忍者ブログ

三郎とおやすみ羊のBMW R1200GSで世界一周の大冒険

   
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Day 761: 2012年8月26日

Krakow - Poland (4 Friends Hostel)
81,160km

今日は朝から雨。まぁ、予報どおりですね。なので出発は延期。マサ君とポールと歓談したり、将棋をしたり。

It was raining (proper rain!) from the morning. So I decided to spend more one day here. I was talking with Masa and Paul, playing Japanese chess.

昼前にアダムとジェシカが旅立っていきました。彼らは車で旅しているので、雨でもへっちゃら。スロバキア、チェコと行く予定なのだそう。Buen viaje!!

Before noon, Adam and Jessica left the hostel. They are travelling with a car, so the rain would not be a problem for them at al. They are heading to Slovakia, Czec from now on. Buen viaje!!

さて、暇です。何をすっかなぁ。天気が悪いので外に出る気も起きません。昼飯のラーメンを作ったり、昼寝したり。

So, I got othing muc to do again. What could I do? As it was raning, I did not want to go out either. We made instant noodle for lunch, ad a nap.

雨が小降りになったので、マサ君と散歩を少々。近くの動物園まで歩いたのですが、手持ちの現金が無く入園を断念。

In the afternoon, the rain eased, so Masa and I went for a walk. We walked to nearby Zoo, but we did not have enough cash to get in...

夕飯はピズィとキドニー豆、レタスなどのごった煮。栄養価満点、しかも美味くて安い!!

We made Pizy and kidney bean soup for dinner. Great nutritious food and cheap!!


食後のデザートはアイスクリーム。うーん贅沢。

We had ice cream as a desert. Nice!


明日はポールもチェコに向けて出発。朝のうちは雨だそうですが、午後には晴れるそう。スロバキアのヴィソケ・タトラ(Vysoke Tatry)と150キロくらいの道のりなので、問題ないでしょう。久しぶりの山岳地帯なのでワインディング、風景と楽しんで走りたいですね。

Paul will leave to Czech. It will be raining in the morning, but t will be fine later according to the forecast. I am planning to get to Vysoke Tatry, Slovakia, some 150km away from her, so it would be an easy ride. The area is moutainous, so I will enjoy curves and nice mountain views.

ここで皆さんお待ちかねの「チャック・ノリス・ファクト」です。

Here you go, Chuck Norris Fact of the day:

「チャック・ノリスはドラマ『24』の主人公として当初キャスティングされていたが、なんと彼はすべてのテロリストを僅か12分37秒で殺し窮地から脱してしまった、プロデューサーは彼の降板という決断を迫られた。」

Chuck Norris was originally cast as the main character in 24, but was replaced by the producers when he managed to kill every terrorist and save the day in 12 minutes and 37 seconds.



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
さて明日は久しぶりに移動です。いい骨休みが出来たので、旅路を楽しめることでしょう。
今日も「世界一周」ボタンをクリックして一票よろしくお願いいたします!!


I am competing in "Round the World Trip Blog Ranking". Please click the button to make my blog No.1!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 *******************************************************************************************************************************************************

拍手[2回]

PR
Day 760: 2012年8月25日

Krakow - Poland (4 Friends Hostel)
81,160km

今日は曇り。昨日の時点では雨、との予報でしたが今朝の予報では曇りで降水確率0パーセント。

It was cloudy but not raining when I woke up. According to the weather forcast I checked yesterday, it would be raining today, but this morning I checked the forecast again and it stated cloudy, 0% chance of rain.

なので出発は出来たのですが、うーん、何故か腰が上がらない。ちょっと沈没ムード。もう1泊決定。1日ダラダラと過ごします。まぁ、マサ君といろいろ話したりしてそこそこ有意義な時間は過ごしたのですが。

So I could leave here. But I did not feel like leaving here yet. I am in a mood of "Ship Wrecked". I extendede my stay for one more day. Well, I had nothing to do today. I spent my time with Masa talking.

