忍者ブログ

三郎とおやすみ羊のBMW R1200GSで世界一周の大冒険

   
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Day 936: 2013年3月18日

Bornheim to Regensburg, Germany (Hotel Abotel)

84,131km to 84,616km = 485km

今朝は天気予報通り快晴!

As it was forecasted, it's a fine day!



羊とめぐる冒険の再出発には最高の日和だね。

It's the best condition to start my new trip with Mr. Sheep, Esperanza and the bear!

え、最近ヒツジとめぐっている、というよりくまとだって?

Recently you don't see much of Mr. Sheep but see the bear often!?

ふむ、あくまでくまはヒツジの手下なんですよ。ベジマイトじゃなくて、マーマイトだし。

Well, the bear is Mr. Sheep's assistant. He cannot handle Vegemite nor Marmite yet...



エスペランサにパニアを装着したり、

I put the panniers on Esperanza,



荷物をまとめたり。朝からアルトゥール、ボグタン兄弟が訪ねてきたり、ピーター兄が訪ねてきたり、弁護士から電話がかかってきたりとフレッドは忙しい。

and packing up. This morning Friedel was busy with visitors (Artur & Bogdan brothers and his own brother Peter) and calls from lawyers.

ワシももたもたしていたら、11時になってしまった!出発準備完了!

Oh, I was taking too much time too! It became 11am when I was ready.



フレッドにお別れを告げて出発!

I said good-bye to Friedel and Sira! "Hasta luego amigo! Nos vemos en el camino!"



本当にお世話になったよ、フレッド。必ず日本に遊びにきてよ!お母さんとね!

I really thank Friedel for his friendship and hospitality. Please come to Japan on day with your mum!

陽があるせいか、気温(10℃くらい)よりも暖かく感じる。

With the sun, I felt much warmer than actual temp (10℃)。

フランクフルト過ぎた辺りから、雲行きが怪しくなる。天気予報通りだ。

But after passing Frankfurt, the weather got worse. Well, it was as forecasted.

レストエリアにて雨具を着込む。

I made a stop at a rest area and wore the rain gears.



これで雨が降っても大丈夫!

Now I'm waterproofed!

しばらく走ると案の定雨が。体感温度も気温も下がってきた。

It started raining after a while. Now I felt cold!

そして、雨が雪に変わった…。ふむ、予報通りだ…。

Then it became snowing... Well, this was forecasted too...

気温は2.5℃、1.5℃とだんだん下がって行く。

The air temp dropped to 2.5 and 1.5℃. It was so so cold riding in that temp...

路面が凍結しないか心配だ。

I was anxious if the road surface was frozen.

雪がバイザーに張り付いて来る。バイザーの中も曇ってしまって、視界悪し。

Snow stuck on my visor. Inside of the visor got glared, so I had a bad visibility...

バイザー開けて走ると、寒いし雪が目にはいってくるし。

I opened the visor to get a better vision, but it was so cold and snows got into my eyes...

時速80〜90キロに落として走行する。そうでないと寒いし、痛いし。

I slowed down to 80 〜 90km/h. Otherwise it was too cold and too painful.

とうとう気温が0.5℃まで下がった!走っているから体感気温は確実にマイナスだよなぁ。

The air temp dropped as low as 0.5℃. As I was moving in high speed, the "feel like" temp must be much lower.

フロントスクリーンには雪が張り付いてるし…。とにかく寒い。そういえば、他のライダーは1人も見なかったな。

I could see snow stuck on the front screen. It was so cold. I didn't see any other motorcyclist...



ガソリンスタンドのトイレを使おうとしたら70セントもする!日本円にて90円!ふざけるな!ってことで使わない。我慢してやる。

I made a stop at a petrol station and wanted to use the toilet. But it cost €0.70! That's so expensive! So I didn't use it!



飯も街中のガソリンスタンドなら2ユーロくらいでソーセージパンが買えるのに、高い物しか置いていない…。よし、飯も抜きだ!

At those petrol stations in town, I could see a sausage with a bread roll for €2, but at the petrol stations on motorway got only expensive option... So I skipped lunch.

