忍者ブログ

三郎とおやすみ羊のBMW R1200GSで世界一周の大冒険

   
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Day 666: 2012年5月24日

Thalwil (Das Haus von Laura & Uwe)
63,290km to 63,416km = 126km

朝は調べごと。この先イタリアでのキャンプ場や宿探し。そして10時半ごろに家を出てフランコを訪ねてチューリッヒまで。

I made a research on campsites and hostels in Italy. Then I left the house around 10:30am to Zurich to see Franco.

フランコに会うのは2月の初めにブエノス・アイレスで別れて以来ですね。あれからもう4ヶ月近く経つんですねぇ。街中まで2台のBMWで走ります。中央駅の裏にあるバイク駐車場に停めて目抜き通りバーンホフ・ストラーセ(Bahnhof Strasse)を闊歩。今日は天気が良くて暑いくらい。

It's been nearly 4 months(!) since I saw him last in Buenos Aires. We rode together to the centre of Zurich.  
We parked our bikes at the bike parking spots behind Zurich central station (Hauptbahnhof). We walked down Bahnhof Strasse- the main street of Zurich. It became a fine day and it even became hot.
DSCF3152.jpg















チューリッヒは大都会です。ハイジの世界は何処へやら。スイスの国土の70-80%は標高が高すぎて居住に向いていないので盆地や平野に人口が集中している、とのこと。スイス全体で八百万人。意外に多いですね。

Zurich is a big modern city. I wondered where the world of Heidi gone?? As 70-80% of Switzerland is inhabitable or unsuitable for permanent setlement (due to high altitude), all population gathers in basins or flat lands.
Switzerland has 8 million population.

旧市街は石畳の路地が続きます。観光客が多いですね。

In the old town, we walked on stone paved streets. There were lots of tourists (including myself!).
DSCF3154.jpg
















チューリッヒの大聖堂「Grossmunter」。かつて塔の上から貧民にパンが投げ与えられたそうで、年に一回パンを塔からばら撒く行事があるとか。

Cathedral of Zurich - Grossmunter. Long time ago, breads were given to poors from the tower. So once a year, the church helds a celemony to throw breads from the tower.
DSCF3157.jpg





















昼飯は中華料理屋で。フランコがご馳走してくれました。ボリビアはラパスの「青葉」以来の中華ですね。ワシは豚肉の四川風炒め、フランコはタイ・グリーンカレーを(中華じゃないですが)。
どちらもしっかりとした味付けで美味い。しかし値段が…、一皿25フラン以上!!!

We had lunch at a Chinese restaurant. It was Franco's treat. The last time I had Chinese wasin La Paz, Bolivia!! I had pork in Suchuan style and Franco had Thai Green Curry.
Both of them were very good! But they were very expensive... More than SFr. 25 each...
DSCF3159.jpg
















チューリッヒ湖からリマト川が街中を流れています。水は透き通っていてキレイ。大都市を流れる川とは思えないくらい。向こう側に見える聖ペーター教会の時計塔はヨーロッパで最大の時計なんだそうです。流石は時計の国スイス。

River Limmat flows through Zurich from Lake Zurich. Water was very clear unlike other rivers flowing through big cities. The clock of the tower of St Peterskirch (can be seen in the photo) is the largest clock in Europe.    
DSCF3161.jpg
















一通りチューリッヒの見所を見て周ってから、ツーリングに。チューリッヒ湖畔を走り、そして南へ。人混みから離れて牧場の中を駆け抜けます。

After seeing the major part of Zurich, we went for a ride to the country side. We rode along side of Lake Zurich and then went south. We rode through cattle farms.

