忍者ブログ

三郎とおやすみ羊のBMW R1200GSで世界一周の大冒険

   
カテゴリー「Information」の記事一覧
  • « PREV
  •  | HOME | 
  • NEXT »
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

読者の皆様、

いつも応援していただいてありがとうございます。

三郎が参加している海外ツーリングの発展と交流を目的とした団体「WTN-J」にてお話会をさせていただくことになりました。

僕が旅で感じたこと、経験したこと、そして今後その経験をどう活かしていくかなどなどをお話したいと思っています。

お話会の後は任意で飲み会もありますので是非是非ご参加ください。

場所: 東京都品川区武蔵小山荏原第一集会所第一集会室
日時: 2014年3月1日(土) 午後13時〜14時半
参加費: 500円ほど

-------------------------------------------------------------------------------

「旅は旅を楽しむためにある」。

二十歳の頃オーストラリアの大地をバイクで走ってた時に“師匠”が僕に言ったこの言葉が心に刺さった。

人それぞれ旅の仕方や目的があるけれど、「旅を楽しむこと」、それを基本に自分のスタイルの旅をすればいい。

僕にとって旅で一番楽しいのは「人との出会い」。そしてバイクで知らない土地へ行くことが出来れば更にいい。

バイクの旅ならではの出会い、つながり、交友、経験。
三大陸半・三年半に及ぶこの旅を通じて「旅を楽しむ」の先に見えたモノ。

そんなことをみなさんにお伝えしたい。

三郎敬白

拍手[0回]

PR
Hitsuji001.jpg名前 / Name: ヒツジ / Mr. Sheep
出身地 /Birthplace: 不明 / Unknown
趣味 / Hobbies: 旅、絵画、睡眠など / Traveling, Drawing, Sleeping etc
特技 / Skills: 睡眠、加速と急激な減速 / Sleeping, Rapid accelaration and rapid slowing down

Japanese:
2006年頃から革命家三郎と行動を共にしている。城めぐり、ケープ・ヨークの旅、オーストラリア一周など三郎の旅パートナーとして活躍。

ちょっとシャイで引っ込み思案だが、やるときゃやる、そんなヒツジ。

三郎が苦境に立ったときには、いつも励ましてくれる強い味方。

将来の夢は、「羊界の王」。

その鈴をチリンと一鳴させれば加速。もう一鳴させれば減速。チリンチリンと加速・減速を繰り返す、という特技を持つ。


English:
Since 2006, he is the travel buddy of Saburo. He visited castles in Japan, did the motorcycle adventure in Cape York Australia, and travelled around Australia on the motorcycle with Sabruo.

Now he is travelling round the world on the BMW R1200GS.

He is little shy and modest, but when he has to do, he will do anything!

He has a big dream "To be the king of all Sheep".

Once his bell rings, he accerelate so fast but once the bell rings again, he slows down rapidly. 

拍手[2回]

Saburo001.jpg名前 / Name: 三郎 / Saburo (Yoshi)
出身地 / Birthplace: 東京都足立区西新井近辺 / Tokyo, Japan
趣味 / Hobbies: バイク、旅、歴史、アンティーク時計収集などなど。 / Motorcycling, Traveling, History, Collecting antique watches etc


Japanese:
東京都足立区西新井近辺で生誕。幼少期、少年期を過ごす。地元の公立小中学校を卒業し、都立高等学校に進学。考古学者志望だったが、志望大学の志望学部には合格できずに、何故か商学部に。大学に1年間通い、2年時に休学し、1994年にワーキングホリデーでオーストラリアを訪れる(初海外)。「バイクで旅する」ことと出会い、多くの素晴らしい人との出会いがあり、オーストラリアで自分の可能性を試したく、大学を退学して、オーストラリアの大学に通う。なんとか卒業。そのまま永住権を取得し、オーストラリアに移住。

しかし、遠く南の大陸から母国日本を眺めて、「わが国日本はこのままで大丈夫かいな?」と危機感を抱き、「自分に何か出来ないものか」、と考えて考えて、「誰かが世の中変えるのを待ってるだけじゃなく、自分で社会に貢献できることから始めよう」って思いつく。

「自分に出来ること」、とはとりあえず人と話すこと。シドニーに居ながら、日本の旅人や学生と出会っては、話し、聞き、そこから日本改革、革命活動を始める。

オーストラリア最北端のケープ・ヨーク(Cape York)へのバイクでの冒険(2009年)、オーストラリア一周(2010年)を経て、2010年からおやすみ羊「ヒツジ」と愛車BMW R1200GS「エスペランサ」で世界一周中。

世界を旅しながら色々な人と出会い、旅人を中心に「革命の輪」を広げていきたい。人それぞれ特徴・特性があり、それをどう活かし社会に貢献していくか、ということで。更に個人個人別々で活動するのだけでははなく、団体として活動し、日本社会に大きな影響を及ぼしたい。

Hasta la victoria siempre, Patoria o Muerte! 

