting, we went to a beer factory nearby. We just visited the shop only as we do not have much time there. At the shop, they offer free beer and tea tasting. They sell the range of beer. Chinese white liqour and souveniers. As I cannot drink any alchole, I had a cup of tea but enjoyed there by looking around the stuffs in the shop.

We went back to the factory to pick up uncle. The meeting was held just for 10mins! Not sure why but I saw there are lots of lime trees in the factory and he got a bag full of limes. I wonder if the limes are dividend for the shareholders???

Anyway we headed to Shinju city and meeting the rest of the party member in a Hakkanese restaurant. Here in Shinju area, there are lots of Hakkanese reside, so Hakkanese cuisine is very popular. 3 large round tables were reserved for our party, the total of 29 people, including myself, were on the tables! I asked Christine if it was the special occasion, but she said no, it was just a normal weekend day out for her relatives. There were her uncles, anties, cousines and cousines childrens. Taiwanese do value their family and the bond of family member is far stronger than that of Japanese. I kinda envy Taiwanese family relation as in Japan even in a nuclear family the bond is often broken. 

The meal was great. I haven't had this kind of Chinese banquet for a long time. On the round table, many dishes were served and we shared them together. Many of them could speak good English, so could get to know them, especially her cousine Kwun. Kwun is working in Shanghai at the moment but he resides in San Diego, U.S., so if the timing is right, I will visit him in San Diego. He was also thinking about the world trip very seriously before, so I was so glad to get to know him. 

After the lunch, we headed to Lions Head Mountain around 1 hour drive from Shinju city. I saw a few big motorcycles on the widing road. Until recent year, motorcycles larger than 125cc were prohibited in Taiwan, but after the lift Taiwanese bike enthusiasts are enjoying big bikes. I am really happy to see more people having fun on the bikes! As Taiwan is mountainous place, so riding bikes would be really fun. But it rains really a lot....

Finaly we started the mountain hike. The hiking trail is around 1km, so it should be a piece of cake. But it was so hot, hot hot and humid!!! Climbing up the stairs was quite painful, Sweating like in hell and my body was so sticky! Though I enjoyed the scenery and vegetation of the mountain. As here is Tropic, the green is so deep, much deeper than that of Japan. From far, the mountain lines are similar to those of Japan, but the "thickness" of vegitation is by far greener in Taiwan.

After the hike, we refreshed ourselves with icy cold drinks and ice candy bar!

odou01.JPGodou02.JPGThen, we went to Taoism temple aged more than 100 years. The decoration of the buildings are amazing. The colours are so bright. What made me interested was in the temple not only Chinese deities but Budha and Indian deities are worshiped together. I could kinda see why Taiwanese are so advanced but at the same time keeping traditions buy seeing those deities are sitting together in one temple.
rooster.JPG5chics.JPGOh, we saw a rooster (or chiken?) and 5 chicks in the car park of the temple. I am not sure if this is just a coincidence, but in Japanese Shintoism Shrines, we oftem see large colourful roosters.

After hat we went back to Shinju city to have supper at the night market. Yes, if you are in taiwan, you have to visit night markets, where varieties of foods you can taste! We had noodles, rice dishes, tofu dishes, soup, pan cakes, I don't remember how much I ate that night. I saw a stall with current President Mr. Ma's photo. Wow, he actuially came here and ate same stuffs as I do. nightmarketshinju02.JPGEveryone enjoyed foods and atmosphere of night markets. So night markets are, I would say, the signature of Taiwan. Viva night markets!

I really enjoyed the day. Thank you, James, Christine and family!

拍手[2回]

  
フリーエリア
一日一回クリックするとランキングがあがります! よろしくお願いいたします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



View Europe in a larger map
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
New Comments 最新コメント
[04/20 Yoshi]
[09/01 NONAME]
[02/07 室橋一也]
[02/04 Yoshi]
[02/03 Yoshi]
カウンター
プロフィール
HN:
三郎
性別:
男性
職業:
革命家
趣味:
バイク・旅
自己紹介:
オーストラリアに移住して16年。遠く南の大陸から母国日本を眺めてみて危機感を感じてはや16年。なにか出来ないものかと考えて考えて、ようやく自分で行動することに数年前に思い当たる。とりあえず自分が出来ることから始めよう!ってことで、革命軍M-26-Julioをシドニーで結成。
誰かが世の中変えるのを待ってるだけじゃなく、自分で社会に貢献できることから始めよう。
世界を旅しながら色々な人と出会い革命の輪を広げていきたい。
2010年からおやすみ羊とBMW R1200GSで世界一周中!

Hasta la victoria siempre, Patoria o Muerte!

現在の愛車:BMW R1200GS 「Esperanza de la Tora」(世界一周)、 SUZUKI DR650SE 「孫市」(オーストラリア一周)
過去の愛車:Buell XR12R Firebolt, Yamaha FZ1, Yamaha TRX850, 、HONDA XR250R, Suzuki XF650 Freewind, Yamaha XV250 Virago
ブログ内検索
バーコード
Copyright ©  -- M-26-Julio 羊とめぐる冒険 BMW R1200GSで世界一周の旅 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]