2時間くらい走ったあと、ドリンク休憩。とあるパブに入ったら、なんか雰囲気がおかしいんですね。ちょっとセクシーな服装をしたお姉ちゃんが沢山いるんです。うーん、どうやら間違えたところに入ってしまったのかな?? フランコも初めて入ったのでこんな店とは知らなかった、と。でも辺りには他に店もないので、ドリンクを頼んでテラスで歓談。

After riding 2 hours or so, we made a stop for drinks. We went into a pub(?) but as soon as we opened the door, we saw something strange. There were many girls in sexy outfits in the pub. Well, we entered to the wrong place... Franco had never been in this pub, so he did not know either. But there was no other shop around, so we ordered a drink each and had chat on the terrace.
DSCF3165.jpgDSCF3166.jpg
































テラスの下に裏庭があるんですけど、キャンピングカーが何台か据え置きになってます。なるほど、あそこでコトが行われるんですね。どうやらお姉ちゃんたちはハンガリーとか東欧からの出稼ぎみたいです。

We could see the backyard from the terrace, and there were a few caravans. We guessed that extra service could be performed there... It looked like thse girls were from Estern Europe.
DSCF3163.jpg
















気が付いたらもう6時半。店を出てバイクに跨り帰路へ。途中で停まってフランコとお別れ。また秋にこの辺に戻ってくる予定なので、出来れば再再会しよう、と。

It was 6:30pm already, so we rode back home. We made a stop on the way and I said good-bye to Franco. I would come back around this region in Autumn, so hopefully we could catch up again.
DSCF3167.jpg
















さて、明日はイタリアに向けて出発です。パスタ、ピザ、ジェラート、楽しみです。

Tomorrow I will ride to Italy. Pastas, pizzas, gelatos etc, I am looking forward having them!!

******************************************************************************************************************************************************* 世界一周ブログランキングに参加中です。 上位にランクインすることで、このブログがより多くの方の目に留まります。そして更に多くの方に読んでいただけます。 クリックしてご一票をいただけると嬉しいです。 I am competing in "Round the World Trip Blog Ranking". Please click the button to make my blog No.1!! にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 *******************************************************************************************************************************************************

拍手[3回]

PR
Day 665: 2012年5月23日

Thalwil (Das Haus von Laura & Uwe)
63,290km

今日は予報どおり雨。なのでバイクでのツーリングは諦めて車で行くことに。

It was raining from the morning as forcasted. So we gave up riding the motorcycle to Schaffhausen.

朝はモーリタニアについて少々調べごと。少女を太らせる「ガバージュ」という伝統が特に目を引きます。モーリタニアではふくよかな女性が美しいとされ、またふくよかな娘を育て、ふくよかな妻を養うのが男の甲斐性なので強制的に女の子を太らせるのです。1日8-10リッターの砂糖入りラクダ乳を飲ませ、毎食2キロのクスクス(砂糖とラクダ乳入り)を食べさせると言う、当に拷問。

しかも食べないとつま先を万力で締め上げるという、まぁ、ダイエット大流行の我々の社会からすると真逆の文化ですね。全く思いもかけず仕事でモーリタニアに行くことになったウベ。ちょっと羨ましい。

I made a little research about Mauritania. The most interesting tradition I found was "Gavarju" fattening up young girls. In Mauritania, obeased women are considered more beautiful. And also to foster obeased daughters and to have obeased wife(s) is the status of men.

Young girls are forced to eat a lot: 8-10 litres of Camel milk with lots of sugar a day, 2kgs of CousCous mixed with lots of sugar each meal!! If they do not eat a lot, they would be pinched their toes (often crushed). In our society, losing weights is the fad but in Mauritania, it is totally opposite.

タールヴィル(Thalwil)からドイツ国境近くの街シャファウゼン(Schaffhausen)まで60キロくらい。高速に乗って行きます。多くのトンネルを通り抜け、シャファウゼンに到着。田舎街か、と思ってましたが、結構栄えてます。

Uwe drove me to Schaffhausen, the town near the border to germany, on the motorway. There were many tunnels we drove through. I thought Schaffhausen would be a small country town, but it was quite developed.
DSCF3138.jpg
















