忍者ブログ

三郎とおやすみ羊のBMW R1200GSで世界一周の大冒険

   
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Day 717: 2012年7月14日

Guildford (Mark & Claire's palce)
72,538km

今日はパリまで行くつもりでしたが、予報どおり天気悪し。なのでもう1日マーク&クレア宅でお世話になることに。

I was planning to Paris today, but as the weather forecast said, it was raining. So I decided to stay one more day with Mark & Claire.

まだ英語版の日記を書いていない日もあったので、これを機に一気に仕上げます(が、ポルトガルの日記まで手が周りませんでした)。

I spent time to complete diaries in English and I caught up quite a bit (but I did not have time to do some).

お昼前にマーク&クレアと街まで買い出し。雨は幸いあがってます。ギルフォードの有名(?)な時計。

Before lunch, I went to the town with Mark & Claire for some shopping. The rain had stopped but still cloudy. The photo below is Guildford's famous (?) clock.
74dda3ed.jpeg
















昼飯はピザを。荷物の整理をしたり、キャメルバック(背中に背負う水入れ)を塩素で消毒したりと、出発の準備や明日のフェリーの予約をしたりと結構忙しい。

We had pizzas for lunch. I was cleaning Camelbak, organising my luggages, booking a ferry for tomorrow etc i the afternoon. So I was kinda busy.

夕飯はワシのリクエストで英国名物のシェパード・パイ(Shepherd's Pie)を作ってくれました。このボリューム!!

Mark & Claire made me Shepherd's Pie for dinner. Wow, that's abig serve!!
DSCF5309.jpg
















まぁ、全部は食べ切れませんよ。マッシュポテトと中のシュチューがマッチして美味い!!

Of course, we could not finish it all. I really liked British Shepherd's pie.
8407c7a6.jpeg
















11時ごろまで歓談。名残惜しいですが、出発の準備も出来たことですし、明日は天気もそんなに悪くないようなので、フランスに向けて出発です!!

We talked till 11pm or so. It's hard to leave but I have to move on. Tomorrow the weather should be better and I will head to Paris!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

いつもご愛読ありがとうございます!! イギリス名物はほぼ制覇しました。イギリス料理は不味いどころか美味しいです。まぁ、バリエーションは少ないですが。今日もクリックして一票よろしくお願いいたします!!

I am competing in "Round the World Trip Blog Ranking". Please click the button to make my blog No.1!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 *******************************************************************************************************************************************************
 

拍手[3回]

PR
Day 716: 2012年7月13日

Guildford (Mark & Claire's palce)
72,538km

今日は航空博覧会の日。しかし天気予報は、雷雨・・・。朝起きたらロンドンは曇り時々雨でした。

The day for Airshow in Farnborough! But the weather was really bad...

ルーシーに別れを告げて、電車に乗って長距離電車のターミナルであるウォータールー(Waterloo)駅まで。ここでカンとジェームスと待ち合わせです。

I said a good-bye to Lucy and took trains to Waterloo station to catch a long distance train to Farnborough. Kwuan and James were already there. 

行き先はファーンバラ(Farnborough)で9時9分発の電車の予定でしたが、遅延にキャンセル(?)で時刻表から姿を消しました。そんなに本数が多いわけでもないのに、かなりお粗末な感じです。おい、ロンドン、こんなことでオリンピック期間中やっていけるのか?

The train was scheduled at 9:09am but somehow it was delapyed and vanished from the display. Was it cancelled? We did not know as there was no any anouncement... I wondered how they would cope with volume of passengers during Olympic games...

