忍者ブログ

三郎とおやすみ羊のBMW R1200GSで世界一周の大冒険

   
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Day 752: 2012年8月17日

Riga - Latvia (Central Hostel)
80,213km

え、今日も体調悪し。昨日遅くまでマサ君と外に出てたのがいけなかったのか。

Wel, I don't feel well yet. I should not have stayed such late last night.

まぁ、1泊伸ばしたわけなんですけども、昨日までいた部屋が予約でうまっていて、6人部屋に移ることに。あぁ、しんどい。

I extended 1 more night here, but as my 5 bed dorm was booked out, I had to move to a 6 bed dorm room. It was a hard job to move to another room.

が、しかし、6人部屋はベッド一つしか埋まってなく、しかもその人は朝から出かけていて今のところ個室状態。心置きなく寝れます。

But, in the new room, there was only another guest and she was out from the morning. So I could have a good rest there.

お昼は近くの食堂で、パンケーキ(ひき肉をくるんでいるやつ)とレバーの煮物で2ラッツ。レバーで栄養取らなきゃ。

I had kunch at a bistro nearby. I hadTey should provide good nutritions to recover.

昼飯後も寝て過ごし、午後は多少ネット。英語の日記を少々。

After lunch, I went back to sleep and in the afternoon, I wrote some English diaries.

夕飯はもう小銭が無いのでスーパーでアイスクリームを買って済ましました。まぁ、栄養価は高いですからね、アイスクリーム。

As I did not have enough Latvian changes, I just bought an ice cream at a supermarket for diner. Well, ice cream has good nutrition to fight against flu.

何故か受付のお姉さんもゴホゴホ。いえ、決してワシが移したわけではないですよ。

A lady at the reception is also coughing. Well, I did not pass my flu to her, I believe.

まぁ、そんなこんなで1日を過ごしました。明日は出発なので体調良くなってるといいのですが。

Like that, I spent another day in Riga. I hope I will feel better tomorrow as I have to move on!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
うーん、無理は禁物ですね。具合の悪いときは安静に限ります。
皆さんの応援で元気になります。今日も「世界一周」ボタンをクリックして一票よろしくお願いいたします!!

I am competing in "Round the World Trip Blog Ranking". Please click the button to make my blog No.1!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 *******************************************************************************************************************************************************

拍手[3回]

PR
Day 751: 2012年8月16日

Riga - Latvia (Central Hostel)
80,213km

久しぶりに本格的に風邪をひきました。咳に鼻水が止まりません。なので日中はほぼ寝て過ごしました。

I caught a flu. This one is pretty heavy. I was constantly coughing and had a runing nose. So I spent the most of the day lying on the bed.

夕方になると咳の方は大分収まりましたが鼻水が・・・。

In the afternoon, coughing got eased but I still had a running nose...

7時半にマサ君が訪ねてきてくれたので一緒にメシでも。その前にマサ君が風邪薬くれると言うので、薬を取りに宿まで。夕日に映えるハンザ同盟の館「黒頭の家」。

At 7:30pm, Masa came to visit me, so we went out for dinner. Before dinner, he said he had flue tablets, so we went to his hostel to get them. House of the Blackheads in shining in pink reflecting the sunlight in dusk.


が、しかしマサ君が持っている薬はバファリンと花粉症の薬。バファリンは解熱と頭痛薬でしょ。「これはイギリス人にもらったんですよ。」と花粉症の薬。確かに「Hay "Fever"」なんだけど、違いますね・・・。マサ君はちょっとオトボケなんですけど、なかなか鋭い視点も持っていて好きなキャラです。

However, the tablets he had was aspirine and for hay fever.. Well Hay "Fever"... Masa is little "off" but sometimes he is very blight. I like his character.

夕飯は地元民で賑わうセルフサービス式の食堂。以外に高いですが、味はヨシ。

We went to a self-service style bistro where was busy with loals. It was more expensive than we thought but the foods were quitegood.


