忍者ブログ

三郎とおやすみ羊のBMW R1200GSで世界一周の大冒険

   
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日は品川のキャノンSタワーにて藤原かんいちさんの講演会があったのでいってきました。
かんいちさんは原付バイクで世界一周をされたり、今回はヤマハの電動バイクで世界一周されたつわものです。時速30-40キロで走ると周りの人の表情まで見れるのがいいので小型バイクを選択されているそうです。カッコイイです。

電動バイクですと当然バッテリーでモーターを動かすわけなので、充電できないと前に進めません。一つのバッテリーで20-30キロしか進まないそうです。しかもバイクが小型過ぎるので、交換用のバッテリーなど荷物を積めるスペースが限られています。そこで奥様のヒロコさんが250ccのスクーターで搬送!いやーご夫婦そろって単車で世界一周とはうらやましい!ワシにも早くだれか愛の手を!

お話も楽しかったですが、写真もいい味出しています。ワシはアフリカのサハラ以南に行くつもりは今のところ無いんですが、お二人の写真をみてちょっと行きたくなりました。

講演は1時から3時まででしたが、その後WTN-Jの方々と居酒屋で歓談。ここでもいろいろな方と知り合えてとても勉強になりますし楽しいですね。6月25から28日まで原宿でWTN-J主催の海外ツーリングフェスタをするそうです。無料です。場所はデザイン・フェスタ・ギャラリーです。詳しくは、http://www.wtn-j.com まで。
海外をバイクで駆け巡った方々が多数写真などを出展いたしますので、こんな機会はめったに無いですよ。バイク好きの方、旅好きの方、両方好きな方、是非足を運んでみてください。
ちなみにワシは25日から台湾に5日間行くので参加できません・・・。

Today I went to Cannon S Toweer in Shinagawa to listen to Mr Kannichi Fujiwara, the legend & the pinoeer of the moped overlanders. In 1990 to 92, he has ridden his moped around the world and did a number of overseas riding in 90s. And in 2005, he went around the world with an electric bike - YAMAHA Passol. 
As the bike can run only for 20-30km with a battery and limited baggage carrying capacity, his wife Hiroko accompanied him with Yamaha 250cc Scooter. 

Their speech was really interesting and the photos they took are really good. They are so good to make me want to go Africa even though I wam not planning to go sub-Sahara. Am I going sub-Sahara? It really depends on the situation when I get there.

After the speech, with the member of WTN-J, we went to have a drink in Shinjuku. Here I could meet more people, listen to their experiences and have good time.

Between 25th to 27th June, WTN-J will host "Oversea Touring Festa" in Harajuku. There are many overlanders posting their photos and memorabilias, so if you are interested, please go there! You can get details from http://www.wtn-j.com

Oh, I will be in Taiwan from 25th to 30th of June, so I cannot be in the festa....

拍手[2回]

PR
いよいよ関東地区も入梅ですかね。昨晩から雨が降っています。
昨日は目黒区民センターでWTN-Jのお話会に参加してきました。本当は目黒区役所が主催している「アフリカジャンボ」というアフリカについての情報発信の場なのですが、今回の講師がWTN-Jの古山さんなのでバイクでリビアを走ったときのお話が中心でした。

リビアってあのリビアです。真っ先に思い浮かぶのがカダフィー大佐ですよね。ご存知ない方はウィキへGo!
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%80%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%BC%E5%A4%A7%E4%BD%90

この国は長い間アメリカと対立してきたので、なかなかこちら側には情報が入ってこなかったんですね。ワシもモロッコからアルジェリア、チュニジア、リビア、エジプトと北アフリカ地中海沿岸を走りたいので今回の話は是非とも聞きたかったんですね。

古山さんのほのぼのとしたお話に熱中してあっという間に2時間が過ぎてしまいました。地平線を見たい、サハラを見たいという思いを実現された古山さん。しかも情報が殆ど手に入らないリビアを走ったそのパイオニア精神には本当に頭が下がります。しかもお仕事をちゃんとしながら海外ツーリングに行かれるんですからね。これからもっと沢山のライダー、いえ日本人が仕事をやめることなく海外に飛び出してまた仕事に戻れるようになって欲しいものです。古山さん、これからもパイオニアとしてガンガン海外ツーリングを楽しんでくださいね!

講演の後は2次会です。はい飲み会です。ここでは参加者のみなさんと知り合えるいい機会が持てます。あの「バイクの松尾」の松尾さんや坪井さんとも知り合えてとても楽しいときが過ごせました。 また、このブログをいつも読んでくださっているYoshiさんに高尾山の交通安全祈願のステッカーをいただきました。Yoshiさんの応援とてもうれしいです!