English:
My first trip abroad was to Australia in 1994 as a working holiday maker. I got my first motorcycle license there and I fell in love with travelling on a motorcycle. 

I met so many wonderful people during my stay in Australia and decided to migrate there.

I quite the university in Japan and went to the University of Western Sydney. Luckily I got a Permanent Residency of Australia after the graduation, and lived in Australia until I started this RWT in 2010.

From Australia, I was seeing my mother country - Japan. From the distance, I could see what was happening in Japan in macro view. I started worrying the future of Japan. I was hoping someone came along and change the course of Japan, but I realised that I should not wait for anyone, rather I should do it and lead others!

During my trip round the world, I will meet lots of people and will spread my idea of "Revolution", and together we can change Japan and  the world, so I believe!!

Since 26 July 2010, I am travelling round the world with Mr. Sheep on BMW R1200GS "Esperanza"!

Hasta la victoria siempre, Patoria o Muerte! 

現在の愛車 / Current bike:BMW R1200GS 「Esperanza」(世界一周 / RWT)
過去の愛車 / Previous bikes:SUZUKI DR650SE 「孫市 / Magoichi」(オーストラリア一周 / Around Aus Trip)、Buell XR12R Firebolt, Yamaha FZ1, Yamaha TRX850, 、HONDA XR250R, Suzuki XF650 Freewind, Yamaha XV250 Virago

拍手[2回]

旅の装備の紹介 / My Travel Equipments:

ライディング・ギア/ Riding Gears:
1. ジャケット / Jacket - Rough&Road Gore-Tex 防水オール・シーズン・ジャケット / Rough&Road Gore-Tex Waterproof All Season Jacket
2. パンツ / Pants - Rough&Road Gore-Tex 防水ライディングパンツ / Rough&Road Gore-Tex Waterproof riding pants
3. グローブ / Gloves - BMW GS Gloves
4. ヘルメット / Helmet - Arai Tour Cross II (曇り止め防止ピンロックシートも / With the unti-fog pin lock seat)
5. ブーツ / Boots - Alpine Stars ゴアテックス防水ツーリングブーツ / Alpine Stars Gore-Tex Waterproof Touring Boots

工具・バイク用品 / Tools
1. BMW オンボードツールキット (これでホイールまで外せます) / BMW Onboard Tool Kit
2. KTC デジラチェ (トルク管理はしっかりと!普通のトルクレンチより軽くてコンパクトなので選びました) / KTC Digital Torque Wrench
3. KTCトルクスレンチセット / KTC Torx Wrench set
4. KTCラジオペンチ / KTC Pliers
5. KTCニッパ / KTC Nipper
6. ハンマー(鉄、銅、プラスチックと頭が付け替え可能) / Small Hammer
7. 六角、プラスマイナスドライバーのビットセットとドライバーの柄 / Hexagon head set, Screw driver heads, a screw diver handle
5. パンク修理キット / Puncture repiar kit
6. GS用イグニッションセンサー / Inginition sensor for R1200GS
7. GS用サイドスタンド拡大板(サイドスタンドの面積を拡大します。カンジキみたいなものですね。ぬかるみや砂地に停める時にサイドスタンドがめり込まない!) / Wunderich Sidestand enlarger

キャンプ用品 / Camping Equipments
1. テント/Tent - モンベル ステラリッジ2型 / Mont-Bell St
ステラリッジ2型: 2人用です。室内に荷物を入れるスペースを確保できますし、1人用より快適です。多分。
2. 上記テント用グランドシート / Ground sheet for the tent above
3. ストーブ / Portable Stove - MSR  Wisper Light International
4. Mont-Bellチタン製コッヘルセット(小型フライパン、ナベ大・小: 軽いのが一番!) / Mont-Bell Titanium Cooking pan set (a small frying pan, sauce pan small and extra-small)

その他の備品 / Other equipments:
1. PC - Toshiba Dynabook Satelite T110
2. Portable device - iPod Touch 8G - パナマ-コロンビア間の船の上で壊れました / Broken on the ship on the way from Panama to Colombia
3. Camera - Fujifilm FinePix XP

