忍者ブログ

三郎とおやすみ羊のBMW R1200GSで世界一周の大冒険

   
カテゴリー「Chile」の記事一覧
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


53日間: 2011年10月16日から10月22日(7日間)、10月28日から11月1日(5日間)、11月9日から12月12日(34日間)、12月16日から12月18日(3日間)、12月28日から12月29日(2日間)、2012年1月5日から1月6日(2日間)まで。

チリ総走行距離:41,929km to 50,456km =8,527km (アルゼンチンを含む)。 チリ側だけは3,560km
(41,929km to 42,401km = 472km, 44,965km to 46,338km = 1,373km, 46,959km to 47,804km = 845km, 48,814km to 49,262km = 448km, 50,034km to 50,456km = 442km: Total = 3,560km)

使った金額 (注:通貨単位はチリ・ペソ)

現金合計: 720,000ペソ+最初に持ってた34,580ペソ-残ったお金0ペソ = 754,580ペソ (1,509米ドル)
引き出した現金: 720,000ペソ
クレジットカードで支払ったガソリン代: 132,455ペソ
入国とバイク輸入諸手数料: 無料
保険: 無し

バイク関連費用: 
リア・ショックアブゾーバー: 330,151ペソ
フロントタイヤ交換: 110,000ペソ (クレジットカード払い)

生活費(食費+宿代+交通費): (644,580ペソ+132,455ペソ)÷53日=1日当り、14,661ペソ。(29.32米ドル)

概要: 
チリはもはや先進国です。インフラは整っていますし、チリ人と接するとすごく洗練されています。大型スーパーやショッピングセンターも整っていますし、ガソリンスタンド「Copec」には無料WiFIがあります。安心して旅が出来る国です。悪徳警官もいなければ、水道水が飲めるか?なんて気にしなくてもいいんです。

コロンビアからチリまで走ってきましたが、ここまで整った国は他にありません。アルゼンチンも南米の中ではかなり「先進国」ですが、チリには到底かないません。しかし、あまりにも整いすぎていて、他の南米諸国の、あの乱雑とした市場や気軽な雰囲気がすこし懐かしくなります。

チリ人は優しいし気さくです。何度も「チリっていいところだなぁ」って思いましたもん。

物価は高いですね。ちょっとしたものを外で食べると5ドルはします。そしてガソリンはレギュラーがリッター750ペソ、ハイオクが800ペソ以上と大体1.5ドルから1.6ドルはします。そのぶんクオリティーも高いんですけどね。

日割りで29.32米ドルと結構安く仕上げることが出来ました。チリでの滞在の約半分が汐見荘での沈没生活でしたので自炊gあ節約の鍵でしょうか。移動中は贅沢しませんでしたから、ガソリン代も入れてこの出費で抑えることが出来たのでしょう。

宿は大体ドミで5,000ペソから7,000ペソ(10米ドルから14米ドル)。朝食が付いている場合もあれば、付いていない場合も有ります。

道路・交通状況:
チリのインフラはほぼ先進国並み。アタカマ砂漠周辺やパタゴニア地方(カレテラ・アウストラルとフエゴ島)は辺境なので未舗装路が多いですが、その他の地域では立派な高速道路が整っています。ただしバイクも高速料金がかかるので結構な出費となります。

チリ人の交通マナーも先進国並み。横断歩道手前で必ず停車しますし、無理な追い越しも殆どしません。街中でもしっかりとルールとマナーを守って運転しています。チリでは安心して運転できました。

入国・出国情報:
チリには先ずボリビアから入国しました。その後アルゼンチンとチリを行き来したので一体何回チリの国境を越えたのか把握してないほどです。基本的には出入国手続きは簡単です。しかしチリは食料などの持ち込みに厳しいので国境で検査を受けることが多いです。結構これで時間がかかる場合があります。