夜ポールがパスタを作ってくれました。食べ終わって歓談していると、アダムとジェシカが映画を見終わって部屋から出て来ました。彼らが見ていた映画は、もちろん「トップ・ガン」。

Paul made us pasta in the evening. After dinner, we were chatting and Adam and Jessica came out from the room after watching a movie. Which movie? Of course "TOP GUN"!!!

ジェシカは初めてトップ・ガンを見たそうで感想を聞くと、「まぁ、今まで見た映画の中で最悪ではないわね。」、とかなり厳しい評価。うーん、ポールもアダムもワシもトップ・ガンで熱くなったものなんですがね。

It was the first time for Jessica to watch TOP GUN. Her verdict was "It was not the worst movie ever." Well, that was the harsh verdit on our (Paul, Adam and my) favorite movie.

何故か話題がチャック・ノリスになり「YouTube」でチャック・ノリスの動画集を楽しむワシ等。まぁ、今日は書くことも少ないので、読者の皆さんにもチャック・ノリスの素晴らしさをお知らせしたいので、ここでチャック・ノリスの伝説(Chuck Norris Facts)を1つ。

Not sure why, we started talking about Chuck Norris. We played those movies of Chuck NOrris on YouTube and had fun. As I have nothing much to write today, I would like to share one of Chuck Norris Facts.

「チャック・ノリスはコードレス電話でも人を絞め殺すことができる。」

”Chuck Norris can strangle you with a cordless phone."



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
今日はほぼ何もしなかったので、こんな日記になってしまいました。
それでも「世界一周」ボタンをクリックして一票よろしくお願いいたします!!


I am competing in "Round the World Trip Blog Ranking". Please click the button to make my blog No.1!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 *******************************************************************************************************************************************************

拍手[3回]

Day 759: 2012年8月24日

Krakow - Poland (4 Friends Hostel)
81,160km

今日の朝スロバキアに向けて出発する予定でしたが、なんか乗り気がしません。昨日のブログも途中(第一部だけ)までしか書いていなかったので、もう一泊伸ばすことにしました。

I was to leave Krakow and go to Slovakia, but I did not feel like leaving here yet. I had not completed the diary of visiting Auschwitz concentration camp either. So I decided to stay here one more day.

マサ君も今後の行き先を決めていないので、延泊。朝飯を食べながら第二部を書いたり、歓談したり、行き先を考えたり。

Masa had not made up his decision where to go yet, so he was alos going to stay here one more day. Having breakfast, we chat, making plans etc.

昨晩チャリダーさんが到着して相部屋なんですが、生憎昨晩は話す機会も無かったんです。イギリス人のポール。中国で7-8年英語教師をしてから自転車でシルクロードを越えてイギリスに帰る途中とのこと。やりますね。

Last evening, a cyclist checked in to our dorm room, but I did not have a chance to speak with him last night. He is Paul from UK. He was teaching English in China for 7-8 years and now he is cycling hrough Eurasia back to UK!

旅の話などしばらく歓談。彼はその後靴下を買いに街まで出かけていきました。

We talked for a while and then he went to buy new socks.

マサ君とワシは宿で昼飯。スーパーで鯖の燻製を買ってきて、ご飯を炊きます。鯖をほぐしてアツアツの白米の上にかけて鯖丼。これは美味い。

Masa and I went to a supermarket to get lunch. We bought smiked mackerels. WIth freshly cooked rice, it was really tasty!


マサ君は結局行き先が決まらないので、コインを投げて「東」という進路が決まりました。ウクライナ行き決定。ウクライナの後、黒海を越えてトルコ、ギリシアと行くあいまいな計画をたてました。

Masa could not make up his mind where he would go, so he flipped a coin and decided to head east! He had to go back to London by 12th of Sep. So he made a plan to go to Uklaine, then across Black Sea to Turkey, and fly out from Greece.

将棋を少々。

We palyed Japanese chess a few times. He won.