少しの休憩後雪の中を走り続ける。まぁ、あんまり休んでいると気温が更に下がって路面凍結ってことにもなりかねないから、先を急ぐのだ。

After a short break, I continue riding in the snow. If I rested too long, the temp might drop even lower and the surface of the road might be frozen. So I had to push myself going.

レゲンスブルクまで200キロ、150キロ、100キロ、標識を見る度に気持ちを奮い立たせながら走る。

Every time I see the post 200km, 150km, 100km to Regensburg, I had to get motivated going ahead.

本当に寒い。まぁ、バイザーを開けっ放しで走ってるからなんだけど。

It was seriously cold. Well it was partly because I was riding with the visor opened.

バイザーには曇り防止の機能が付いているんだけど、ここまで寒いと役に立たない。

I installed anti-glared film on the visor. It works well usually but with this low temp, it was useless...

考えてみれば、雪の中を走るのは3年前に香川に向かう途中児島半島で雪に降られたとき以来だ。あの時も3月だったな。(ウシュアイアのガリバルディ峠で少し雪に降られたけど、ほんの短い間だったからね)

I realised that last time I was riding in the snow was 3 years ago in Japan. I was heading to Kafawa, Shikoku, and just before the big bridge "Seto Ohashi", it snowed a lot in Kojima peninsula. (Well actually it snowed at Paso Garibaldi in Ushuaia, but it was a short time)

震えながら、ようやくレゲンスブルクの市街地に入った!

Finally I got to Regensburg! I was shivering!

ここレゲンスブルクは神聖ローマ帝国の首都も置かれたことがある歴史有る古都。

Here Regensburg was once the capital of the Holly Roman Empire.

ドイツ人に聞くと「レゲンスブルクは良いところだ」、と口を揃えていう。

Many Germans said to me Regensburg is a nice place.

が、しかし、去年も2回ここを訪れようとしてるんだけど、2回とも雨で取りやめたのだ。

But last 2 times when I wanted to visit this place, it was raining... So I didn't come here before.

で、三度目の正直が雪。

Then this time it was snowing, and I am here!

レゲンスブルクは「雨城」という意味らしい。

Regensburg means "Rainy Castle" so I heard.

なるほど、ね。

Well it is indeed!

ようやく宿に辿り着いた!野外駐車場にエスペランサを停めて、早速チェックイン。

Finally I got here. I parked Esperanza at the parking lot and checked in.

暖房がありがたい。

I loved the heater!

ホテルの近くに安スーパーのリデルがあったからそこでパン、生ハム、チーズ、飲み物を買って宿で夕飯。〆て3.90ユーロなり。

I found LIDLE - the discount supermarket nearby, so I bought breads, Palma ham, cheese and drinks. It was €3.90 for all of them.

流石に寒さで体力が奪われたのだろう。飯を食べ終わると疲労が一気に来た。

As I used lots of energy while riding, after the meal, I got so tired...

そうだ、風邪をひかないようにしないと。

Oh, I should not catch a cold. I have to be careful.

明日はファイナルドライブのオイル交換をしてからチェコのピルセンに向かう予定。トーマスとパーベルと再会が楽しみ!

Tomorrow I will change the oil of the final drive, then will ride to Plzen to see my friends Tom and Pavel!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
初日から雪!なかなかワシもツイています!まぁ、これ以上寒いところを走ることはないとは思うので、イイ試練になりました。

本日も「世界一周」ボタンをクリックして応援をよろしくお願いいたします!!

スマートフォンからご覧の皆様、
お手数ですが、画面の一番下までスクロールして頂き、「PC」に切り替えた上で「世界一周」ボタンを押してください!

I am competing in "Round the World Trip Blog". Please click the button below!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村 ******************************************************************************************************************************************************

拍手[0回]

PR
Day 935: 2013年3月17日

Bornheim, Germany (Das Haus von Friedel)

84,019km to 84,131km = 112km

今日は曇り。昨晩はメキシコにいるカミ・フジイと3時ごろまでTPPについてチャットで論議してたから寝不足。

It's a cloudy day. Last night I was chatting with Dios Fujii in México about TPP until 3am! So I didn't have enough sleep.

最近自民党安部内閣はTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)交渉への参加を表明した。

Recently the prime minister of Japan - Mr. Abe decided to enter the discussion to be a part of TPP.