仕方がないので、ポーツマス行きの電車で途中のウォーキング(Woking)まで行き乗り換えることに。電車でのワシ。

So we took a train to Portsmouth and got off at Woking, then took another one to Farnborough.
DSCF5246.jpg
















まぁ、乗ってしまえば結構快適に速く目的地まで到着できるんですがね。ファーンバラに到着したのは10時前。ここからバスに乗り換えて会場である飛行場へ。結構念入りなセキュリティー・チェックを過ぎて、会場に乗り込みます。

Once we were o the trains it was pretty fast to get there. We arrived Farnborough before 10am. We took a free shuttle bus to the airfield. There was pretty tight security check before entering the airfield.

うーん、天気は悪い。

The weather was horrible...
DSCF5247.jpg
















オメガ・タンカー(OMEGA Tanker)。

This is Omega Tanker. It looks like a normal comercial airplane, doesn't it?
DSCF5251.jpg
















この飛行機は普通の旅客機に一瞬見えますが、実はある特殊任務を遂行するためにデザインされています。ヒントは、この写真。

But it has got special devices to do a very special task. Can you guess what it is? Clue is shown in the photos below.
DSCF5253.jpgfb9352ae.jpeg

































お分かりですか? 正解は空中給油。上の写真の部分から給油ホースが出て、戦闘機などを飛行中に給油するんです。なかなか難しい作業ですが、一度に2機給油できるんです。

It is arial refueling. Flexible refuel hose come out from the chambers and those aircrafts to be refuelled will catch the hoses to get fuel. It can refuel up to 2 fighters at a time. This method is called "Prove-and-drogue". Impressive.
AIR_K-707_Omega_Tanker_F-18s_lg.jpg














エア・バス A380。世界最大の旅客機ですね。

AirBus A380. The largest comercial passenger aircraft, ever!
43215537.jpeg

















それにしてもデカイ。ケツもデカイ。

It was really huge! It had a big ass too!
DSCF5258.jpg





















ヴァージン・ギャラクティックの宇宙船。

The spacecraft of Virgin Galactic.
1b8bd9ff.jpeg






















なかなか奇抜なデザインですね。これで本当に宇宙空間へ行けるのか?

It had an unique design. But I wondered if it could actualy reach the space.

DSCF5268.jpg






















米軍の輸送機。戦車まで運べます。確か合衆国ネバダ州のリノの航空レース会場にもあったな。

An American Military cargo airplane. It can carry tanks!! I saw the same in Reno, Nevada.
a9f6b4cf.jpeg
















中はこんな感じ。

Inside of the aircraft.
DSCF5272.jpg

















そして、飛行機のアクロバット飛行ショー。ブライトリングのジェット飛行隊7機によるアクロバット飛行。

At 1:30pm, air performances took place. The photo shown wasthe performace done by Breitling jet team.
DSCF5285.jpg

















なかなかの見ごたえです。

It was pretty good performance.
DSCF5288.jpg
















その他にもF/A 18 スーパー・ホーネットやユーロファイター・タイフーンのアクロバット飛行、エアバス A380の飛行などありました。途中土砂降りになったりと結構大変でしたが、楽しめました。

There were acrobatic flights by Eurofighter Typhoon and F/A 18 Super Hornet, and special flight by A380 and Avro Vulcon.

DSCF5280.jpg
















が、しかし、ワシの好きな大戦期の戦闘機が何処にもありません。これにはガッカリです。

However, there wasn't any WWII aircraft around. I was disappointed a bit.

レゴのブロックで作られたロールス・ロイスのトレント1000エンジン。大人になっても遊び心は必要です。

Rolls-Royce Trent 1000 aircraft jet engine made with Lego blocks!
12fa3f6a.jpeg
















5時に全てのプログラムが終了したので、ファーンバラの駅までバスで戻り、パブで夕飯。バンガーズ&マッシュを。

At 5pm, all the programmes ended and we went back to the station. We had dinner at a local pub.
DSCF5303.jpg
















カンとジェームスとはここでお別れです。楽しかったよ! また会おう!! I said a good-bye to Kwun and James, and went back to Guildford. See you guys later!!
DSCF5304.jpg

















電車に乗ってギルフォードに戻り、マークとクレア宅へ。12時ごろまでロンドンでの出来事、アダムの近況などを歓談。

Back at Mark&Claire's place, we talked till late at night.