体調不良でしたが、なんだかんだマサ君と12時ごろまで日本将来について歓談してました。明日マサ君はリトアニアに向かいます。ワシはもう一泊ここにして体調をもどしてから、リトアニアを抜けてワルシャワに向かいます。マサ君とはワルシャワで再会予定です。

Even though I was sick, but we talked till midnight about the future of Japan. He willgoing to Lithuania tomorrow, then going to Warsaw, Poland. I will stay here one more day to get well, then heading to Warsaw. So we will catch up in Warsaw.

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ほぼ1日寝て過ごしたので大分楽にはなりました。明日も安静にして復調します。
皆さんの応援で元気になります。今日も「世界一周」ボタンをクリックして一票よろしくお願いいたします!!

I am competing in "Round the World Trip Blog Ranking". Please click the button to make my blog No.1!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 *******************************************************************************************************************************************************

拍手[2回]

Day 750: 2012年8月15日

Riga - Latvia (Central Hostel)
80,210km to 80,213km = 3km

今日はイングリッドとマサ君とシグルダに行くのですが、エスペランサの安全面を考えて他の宿に移ることにしたんです。なので7時に起きて8時過ぎには別の宿「Central Hostel」に移動。ここはちゃんと敷地内に駐車場があるんです。まぁ、旧市外から多少離れてるんですけどね。

Today I was gong to Sigulda with Ingrid and Masa, but I had to move to another hostel first in the mrning (for better security of Esperanza). I got up at 7am and move to "Central Hostel" around 8am. Here has a proper parking space. It's located little far away from the old town, but still walking distance. No problem.  

荷物を降ろして、着替えてから9時に長距離バス・ターミナルで2人と待ち合わせているので、急いで向かいます。

I left my luggages there and got changed, then walked to the bus terminal where I was to see Ingrid and Masa.

シグルダへはバスで約1時間。リガの北東に位置している小さな街です。バス・ターミナルに付随している観光案内所で周辺の見所地図をもらって歩き出します。

It took about 1 hour to Sigulda, located northeast of Riga. We got a map of the region at Information Centre at the bus terminal, then we started to explore.

最初の見所は、これ!! 全然中世じゃないじゃん!! 

The first attration of the region we encountered was this! Well, nothing to do with the medieval age..


どうもステッキはこの辺りの名物らしいんです。観光案内所にも売っていたし。

Wooden canes seem like to be the local trade mark of Sigulda. Miniatures were slod at Information Centre.

ちょっとはしゃいでみました。

Well, I was been stupid.


なんかオブジェもあります。古い牛乳入れを使った中世の兵隊たち。一人一人に名前が付いてるんです。

There were some art obets. Soldiers made of old milk containers. Each soldier has a name.


ヒツジは「ベネディクト」の頭の上に乗ってみました。

Mr. Sheep on a head of "Venedict".


うーん、なんか期待はずれだぞ、シグルダ。なぁーんて思ってたら、城館が登場!!

At this time, I as quite disapointed with Sigulda. Nothing exciting to see so far... Then we came to a castle!!


なかなか立派な城館です。ロシアの貴族クロポトキン家の城館だとか。しかし、これは近世のもので中世ではないですね。

The castle "Sigulda New Castle" was built during the end of 19th century for Russian aristcrat Kropotkins family.


城館から小さな谷の向こうまで橋が架かっていて、中世の砦があります。やっと中世だ!

From this "New" castle, there is a bridge accross a valley, then there are ruins of medieval fortress.  Finally something medieval!!


遺構をそのままに木造の部分を再現しています。入場料は1ラット(150円くらい)。

Wooden parts were restored, but still using the original stone stractures. The entrance costs 1.5LVLs


中には武具が展示してあって、冑や鎧を装着することも出来ます。マサ君と戯れるワシ。

Inside, there were some weapons and armors displayed, and we could wear them!!


ここは結構楽しかったですね。

It was fun place!

藪の中を歩いたり、丘を登ったりと、結構歩きます。曇り空なので気温は低く、歩くのにはいいですね。

We walked in the bush and walked up hills.The weather wasn't that great, butIt was a nice walk as it wasn't too hot nor too cold.

が、しかし藪の中には蚊が多く、脚を刺されて、めちゃくちゃ痒い!!

But there were many mozzies in the bush and we were bitten!! Vey very ichy!!