今日も暑い日です。昼寝をしたり、ネットをしたり。まぁ、ダラダラ午後を過ごします。

It was a hot day again. I had a nap, surfing the net and so on. Well, I did not make much today.

夕方マサ君と「何を食べるかねぇ」、「焼肉でしょ」なんて話してたら、ポールが、「相部屋のアダムとジェシカが炭火でハンバーガーを焼くって言うんだけど、お前らも参加する?」と誘ってくれました。「もちろん!!」とワシたち。願ったり叶ったり。

In the afternoon, I was talking with Masa about what to eat for dinner. Masa said he wanted to have BBQ. Then Paul came to us and asked if we would like to do BBQed Hamburger with Adam and Jessica. "Why not!"

車でスーパーまで買出しに行き、炭に火をつけてしばらく待ちます。

We went to a supermarket to get ingridients. We set a fire on charcoal and wait.


ハンバーグを作って網の上に乗せてみんなと話しながら焼けるのを待ちます。

We made 15 burgers and put on the grill. They smelt fantasitc!!


出来上がりは上々!! 美味いハンバーガーが出来上がりました。

The end result was excellent!! Well done everyone!! Buen hecho!!

ダラダラ過ごしていた午後からは想像が出来ない楽しい夕べとなりました。

I did not imagine I would have such a fun evening!!

さて、明日はスロバキアに行きたいのですが、天気が悪いそうです。どうすっかなぁ。

According to a weather forcast, the weather will be bad tomorrow... Should I stay one more day?

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
本当に何が起きるかわかりませんね。旅は出会いで本当に変わります。この宿でもいい出会いがありました。ありがたいことです。さて先に進むのかもう一泊するのか、明日起きたら決めます。
今日も「世界一周」ボタンをクリックして一票よろしくお願いいたします!!

I am competing in "Round the World Trip Blog Ranking". Please click the button to make my blog No.1!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 *******************************************************************************************************************************************************

拍手[3回]

Day 758: 2012年8月23日(第二部)

Krakow - Poland (4 Friends Hostel)
81,160km

第一部からの続き・・・/ Part 2 of the diary...
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

第二収容所ビルケナウから第一収容所に戻ってきた、マサ君、ヒツジとワシ。

Masa, Mr. Sheep and I came back from Auschwitz II - Birkenau to Auschwitz I.

ここが第一収容所の入り口。門には「ARBEIT MACHT FREI(働けば自由になる)」とドイツ語であります。「ARBEIT=仕事・労働」のBの字が逆さになっているのはこれを作らされた収容者のせめてもの反抗、だといわれています。

This is the famous entrance of Auschwitz I. Above the gate, in German "Arbeit Macht Frei" = "Labour makes (you) free" sign. The letter "B" of "Arbeit" was placed upside down. It is said this was a resistence from the prisoners who were forced to make this sign.


ちなみに日本語にもなっている「アルバイト」はこのドイツ語「ABBEIT」が語源です。

This German word "Albeit" is widely used in Japan now meang as "casual work".

第一収容所は見た目的には第二よりもかなり整然としてます。建物も一見ちょっとしたアパートのよう。

Those buildings of Auschwitz I looked like normal apartments. At a glance, there were much better than those of Auschwitz II.
DSCF6823.jpg





















しかし一旦中に入ると、収容所での極悪な生活環境が目に入ってきます。団体観光客が多いですね。パネルの前で説明するガイドさん。

But once we entered the building, exhibitions told us how hard the life in the camp. There were lots of tourists in groups.
74d5d1a1.jpg
















解放後に発見された毒ガス「チクロンB」の空き缶。チクロンBの製造会社には納品書が残っていてアウシュビッツ収容所には20トンものチクロンBを納入したとか。

Those empty cansof "Cyclon B" were found after the liberation of the camp. It is said that Cyclon B was used to mass murder those prisoners in Gas Chambers. The factory of Cyclon B kept the records of deliverries, and according to the records.20 tonnes of Cyclon B were delivered to Auschwitz concentration camp.