明日はパリに行く予定なんですが、どうも天気はかなり悪いらしいです。バスティーユ記念日なので行きたいのですけど、雨が強かったらもう1泊させてもらうことにします。

I am planning to get to Paris tomorrow, but the forecast telling theweather tomorrow would not be good... Tomorrow is Bastille day in France. So it would be good to be there.


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

いつもご愛読ありがとうございます!! 飛行機ファンの方もそうでない方もクリックして一票よろしくお願いいたします!!

I am competing in "Round the World Trip Blog Ranking". Please click the button to make my blog No.1!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 *******************************************************************************************************************************************************
 

拍手[3回]

Day 715: 2012年7月12日

London (Lucy's palce)
72,538km

今日は天気ヨシ!! しかし昨日遅くまで日記をつけていたので(2日分)起きたのは9時ごろ。ルーシーと遅い朝飯を。ワシはクランペットにマーマイトとバター。実に英国風。

It was sunny this morning! Finally!! But I got up late as I was writing diaries till late at night. WIth Lucy, I had a late breakfast. Crumpets with Marmite and butter. Very British.

10時過ぎにバスに乗ってロンドン橋(London Bridge)へ。これがロンドン橋です。うーん、なんだかイメージと違うぞ。

Lucy and I took a bus to London Bridge. This is "London Bridge". Well, it looked different from how I thought it would be...
DSCF5212.jpg

















ロンドン橋から見えるのがタワーブリッジ(Tower Bridge)。あ、これがロンドン橋だと思ってました。ちなみに現在のロンドン橋は1973年に開通した近代的な橋。それ以前に使われていた石造りの端はアリゾナ州のハヴァス湖にあるそうです(アメリカの企業化ロバート・マカロックに2,460,000米ドルで売却されたそうです)。

The bridge can be seen from London Bridge is "Tower Bridge". I thought that was "London Bridge". Current London Bridge was built in 1973, so it is very modern bridge. The stone bridge used before current one was sold to American entreprenuer Robert McCulloch for US$2,460,000 in 1968. It is now rebuilt on Lake Havasu, Nevada.
DSCF5215.jpg
















ロンドン橋からタワーブリッジまでテムズ川の畔を歩きます。なんと「ホーニーマン(Horniman)」があるじゃないですか!! 「i」を「y」に代えると英語でちょっと面白い意味になるんですよ、ホーニーマン。エクアドルでホーニーマンのティーバッグを見つけたときアダムとワシはかなり得した気分になったものです。

We walked along River Thames towards Tower Bridge. Then Lucy told me "You will like the sign." It was "HORNIMAN"!!! When I was in Ecuador, with Adam I found "Horniman" tea bags in a supermarket. We were really happy to find such tea brand name.
DSCF5218.jpg
















テムズ川には退役した軍艦(軽巡洋艦HMS ベルファースト)が。

There was a light cruiser HMS Belfast on River Thames.
556a0b67.jpeg
















これがタワーブリッジ。こちらのほうがロンドンの名所としてはロンドン橋より有名ですね。

The cloer view of Tower Bridge. This bridge is more well known as a landmark of London than London bridge. 
2a3144b4.jpeg
















タワーブリッジを渡ってみましょう。

We walked across Tower Bridge.
0584b1ae.jpeg
















タワーブリッジからロンドン橋を眺めるとこんな感じです。

A view of River Thames from Tower Bridge towards London Bridge.
47406b40.jpeg
















今日は天気がいいのでソフトクリームが美味い。

It was a good day and the soft served cone from Mr Whippy was really good!
towerbridgemrwhippy.jpg





















これがロンドン塔(Tower of London)。全然「塔」っぽくないですね。要塞です。正式名称は「女王陛下の宮殿にして要塞(Her Majesty's palace and fortress)」なんです。中に入るのには17ポンドもするので、外観だけで。