お腹が空いたので、昼飯。ザワークラウトとソーセージ、そしてポテト・パンケーキ。やはりドイツの影響が強いのでしょうね。ポテト・パンケーキはラトビアの郷土料理なのだそう。なかなか美味しいですよ。

We made a lunch stop at a cafe. We had sausages with sauerkraut and potato pancakes.  Latvian cuisine is nfluenced by German and Russian cuisines a lot. Potato pancakes are the local favorite. They were pretty good.


古い家も残っていて、なかなか雰囲気はヨシ。

Those traditional houses were prety too.


ラトビア最大の洞穴「グゥートゥマニャ洞穴」。

The largest cave in Latvia, "Gutmanis Cave".


かなり昔からここを訪れた人々の名前が刻んであります。ワシが見た中では1891年が一番古かったのですが、もっと古いのもあると思います。磨耗して判別できなかったので。

There were many names curved on the rock wall. The oldest one I saw was 1891. But there should be older one, but as it was weathered, I could not tell the date.


そしてトゥライダ城塞へ。ここは「リヴォニア帯剣騎士団」が13世紀に築いたそうです。大司教座があり、万全の防御をしたんですね。中世のカトリック教会の力は王侯を凌ぐものだったんです。

Then we walked to Ruraida Castle build during 13th century.


残念ながら見える部分は殆ど現在に修復された部分です。

Unfotunately, the majority of the buildings could be seen were modern reconstructions.

物見塔からは辺りを一望できます。

From the watch tower, we could seethe surrounding vey clearly.


羊の足跡が付いたレンガ。この他にも犬、猫、鳥の足跡が付いたレンガが出土しています。

There was a brick with sheep's foot prints unearthed. There were bricks with dog, cat and bird's foot prints too.


などなどと、まぁ、のんびり中世を感じて歩いてあるいた1日でした。

Like that, we had exerienced medieval age.

夕飯はラトビア風餃子?ラビオリ?屋で。ちょうど水餃子みたいで美味しい。

Back to Riga, we had Latvian dumplings "Pierogi" for dinner. They were ike Chisese dumplings and I like them!!


しかし、風邪を引いたみたいです。喉が痛いし鼻水が止まりません。明日は安静にします。

I think I cought a flue. I have throat irritation and running nose. I will have an easy day tomorrow.

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ちょっと調子を崩してしまいました。蚊に刺されたところもめちゃくちゃ痒いし。

皆さんの応援で元気になります。今日も「世界一周」ボタンをクリックして一票よろしくお願いいたします!!

I am competing in "Round the World Trip Blog Ranking". Please click the button to make my blog No.1!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 *******************************************************************************************************************************************************

拍手[5回]

Day 749: 2012年8月14日

Riga - Latvia (Friendly Fun Frannks Hostel)
80,210km

今日は曇り。マサ君と朝調べごとしていたら、既にお昼頃になってました。2時から「ソヴィエト・ツアー」があるので、取りあえず安い食堂で昼飯を済ませて、宿に戻りツアーが始まるのを待ちます。

It was a cloudy day. With Masa, I was checking info on the web and then it was already noon! We wnet out to have a quick lunch at a cheap eatery and back to the hostel to join the free tour.


ツアー・ガイドはルータさん。オレンジのストッキングが挑発的です(どこが??)。先ずは宿の隣のプラザから始まります。ソヴィエト時代の建物は渋い色が使われ、まぁ、街は暗い雰囲気でした。

Our tour guid was Ruta - a Latvia girl. The orange stocking she wore was very provoking! We started the tour at the plaza nextto the hostel. She explained in Soviet time, all the buildings were painted in grey, black or something not bright. So the street was not cheerful at all.


昨日紹介した像もやはりソヴィエト時代に建てられた物。

The statue I mentioned yesterday was also built during Soviet time.


ソヴィエト時代のものだけではなく、ハンザ同盟の商館とか、その他の時代の建物なども紹介してくれました。

The tour was covering not only Soviet time but other important monuments of the city. For example, this is "House of the Blackheads". The member of Hansa union - Brotherhoods of the blackheads stayed here.