ニュースなんかをみていると、メディアの反応はほぼ否定的な論調。

Almost all medias in Japan are criticising his decision: Japan should not join TPP - we will lose more than we gain.

読者の皆さんは、この件についてどう思われますか?

I wonder what opinion the readers of this blog have regarding this topic.

本日は明日の出発を控えていてあまり時間が無いので(既に深夜零時)、TPPについての考察は今度書きます。

I should go to bed early tonight as I am starting my trip tomorrow. So I will write about what I think about TPP at the later day.

で、今日は曇りで寒かったけどフレッドとツーリングに。

Today it's cloudy and cold, but with Friedel I went for a ride.

月曜日にボンまで走ったきりだから一週間ぶりにエスペランサ始動!

The last time I rode Esperanza was last Monday. So it's been a week already.



旅再開前のテスト走行も兼ねて。

The ride was also a test for tomorrow.



先ずは雪の残っている裏道を走るフレッド。おいおい、凍結してたらどうするんだ!?

Friedel took a back road where some snow still remained on the surface. I worried that if there were some surfaces frozen!

しばらく慎重に走りながら調子を見る。

I was riding with great care and testing Rsperanza's response.

アクセルのレスポンス、ブレーキの効き具合、サスペンションの動きなど。

Accelerator throttle - checked, breaks - checked, suspensions - checked, and so on.

問題は無いみたいだ。

There wasn't any noticeable problem.

少し走り、ガソリンスタンドでブレッドが給油中にワシはタイヤの空気圧を調整。やはり5ヶ月以上冬眠させていたから多少空気圧が低くなったいた。

After a short ride, we made a stop at a petrol station. Friedel was refuelling and I checked the tyre pressure. As Esperanza was left unmoved for more than 5 months, the tyres got little less pressure.

ガソリンスタンドには青いスズキのDRが2台。650RSと800!珍しい組み合わせだな。

There were 2 blue SUZUKI DRs! They were 650RS and 800! I thought it was a rare combination.



ワシが日本から来た、と知るとスズキライダーの2人は興味深々。ここでしばらく歓談。

Once they knew I was from Japan, they started asked me questions.

それからワインディングのある道を走り、ちょっとそこまでのつもりが、結構走る走る。

Them we rode through some twisty roads and he kept going. I thought we were making a short ride!?

以前フレッドが連れて行ってくれたバイカーが集まるカフェにて休憩。流石に冷えるな。

He brought me to the biker's cafe where we came last year. After the long ride, I felt cold a bit.



今日は日曜日で、天気が良ければバイカーでいっぱいなんだろうけど、ワシ等を入れて6台しかいなかった。

It's Sunday and there should have been more bikers if the weather was better.



珈琲を飲んで暖まる。棚を見たらバイク雑誌が年代別に置いてあって、一番古いのがなんと、1962年!

A cup of hot coffee warmed me up well. I found bike magazines on the shelves and the oldest one was dated Decembrr 1962!



裏表紙の広告が年代を感じさせる。

The advert(?) in the back cover page showed its age.



客が閲覧出来るようになっているのに、ボロボロになっていない。これが驚き。

Any customer could take and read it. Even do the condition of the magazine was superb.

帰りはアウトバーンに乗って。

We took Autobahn on the way home.

チョイ乗りするつもりだったのだけれど、112キロも走ってしまった。本当に久しぶりに走った、っていう感じ。やはりバイクに乗るのは楽しいね。

I was thinking to ride around the house, but in the end it became 112km ride! It was the longest ride I made in a day in 5 months! I certainly enjoyed riding!

ライディングの感覚も戻ったし、エスペランサの調子も良さそうだし、後は天候だな。

I get back the feeling of riding and the condition of Esperanza is good. So now all I need is a good weather!

家に戻り、荷物の整理。

Back home, I started to pack up.

考えてみれば、荷物の重量をしっかり測ったこと無い。

Oh, I realised that I've never actually weighed my luggages.

ので、測ってみたら、約32キロ!

So I scaled them and the total weight was 32kg!

左右のパニア(バイクに取り付けるアルミ製の箱)だけで都合12キロまある。だから荷物だけだと工具やスペアパーツ、テントや寝袋なども含めて20キロ。この重量なら悪くない、かな?