ウイリアム・テルの銅像。スイス独立の英雄ですね。

There was a statue of William Tell, the hero of Siwss Independence.
DSCF3139.jpg
















目抜き通りは遊歩道になっていています。晴れ間も広がり、イイ感じ。

The main street was a promenado. It became sunny, good.
DSCF3140.jpg

















ここシャファウゼンにやってきたのは、もちろん「IWC」があるからです。国際捕鯨委員会(International Whaling Commission)ではありませんよ。International Watch Co.です。そうです、スイスと言えば時計。時計産業が盛んなのはジュネーブなどのフランスよりなのですが、ここシャファウゼンの雄「IWC」は時計好きなら必ず知っているブランドですね。特にパイロット・ウォッチで名高い。

Why we came to Schaffhausen? Because I wanted to visit "IWC". It's not "IWC" of International Whaling Commission, but it's International Watch Co. Yes, Switzerland is famous for watchmaking.
Actually watchmaking industry is more concentrated in French side of Swiss such as Geneve, but "IWC" of Schaffhausen is a famous brand for all watch collectors. Especially it is famous for its pilot watches.
DSCF3142.jpg
















本社のビルには時計博物館があり、6スイス・フランで見学できます。残念ながら写真撮影は禁止。IWCの過去から現在までの時計が陳列されています。ワシのお気に入りMark XI(マーク11)もありました。

There was a small museum at the main building of IWC. It cost SFr. 6 to go in. Unfortunately photograph was prohibited. They had ranges of watches from the past to present, including my favorite Mark XI pilot watch.

そして街の外れにあるライン滝見物へ。ライン川はスイスから始まりドイツを通り抜けてオランダから北海に注ぎます。

Then  we went to see "Rheinfall" nearby. River Rhein flows from Switzerland, through Germany and Netherlands to North Sea.
DSCF3149.jpg

















イグアスの滝に比べれば小さいですが(そりゃ当然)、丁度雪解け水で水量も豊かでなかなかの見ごたえです。

Comparing to Las Cascadas de Iguazu, it was smaller (of course), but with melting water from Alps, there was enough water and it was spectecuar.
DSCF3150.jpg

















家に戻りネットにつないで見るとWorld Dream Touringの山田達矢さんからイランおよび中央アジアのビザ取得に関する情報がおくられて。山田さんありがとうございます!!

Back home, when I checked mails, my friend Tatsuya sent me information on obtaining visas for those middle eastern and central Asian countries. Thanks Tatsuya!

夕飯はスイスの南東部山岳地帯の伝統料理「ピッツォチェリ・ディ・ポスキアヴォ(Pizzoccheri di Poschiavo」を。なんと蕎麦を使ったパスタ。キャベツ、にんじん、ジャガイモと蕎麦を一緒に茹でて、水切りをした後、チーズをふんだんに絡めて食べる、という料理。パスタを口に入れると、確かに蕎麦なんです。濃厚なチーズの味が口の中に広がり日本人のワシには蕎麦とチーズは面白いコンビネーションでした。でも美味しいですよ。

Uwe and Laura cooked "Pizzoccheri di Poschiavo" a traditional pasta dish from the highland of Southeast Switzerland. The pasta was made from buckwheat. They boiled cabbages, carrots, and potatos with the pasta, then mixed with lots of cheese. It was interesting for me as Japanese eat buckwheat noodle cakked "Soba". When I put the pasta in my mouth, it was certainly nuckwheat noodle. But soon the taste of cheese overwhelmed. I liked it!
DSCF3151.jpg
















さて、明日はアルゼンチンで出会った世界一周ライダーのフランコをチューリッヒに訪ねます。

Tomorrow I am visiting Franco in Zurich.