ここは1510年にバルト諸国で始めてクリスマスツリーが立てられたところだそうです。ドイツ系の住民が立てたそうですが、クリスマスの後ツリーを燃やすつもりが、翌朝起きたら(夜のうちに地元の子供たちが飾りをつけたので)、美しいツリーに様変わりしていたので、それから飾り付けをしたツリーを立てるのが伝統になったそうです。それは1510年のこと。ラトビア語、英語、スペイン語、日本語などで紹介されてます。

Here in 1510, the first Chrismas tree was posted by German residents. Those Germans were planing to burn the tree after Chrismas, but when they saw the tree in the morning, it was beautifully decorated (local kids put those decorations during the night). Then it became the tradition to put beautifully decorated trees during Chrismas. On the plaque, it was explanined in Latvian, Russian, English, German, Japanese, Chinese etc...


そうそう、このツアーに一緒に参加していたのがメキシコ人のイングリット。ワシが「Fazedores de Chuva」のTシャツを着ていて、右肩にメキシコの国旗があったことからスペイン語で話し始めました。スペイン語圏から離れて、だんだんスペイン語から遠ざかっているので、こういう機会は嬉しいですね。

I met a Mexican girl Ingrid joining this tour. She saw a Mexican flag on my "Fazedores de Chuva" T-Shirt and we started to speak in Spanish. As I have less chance to speak in Spanish (away from Latin America), it was good for me to polish my Spanish!

中世レストラン。従業員も中世の服装です。

A Medieval Restaurant. All staffs were in medieval costumes.


内部はこんな感じ。実際古い建物を使用していて、ロウソクで照明、メニューも実際に中世時代のもの、と本格的。値段は張るのでしょうが、ちょっと食べてみたい。

Inside the restaurant. The building itself was also built during the medieval age. With candle lights, it made very realistic medieval atmosphere (?) The meals served are also cppked with medieval receipes.


中央市場に行って、ラトビアの伝統ソフトドリンク、クヴァス(Kvass)です。ソヴィエト時代はコーラなんてものは当然無かったので、これが一般的な清涼飲料水、だったそうです。エストニアのカーリと似てますが、これはもっとビールっぽい味でした。

We wentto Central Market. Ruta let us try Latvian traditional "soft drink" Kvass. In Soviet time, there was no "Cola", so this was only soft drink people had. It was similar to Estonian "Kali" but it tasted more like beer.


ソヴィエト、と言えば、レーニン。我が敬愛するエルネストも共産主義者なので、レーニンは革命家としても共産主義者としても大先輩ですね。

Talking about "Soviet", we cannot forget this guy - Lenin!! My idol, Ernesto "Che" Guevara was also a communist. Lenin was his prodecessor of Ernesto as an revolutionary and a communist.


グリム童話の「ブレーメンの音楽隊」の像です。これはドイツのブレーメンからリガに1990年に寄贈されたそうです。ラトビア独立は1991年なのでまだソヴィエトの支配が続いていた時。T

he statue of "Town Misicians of Bremen" (Brothers Grimm). The statue was a gift from Bremen to Riga in 1990, before its independence from Soviet. The statue gave a hope to people of Riga about their independence.


ロバ、犬、猫、鶏は農場で年老いて、堵殺される運命だったのですが、生きようと自由の街「ブレーメン」に逃避行するんです。ブレーメンで音楽家として活躍する4匹。ラトビアの自由を願って、ブレーメンが寄贈したのです。脇の壁は「鉄の壁」を現し、4匹が西側から東側を除いて驚いている、というデザインです。

A donky, a dog, a cat and a rooster. They were about to be killed by the formers as they got old. So they fled to Bremen - the town of freedom - to kive their lives as musicians. The ciy of Bremen wished free Latvia and presented the statu to its sister city, Riga. The wall besides those 4 animals represents "Iron Wall" and those 4 looked inside of Iron Wall (the Eastern side) and were surprisedwith the fact that there was no freedom there.

もともとリガはブレーメン出身大司教が建てた街なんだそうです。ドイツ系民族に市はされていた時代も長く、ドイツ、特にブレーメンとは特別な関係があるんですね。

Riga was erected by an Archbishop from Bremen. And Latvia was ruled by Germans for a long period of time, so Riga and Bremen have a strong relationship.