拍手[2回]


メーカー/Make : BMW
モデル/Model: R1200GS 2009年モデル Premiumライン / 2009 Model Premium Line (with ABS, ESA, ASA, and LED tail ramp and blinkers)

改良点/Modifications:
1. パニア/Pannier:Touratech Zega Pro 右(R)45リッター(Litre) /左(L)38リッター(Litre)
2. エンジンバー: /Engine bar: Hepco&Becker社製
3. マフラー/ Exhaust: Akrapovic社製
4. アンダーガード/Bash plate: Touratech社製
5. タンクバッグ/Tank Bag: SW Motech社製 TravelQ
6. オイルクーラーガード/Oil cooler guard: 原サイクル特注品 / One off special make by HSC Hara
7. サイドデフレク ター/Side deflector: BMW R1200GSA用
8. ヘッドライト・プロテクター/Head light protector: ごっつまもるクン/Gotsumamorukun

何故BMW R1200GSか?/ Why I chose BMW R1200GS?:
この旅を始めるにあたって、どのバイクにしようか色々考えました。まぁ、「世界一周の旅をしよう」、と考え始めたのは「GSに乗りたいから」だったので、最初からGSが最有力候補だったのですがね。。「何故世界一周をするのか?」については、こちら。--> http://m26julio.yamatoblog.net/Entry/93/

選ぶにあたって重視したポイントは、耐久性、メンテナンスのしやすさ、燃費、キャブレターかインジェクターか、パーツの手の入れやすさ、高速巡航性能などなど。その他、空冷か水冷か、シャフト・ドライブかチェーンドライブか、チューブレス・タイヤかチューブ・タイヤかなどなども選考条件にいれました。。

オフロード走破性はあればあるほどいいのですが、世界一周は初めてなので「可能であればフラット・ダート以外のダートを避ける」スタンスで走ろうかな、と。

BMWは殆どの国でディーラーがありますし、R1200GSはパーツも頑丈なので故障も少ない。大排気量でwすが燃費もいいですし、シャフト・ドライブなのでメンテナンスも楽です。空冷なので構造が単純な分、故障箇所も少ない。スポーク・ホイールなのですがチューブレス・タイヤなのでパンクの修理も楽チン。

せっかくバイクで旅をするので、移動を楽しまないと、ですね。小排気量バイクですと、荷物を積んで走ると、ただの「移動手段」となって走りが楽しめない。世界一周という長距離を走るからこそ、「走りの質」にこだわりたい。そうなるとBMWの上質な走り、が決め手になりました。荷物を積んでも快適にスポーツ・ライディングを楽しめる。そしてオフロード走破性もある。2010年前半の時点ではR1200GS以外にその条件を満たすバイクはなかなかありませんでした。

GS以外の候補は:
GSA.jpg1. BMW R1200 GSA:
R1200GSに比べて大容量のガソリンタンク(33リットル)、ロング・サスペンション・ストロークなどなど長距離航続性、オフロード走破性を重視したモデル。が、しかし、車重が30キロ増しで、車高も5センチ増しなのでポテゴケ回数が増えそう。実際「原サイクル」さんでエスペランサともう一台のR1200GSと2006年式GSAの選択肢があったんです。GSAは走行距離1万5000キロ以下、BMW純正アルミパニアとトップボックス一式、GarminのGPSが付いて200万円以下という魅力的な価格。しかし、33リットルを必要とするところはそんなに無いでしょうし、足つきが悪く重い、ということ、原サイクルのWナベさんが「2006年式と2008年式以降では大きな違いが有りますよ。」と仰るのでR1200GSに決定しました。

F800GS01.jpg2. BMW F800GS:
R1200GSよりも車体が軽くてオフロード向き。800ccと高速巡航パワーも充分。1200よりも軽快に取り回しが出来ます。パニアなどカスタム・パーツも充実し、値段も1200に比べて安いので有力候補に。フロント・タイヤが21インチなので選択支が多いのも魅力。チューブタイプなのでリア・タイヤのパンク修理が大変? 耐久性となるとやはり1200に軍配が。水冷エンジンなので空冷よりも複雑なだけ故障の可能性も増えますし(あくまで可能性です)。かなり迷ったんですけど、まだこの車種が世界一周に使われた実績が無いのと1200とは違い「BMWらしさ」に欠けるので1200に軍配が上がりました。 