This is the "Tower of London". It does not look like a tower at all, in my opinion. The actual name of this is "Her Majesty's palace and fortress". It would be interesting to have a look inside if the tower, but it cost 17 ponds, so I just looked around outside.
18950f7e.jpeg

















周辺をブラブラしてるとエリザベス女王が即位60周年記念祭典で使用した御座船(たぶん)がありました。

We walked along a canal and found a vassel used by the Queen for her Jubilee (maybe).
be4ac954.jpeg

















そして電車に乗り、最近開通したケーブルカーに乗ってみました。当に「おのぼりさん」。

We caught a train and hopped on a cable car. Well, I was enjoying being a "tourist".
4a3b81e9.jpeg

















まぁ、ロンドンっ子のルーシーも楽しんでるようなので、いいか。

Londoner Lucy was having fun on the cable car too!
19220527.jpeg

















まだ余り観光客は訪れていない模様。

It was just built, so not many tourists were riding on it yet.
DSCF5239.jpg

















ケーブルカーでテムズ川の対岸に渡るとそこわグリニッジ(Greenwich)。

Once we crossed River Thames on the cable car, it was Greenwich.
DSCF5240.jpg
















ここには旧海軍学校があり、英国海軍と言えばこの人、「ネルソン提督(VIscount Horatio Nelson)」ですね。

Old Navy School locates there. Talking about the British Navy, he is the man - Viscount Horatio Nelson.
DSCF5241.jpg
















これが海軍学校。選ばれた大日本帝国海軍の生徒たちもここで学んだのでしょうか。東郷元帥はポーツマスで学んだので、残念ながらここが「肉じゃが」誕生の元ではないみたいですね。

This is Old Navy School. I reckon many students from Japan studied there (Japanese Navy adapted British Navy style).
DSCF5242.jpg
















有名な帆船「カティー・サーク」。高速ティークリッパー。中国からの紅茶の運搬でライバルのサーモピレーと競争を繰り返しました。

The famous Tea clipper "Cutty Sark". This was one of the fastest Tea Clipper at the end of tea shippment by sailing ships. With her rival Thermopylae, she raced from China to London carrying tea.  
509f0cb4.jpeg

















更にグリニッジ天文台まで歩いていったのですが、オリンピックの準備中で閉鎖中!! 雨も降ってきたので、電車に乗って家に帰りました。

Lucy had to go to a bank, so I walked to Greenwich Observatory, hut due toOlympic events preperrations, the park area was closed... And it started to rain, so I took trains back home.

そうそう、イギリス名物「トゥイグレット(Twiglets)」です。マーマイト味のお菓子。口に入れた瞬間はしょうゆ味のせんべいやオカキなんですが、そのあとマーマイトの味が口に広がるとても英国風な一品。ワシは好きですね。

Oh, Lucy intorduced me "Twiglets" - Marmite flavoured snack. It tastes little like Japanese rice cracker at first, but then the taste of Marmite overwhelm in the mouth. It has very strong Marmite flavour, but I like it. 
DSCF5245.jpg



















↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

いつもご愛読ありがとうございます!! タワーブリッジがロンドン橋だと思ってた人も、そうでないのを知ってた人もクリックして一票よろしくお願いいたします!!

I am competing in "Round the World Trip Blog Ranking". Please click the button to make my blog No.1!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 *******************************************************************************************************************************************************

拍手[2回]

Day 714: 2012年7月11日

London (Lucy's palce)
72,538km

今朝はチャッヴィーと大英博物館に。彼女は大英博物館のボランティアによる無料ツアーに全部参加するのだ、と最近博物館に通っているのだそう。

I went to the British Museum with Chavvy this morning. Recently she is visiting the museum quite often to attend "Free tour" by volunteers.