この像が当時のリーガの市民にどれだけ希望を与えたことでしょう。素晴らしい話ですね。

As I mentioned before, the statu gave a hope to people in Riga so much. What a nice story.

まぁ、そんなこんなでツアーは楽しかったです。ちょっと雨がちらついて来ました。

The tour was pretty good one. It started to rain a bit in the end.

明日はイングリットがラトビアのスイスと言われるシグルダ(Sigulda)に行くそうで、一緒に誘われました。天気が良ければマサ君と3人で行ってきます。

Tomorrow with Ingrid and Masa, I will go to Sigulda, so called "Switzerland of Latvia".

残念ながら、美人の写真は撮れませんでした。申し訳ございません。

Unfortunately, I could not take any photo of beauty today...

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ソビエト支配時代の「暗い」時代を耐え忍んでラトビアは苦労の末再び独立を勝ち取りました。今日のツアーではその歴史の一部を垣間見れて興味深かったです。
今日も「世界一周」ボタンをクリックして一票よろしくお願いいたします!!

I am competing in "Round the World Trip Blog Ranking". Please click the button to make my blog No.1!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 *******************************************************************************************************************************************************

拍手[2回]

Day 748: 2012年8月13日

Tallinn, Estonia to Riga - Latvia (Friendly Fun Frannks Hostel)
79,894km to 80,210km = 316km

今日も晴れ! バルトに入ってからいい天気が続いています。暑からず寒からず、ライディング日和です。ここエストニアは北欧3国に比べてガソリンが安いので助かります。95オクタンでリッター1.40ユーロ前後。給油を済ませてタリンの街を後に。

It's afine day!. Since I came to Estonia, it's been fine weather. It's not too hot nor oo cold, the perfect climate for riding. A litre of petrol (95 octane) costs 1.40 Euros or so here in Estonia. It's much cheaper than in Scandinavia and Finland. I filled up the tank and left Tallinn.

ライディング日和なんですが、しかし、道が単調でつまらない。比較的真っ直ぐな道に牧場や森林が続きます。

Even though the weather was great for riding, but the road was dead boring. THe road was rather straigh all the way and only catle farms and forests alongside of the road...


200キロくらい走って国境を越えました。41カ国目、ラトビア入国!! しかし道は相変らず単調。リガ湾の畔を道が走っているのですが、道と湾の間に木があって海も見えず・・・。

From Tallinn, around 200km south, I passed the border to Latvia. The 41th country to visit on this trip! But the road was still boring. The main highway goes along side of Bay of Riga, but those trees were between the coast and the road, so I could ot even see the sea.

ガソリンスタンドで給油と昼飯。ラトビアは95オクタンのガソリンがリッター1ラット前後(ラトビアはEU加盟国ですが自国通貨のラットを使ってます)。大体1.50ユーロですね。エストニアよりちょっと高い。しかし飲料、食料とかはエストニアよりちょい安いかも。

I made a lunch and fuel stop at a petrol station. In Latvia the price of 95 octane gasoline is around 1 Lats, whih is around 1.50 Euros. Little more expensive than in Estonia. But foods and drinks seem to be cheaper in Latvia. Latvia is a member of EU, but they have its own carrency still. 

今日の宿「Friendly Fun Franks Hostel」には2時頃に到着。「無料駐車場有り」との広告なんですが、まぁ、言ってみれば路上駐車です。エスペランサにカバーを被せてカモフラージュ。

I got to "Friendly Fun Franks Hostel" by 2pm in Riga.

このホステルはオージー、イギリス人、そしてラトビア人がオーナーだそうです。メガ・ホステルで、部屋も多いですが宿泊者が多い。受付のお姉さんが美人。部屋が用意できるのは4時、とのことなのでラウンジでネット。日記の英語版をアップ。

部屋が用意できたので、荷物を置いて着替えたら、街に繰り出します。

リガの旧市街はタリンに比べると「中世感」は無いです。



しかし街自体は観光だけで持っているわけでは無さそうで、もっと活気にあふれているような。

中央市場。右奥の後姿の金髪女性が素晴らしく美しかったです。正面の写真が撮れなくて残念!!