******************************************************************************************************************************************************* 世界一周ブログランキングに参加中です。 上位にランクインすることで、このブログがより多くの方の目に留まります。そして更に多くの方に読んでいただけます。 クリックしてご一票をいただけると嬉しいです。 I am competing in "Round the World Trip Blog Ranking". Please click the button to make my blog No.1!! にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 *******************************************************************************************************************************************************

拍手[3回]

Day 664: 2012年5月22日

Thalwil (Das Haus von Laura & Uwe)
63,290km

今日は快晴。ウベは仕事の手続きのため朝から出かけました。戻ってきたらシャファウゼンまでツーリングに行く予定でしたが、12時過ぎても帰ってきません。

It was a beautiful weather. From the morning, Uwe went out to do something with his prospecting job. After he came back, we planned to ride to Schaffausen, but he did not come back even after 12 noon.

なのでワシは色々この先のルートを調べます。シェンゲン協定圏内は180日のうち90日しか滞在できないのですが、日本とオーストリアの協定でオーストリアだけは180日滞在が認められているそうです。

問題はオーストリアがシェンゲン協定国に囲まれているので、結局シェンゲン協定圏内を出るときはオーバーステイになってしまうんですね。多分スロベニアかハンガリーからシェンゲン協定圏内を出ることになりそうです。

So I made researches on the route I would be taking from now on. What I found out was there is a special treaty between Japan and Austria, so even Austria is a apart of Schengen Agreement counries, Japanese can stay there for 180 days.

The problem would be Austria is surrounded by other Schengen countires, so when I would be leaving Schengen area, I would be classified as "Overstayed". I guess I would be leaving Schengen area from Slovenia or Hungary, and I am hoping the immegration process would be casual.

そしてイラン、アルメニア、アゼルバイジャン、トルクメニスタン、ウズベキスタン、タジキスタン、カザフスタン、ロシアとトルコ以東の通過予定の国々のほぼ全部がビザの取得が必要なんです。

特にイランは車両の一時輸入に原則的にカルネが必要。ロシアのビザも基本的に日本でしか取得出来ない(らしい)ので来年春先に一時帰国となりそうです。

Then another thing I was researching was visa conditions for Iran, Armenia, Azerbaijan, Turkmenistan, Uzbekistan, Tajikistan, Kazakhstan and Russia. Almost all the countries I am planning to go through after Turkey require a visa...

Especially Iran, to get a temporary vehicle importation permit, I need to have a carnet. Also it looks like I have to apply the Russian visa from Japan, so I would have to go back to Japan next spring to do those beurocratic works.

まぁ、そんなこんなで調べごとははかどったのですが、ウベはなかなか帰ってきません。「さては新しい仕事を手に入れたな。」と思ったら案の定、そうでした。1時過ぎに戻ってきて、なんと来週から西アフリカのモーリタニアに出張だそうです!!
どうやら金鉱山のエンジニアとして3週間くらい派遣されます。これは面白くなってきた。

Anyway, I could find out many things while waiting for Uwe. He came back after 1pm and as I guessed he got the work! From next week, he will be asigne to Mauritania, West Africa as an enginner at a gold mine for 3 weeks. That sounds very interesting.

ウベは色々書類整理とかしなければならないので、街で昼飯を食べたら出かけずに家に戻って作業。ワシも調べごとの続きを。

As he had to sort out a few things at home, we had lunch at the town and stayed at home. I continued my research in the afternoon.

そんなこんなで今日は観光は無し。明日に延期となりました。しかし明日予報では天気悪いんだよな…。

So I did not do any sightseeing today. We would do it tomorow but according to weather focasts, it would be raining....

*******************************************************************************************************************************************************

世界一周ブログランキングに参加中です。 上位にランクインすることで、このブログがより多くの方の目に留まります。そして更に多くの方に読んでいただけます。 クリックしてご一票をいただけると嬉しいです。

I am competing in "Round the World Trip Blog Ranking". Please click the button to make my blog No.1!! にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 *******************************************************************************************************************************************************

拍手[3回]

Day 663: 2012年5月21日

Thalwil (Das Haus von Laura & Uwe)
63,141km to 63,290km = 149km

今朝は晴れたのでウベとツーリングに行くことに。何処に行くかはウベにお任せ。

It was fine in the morning. So Uwe and I went for a riding. I did not know where to go but Uwe had a good idea of it.