The panniers themselves weighs 12kg, so including tents, camping gears, tools and spare parts, a tablet PC, clothing etc, the luggages weigh just 20km. Ain't I good!?

天気予報をみると明日はこの辺りは晴れなんだけど、行き先のレゲンスブルクは雨。夕方から雪の予報。

According to the forecast, it'll be fine around this region but it will be raining around Regensburg. To make matters worse, it will be snowing in the afternoon...

うーん、どうしょうかな。出発は明日の朝決めればイイか。

Well, I'll decide if I am going or not tomorrow morning.

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
やはりバイクに乗るのは気持ちイイですね。さて、出発しますよ!

本日も「世界一周」ボタンをクリックして応援をよろしくお願いいたします!!

スマートフォンからご覧の皆様、
お手数ですが、画面の一番下までスクロールして頂き、「PC」に切り替えた上で「世界一周」ボタンを押してください!

I am competing in "Round the World Trip Blog". Please click the button below!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村 *******************************************************************************************************************************************************

拍手[0回]

Day 934: 2013年3月16日

Bornheim, Germany (Das Haus von Friedel)

84,019km

昨晩は夜遅くまでフランツ&アンカ宅にてパーティーだったから、今朝は遅めに起床。

I got up late in the morning as I was at Franz & Anka till late.

今日も晴れ!昨日よりも気温は高め。これなら週明けには出発できるかな。

It's a sunny day again! The temp seemed to be higher than yesterday and the snow was melting rapidly! I might be able to resume my trip at the beginning of the week.

朝飯が済んだら、今日は仕事。フレッドがヴィルフレッドに頼まれてボン近くの木材工場から木材を運ぶのだ。

After breakfast, we got a small job from Wilfried. We were assigned to bring some timbers from a factory near Bonn.

ヴィルフレッドは昨日行ったスーパー「エデカ」のマネジャーだそう。マネジャーといっても店長とかではなく、もっと高い役職みたい。

Wilfried is a manager of EDEKA. I wasn't sure what kind of role he is in charge but he seems to be in high position.

ここボーンハイムには全ドイツの野菜・果物などの集積・搬送センターがあるのだ。

Here in Bornheim, there is the distribution centre of veggies and fruits through out entire Germany.

先ずはそこに行って木枠を受け取る。

We picked up a wooden pallet from the centre.



流石に全ドイツのセンターというだけあって、デカイ。

The centre is really huge. No wonder here is the head distribution centre of entire Grrmany.

搬送のためのトラックは50台以上!

There are more than 50 trucks serving for this centre!



ヴィルフレッドはここのマネジャーなのだ。凄いな。

Wilfried is the manager of this centre! Wow.

さぁ、木枠をトレイラーに乗せて出発!

We put the pallet on the trailer and went to the factory.



木材工場までは10キロ足らず。

To the factory, it was less than 10km.

最近ドイツでは林業が儲かっているのだそう。

In Germany, logging business is profitable I heard.

天然ガスや石油の高騰で、マキの需要が高まった、とフレッドは言ってたけど。

Friedel told me that demands for fire woods and the price went up due to the higher prices of oil and gas.

まさか燃料になるマキだけでそんなに儲かるとは思えないから、それ以外の林業でも経営の効率化や輸送の効率化なども儲けに貢献してるんじゃないかな。

Well, I am not convinced that just because of the fire woods higher demands and price logging business is profitable in Fermany.

ドイツでは以前から各州で林業保全のために森林を管理してきた、ということが大きいらしいのだけど。

In Germany, the states have been protecting and maintaining the forests for logging since 1960s.

我が国では林業は70年代をピークに採算が合わなくなって衰退。それまでに「儲かる」種の木(杉など)を人工的に植林したから、ぱっと見には「自然」にみえるけど自然でない山林となってしまった。

In Japan, on the other hand, the logging industry became unprofitable since 1970s. Before then, those "profitable" trees such as cedar were planted.

The forests look "natural" at a glance, but in fact they are artificial.