収容者から没収したメガネの一部。

A part of glasses taken from the prisoners.


この他に靴、髪の毛、かばんなどなどが展示されています(写真撮影禁止)。

There were ehibitions of shoes, hair, and bags / cases taken from prisoners (no photo allowed).

圧巻は女性の遺体から刈取ったといわれている髪の毛の量。1925キロ分の髪の毛が発見されました。これを工場に持って行き、布が作られたのです。

What the most impressive was the amount of hair. It is said ihair was from female prisoners. 1,925kg of hair was found in bags, ready to be shipped to factories to make clothes out of hair. 

これが収容者に配給された一日分の食糧。朝飯は「珈琲」とおばれた黒い液体。昼飯はスープ(殆ど具無し)。夕食は黒パン30グラムとマーガリン3グラム。もちろん栄養価は圧倒的に足りません。

An example of meals provided for a prisoner a day. For breakfast, "coffee" - black coloured soup provided. For lunch, soup with alomost no meats nor vegies provided. For dinner 300g of black bread and 3g of margarine provided. Of course, those did not provide enough calories and nutritions to maintain good health.


栄養失調が原因で病気になったり死亡した収容者も多数。

Malnutrition caused illness and death. Many suffered.

共同トイレ。第二収容所に比べるとかなり条件はいいですね。

Toilets. The condition was much better than those of Auschwitz II.


ちゃんと腰掛ける部分が木製になっていて寒い日に皮膚が琺瑯にくっつかないように工夫されています(恐らく)。

The part touching skin were made with wood, so skin would not stick to the toilet bowl when it was cold (I assumed).

10番棟と11番棟の間にあった処刑場。処刑の壁はSSによって解放前に破壊されたのですが、戦後一部修復され展示されています。

The "Death Wall" placed between building 10 and 11. The wall was demolished by SS before the liberation, but after the war, the museum rebuilt the part of it.


有刺鉄線と監視塔。「止まれ!」とのサインがあります。

Barbed wires and a watch tower. The sign telling "Stop" .


ガス室・火葬場跡。

The gas chamber and crimatoria.


ここがガス室。収容者を入れた後ドアをロックし、チクロンBの缶が投げ込まれ、20-30分密閉されたそうです。もちろん生存者は無し。

Here was the gas chamber. After letting the prisoners in, the door was locked, then cans of Cyclon B were thrown into the closed room. The door was shut for 20-30mins. None could came out alive.


焼却炉は4機設置されたいました。これをフル稼働させて遺体を次々に焼いたのです。燃料は石炭。

There were 4 crematoria. They were in full action to burn those bodies. Coke was used as fuel.


ガス室・火葬場は有刺鉄線の外に位置しています。有刺鉄線を越えれるのは死の直前と死後、ということですか・・・。

The gas chamber / crematoria was located outside of the barbed wire fence. Only just before the death and after the death, they could go out of the fence...


第二収容所と第一収容所の見学を終えて、ここは極悪非道な施設だ、ということが身にしみてわかりました。が、1つ疑問が残っているのも確かです。

After seeing Auschbitz I and II, we were convinced that these facilities were used for acts of evil. But we still have a doubt.

それは単純日割り計算で821人毎日5年間殺害し遺体を焼いた、ということに対して。

The doubt is "Was it possible to brn 821 bodies each day for 5 years?". 

上記のガス室・火葬場以外にも第二収容所に更に大きな施設はあったのですが稼動していたのは2年足らず(二棟あって一棟に12の焼却炉が設置されていました)。第二収容所の施設が完成してからは、第一収容所のガス室・火葬場は使われなかった、というのでそんなに大量の遺体を焼却出来たのか?と疑問に思うわけです。

There were more gas chambers and crimatoria built, especially ones in Birkenau were larger and more efficient (2 buidlings were built with 12 crematoria installed each). However, those were in active for less than 2 years. After the facilities were built in Birkenau, those in Auschbitz I were not in use. So we were still wondering if it was possible to burn so many bodies.