チューリッヒ湖の東まで行き橋を渡って北へ。ボリビアのスクレで出会ったフランセスカに会いに行こう、という趣向です。

We rode to east and cross Lake Zurich on a bridge, then we headed north. We were going to visit Francesca who we met in Sucre, Bolivia.

谷から山、また谷へとワインディングを走り抜けます。途中で給水。アルプスの湧き水が村々にあるのでそれを頂きます。なんか贅沢ですね。

From a valley to a mountain and to another valley, we rode through curves after curves. We made a short stop to have spring water from Alps. Each villege has spring water and we can drink it for free. It's kind of luxury.
DSCF3123.jpg
















ドイツの家も良かったけど、スイスの家も味があります。

Those traditional houses in Germany I lied the style but Swiss houses had good style as well.
DSCF3125.jpg
















谷には畑や牧場が開けてますが、馬糞・牛糞臭い。丁度春が来たので肥料を撒いたばかりなので、まぁ、仕方ないですけどね。

In the valleys, there were farms and cattle farms, and they smelt like horse and bull shits... As it's spring time, those farmers spreat manuar on their farms, that's why.

1時前にフランセスカの働いているショッピングセンターに到着。しかし、残念ながら彼女はお休み!! 事前に連絡していなかったので、まぁ、仕方ないですね。

We got to the shopping centre where Francesca working. But we found out she was off today! We did not contact her beforehand, that's why.

スーパーでパンとローストチキン(半額セールしてました)を買って昼飯。「ローストチキンを食べると中南米を思い出すねぇ」とウベと同意見。昼飯を食べていたら雲行きが怪しくなってきたので家に戻ることに。

Anyway, we bought a bread and roasted chiken for lunch. "Roast chicken reminds us of Latin America", both Uwe and I agreed.  It got cloudy while having lunch. So we headed home.

途中までなんとか雨は持ちこたえていましたが、残り50キロくらいのところで土砂降り…。なんと、ライディングパンツの股座から浸水。ブラジルでは大丈夫だったのに、どうやら最近縫合が解れてしまったようです。今後雨天走行時にはレインパンツを履くしかないですね。

Around 50km from home, it started to rain and soon it was pouring... My riding pants were made with Gore-Tex and waterproof, but it got wet between my legs... When I was riding in the rains in Brazil, I did not get wet. I guess it worn out. From now on if it rains, I have to put the rain pants over the riding pants.

かなり降っているので帰りは橋まで迂回せずにフェリーで湖を渡ることに。面白いことに、湖の近くだけ晴れ間が広がってました。

As it was pouring and we would be soaked, so we decided to make a short-cut to cross the lake with a ferry. But when we got closer to the lake, the rain was cleared.

フェリー代は5スイス・フラン。5分くらいで湖を縦断します。

The ferry cost SF$5 each. It took 5 mins or so to get accross the lake.
DSCF3129.jpg
















家に戻り、着替えてスーパーへ食材の買い出し。今日はなんとスイス名物の「チーズ・フォンデュ」です。ワシはチーズが大好きで、いつの日かフォンデュをしたいと願ってたのですが、ついぞ今日まで食べたことが無かったんです。しかも本場スイスで初フォンデュ。これは楽しみですね。

Back home, we got changed to dry cloths, then we went to a supermarket to buy "Cheese Fondu". I really love cheese and I had been wanting to have Cheese Fondu on day, but to this date, I had not had it yet.
It was my first time to have and I would have a proper one in the home land of Fondu, Switzerland!!