R1150GS01.jpg3 BMW R1150GS
R1200GSの旧型。1200よりも頑丈ですが、車重は30キロ増し。その完成度は高く、世界一周中のトラブルらしいトラブルも聞きません。高年式は2004年モデルがあるので、上質の中古車を購入すれば劣化も問題なし。1200のメリットはほぼ全て備えていて、値段も安く、更に堅牢。相当有力な候補でした。
しかし30キロ増しの車重と「R1200GSのデザインが好き!」という理由で1200を選びました。

xtz660tenere01.jpg4. YAMAHA XTZ660 Tenere:
やはり「日本人なら日本メーカーのバイクで世界を駆けたい」、という気持ちはありました。長らく日本メーカーからは「アドベンチャー・バイク」を生産していなかったのですが、久しぶりにYAMAHAが応えてくれました。
660ccの水冷単汽筒。高速巡航能力は大排気量バイクには劣りますが、インジェクターで燃費はヨシ。しかし単汽筒の割には車重があり、逆輸入車になるので値段もそこそこ。パニアなどのオプションも結構充実しています。しかしBMW F800GSに比べて値段以外にメリットはあるのか?と考えた結果、落選。

e842d0ea.jpeg5. YAMAHA SR400/500:
単汽筒、空冷、シンプル。旅バイクのベース車としては魅力的。もともとオフロード車のXT500が基になって造られたバイク。日本ではカスタム屋さんも多く、自分に合わせたバイク作りも可能。程度のいい中古車をベースにオフロード向きに仕上げる、というアイデア。ワシの地元「西新井」にも有名なSRカスタム屋さんがあるので。しかしバックオーダーを抱えているので、仕上がるのに2年、ということで、諦めました。

DR650SE01.jpgDR650SE02.jpg6. SUZUKI DR650SE:
オーストラリア一周の相棒。SUZUKIが世界に誇る名車。安く、構造が単純、軽量、カスタムパーツも豊富。世界一周バイクのベース車としては申し分ありません。軽い分オフロード走破性も前出の候補よりも優れています。空冷・単汽筒ですが、キャブレターなので高速巡航時の燃費はR1200GSと同等かそれ以下。しかし33リットルのサファリタンクを装着すれば航続距離は600キロ以上。しかし、オーストラリアの大地を走って、クルージングパワーがもう少し欲しかったのと、キャブレターなのでアンデス越えなどの高地でのパワーダウンなどを考えて、R1200GSに軍配が上がりました。次回世界一周をするならば、もっとダートを走りたいのと、バックロードを走るので(今回走れなかった、走らなかったところを走りたいので)高速巡航をそんなに重視しなくていいので、DR650を選択しますね。

旅の準備中にはYAMAHA XTZ1200 Super Tenereは発売されていませんでした。KTM 990 Adventureは耐久性とディーラーネットワークに疑問があったので候補に入れませんでした。Suzuki V-Strom 1000やHonda Vanadero 1000は車体が重いのとオフロードの走破性が優れていないので候補外。

拍手[3回]

  
フリーエリア
一日一回クリックするとランキングがあがります! よろしくお願いいたします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



View Europe in a larger map
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
New Comments 最新コメント
[04/20 Yoshi]
[09/01 NONAME]
[02/07 室橋一也]
[02/04 Yoshi]
[02/03 Yoshi]
カウンター
プロフィール
HN:
三郎
性別:
男性
職業:
革命家
趣味:
バイク・旅
自己紹介:
オーストラリアに移住して16年。遠く南の大陸から母国日本を眺めてみて危機感を感じてはや16年。なにか出来ないものかと考えて考えて、ようやく自分で行動することに数年前に思い当たる。とりあえず自分が出来ることから始めよう!ってことで、革命軍M-26-Julioをシドニーで結成。
誰かが世の中変えるのを待ってるだけじゃなく、自分で社会に貢献できることから始めよう。
世界を旅しながら色々な人と出会い革命の輪を広げていきたい。
2010年からおやすみ羊とBMW R1200GSで世界一周中!

Hasta la victoria siempre, Patoria o Muerte!

現在の愛車:BMW R1200GS 「Esperanza de la Tora」(世界一周)、 SUZUKI DR650SE 「孫市」(オーストラリア一周)
過去の愛車:Buell XR12R Firebolt, Yamaha FZ1, Yamaha TRX850, 、HONDA XR250R, Suzuki XF650 Freewind, Yamaha XV250 Virago
ブログ内検索
バーコード
Copyright ©  -- M-26-Julio 羊とめぐる冒険 BMW R1200GSで世界一周の旅 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]