電車を乗り継ぎ博物館最寄の駅ホルボーン(Holborn)駅まで。家を出るときは天気が良かったのですが、街中は雨がチラホラ。

We took trains to Holborn Station - the nearest station to the museum. It was sunny when we left the house, but it was raining a bit in the city...

そして大英博物館へ。正面玄関は古代ギリシア風。なんと大英博物館は入館料無料です!! 

The main entrance of the British Museum. It's in ancient Greek style. Surprisingly, it was free admission!!
9656d1e7.jpeg
















中は天井から光がこぼれ、なかなかモダンでカッコいい造り。

Inside the museum, through the glass roof, sunlight came in. It's modern but still in a harmoney with the ancient Greek style. I like that.
DSCF5140.jpg

















最初はチャッヴィーと古代ギリシア美術の無料ツアーに参加。パルテノン神殿の彫刻が実は大英博物館にあるんですね。

With Chavvy, I joined "Ancient Greek arts" free tour. In this museum, those sculptures of the Parthenon of Athen.
26a81b32.jpeg893f051b.jpeg

































ツアーの後はチャッヴィーと別れて、ワシは古代エジプト・ギャラリーへ。

After tour, Chavvi was going to join another tour, so I went to see Ancient Egyptian collections.
a1afde84.jpeg

















ここにはあの「ロゼッタ・ストーン(Rosetta Stone)」が収蔵されているんです。じゃーーーーーん。

Here  Rosetta Stone is displayed!!
821b43a3.jpeg






















ナポレオンのエジプト遠征中に発見された石碑文。神聖文字(ヒエログリフ)、民衆文字(デモティック)、ギリシア文字と3種類の実時で掛かれており、当時殆ど解読されていなかった古代エジプト文字解読への口火を切った存在です。

It was found during Napoleon's 1798 campaign in Egypt. According to Wiki: 
The Rosetta Stone is an ancient Egyptian granodiorite stele inscribed with a decree issued at Memphis in 196 BCE on behalf of King Ptolemy V. The decree appears in three scripts: the upper text is Ancient Egyptian hieroglyphs, the middle portion Demotic script, and the lowest Ancient Greek. Because it presents essentially the same text in all three scripts (with some minor differences between them), it provided the key to the modern understanding of Egyptian hieroglyphs.

解読に成功したシャンポリオンは他のテキストを使って解読作業を行い、あまりこの石碑を参考にしなかったそうですが・・・。まぁ、当時のエジプト学者や言語学者に「解読の希望」を与えたちょっと「エライ」存在なんです。

But I read that Champollion who was the first one succeeded in translating Ancient Egyptian did not use the text of Rosetta Stone a lot. Well, at least the stone gave all schalors a hope.

女神セクメト! 

The goddess of war and healing, Sekmet!!
f36a89a0.jpeg

















これは何ですかねぇ。左手に持っている石(?)になにか念じをこめてるんですかね?

I wondered what the guy was trying to do.
DSCF5079.jpg
















ラムセス2世像。

Well, everyone knows Rames II.
108b54e3.jpeg

















エジプトの新王国で主神であったアメン神とヒツジ。ヒツジの目標は「羊界の王」なのでいずれはアメン神を越えるつもりです。

Amun - the god of all gods of Ancient Egypt. Mr. Sheep is trying to be the king of all sheep, so one day Mr. Sheep will be greaterthan Amun, that he said.
a6dbfd27.jpeg
















バステト。にゃあーーーー。

Bast. Miaw!!
DSCF5123.jpg





















大スフィンクスの髭の一部。赤い塗料がまだ残っています。エジプト政府からは返還するようにとの要請があります。

A part of beard of the Great Sphinx. Some original red paint was still visible. Eguptian goverment is actually requesting the museum to return the part to Egypt.   
DSCF5187.jpgDSCF5186.jpg











































アメンホテプ3世像。この王は結構謎に満ちてるんですよねぇ。息子のアクエンアテン(アメンホテプ4世)は宗教改革者・文化改革者として有名な王ですが、オヤジの3世もまた面白いキャラクターみたいなんです。

Amenhotep III. A mysterious king of 18th dynasty. I am interested in this king - the father of Akenaton, the grandfasther of Tutankhamen. His son Akenaton Amenhotep IV) is known as "Heretic King". But Amenhotep III seems to be as interesting as his son. 