ローラが仕事から戻るのを待って、早速準備にかかります。先ずは専用の鍋にフォンデュ用のチーズを入れて溶かします。

After Laura came back from her work, we started to prepare. She put cheese in a pot specially designed for Fondu and let cheese melt.
DSCF3130.jpg
















そしてパンを一口サイズに切って、

Uwe cut breads in pieces. .
DSCF3131.jpg

















チーズが溶けたら、専用の台に鍋を置きます。鍋の下にはアルコールランプがあり、チーズを熱し続けるようになってます。

Once the cheese was melt, Laura put the pot on the fondu stove. Underneath of the pot, there was an alchole lamp and it would keep the cheese heated.
DSCF3132.jpg
















パンを専用のフォークに刺し、溶けたチーズの鍋に突っ込んでチーズが真ん中で焦げないようにクルクル掻き回しながらチーズを絡めてパンを口へ。うーん、美味い!! これは病み付きになりそうです。

We used special forks to stub the breads and put them into melting cheese. We stired cheese not to let it burned. Once the bread was coated by cheese, we put it into the mouth. Yum.
DSCF3135.jpgDSCF3136.jpg
































さて、明日はシャファウゼン地方を訪ねる予定です。シャファウゼンにはなんとIWCがあるんです。捕鯨とは関係ありませんよ。

Tomorrow we are planning to go to Schaffausen. In Schaffausen, there is IWC.

******************************************************************************************************************************************************* 世界一周ブログランキングに参加中です。 上位にランクインすることで、このブログがより多くの方の目に留まります。そして更に多くの方に読んでいただけます。 クリックしてご一票をいただけると嬉しいです。 I am competing in "Round the World Trip Blog Ranking". Please click the button to make my blog No.1!! にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 *******************************************************************************************************************************************************
 

拍手[3回]

Day 662: 2012年5月20日

Feldkirch, Austria to Thalwil, Switzerland (Das Haus von Laura & Uwe)
62,996km to 63,141km = 145km

今日も快晴。が、しかし風が強い。朝飯を食べてジェッツィに別れを告げて9時には出発。一路リヒテンシュタインに向かいます。

It was a fine weather again today. But it was windy. After having breakfast, I said good-bye to Jetzy and left the hostel by 9am. I headed to Leichtenstein.

リヒテンシュタインまでの国境は直ぐそこでした。3キロも無いくらい。国境で写真を。この旅24国目です。


The border to Leichtenstein was just 3km away from the hostel. I took a photo or the border. It was the 24th country to visit during this trip.
DSCF3111.jpg
















そして国境を跨ごうとした所で国境警察官がいたので停車して挨拶。これがいけなかった。通り過ぎればよかったんですけど、下手に停まったものだから、パスポートと免許書の提示を求められました。国際免許書を渡したら、「地元の免許書を出して」と。オーストラリアの免許書を渡しました。

Then when I was about to cross the border, there were two border policemen, so I pulled over and greeted them. It was my mistake to pull over... They asked me to show the passport and the driver's license. I showed my International driver's license but they asked for the local one. So I showed my Australian driver's license/
DSCF3112.jpg
















パスポートと免許書、そして国際免許書を持ってオフィスに入り、なかなか出てきません。ガラス越しに見えるのですが、虫眼鏡で免許書を拡大して念入りに見てます。もう1人はパスポートを一枚一枚めくり、いろんな国の出入国スタンプを見ています。

They took my passport and licenses and went to the office. One of them were checking out my Aussie license with microscope!! Another one was going through all the passport pages.

作業(?)を見ていたら、あっちへ行け、との合図。うーん、なんかイチャモン付けられるのかな?なんて考えながら待つこと10分。他の車やバイクはどんどん通り過ぎて行きます。

I could see their works from the glass, but they told me to go away... So I was wondering if they would give me a troule. Al other cars and motorcycles were passing through without anycheck.

ようやく出てきて、「パニアを開けて」と。素直に開けてたら、パスポートと免許書等を返してくれました。「スイスでは高速道路を使うか?」との質問。「いや、下の道を走るよ。」と回答。「スイスの高速道路を使うには1年パスを買わなきゃ、だからな。」と国境警察官。まぁ、問題なく通過できたのですが、なんか感じ悪かったですね。

Afer 10mins or so, they came out and asked me to open the panniers. I opened them as I was told, then they returned me the passport and licenses back. They asked e if I would be riding on Motorways in Switzerland. I said "No". They told me that I had to buy a annual pass to use any motorway in Switzerland. Then they let me go.