保険について:
チリ国内で保険に加入しようとしても、チリのナンバープレートの桁数が6桁(でしたっけ?)しかないので外国で登録されている車両を保険のシステムに登録できないようです。隣国アルゼンチンの車両保険は隣国のチリ、ボリビア、パラグアイ、ウルグアイ、ブラジルもカバーされるはずなので(ワシが加入した保険はそうでした)、アルゼンチン入国後に購入しましょう。しかし、アルゼンチン国内で保険に加入していないと国境で一時輸入許可が下りなかったりする場合があるそうです。入国できなかったらどうやって保険に加入するんでしょう?? ちなみに保険無しでアルゼンチン国内を走行中に警察に見つかったら罰金です。

宿情報:
バイクを駐車できるホステルは探すの大変ですよね。ここではバイクを安全に駐車できる宿を紹介します。

1. 汐見荘:
首都サンティアゴから1時間半西北にあるビーニャ・デル・マル(Vina del Mar)にある日本人宿。海に面したビーニャでは毎朝新鮮な魚介が市場で購入できます。宿の仲間と海鮮に舌鼓を打っていると、いつの間に滞在が長くなってしまいます。沈没要注意の快適な宿。オーナーの山岸さんはとても優しい人。基本的には個人宅に旅行者が泊めさせてもらっている、という形式なのでベッド数は多くないです。バイクも敷地内に駐車できるので安心です。1泊5,000ペソ。個室もドミも値段は一緒。長期割引あり。WiFIあり。
所在地: BAQUEDANO 319,RECREO,VINA DEL MAL 電話: 032-2368315

2. モアイ・ビアヘロ・ホステルB&B (Moai Viajero Hostel B&B):
首都サンチアゴにあるゲストハウス。朝食付き。宿泊者は国際的。敷地内にバイクを駐車できます。が、しかし宿の愛犬「ペペ」がホイールに小便をするのがNG。場合によっては夜遅くまで中庭でドンチャン騒ぎしている某国の旅人がウザイかも。ドミが6,000ペソ。WiFIあり。

3. オスタル・ウォレンベルグ(Hostal Wohlenberg):
アンデスの観光地プーコンの宿。入り口は狭いが、中庭にバイクを駐車可能。部屋も設備もキレイで快適。テラスあり。ドミで5,000ペソ。WiFiあり。

4. キャンピング・パルケ・デ・ラ・ポサ(Camping Parque de la Poza):
同じくプーコンにあるキャンプ場。プーコンはいいところなのに滞在中全くアジア人観光客を見かけず。欧米人とチリ人の観光客が多かったです。テント1泊3,500ペソ。WiFiは無いのですが、隣のホテルのWiFiがパスワード無しで使えます。しかしいつもキャッチできるとは限りません。

5. オスペダヘ・インデペンデンシア(Hospedaje Independencia):
チリ・パタゴニアの南部、フエゴ島へのフェリーが出ているプンタ・アレーナスの宿兼キャンプ場。宿はドミで5,000ペソ、キャンプは2,500ペソ。キャンプ場は庭にテントを張るだけなのでスペースに限りあり。施設は宿と共同。WiFiあり。

治安:
チリの治安はいいと思います。首都サンチアゴのある区域、そして世界遺産のバルパライソでは夜治安が悪いと聞きますが。 *******************************************************************************************************************************************************

世界一周ブログランキングに参加中です。
上位にランクインすることで、このブログがより多くの方の目に留まります。そして更に多くの方に読んでいただけます。
クリックしてご一票をいただけると嬉しいです。

I am competing in "Round the World Trip Blog Ranking". Please click the button to make my blog No.1!! にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 ******************************************************************************************************************************************************

拍手[1回]

PR
Day 530: 2012年1月6日

Punta Arenas (Barefoot Backpackers)
50,198km to 50,219km = 21km

朝は9時前に起床。寝袋を畳んだりしていたら、ポールがやってきました。「朝飯を食べよう。」ということで、ウベとテッドと連れ立てカフェに朝飯を。そして作戦会議。みんなここで買い物を済まして、プエルト・ナタレスに行くことになりました。

DSCF0716.jpg宿に戻りテントを畳んで出発の準備。既にHeidenauのオーナーは出発していたので、捨ててあるタイヤを拾ってエスペランサに括り付けます。リマ以来ですね、タイヤを運ぶのは。
ウシュアイアで高い買い物をしましたが、中古とはいえタダでタイヤが手に入ったので、嬉しい限り。