もちろん焼却炉以外にも、外で焼いた、と説明がありますが・・・。

Of course, it is said those excess bodies were burned outside, in the yard of the camp.

遺体をどの状態まで焼くかによって変わってきますが、膨大な時間、燃料などが必要です。

It depends on how well the bodies were burned, but we assumed it would take lots of time and require lots of fuel.

まぁ、実際虐殺が行われたのは事実でしょう。なので数は問題ではない、といえばそうなんですが。

Well, there was mass murder against prisoners happened here in Auschwitz, that's the truth. So the number is not actually important...

6時過ぎに見学を終了し、バスに乗ってクラカウの街へ戻りました。そうとう気を入れて見学して疲れていたのでしょうか、帰りのバスではずっと寝入ってました。

We ended our tour around 6pm. We caught a bus back to Krakow. I guess I was rally tired, and I was sleeping all the way to Krakow.

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
アウシュビッツ・ビルケナウ強制収容所は本当に極悪非道の施設でした。人間はここまで他人に対して非人道的になれるのか?という極みまでいった施設です。見て周って本当にゲンナリしました。
今日も「世界一周」ボタンをクリックして一票よろしくお願いいたします!!

I am competing in "Round the World Trip Blog Ranking". Please click the button to make my blog No.1!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 *******************************************************************************************************************************************************

拍手[2回]

Day 758: 2012年8月23日

Krakow - Poland (4 Friends Hostel)
81,160km

アウシュビッツ・ビルケナウ強制収容所。“第二次世界大戦中に、ヒトラー率いるナチ政権が国家をあげて推進した人種差別的な抑圧政策により、最大級の惨劇が生まれたとされる強制収容所である。 ユネスコは二度と同じような過ちが起こらないようにとの願いを込めて、1979年「負の世界遺産」に認定した。”(ウィキペディア抜粋)

Auschwitz - Birkenau concentration camp "was a network of concentration and extermination camps built and operated by the Third Reich in Polish areas annexed by Nazi Germany during World War II. It was the largest of the German concentration camps. The camp is on the list of UNESCO World Heritage Sites" (from Wikipedia)

今日はマサ君とこの目でその地を見るために訪ねてみました。

I visited the site with Masa to see it with my own eyes.

クラカウの中央バスターミナルからバス(12ズォティ)で一時間強。オシフィエンチム(Oświęcim)に到着します。アウシュビッツ(Auschwitz)とはオシフィエンチムのドイツ語読みなんです。

We got to Central Bus Terminal where we caught a mini bus (12PLN) to Oświęcim. "Auschwitz" is Oświęcim in German. It took little more than 1 hour to get there. 

バスを降りて入り口まで歩いていきます。入り口の前には著名人がこの地を訪れたときの写真がパネルで展示されています。

From the bus stop, we walked to the entrance of the site. Before the entrance, there were poto panels ofthose political figures visited the site.

やはり彼に目が止まりました。

He caught my eyes. Of course,

フィデル・カストロ大兄!!!

Comandante Fidel Castro!!!


第一収容所は午後3時以前はガイドをつけないと見学できないことになっています。ガイドさんの話を聞きながら見て周るのもいいのですが、やはりここは自分のペースで周って、自分の目で見て、感じたい、と思ったので最初に第二収容所から見て周ろう、と。

Until 3pm, in Auschwitz I it is required to join a guided tour. It would be good to get detailed information from a guide to understand the history of Auschbitz camps, but I wanted to walk arund with my own pace, and see and feel. So we decided to start our visit from Auschwitz II (Birkenau).

ここで昨日あった日本人青年と再会!! ブログを見てくれたそうで、名前を教えてくれたのですが、失念してしまいました!! 本当に申し訳ないのですが、ブログを見ていただいたらご連絡いただきたい。

Here we saw the Japanese fellow again! He read my blog and told me his name this time. But I am sorry! I forgot his name!! Amigo, if you come to visit my bog again please et me know your name again!