リヒテンシュタイン侯国は本当に小さな国。国境からあっという間に首都ヴァドゥース(Vaduz)に到着。お城が見えたので、パチリと。

Leichetenstein was really small country. From the boder, I came to the capital city Vaduz in no time. I saw a castle on the hill top.
DSCF3113.jpg
















この国の主リヒテンシュタイン侯爵はもともとオーストリア皇帝ハプスブルク家の重臣でナポレオンによる神聖ローマ帝国解体後、そして第一次世界大戦後のオーストリア・ハンガリー帝国瓦解後も侯国として存続している特異な国。リヒテンシュタイン侯爵家が所有している海外にある土地はリヒテンシュタイン侯国そのものよりも大きく、侯爵家はリヒテンシュタインからの租税を一切受け取ってなく、経済的には全く独立しているとのこと。これは面白いですね。

The Princilpality of Leichtenstein (Fürstentum Liechtenstein) is constitutional monachy ruled by the Princely family of Leichtenstein. Current Price is Hans-Adam II. According to Wikipedia:
"The family comes from Castle Liechtenstein in Lower Austria, which the family possessed from at least 1140 to the 13th century, and from 1807 onwards. Through the centuries, the dynasty acquired vast swathes of land, predominantly in Moravia, Lower Austria, Silesia and Styria, though in all cases, these territories were held in fief under other more senior feudal lords, particularly under various lines of the Habsburg family, to whom several Liechtenstein princes served as close advisors. Thus, and without any territory held directly under the Imperial throne, the Liechtenstein dynasty was unable to meet a primary requirement to qualify for a seat in the Imperial Diet." Cont.... If you are interested, please visit Wikipedia: Princely Family of Leichtenstein.
DSCF3118.jpg





















首都ヴァドゥースから少し西に行くとライン川があり橋を越えたらもうスイス領内。ほんの15キロ程度でリヒテンシュタイン侯国のツールんぐは終了。スイスの谷を走り抜けます。

I took a right turn in the middle of Vaduz then there was Rhein river. Accross the bridge, I was already in Switzerland. I just rode 15km or so in Leichtenstein. I rode through the valleys of Swiss.

スイスというと標高が高いイメージがありますが、山間の谷を走っているので標高は500メートル以下。しかも南からの風で暖かい。

I thought Switzerland was all high up in the mountains, but as I was riding through valleys, the altitude was around 400-500m. And there were warm winds from South, it was really warm.
DSCF3119.jpgDSCF3120.jpg
































ワレン湖(Walensee)の畔をはしり、更にチューリッヒ湖(Zurichsee)の畔を走ります。チューリッヒ湖畔は結構小さな街が連立してあって、ずっと街中を走っている感じでした。

I rode along side of Lake Walen, then along side of Lake Zurich. Around Lake Zurich, there were many little towns, so I was just riding through towns. This part of Switzerland was totally different from my image of Switzerland.

湖畔で休憩しようなんて思ってましたが、なんだか私有地ばかりで、なかなかいい場所がありません。そうこうしているうちにウベ宅には12時前に到着。ウベと彼女のローラはまだ旅先からは戻っていないので、とりあえずスーパーにでも行って時間をつぶそう、なんて思ったら日曜日なので休み。カフェもスイス・フランを持ってないので駄目(しかもめちゃくちゃ高い)。

I was thinking to have a rest at the lake side, but enter lakeside seemed to be private properties, so I could not find any good spot. So I got to Uwe's place before noon. Uwe and his girl friend Laura were not back yet from their holiday, so I went to a supermarket to spend time. But all supermarkets were closed as it was sunday. I went into a cafe, but it was really expensive and I did not have any Swiss-Franc, so I gave up.