DSCF0717.jpg先ずはタイヤが手に入るという「Moto Adventura」へ。HeidenauやPirreri MT60、中古のタイヤがあります。Haidenauは104,000ペソ(200米ドル)、Pirreri MT60は52,000ペソ(100米ドル)。
値段が2倍違いますね。Heidenauは長持ちですし、110/80-19とGSの規格に合うんです。MT60は100/80-19と少し細いんですね。Heidenauのほうが長持ちするし質も高いので、Heidenauにしました。しかし取り付けは5時以降と。

ウベとテッドは18インチのリア・タイヤを探してますが、ここには無し。他のタイヤ屋「RecaSur」には3時までシエスタで閉店。なので今日はナタレスには行かずに、ここに留まることに。

ウシュアイアに行く前に泊まっていた「Barefoot Backpackers」にチェックイン。バイクは隣の修理屋さんに置かせてもらえることに。やったね。

宿でしばらくネットをして、再び買い物へ。先ずは「RecaSur」へ。Maxxisのタイヤが有ったので、テッドは買いましたが、ウベは買わずに今のタイヤでがんばるとのこと。

DSCF0718.jpgDSCF0720.jpgDSCF0722.jpg





DSCF0723.jpgDSCF0724.jpg遅い昼飯を食べて、テッドとワシは「Moto Adventure」へ。タイヤを交換しました。まだ履いていたContinental TKC 80は山がありましたが、恐らく2,000~3,000キロしかもたないで小児、アルゼンチンはタイヤが高いので、ここで交換しました。

DSCF0727.jpge129e687.jpeg宿に戻り、シャワーを浴びてあとはゆっくりです。ウベ、ポールとテッドはウイスキーを1本半あけて、原ショー。さて、明日は国境越え、Ruta 40を走りカラファテを目指します。ホセはもう着いたかな??



Day 530: 06 JAN 2012

Punta Arenas (Barefoot Backpackers)
50,198km to 50,219km = 21km

I woke up before 9am. While I was folding my sleeping bag, Paul came to visit us. With Uwe and Ted, we went to have breakfast to a cafe together. The we talked about our plan today. After we do our shopping, we decided to ride to Puerto Natales together.

We came back to the campground and put away our tents. I wanted ask the owners of the used Heidenau tyres if I could pick one up, but they had left there already. So I picked one up for free!

We all went to "Moto Adventura" where we heard we could get decent tyres. There were Heidenau and Pirreri MT60 for my GS. There were used tyres as well.

A front Heidenau costs 104,000CLPs (US$200) and a Pirreri MT60 costs 52,000CLPs. Although a MT60 is half price of a Heidenau, the size is 100/80-19, a little narrower than the GS specification (but it will fit).

I decided to go for a Heidenau as itis better quality and will be longer lasting than MT60. I think it will be money well spent. My Continental TKC80 will last for another 2,000 - 3,000km, but to get a tyre in Argentina would be more expensive, so I decided to change it here. But I will get the tyre changed after 5pm.

Uwe and Ted wanted to have a 18 inch rear tyre, but it was not available in Moto Adventura. Ted went to another shop "RecaSur" earlier, but they would be closed till 3pm (Siesta). So we decided to stay 1 more night in Punta Arenas.

We rode to the hostel we stayed before "Bearefoot Backpackers" and we checked in. We can store our bikes in the workshop next door. Sweet!!

After 3pm, we went back for shopping. At "RecaSure", there were Maxxis tyres fit Ted's KTM, so he bought a front and a rear. But Uwe skipped. Then we wenet to have lunch.

Around 4:30pm, Ted and I went back to "Moto Adventura".  Out tyres were fitted and now we are cool!

Back to the hostel, I took a shower and had a good eveing with my mates. Tomorrow we have a border crossing and a big ride to El Calafate!