山林はそのまま放置されて、手入れもされないから、山林そのものもそうだけど、河川や近海にも影響を及ぼしている(山林が変われば水質も変わる)。

As the logging became unprofitable, the forests and mountains have been untouched for a long time now. As they are artificial, they affect the environment in unmeasurable scale. If the forests/mountains change, so as the rivers and nearby seas change.

確か日本の国土の70%は山林だったと思うけど、そんなにあるのに儲からないらしい。

If I recall it correctly, 70% of the land of Japan are forests/mountains. We have such resources, but somehow the industry remains unprofitable...

ドイツなどの成功例を見習ってどうにかならんものかね。

I wonder if we could learn from successful German counter part and make it in better shape.

この辺はワシも勉強不足でなんとも言えんのだけど。

Well, I do not have enough knowledge to make further comment...

まぁ、我々はこの工場に何をしに来たか、というと、エデカの集積・搬送センターで使っているパレットの補修や為の木材を取りに来たのだ。

Well, we came to the timber factory to pick up some timbers for repairing those pallets used in the distribution centre.



こういうパレットね。

The pallets like those.



木材がぎっしり詰まった木枠をトレーラーの上に載せる。

We put 2 pallets full of timbers on the trailer.





木材は2つの木枠にいっぱい。重量は1t!

Those pallets weigh 1 ton!



これはトレーラーの積載容量を越えてしまっている!

「まぁ、大丈夫だよ」、とフレッド。ドイツ人も意外にいい加減なんだな。

Actually it was more than max carrying capacity of the trailler. But Friedel said "No problem!" I though Germans would follow the rule more stricktly.

流石に1tの木材を載せるとタイヤがかなり潰れた。

The tyres did not have enough air pressure to withstand the weight, so we went to a petrol station nearby to inflate the ryres.

近くのガソリンスタンドで空気圧を増して集積・搬送センターまで。

これで一仕事終わったわけなんだけど、フレッドが中を案内してくれた。

ドイツ各地に発送される野菜・果物が整然と置かれている。



野菜は気温2℃に保たれたエリアに、バナナは気温10℃に保たれたエリアに保管されていたり。

まあ、普段見れないスーパーマーケットの内部を見れてよかった。

家に戻ると、かなり雪は溶けたな。明後日月曜日に出発しようかな。



諸処の事情でポーランド行きはやめにしたし。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
なんか旅の再開をしに来たのに、こうして一週間以上も腰を据えてしまうと出発が億劫になってしまいますね。でも、腰を上げないと。

本日も「世界一周」ボタンをクリックして応援をよろしくお願いいたします!!

スマートフォンからご覧の皆様、
お手数ですが、画面の一番下までスクロールして頂き、「PC」に切り替えた上で「世界一周」ボタンを押してください!

I am competing in "Round the World Trip Blog". Please click the button below!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村 *******************************************************************************************************************************************************

拍手[0回]

Day 933: 2013年3月15日

Bornheim, Germany (Das Haus von Friedel)

84,019km

今日は晴れ!

It's a sunny day! Yeah!

このまま気温をあげて降り積もった雪を溶かしてくれ!

I asked the sun to melt all the snow on the streets and roads.

と、思ったのも束の間、気温を確認してみたら、-10℃!

But I was heart broken soon after I check the temp outside... It was -10℃!



今日は天気が良くて気温も上がれば、近場にでもツーリングに行こうと思ってたんだな。

I was thinking to go for a short ride around here if the weather was good. But it was too cold!

朝飯の後にスーパーに買い出しに行こうとしたら、アルトゥールとボグタン兄弟が丁度訪ねてきた。

After the breakfast, when Friedel and I was about to go out to the supermarket, Artur and Bogdan brothers came to the house.

フレッドに用があるみたいだけど、「よし、皆でスーパーに行こう!」ということになり、スーパー「エデカ」へ。

They needed to speak with Friedel, so we all went to the supermarket "EDEKA".



買い出しが済んだ後は家に戻りしばらく閑談。ポーランド行きのバスについてなど。

After the shopping, we went home and had a chat. Artur and Bogdan told me about buses to Poland.

それから、エスペランサの点検。この前ボンまで走った時はフレームの件があったからちゃんと点検しなかったんだよね。

Then I went to the garage to check Esperanza. Last time when I rode to Bonn, I did not make a complete check as my mind was occupied with the sub-frame issue.