無料シャトルバスに乗って第二収容所ビルケナウへ。

We caught a free shuttle bus to Auschwitz II - Birkenau.

有刺鉄線が施設の周りに張り巡らされており、高圧電流が流れていて収容者が脱走できないようになっていました。

The camp was surrounded by barbed wires. They were electrified to prevent escape...


ヨーロッパ各地からユダヤ人、ジプシー(ロマ)、政治犯などが列車でここに運ばれて来、このゲートを通って収容所に入ったのです。

Jews, Gypsies (Roma and SInti), political prisoners etc from al over Europe were brought here b trains, and entered the camp through this gate...


多くの人が二度と外の世界を見ることは無かった、といわれています。

Many did not see outside world again.

収容者が居住したバラック。もともとは52頭の馬をつなぐ馬小屋として設計されたもの、だそうです。同じようなバラックが300棟あったそうです。

A barrack accommodated prisoners. It was originally designed to house 52 horses, but it was converted to house 400 prisoners. There were 300 barracks just like this one on the site.


この中に3段ベッドが置かれ、400人ここに押し込められていたとか。

Triple loft bunk beds were put in the barrack.


このバラックはトイレ専用。1日の使用回数・時間は決まっており、皆で一斉に使用させられてそうです。中国のニーハオ・トイレより劣悪ですね。

This barrack was designated for toilets. Prisoners were allowed to used the toilets at the certain times of the day together with inmates.


3段ベッドは50台あり、150ベッドある計算になります。1つのベッドに2人寝たそうなのですが、それでも300人分。あとの100人は??

There were 50 tripe loft bunk beds installed in a barrack (we counted them), so there were 150 beds available. It is said, 2 persons slept on a bed, but theycould accommodate only 300... Another 100 were? Where did they sleep?? It was very inhumane treatment.


一応暖房施設は完備されていました(上の写真のレンガ造りの施設)。しかし建物には隙間が多く、隙間風で暖房は役に立たなかったのでは?といわれています。

There was a heating device (stove) installed (brick made stove shown in the photo above). But it is said that there were many gaps on the buildings and if the cold winds blew in, the heater became no use.

やはりイスラエルからの旅行者が多いみたいで、イスラエルの国旗を掲げた団体が多く見られます。

There were many vsitors from Israel. They wer in groups and were carrying Israeli flag.


ここが線路の終着点。この両脇にはガス室・火葬場の施設があったそうです(この地がソ連の赤軍に解放される前、1945年1月20日に証拠隠滅のためSSによって爆破破壊されたとのこと)。

Here is the end of the rail. Both sides of the rail, there were gas chambers / crematoriums. They were demorished by SS on 20 Jan 1945 before Soviet Red Army free the camp. 


これがその残骸。

This is the remaining of the gas chamber / crematorium.


これが地価ガス室の残骸。“一説には「強制収容所到着直後の選別で、70~75%がなんら記録も残されないまま即刻ガス室に送り込まれた」とされており、このため正確な総数の把握は現在にいたってもできていない。”(ウィキペディア抜粋)

This is the remaining of a gas chamber. It is said "Many children and elderly were murdered immediately after arrival and were never registered." (Wikipedia) They account for 70-75% of people who were brouht here.


どんどん増えていく収容者に対応するために、汚水などの浄化施設もありました。特に見えるレンガ造りの円筒形の建物が浄化水槽だそうです。

There were sanitary treatment faclities installed on the site in order to cope with the growng number of poplation o the camp.


有刺鉄線の無効には林が広がってます。「この向こうに行きたい」、とどれだけの方が願ったことでしょう。

Behind the arbed wires, there is a forest. So many poeple wished to go into the forest... I suppose.


150万人の方が1940から45年にかけてここでナチスに殺害された、とあります。単純計算で1日821人殺害されたことになります。

1.5 million people were murdered here by Nazi between 1940 to 1945. It would be 821 persons were murdered a day!! Incredible...