拍手[3回]

Day 529: 2012年1月5日

Ushuaia - Argentina to Punta Arenas - Chile (Hospedaje Independencia)
49,746km to 50,034km = 288km (Argentina side)
50,034km to 50,198km = 164km (Chilean side): Total = 452km

さて今日は出発の日。朝6時半に起きて準備。8時には出発。チャリダーのヒロさん夫妻、キムタクじゃないほうのタクヤさんに別れを告げて出発です。ちょっと雨がちらついています。ほんばにボぉーー。

ウベとテッドと道で落ち合う予定でしたが、「何処」と決めていないので、キャンプ場まで行ったら、「彼らはもう出たよ。」と。うーん、すれ違わなかったけど。それで、3号線を東へ、彼等を追いかけます。

ルータJを右手に見ます。ここを行くと風に吹かれて横に生えている木があるんですけど、雨が降っているし、ウベたちを追いかけないといけないので、行くのはやめました。

DSCF0701.jpgDSCF0703.jpgDSCF0704.jpg





もしかしたら、ワシが先行しているかも、と思い、ガリバルディ峠(Paso Garibaldi)で一休み。なんと雪がちらついています。写真では分からないかも、ですが、結構降ってました。5分くらい待ちましたが、雪が強くなるので、出発。峠を少し降ったら、雪は止みました。面白いものですね。

リオ・グランデまでは雨が降ったり止んだり。ガソリンスタンドYPFで給油。ここでカナダナンバーのKLRに載ったドイツ人クリスティアンに出会いました。彼はウベとテッドを知っているとのこと。しばらく歓談していると、プンタ・アレナスでHeidenauのタイヤが買えるとのこと! マジで!! それを知っていたら、ウシュアイアで交換しなかったのに。

話していたら、KTMのエンジン音が聞こえてきました。ウベだ! テッドも来ました。再会を祝います。珈琲ブレイクをしながら作戦会議。ポールもプンタ・アレーナスで待っている、とのことなのでワシもプンタ・アレーナスに行くことに。クリスチャンはウシュアイアに向かうので別れを告げ、出発です。

サン・セバスチャンまで来て、国境越え。ここでテッドがアルゼンチン側に入るときに入国手続きをしてなかったことが発覚。なのでアルゼンチン出国手続きはしないでチリ側にかれはそのまま行きました。ウベとワシは出国手続き。簡単に済みました。

チリ側は少し並びましたが、簡単にクリア。テッドも問題なく入国できました。エンパナーダで軽く昼飯。午後になると流石に風が強いです。しかも向かい風。走るのには問題ないのですが、燃費が悪くなります。

DSCF0708.jpg150キロのダートを走り、一気にポルベニールの港へ。フェリーは7時発なので、早めの夕飯を食べて、時間をつぶします。



DSCF0710.jpgDSCF0711.jpgDSCF0713.jpg





フェリーに乗り込み、転寝。船は9時半過ぎにプンタ・アレーナスに到着。そのまま宿兼キャンプ場「Hospedaje Independencia」にチェックイン。テントを建てたらもう10時半。

ここでF800GSに乗ったドイツ人2人がまだまだ使えるHeidenauのリアタイヤを捨ててました(今日オソルノから乗り寄せた新しいのに交換して、古いのを捨てたそうです)。ますますウシュアイアで交換するんじゃなかった!!でも、これは知りえないですからね。拾って運んでいこうかな。

ポールもまだプンタ・アレーナスにいることが確認できたので、明日はポールと落ち合って、朝は買い物、そしてプエルト・ナタレスに向かいます。


Day 529: 05 JAN 2012

Ushuaia - Argentina to Punta Arenas - Chile (Hospedaje Independencia)
49,746km to 50,034km = 288km (Argentina side)
50,034km to 50,198km = 164km (Chilean side): Total = 452km

拍手[2回]

Day 522: 2011年12月29日

Puerto Natales to Punta Arenas (Barefoot Backpackers)
48,844km to 49,102km = 258km

DSCF0621.jpgさて今日も朝から強風。昨日の残りのスープ、パンにハムチーズで朝飯を食べて、10時半に出発です。

目指す街プンタ・アレーナス(Punta Arenas)は250キロ先、直ぐそこです。強風でたまに左側に押されて、対向車線にはみ出したりしながら走行です。

DSCF0624.jpgDSCF0625.jpgDSCF0626.jpg





途中、バイクを停めて憚り休憩してたら、対向車線からBMW R1150GSが一台来ました。かれはフランス人ジレス(Gilles)。8年も旅をしているようです。しばらく話をして、彼は北に向かうので別れました。Buen Viaje!