リビアに関する情報はまだ流動的でどれも決定的なものが無いのが現状だと思われます。去年までは比較的簡単にリビアのビザが発給されたそうですが、国際事情の変化により今年はかなり難しいと聞いております。特にバイクでの入国は難しいみたいですね。ワシは2年後に挑戦する予定なので、そのときにはまた状況が変わっているでしょうからその場その場で対応していくしかないですね。

で、今日6月14日はEl CheことErnesto Rafael Guevara de la Serna(チェ・ゲバラ)の誕生日です。特にこれといった催しとかは無いのですが、我が敬愛する先人の一人であるEl Cheが生まれた日なのでなんかウキウキしています。
 
Yesterday (6/13), I went to WTN-J gathering in Meguro, Tokyo. The presenter was Mr. Furuyama who has done motorcyle touring in many countries. What is remarkable about him is that although he has been so many places, he still keeps his job. This is very unusual in Japan. Usually once you take a long holiday, your position is gone or you have to give up your promotion..... This is the reality in Japan. I wish we can change the situation.

The topic was about his and his wife's motorcycle touring in Libya in 2004.
It is very hard to get information about Libya as Lybia has been asolated from "Western world" for many years. But Mr. Furuyama has been dreaming to see Sahara for many years.
In 2003, he went to Tunisia and saw Sahara, but that made him go even further to deeper Sahara.

His speech was very interesting and I could learn lots from it. Unfortunately, the conditions of entering Libya is changing all the time, so it is unsure by the time when I get there if I can get into the country. According to one of the Japanese rider in Africa now, it is almost impossible to get into Libya at the moment.

After the speech, we went for a drink. Here we can get to know those people with same spirit, so I could spend quality time.


Today (6/14) is El Che's birthday. He was born in 1928, so if he was alive, he would be 82 years old. In Japan, there is no much happening on this day, but I am little excited bout his birthday as he is one of my idol.

拍手[2回]

今朝カナダ大使館に行ってきました。
実家からは乗り継ぎで千代田線を赤坂駅で下車。ここから青山通りまで歩いていきます。 そこそこ距離はありますが、10分くらいで到着。8時半過ぎです。

9時からの受付なので、ビザの申請前に申請料7,000円を振り込むとありますので、最寄のSMBCへいって振込みを済ませます。それが赤坂見附駅周辺。更に15分くらい歩いてSMBCで振込み。

カナダ大使館に戻ってきて査証部の窓口で「ビザください」と言ったところ、かなり係りの方が驚いてる様子。なぜなら日本国籍保持者はビザ不要とのこと。ふぬぬぬ? 片道航空券での入国でも、入国審査時に滞在予定帰還をまかなえる資金証明書(銀行の明細など)や旅行計画書を提出すれば問題ないとのこと。 なぁんだ、やっぱビザいらないんじゃん。振り込んでしまった申請料の返金の手続きをして、終了。


ビザを取らなくて済むのでめんどくさいことから開放された喜びと無駄骨折った疲労感とが入り混じった状態で帰路につきました。

This morning I visited Embassy of Canada in Akasaka, Tokyo. It took me 50mins to get there.
The Visa office opens afrom 9:00am, so I went to the bank to deposit the visa application fee of 7,000yen.

At the visa office, the staff was a little shocked when I asked for a temporary resident visa. She said Japanese passport holder does not need to get a visa even though s/he has an one way ticket. 
According to her, all I have to prepare are the bank statement, which can prove I have enough fund to cover my stay in Canada, and the travel plan.

Ok, now I'm relieved. But I have mixed feeling of relief from troublesome processes of getting a visa and wasting my time and money for nothing.....

Anyway, the preparation for the world tour can go ahead without problem now.  

拍手[2回]

えー、ようやくGSも梱包されバンクーバー行きのチケットを予約しようとしたら、7月の後半てもう夏休みだから格安航空券がすでに満席なんですね。しかもカナダの場合片道券だとビザがいるとのこと!マジっすか!?
大使館のページには日本人はビザ無しで最長6ヶ月間滞在がOKとありますが…。これにすっかり安心してたのですが、旅行会社の方によると片道はビザがないと駄目だそうです。完全に下調べ不足です・・・。

早速申請書をダウンロードし、明日朝一で大使館に行ってきます。ビザの申請は9時から11時半までなので速めの行動が必要です。一般的にビザの発行は1週間から4週間かかるそうです。まだ、間に合いますね。
申請料が7,000円。しかも申請する前に振り込むとのこと。

とりあえず旅行会社さんに7月24日発の片道券の予約を入れてもらいました。中国国際航空、北京経由です。12万7000円もします。トホホ。日本円の手持ちが少ないんですよね、今。豪ドルが下がったままなのでなかなか日本に送金できないでいるんですよ。

あと考えたのが、シアトルまで飛んでバスでバンクーバーってのもありかなと。これも旅行会社さんに問い合わせ中です。

さて、どうなることやら。

Well, now I need to get an one way aire ticket to Vancouver; however, the end of July is in Summer holiday season in Japan. So all cheap flights are sold out. Also travel agent told me that I need to get a visa unless I have a return ticket. This is totally unecpected. The home page Embassy of Canada states that Japanese passport holder does not acquire a visa.... But it seems it is ot the case for one way ticket holder.