仕方がないので来た道を少し戻り、マックで休憩。ドリンクのSを頼んだら、なんと3.5スイス・フラン(4米ドル)もするではないですか!! セットメニューは12スイス・フラン。これは高い。1時半過ぎまでマックにいましたがお腹が空いてきたので、もう少し来た道を戻り、湖が見渡せる所に駐車場とベンチがあったので、そこでサンドイッチを作って昼飯。
本を読みながら時間をつぶします。

I rode back the same road and had a drink at a Mac's. I had a small Coke but it cost SF$3.5 (US$4)!! I checked the price of set menus and each cost SF$12 or so. Very very expensive. I stayed there until 1:30pm, and I got hungry, so I rode back the road again and found a parking area with a lake view. I made sandwitches and read some books.
DSCF3121.jpg
















それにしても今日は花粉症の症状が酷い。クシャミは止まらず鼻水もダダ流れ。4時ごろまでそこにいましたが、天気が悪くなってきたので、再びウベ宅へ。


Todayhay fever was killing me. I could not stop sneezing and running nose. I stayed there ti;; 4pm, but it got really cloudy, so I went back to Uwe'S place.

幸いなことに、5-10分で2人が帰って来ました!! 数ヶ月ぶりの再会をウベと祝います。ローラとは初対面。早速珈琲とケーキをご馳走になり、色々話します。そして薬局に行って花粉症の薬を買いました。

Luckily Uwe and Laura came back 5-10mins after I got there!! It's been a few months since we saw last time in El Calafate, Argentina. He was looking good. I met Laura for the first time. We had coffee and cakes and talked a lot. Then Uwe took to me a chemist to get Hey fever tablets.

夜までバイクのこと、ヨーロッパのこと(ギリシア、スペイン問題)、シェンゲン条約国内の滞在期間についてなどなど色々話題はつきません。

We talked about motorcycles, current affairs of Europe, the limitation of staying in Shengen Area countries.

さて、明日は天気次第で何をするかを決めます。

Tomorrow, we will decide what we will do depending on the weather.

*******************************************************************************************************************************************************

世界一周ブログランキングに参加中です。 上位にランクインすることで、このブログがより多くの方の目に留まります。そして更に多くの方に読んでいただけます。 クリックしてご一票をいただけると嬉しいです。

I am competing in "Round the World Trip Blog Ranking". Please click the button to make my blog No.1!! にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 *******************************************************************************************************************************************************

拍手[4回]

  
フリーエリア
一日一回クリックするとランキングがあがります! よろしくお願いいたします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



View Europe in a larger map
カレンダー
01 2017/02 03
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
New Comments 最新コメント
[04/20 Yoshi]
[09/01 NONAME]
[02/07 室橋一也]
[02/04 Yoshi]
[02/03 Yoshi]
カウンター
プロフィール
HN:
三郎
性別:
男性
職業:
革命家
趣味:
バイク・旅
自己紹介:
オーストラリアに移住して16年。遠く南の大陸から母国日本を眺めてみて危機感を感じてはや16年。なにか出来ないものかと考えて考えて、ようやく自分で行動することに数年前に思い当たる。とりあえず自分が出来ることから始めよう!ってことで、革命軍M-26-Julioをシドニーで結成。
誰かが世の中変えるのを待ってるだけじゃなく、自分で社会に貢献できることから始めよう。
世界を旅しながら色々な人と出会い革命の輪を広げていきたい。
2010年からおやすみ羊とBMW R1200GSで世界一周中!

Hasta la victoria siempre, Patoria o Muerte!

現在の愛車:BMW R1200GS 「Esperanza de la Tora」(世界一周)、 SUZUKI DR650SE 「孫市」(オーストラリア一周)
過去の愛車:Buell XR12R Firebolt, Yamaha FZ1, Yamaha TRX850, 、HONDA XR250R, Suzuki XF650 Freewind, Yamaha XV250 Virago
ブログ内検索
バーコード
Copyright ©  -- M-26-Julio 羊とめぐる冒険 BMW R1200GSで世界一周の旅 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]