DSCF5093.jpg























壁画が可愛い。

I like Ancient Eguptian arts a lot.
59fd8bf7.jpegDSCF5113.jpg

































古代エジプト所蔵品のほかにもいろいろあります。アッシリアのスフィンクスとヒツジ。

There were more than Ancient Egyptian collections. Sphinx of Assyria and Mr. Sheep.
DSCF5089.jpg
















アッシリアのライオンとヒツジ!!

The lion of Assyria and Mr. Sheep!!
DSCF5092.jpg
















ケルト人の飾り。ケルトのダイナミックな意匠は好きです。

Celtic accessaries. I like Celtic dynamic design.
40cda2f1.jpeg
















ローマ時代の銀器。

Collections of silver wears of Roman occupaction period.
b768f408.jpeg
















日本の刀・鎧・美術品まで。

Japanese art collections.
987306c5.jpeg





















この他に中国、韓国、東南アジア、インド、北米、メキシコ、アフリカなどもあり到底1日では周りきれません(周れるけど疲れてしまいます)。

There were China, Korea, Southeast Asia, Inda, North America, Mexico and Africa. Too many things to see in a day, indeed.

博物館を出たら、雨・・・。雨脚が弱まるのを待ってから電車に乗って今日お世話になるルーシーの家に。ルーシーとはチリのサン・ペドロ・デ・アタカマで出会ったんですね。オハギとボリビアから一緒のバスで来て、オハギが紹介してくれたんです。あれからもう9ヶ月ですか。早いものです。

It was raining when I came out of te museum. I waited for a while until the rain eased and I took trains to Lucy's place. I met Lucy in San Pedro de Atacama, Chile 9months ago!! My friend Ohaggi (Kumi) was with her and she introduced Lucy to me.

しばらく家で歓談し、雨が上がるのを待ってから散歩。運河があってなかなかいい散歩道。船には人が住んでいるんです。

We talked a while at home and when the rain stopped, we went for a walk. There was a canal and we walked along.
DSCF5208.jpg
















夕飯はベトナム料理!! カエルの脚の唐揚と(ルーシーもカエル食べました!!)、

We had Vetnamese cuisine for dinner. We had deep fried flog legs with lemongrass and chili,
DSCF5210.jpg
















フォーを頂きました。久しぶりのベトナム料理、美味かったぁ。

and I had Pho - beef soup noodle. It would be my first Vetnamese since I left Australia and it was really good.
DSCF5211.jpg
















そんなこんなで今日もテンコ盛りの1日でした。明日はちょっとリラックスしよう、っと。

It was interesting but busy day again. I need to slow down a bit.
 
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

いつもご愛読ありがとうございます!! スフィンクスの髭がこんなところにあったとは!!と知っていた方も知らなかった方も、一票よろしくお願いいたします!!

I am competing in "Round the World Trip Blog Ranking". Please click the button to make my blog No.1!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 *******************************************************************************************************************************************************

拍手[3回]

Day 713: 2012年7月10日

London (Chavvi & Pierre's palce)
72,538km

今日は5時に起きて5時50分の電車でロンドンまで。ギリギリで電車に乗ることが出来ました。

I got up at 5am(!) and caught 5:50am train to London Waterloo. I nearly missed the train!