DSCF0632.jpgDSCF0633.jpgヴァ・テウレチェス(Va Tehuelches)という街で昼飯休憩をして、一路プンタ・アレーナスまで走ります。途中コンドル(?)が飛んでいたので、バイクを停めて写真撮影。ゆったりと優雅に飛んでいきます。

プンタ・アレーナスには4時前に到着。宿を探しましたが、何処も高くて、結局ドミで7,000ペソのベア・フットになりましたが、バイクは路上駐車。この旅始めての路上駐車泊です。
が、3台のバイクが一緒で、カバーもかけるので大丈夫でしょう。

ウベはチェーンがもう寿命に来ていて、ワシはリヤ・タイヤの残りが僅かなので、ここでタイヤが手に入るならここで交換したいので、街外れのソナ・フランカ(Zona Franca)へ。
KTMのディーラーがある、とのことでしたが…。KTMのステッカーが貼ってあるだけで、大したものも置いていないですし、YAHAMAのディーラーもMaxxisくらいしか置いていないので、チャンスは無いぞ!!

街中のバイク屋(?)にも行って見ましたが、エスペランサに会うタイヤの在庫は無い。しかしサンチャゴからオーダーは出来るとか。フム。ウベのKTMに合うチェーンもなし。フム。

宿に戻り、外に夕飯を食べに行き、これからの相談。明日のフェリーは9時出発なので8時前には宿を出たいですね。タイヤはポールのお古がここまで発送できればいいのですが。そうしたらウシュアイアからの帰りにここで交換できます。駄目でしたら、オーダーをするか、ですね。

ポールは彼女が明日の夜に来るので、ここでお別れ。ウシュアイアで再会できるかな??

まぁ、今日は早めに寝ましょう。


Day 522: 29 DEC 2011

Puerto Natales to Punta Arenas (Barefoot Backpackers)
48,844km to 49,102km = 258km

It was windy again today. Weleft the cabin after breakfast around 10:30am.

Punta Arenas, the destination of today, is 250km away, so it was a short ride. Sometimes we were pushed away to the left lane by the strong wind.

While we were having a short reat at the road side, a BMW R1150GS came from Punta Arenas. He was a French rider Giles (www.worldbees.com). He has been travelling on his bke for 8 years!! He was heading north, so we said good-bye to him and head down south.

We stopped at Va Tehuelches for lunch. We saw a condor (?) flying, so we parked our bikes and took some photos.

Arrived Punta Arenas around 4pm. We looked for a hostel with a parking space, but everywhere was expensive, so we decided tostay at Barefoot backpackers for 7,000CLPS. But we had to park our bikes outside the hostel... This will be the first time for me to leave my GS outside overnight...

As Uwe needs to get a chain and sprokets changed and I need to replace the rear tyre, so we went to Zona Franca (Tax Free Zone), to find ur spare parts. But it was hopeless. YAMAHA carried some tyres but all of them were to narrow for my GS. There was a KTM dealer (?), but they have no chain for we either...

We went to a motorcycle shop (?) in town, but they did not have any either. But a lady told us they can order parts for us frok Santiago.

We talked our next plan over the dinner table. Paul will wait for his girl friend here in Punta Arenas and will spend his new year here with her. Uwe,Iba and I will ctach 9am ferry to Tierra del Fuego tomorrow, so we wil leave here by 8am tomorrow.