Central Market. A lady at the right hand side was really beautiful. Unfortunately, I managed to get a photo of her back side only.


場内市場。あぁ、中南米のメルカド(市場)を思い出させます。

Inside Central Market. It reminded me of "Mercado" of Latin America.


ここラトビアはエストニアと同じくソビエトに支配されていました。どうもエストニアよりもロシア人系が多いらしく、ソビエト時代の名残が多く見られるような気がします。中央市場もソビエト時代のもの、だそうです。

Here Latvia, same as Estonia, it was occupied by Soviet Russia. There are more "Russian" residents here than in Estonia and we could see more remainings of "Soviet" period in Riga. Central Market was also was he part of the Soviet period.

公園にある噴水。

A fountain in a park.


なんかの塔。

A monument of somehthing...


中央(?)広場の風景。

A view of the central (?) plaza.


中世風のレストラン。ここのウエイトレスが超美人!! 

A medeival theme restaurant. I just walked pass by and a waitress here was really beautiful!!


そうなんです、リガを歩いていると美人を多く見かけます。タリンではそんなに「お、美人だ」と振り返ることも少なかったのですが、リガでは遭遇率多し。歩いていて楽しくなります。

There were lots of beauties I could see on the street of Riga. In Tallinn, there weren't much chances I turned back to see beauties, but here in Riga, it happened quite often.

これがソビエトっぽいですねぇ。

The statue looked very "Soviet" to me.


一旦宿に戻ると、宿のバーで日本人旅行者のマサ君と出会いました。日本の将来について意気投合し、いろいろ歓談。夜も街に出て、飲みながら語り合うのでした。

Back to the hostel, I met Masa -  a backpacker from Japan. He also concerns Japanese future and we talked a lot about it. We went out to the town and having drinks and talked till late.

さて、明日は本格的にリガの街を散策します。宿の無料ツアーも2時からあるんで参加したいと思います。

Tomorrow I will explore the city of Riga more. There is a free guide tour offered by the hostel, so I will join it.

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
リガは街自体はタリンに見劣りしますが、美人の数は圧倒的に勝っています。出来れば明日のブログにはリガ美人の写真をアップしたいと思います。乞うご期待!!
今日も「世界一周」ボタンをクリックして一票よろしくお願いいたします!!

I am competing in "Round the World Trip Blog Ranking". Please click the button to make my blog No.1!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 *******************************************************************************************************************************************************

拍手[3回]

  
フリーエリア
一日一回クリックするとランキングがあがります! よろしくお願いいたします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



View Europe in a larger map
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
New Comments 最新コメント
[04/20 Yoshi]
[09/01 NONAME]
[02/07 室橋一也]
[02/04 Yoshi]
[02/03 Yoshi]
カウンター
プロフィール
HN:
三郎
性別:
男性
職業:
革命家
趣味:
バイク・旅
自己紹介:
オーストラリアに移住して16年。遠く南の大陸から母国日本を眺めてみて危機感を感じてはや16年。なにか出来ないものかと考えて考えて、ようやく自分で行動することに数年前に思い当たる。とりあえず自分が出来ることから始めよう!ってことで、革命軍M-26-Julioをシドニーで結成。
誰かが世の中変えるのを待ってるだけじゃなく、自分で社会に貢献できることから始めよう。
世界を旅しながら色々な人と出会い革命の輪を広げていきたい。
2010年からおやすみ羊とBMW R1200GSで世界一周中!

Hasta la victoria siempre, Patoria o Muerte!

現在の愛車:BMW R1200GS 「Esperanza de la Tora」(世界一周)、 SUZUKI DR650SE 「孫市」(オーストラリア一周)
過去の愛車:Buell XR12R Firebolt, Yamaha FZ1, Yamaha TRX850, 、HONDA XR250R, Suzuki XF650 Freewind, Yamaha XV250 Virago
ブログ内検索
バーコード
Copyright ©  -- M-26-Julio 羊とめぐる冒険 BMW R1200GSで世界一周の旅 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]