7時にカンとジェームスが滞在しているホテルに到着。迎えのバスを待ちます。バスは時間通り7時15分に到着。電車に乗り遅れていたら、間に合わないところでした。バスで長距離バス乗り場まで。

I got to the hotel where Kwun and James staying at 7am. We waited at the robby for a pickup bus. The bus came to pick up up at 7:15am on time. If I missed the train, I would have missed the bus too. It was close.

今日は昨日とは違って紅一点のアンバーが参加。バナナを向けられて怖がるアンバー。

Today, Amber - the friend of Kwun - joined us. She pretended to be scared of me holding a banana like a pistol.  Or was she really scared??
DSCF4974.jpg
















長距離バスに乗り換えて、一路ストーンヘンジへ。

We hopped on a tour bus to Stonehenge.

この間来ましたが、遠めで見ただけなので、今日はしっかり見ましょう!! しかし、生憎の雨・・・。

I went there a few days ago, but I saw it from outside of the fence. So today I was going to see it close up. ut the weather was bad...
DSCF4982.jpg
















なにやら色々なオブジェがストーン・サークルの周りに。バケツとか、なんなんだ?? (後でガイドに訊いたら、フランスのツアー会社の企画で夜ライトアップするそうです。しかしオブジェがあるために雰囲気が台無しです!!)

There were some objects surrounding Stonehenge. We did not know what they were. Some mortar look-a-like thingies with buckets were placed between footpath and Stonehenge, blocking our views.... Later we asked the guide and he said a French tour operator is doing a light up tour, and they light up the "mortar" look-a-like thingies. How National Trust allow the operator doing this kind of thing??
DSCF4986.jpg
















ヒツジとアンバー。アンバー、可愛い。

Mr. Sheep and Amber. Isn't she cute?
DSCF4994.jpg
















ストーンヘンジは思ったよりも小さい、とかなりの人が思うそうです。ワシもそう思いました。しかし、一つ一つの石は大きいく、これを200キロも離れた石切り場から運ぶのは大変だったでしょう。

I heard from some people that Stonehende is actually smaller than many people imagine, and I thought so too. But still it would have been hard work tobring those stones for 200km.
DSCF5006.jpg

















未だにストーンヘンジが建てられた理由は解明されてません。日時計、カレンダー、宗教儀式の場、権力者の象徴、などなどいろんな説がありますが、どうなんでしょうねぇ。

There is no definite theory of how / why Stonehenge was built. A sundial, a calendar, a religious celemonial palce, a ruler's showing off monument etc, there are lots of theories made. It is the centuries long mystery. 

まぁ、謎のままの方がロマンがあっていいですね。

Well, something is better to remain as a mystery.

バスに乗り込み、次はバース(Bath)まで。ここはローマ時代に一大浴場が築かれた場所。イギリス唯一の天然温泉です。

We hopped on the bus and it took us to Bath. Here a large scale public bath was built during Roman occupation. It is said "the only" hot spring in England.

バース・アビー(Bath Abbey)はなかなかの構え。

This is Bath Abbey.
DSCF5009.jpg

















早速ローマの浴場へ。浴場としては現在機能してませんが、ローマ時代の遺物を展示したりと、博物館になっています。

We visited Roman Bath first. Now it is a museum later than public bath, but they display those artifacts from Roman period. 
DSCF5011.jpg
















浴場はプールになっていて、ローマ時代はもちろん混浴。

The main bath. In the Roman period, men and women were bathing together.
DSCF5017.jpg

















浴場のほかにサウナ施設もあったりと流石風呂好きローマ人、「寒いブリタニアを快適に過ごすのには風呂だ!」とばかりに大仕掛けの施設だったんですね。ちなみに都市名「バース(Bath)」は風呂って言う意味です。南米にも温泉地でバニョス(Banos)という地名がありましたね。

There were not only a bath but a huge sauna facility. Romans, they really loved bathing and it was probably the best way to forget the chilly British winter for a moment. It's interesting for me that there were a few cities / towns named "Banos" in Latin America. Same meaning as "Bath".