拍手[4回]

Day 521: 2011年12月28日

El Calafate, Argentina to Puerto Natales, Chile (Aike Cabana)
48,569km to 48,814km = 245km (Argentina side)
48,814km to 48,844km = 30km (Chile side); Total = 275km

今日は9時に起きて出発の準備。イバちゃんを乗せるのでちょっとセットアップを変えます。
11時にポールとウベが来る予定なので、それまでに準備を済ませます。ポールは10時半頃にやってきましたが、「ウベはまだテント畳んでないんだよ。」と。なのでちょっと時間にゆとりが出来ました。

DSCF0612.jpg11時半前にウベが来たので、藤旅館のみんなに別れを告げて、出発です。先ずはイバちゃんのワサビをブエノスから持ってきてくれた友達の宿に。ワサビを受け取り、40号線への合流を目指してルート11を東に走ります。

それにしても風が強い。なぎ倒されないようにバイクを右に傾けて真っ直ぐ走ります。40号線に合流し、南下。風はますます強く。が、イバちゃんはバイクの旅を楽しんでくれているようで、よかった。

カラファテから100キロくらい走ったところで、未舗装になります。2人乗りで強風なのでちょっと緊張しますが、意外にするすると走れます。時たま、風に煽られて、「おっと!!!」って時が有りましたけど、楽しいですね。

が、しかし、左パニアの上に括り付けておいたバイクカバーが落ちてマフラーに焼かれて袋がボロボロに。まぁ、カバー自体はそんなに破損しませんでしたが・・・。

DSCF0613.jpgDSCF0614.jpgDSCF0616.jpg





DSCF0617.jpg70キロ、砂利と風と戦って、タピ・アイケ(Tapi Aike)というところで舗装路に合流。給油をして、かるくお菓子を食べながら休憩。スタンドの窓にステッカーを貼り付けます。それにしても風が、強い。そして国境を目指します。

国境の街リオ・トゥビオ(Rio Tubio)にて再び給油をして、スタンドのカフェで遅い昼飯を。国境に行き、アルゼンチン側はすんなり出国。そして、チリ側へ。入国と関税はすんなりパスしましたが、検疫では「荷物を全部降ろして、レントゲンを通します。」と。面倒くさい。まぁ、時間はかかりましたが無事に通過。

今日の目的地プント・ナタレス(Punto Natales)はもう直ぐそこです。宿を探しますが、みんなでカバーニャ(キャビン)に泊まろうとなり、キャビンへ。1人10,000ペソとちょっと高いですけどね。夕飯はウベがあの特製スープを作り、楽しい食事会。

今日はここちょっと曇りがちなんですが、晴れるかな??

拍手[3回]

  
フリーエリア
一日一回クリックするとランキングがあがります! よろしくお願いいたします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



View Europe in a larger map
カレンダー
02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
New Comments 最新コメント
[04/20 Yoshi]
[09/01 NONAME]
[02/07 室橋一也]
[02/04 Yoshi]
[02/03 Yoshi]
カウンター
プロフィール
HN:
三郎
性別:
男性
職業:
革命家
趣味:
バイク・旅
自己紹介:
オーストラリアに移住して16年。遠く南の大陸から母国日本を眺めてみて危機感を感じてはや16年。なにか出来ないものかと考えて考えて、ようやく自分で行動することに数年前に思い当たる。とりあえず自分が出来ることから始めよう!ってことで、革命軍M-26-Julioをシドニーで結成。
誰かが世の中変えるのを待ってるだけじゃなく、自分で社会に貢献できることから始めよう。
世界を旅しながら色々な人と出会い革命の輪を広げていきたい。
2010年からおやすみ羊とBMW R1200GSで世界一周中!

Hasta la victoria siempre, Patoria o Muerte!

現在の愛車:BMW R1200GS 「Esperanza de la Tora」(世界一周)、 SUZUKI DR650SE 「孫市」(オーストラリア一周)
過去の愛車:Buell XR12R Firebolt, Yamaha FZ1, Yamaha TRX850, 、HONDA XR250R, Suzuki XF650 Freewind, Yamaha XV250 Virago
ブログ内検索
バーコード
Copyright ©  -- M-26-Julio 羊とめぐる冒険 BMW R1200GSで世界一周の旅 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]