共同洗面所。給湯施設(?)もあり、一応温水が流れたように見えます。

A washing room. I could see there was a stove (I assumed it was used to boil water). I hope there was hot water available...


第二収容所ビルケナウの環境は本当に劣悪だった、そんな印象です。

Life condition in Auschwitz II - Birkenau camp was really really inhumane, terrible, I don't know what to describe...

時刻は3時前、シャトルバスに第一収容所へ。

It was before 3pm. We caught a shuttle bus to Auschwitz I.

入り口で警備員にベレー帽を脱ぐように言われました。「何でですか?」と訊くと、星を指差しました。ふむ、この「司令官」の星をなにかと勘違いしたのですかね? まぁ、言い争うのもなんなので、素直にベレー帽を脱いで見学します。

I was told to takeoff my beret. I asked "The reason why?" and the security guard pointed the star on my beret. Ireckoned he had a wrong idea with the start of "Comandante", but I did not want to argue, so I took off the beret and entered the site.

ここが大地収容所の入り口。門には「ARBEIT MACHT FREI(働けば自由になる)」とドイツ語であります。「ARBEIT=仕事・労働」のBの字が逆さになっているのはこれを作らされた収容者のせめてもの反抗、だといわれています。

This is the famous entrance of Auschwitz I. Above the gate, in German "Arbeit Macht Frei" = "Labour makes (you) free" sign. The letter "B" of "Arbeit" was placed upside down. It is said this was a resistence from the prisoners who were forced to make this sign.


ちなみに日本語にもなっている「アルバイト」はこのドイツ語「ABBEIT」が語源です。

This German word "Albeit" is widely used in Japan now meang as "casual work".

第2部へ続く・・・

To be continued to Part 2...

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
第二収容所を見学し、「ナチスの政策、そしてこの収容所は極悪非道、鬼畜の行為」という印象を受けました。
が、しかし「821人もの遺体を毎日焼却できたのか?」とう疑問を持って第一収容所に移動しました。さて、第一収容所の見学後ワシ等の考えはどう変わるのか??
今日も「世界一周」ボタンをクリックして一票よろしくお願いいたします!!

I am competing in "Round the World Trip Blog Ranking". Please click the button to make my blog No.1!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 *******************************************************************************************************************************************************

拍手[4回]

  
フリーエリア
一日一回クリックするとランキングがあがります! よろしくお願いいたします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



View Europe in a larger map
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
New Comments 最新コメント
[04/20 Yoshi]
[09/01 NONAME]
[02/07 室橋一也]
[02/04 Yoshi]
[02/03 Yoshi]
カウンター
プロフィール
HN:
三郎
性別:
男性
職業:
革命家
趣味:
バイク・旅
自己紹介:
オーストラリアに移住して16年。遠く南の大陸から母国日本を眺めてみて危機感を感じてはや16年。なにか出来ないものかと考えて考えて、ようやく自分で行動することに数年前に思い当たる。とりあえず自分が出来ることから始めよう!ってことで、革命軍M-26-Julioをシドニーで結成。
誰かが世の中変えるのを待ってるだけじゃなく、自分で社会に貢献できることから始めよう。
世界を旅しながら色々な人と出会い革命の輪を広げていきたい。
2010年からおやすみ羊とBMW R1200GSで世界一周中!

Hasta la victoria siempre, Patoria o Muerte!

現在の愛車:BMW R1200GS 「Esperanza de la Tora」(世界一周)、 SUZUKI DR650SE 「孫市」(オーストラリア一周)
過去の愛車:Buell XR12R Firebolt, Yamaha FZ1, Yamaha TRX850, 、HONDA XR250R, Suzuki XF650 Freewind, Yamaha XV250 Virago
ブログ内検索
バーコード
Copyright ©  -- M-26-Julio 羊とめぐる冒険 BMW R1200GSで世界一周の旅 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]