それからアビーの中を見学。ナント大聖堂と似ていて、造りが簡素なようで美しい。ラテン・アメリカなどの教会よりもワシはこの方が好きですね。

They with Amber, I visited Abbey. Inside of Abbey was similar to that of Nantes Cathedral, and I like this style. It's simple but solemn.
DSCF5027.jpg





















パイプ・オルガンもなかなかのもの。

The pipeorgan was very impresive too.
DSCF5029.jpg

















それからクレセント(Cresent)まで歩いて行きました。途中「ゲイ・ストリート(Gay Street)」を発見。

Rejoined with Kwun and James, we all walked to the Royal Cresent. On the way, we found "Gay street".
DSCF5033.jpg






















これがバース名物クレセント。

This is the Royal Cresent - one of Bath's landmark.
DSCF5036.jpg

















市場に立ち寄ったら、エリザベス2世女王がいたので記念撮影。

There was the Queen in the market!
DSCF5038.jpg






















バース、なかなかキレイな街ですね。天気さえ良ければもっと散策したいのですが。まぁ、バスの時間もありましたので、切り上げて、バスに乗り込みロンドンまで爆睡。

Bath was really pretty city. If it was beter weather, it would be much better. On the way back to London, I slept on the bus almost all the way.
728f8a8d.jpeg
















ロンドンに戻り、ピカディリー・サーカス(Picadilly Circus)周辺を散策してから、

Back in London, we walked around Picadilly Circus, and
DSCF5045.jpg

















チャイナタウンで夕飯。

We had dinner in Chinaown.
aabb8bfa.jpeg
















久しぶりに食べるチャイニーズBBQ。シドニーで食べて以来ですので2年以上ぶり。が、しかしイマイチでした・・・。

It was my first Chinese BBQ since I left Australia, but it was not that good...
DSCF5052.jpg
















10時半頃までパブで飲んで、今日お世話になるチャッヴィーの家に着いたのは12時!! いやぁー疲れました。

We had a drink till 10:30pm and when I got to Chavvi's place it was midnight!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

いつもご愛読ありがとうございます!! アンバーが可愛いと思った方もそうでない方も、一票よろしくお願いいたします!!

I am competing in "Round the World Trip Blog Ranking". Please click the button to make my blog No.1!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 *******************************************************************************************************************************************************

拍手[3回]

  
フリーエリア
一日一回クリックするとランキングがあがります! よろしくお願いいたします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



View Europe in a larger map
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
New Comments 最新コメント
[04/20 Yoshi]
[09/01 NONAME]
[02/07 室橋一也]
[02/04 Yoshi]
[02/03 Yoshi]
カウンター
プロフィール
HN:
三郎
性別:
男性
職業:
革命家
趣味:
バイク・旅
自己紹介:
オーストラリアに移住して16年。遠く南の大陸から母国日本を眺めてみて危機感を感じてはや16年。なにか出来ないものかと考えて考えて、ようやく自分で行動することに数年前に思い当たる。とりあえず自分が出来ることから始めよう!ってことで、革命軍M-26-Julioをシドニーで結成。
誰かが世の中変えるのを待ってるだけじゃなく、自分で社会に貢献できることから始めよう。
世界を旅しながら色々な人と出会い革命の輪を広げていきたい。
2010年からおやすみ羊とBMW R1200GSで世界一周中!

Hasta la victoria siempre, Patoria o Muerte!

現在の愛車:BMW R1200GS 「Esperanza de la Tora」(世界一周)、 SUZUKI DR650SE 「孫市」(オーストラリア一周)
過去の愛車:Buell XR12R Firebolt, Yamaha FZ1, Yamaha TRX850, 、HONDA XR250R, Suzuki XF650 Freewind, Yamaha XV250 Virago
ブログ内検索
バーコード
Copyright ©  -- M-26-Julio 羊とめぐる冒険 BMW R1200GSで世界一周の旅 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]