緩んでいるところ(まず無いだろうけど)、錆びや不具合は無いか確認。

I checked if anything coming loose and any parts rusted.

特に問題はなさそうだ。

Everything seems to be fine.



夕方にお向かいのフランツ&アンカ宅にてアンカの誕生会に。

In the evening, we went to Anka's birthday party across the street.

フランツはお酒を飲まない、っていうのにバーでお客さんをサーブしている。

Her husband Franz does not drink any alcohol (just like me!), but he was serving beer and other liquor to the guest all the time!



あ、ここにも生豚挽肉が!

Oh, here is raw pork mince!



これ大好きなんだ。

I love this stuff!



ドイツ人はちょっとシャイで、まぁ、ワシ見たいな知らない人にはなかなか話しかけてこないんだけど(ワシがドイツ語を話せないのもある)、だんだん慣れて来るんだな、これが。

Germans are usually shy and would not easily come to talk to a stranger like me. Well, it's partly because I don't speak German. But once they got to know me, they sat down and asked me many questions.



ドイツ人は皆英語が堪能、ってイメージだったんだけど、40代後半から上の世代はあんまり英語を話す人は少ない、という感じ。

I thought all German would speak good English but those in the middle 40s or above do not speak much English.

旅の話をしたり、まぁ、皆の関心はバイクで危なく無いのかということと、3年もの間仕事もしないでよく旅が出来る、ってこと。

I talked about my trip. Well, everyone's interest was how I could make the trip for 3 years without working...



貧乏旅行をしたことが無いと、旅行といえば宿代とか食事代がメチャクチャ高い!、と思っていて、ワシは常にそんな風に3年間過ごしてきた、って印象になってしまう。

The most of people have the image of travelling is staying at nice hotels, eating out at the restaurants and visiting those sightseeing places. They usually think I have spent last 3 years like that.



安宿やテント、友人宅に宿泊したり、(写真はメキシコシティのペンション・アミーゴにて)

But I told them I usually stay at inexpensive accommodations (hostels, guesthouse etc) and at friends' places,



安食堂やスーパーで買ったものを駐車場で食べたり、自炊したり、(写真はパラグアイのイグアス移住区のペンション園田にて)

I usually eat at cheap local bistros, buying foods at supermarkets and eat them at the car parks , and cook at the hostels.



なんて感じの旅だよ、と言うと、「へぇ、そんな旅もあるのか」、ということになる。

I'm not sure if they got the picture but my kind of the trip can be done by anyone if they want to.

夜遅くまでパーティーは続くのだった。

Anyway, the party was on till late!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

本日も「世界一周」ボタンをクリックして応援をよろしくお願いいたします!!

スマートフォンからご覧の皆様、
お手数ですが、画面の一番下までスクロールして頂き、「PC」に切り替えた上で「世界一周」ボタンを押してください!

I am competing in "Round the World Trip Blog". Please click the button below!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村 *******************************************************************************************************************************************************

拍手[0回]

Day 932: 2013年3月14日

Bornheim, Germany (Das Haus von Friedel)

84,019km

あれぇ、また雪降ってるよ…。

It's snowing, again...



予報では晴れるってなってたんだけどな。

According to the forecast, it would be a sunny day...

今日はほぼ何もしない。

So I didn't do much!

iPodのアプリの詰将棋をしたり?いつかはつボイ先生に将棋で勝たないとな。うん。

I was playing Japanese Chess "Shogi" on my iPod. I have to beat Prof. TsuBOI one day...



お昼過ぎに、ようやく雪が止んだ。

It stopped snowing in the afternoon.



陽が出ると、雪が溶けて行くのがわかる。

I could see the snow was melting as the sun shined.

夕方になり、フレッドの友達ガビーとケルンに夕飯を食べに。

In the evening, together with Gaby - the friend of Friedel - we went to Cologne.

ケルンの発祥はローマ時代に遡る。ここはガリア人やゲルマン人との戦いまた支配の拠点だったのだ。

The city of Cologne was originated in the reign of the Roman Empire. It was the main strategic point against Germanic people and later the centre of governance of Germanic regions.