Anyway, I downloded the application forms and need to visit Embassy tomorrow morning. 
It costs 7,000yen to apply a visa and it will take 1 to 4 weeks to process the application. Luckily I still have enough time.

Now the travel agent reserved a seat for 24th July (China International Air - via Beijin). It costs 127.000yen....  Ouch. I do not have much Japanese yen at the moment as the exchange rate of AUD is really bad at the moment.

Another idea is flying to Seatle and catching a coach to Vancouver. If it is much cheaper, I will take this option. The agent is checking the price and availability.

Hope the visa will be granted soon and I can have a good deal for the flight.
 

拍手[2回]

今日日通梱包工場のRymondさんからGSの梱包が完了した旨の連絡がきました!
こんなに早く梱包が出来るなんて以外でした。
写真まで送っていただいて、ほんとうにありがとうございます!

梱包の進行状況は下の写真をご覧ください。

crating01.JPGcrating02.JPGcrating03.JPG





crating04.JPGcrating05.JPG




午前中はジムにいって太極拳のレッスンと有酸素運動で脂肪燃焼。ジムで頑張ってる割には全然脂肪が燃えてる様子が見受けられません・・・。
午後は従兄弟のシュンが新車エスティマハイブリットで柴又帝釈天に連れて行ってくれました。
すごいですハイブリッド。すごく静かです。日本の技術ってすごいなぁ。
仲見世は人だかりです。流石寅さんで有名な柴又帝釈天です。平日なのにかなりの人が訪れています。
仲見世もなかなか風情があり、草だんごとサツマイモのおやつ(農林一号)を食べながらブラブラ。カメラを持っていかなかったことが悔やまれます。

夜は西新井の「椿」というラーメン屋さんで油そばをいただきました。油そば初体験でしたが、旨いですね。
だんごにおやつ、油そばとますますメタボに拍車がかかりそうです。

Today Raymond at the Nippon Express sent me the photos of my GS been crated.
It was a surprise to know the crating is completed so quickly.
Please take a look at the photos above.
Thank you heaps, Raymond!

This morning I went to the gym and joint Tai-Chi class and did some cardio to burn calorie.
In the afternoon, my cousin Shun took me to Shibamata Taishakuten ith his brand new hybrid car.
The car is so quiet and smooth. The fuel comsuption is really low as well.

Taishakuten attracts lots of visitors even on the week day. The movie series "Tora-san" made this temple really famous through out Japan. The shops around the temple are kept in old fashioned way and making the atmosphere of this area rally special. You can buy varieties of authentic Japanese snacks, sweets, goods, etc here. I did not take my camera, so sorry folks, no photos.

I do recommend to visit this temple if you come to Tokyo. You can experience old fashioned Tokyo downtown.

拍手[2回]

  
フリーエリア
一日一回クリックするとランキングがあがります! よろしくお願いいたします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



View Europe in a larger map
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
New Comments 最新コメント
[04/20 Yoshi]
[09/01 NONAME]
[02/07 室橋一也]
[02/04 Yoshi]
[02/03 Yoshi]
カウンター
プロフィール
HN:
三郎
性別:
男性
職業:
革命家
趣味:
バイク・旅
自己紹介:
オーストラリアに移住して16年。遠く南の大陸から母国日本を眺めてみて危機感を感じてはや16年。なにか出来ないものかと考えて考えて、ようやく自分で行動することに数年前に思い当たる。とりあえず自分が出来ることから始めよう!ってことで、革命軍M-26-Julioをシドニーで結成。
誰かが世の中変えるのを待ってるだけじゃなく、自分で社会に貢献できることから始めよう。
世界を旅しながら色々な人と出会い革命の輪を広げていきたい。
2010年からおやすみ羊とBMW R1200GSで世界一周中!

Hasta la victoria siempre, Patoria o Muerte!

現在の愛車:BMW R1200GS 「Esperanza de la Tora」(世界一周)、 SUZUKI DR650SE 「孫市」(オーストラリア一周)
過去の愛車:Buell XR12R Firebolt, Yamaha FZ1, Yamaha TRX850, 、HONDA XR250R, Suzuki XF650 Freewind, Yamaha XV250 Virago
ブログ内検索
バーコード
Copyright ©  -- M-26-Julio 羊とめぐる冒険 BMW R1200GSで世界一周の旅 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]