ケルンという地名の語源はラテン語のコロニア・アグリッピナから。

The name of the city: Cologne = Köln came from "Colonia" in Latin.

ケルン(Köln)はフランス語や英語ではコロン(Cologne)といって、オーデコロン(eau de Cologne)のコロンでお馴染みなのだ。

The name is familiar with the words "eau de Cologne".

オーとはフランス語で「水」。デは「の」。だから「コロンの水」っていう意味なのだ。ローマ時代から貴婦人たちが香水を身につけていたのだろう。

"Eau" means "water"in French, "De" means "of" and Cologne. Romans were using eau de Cologne from the ancient time!

まぁ、そんな歴史のあるところになんと寿司を食べに行く!

We went to a Sushi bar! The Sushi bar in the ancient Roman city!

その名も「寿司王」!あ、「S」が切れていた…。うーん、店名が日本ぽくないぞ。

The name was "Sushiou" meaning Sushi King. Well, it does not sounds Japanese to me... Usually Koreans or Chinese use this kind of names for a "Japanese restaurant".



と、思ったら、板さんはちゃんと日本人でした。

But the chef was Japanese!



マグロやサーモンのネタはなかなか良く、しめ鯖も悪くない。

Tuna and Salmon were quite good. Pickled mackerel wasn't too bad either.



アサヒ・スーパードライを飲むフレッド。「日本のビールも悪くないね」、とお褒めに預かりました!

Friedel had a bottle of Japanese beer "Asahi Super Dry"!
He reckoned it wasn't bad at all!



ガビーもお寿司とアサヒを堪能!

Gaby also tasted "Asahi"!



出来ればもっとネタの種類があれば良いのだけれど、やはり外国ではなかなか仕入れが難しんのだよね。

It would have been better if there were more selections of fish n seafood. But I know it is really hard to get supplied with variety if fish n seafood in Sushi quality outside Japan.

なんだかんだでフレッド宅に来てから一週間が経ってしまった。

It's been a week since I came to Friedel's place.

週末には出発したいのだけれど、予報では雨なんだなぁ…。

I hope I can start riding south by this weekend... But according to the forecast, it will be raining...

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ドイツでお寿司は去年ボンで食べて以来二回目ですね。日本人が握ってるので、それなりに美味しいですよ。

本日も「世界一周」ボタンをクリックして応援をよろしくお願いいたします!!

スマートフォンからご覧の皆様、
お手数ですが、画面の一番下までスクロールして頂き、「PC」に切り替えた上で「世界一周」ボタンを押してください!

I am competing in "Round the World Trip Blog". Please click the button below!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村 *******************************************************************************************************************************************************

拍手[0回]

  
フリーエリア
一日一回クリックするとランキングがあがります! よろしくお願いいたします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



View Europe in a larger map
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
New Comments 最新コメント
[04/20 Yoshi]
[09/01 NONAME]
[02/07 室橋一也]
[02/04 Yoshi]
[02/03 Yoshi]
カウンター
プロフィール
HN:
三郎
性別:
男性
職業:
革命家
趣味:
バイク・旅
自己紹介:
オーストラリアに移住して16年。遠く南の大陸から母国日本を眺めてみて危機感を感じてはや16年。なにか出来ないものかと考えて考えて、ようやく自分で行動することに数年前に思い当たる。とりあえず自分が出来ることから始めよう!ってことで、革命軍M-26-Julioをシドニーで結成。
誰かが世の中変えるのを待ってるだけじゃなく、自分で社会に貢献できることから始めよう。
世界を旅しながら色々な人と出会い革命の輪を広げていきたい。
2010年からおやすみ羊とBMW R1200GSで世界一周中!

Hasta la victoria siempre, Patoria o Muerte!

現在の愛車:BMW R1200GS 「Esperanza de la Tora」(世界一周)、 SUZUKI DR650SE 「孫市」(オーストラリア一周)
過去の愛車:Buell XR12R Firebolt, Yamaha FZ1, Yamaha TRX850, 、HONDA XR250R, Suzuki XF650 Freewind, Yamaha XV250 Virago
ブログ内検索
バーコード
Copyright ©  -- M-26-Julio 羊とめぐる冒険 BMW R1200GSで世界一周の旅 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]