忍者ブログ

三郎とおやすみ羊のBMW R1200GSで世界一周の大冒険

   
カテゴリー「Egypt」の記事一覧
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Day 811: 2012年10月16日

Cairo - Egypt (Venis Hosokawaya)
82,141km

ついに、ついにギザのピラミッドをこの目で見に行きます。

カイロは渋滞がひどいので、ナイル川西岸のギザの街までは地下鉄にて。車内は大混雑。エアコンが無いので、汗だくです。

駅を出てバスに乗ろうとしたら、エジプト人が寄ってきて、「俺は妹の家に行くんだけど、ピラミッドの近くだから、一緒に行こう!」と。今までのところ、エジプト人はみんな親切なので、まぁ、行き先は同じなので、断ることも出来ないから、一緒にバスに乗り込みます。ギザ駅からピラミッド周辺には357番と997番があるそうなのですが、997番に乗り込みます。



ギザからもかなりの距離。しかも大渋滞・・・。

途中で小さなバスに乗り換えて、(ピラミッドが既に見えます)



連れて行かれたのが・・・

ラクダ引きの店!!!

「1時間35ポンドだから、安いよ。エジプト人価格だよ」、と。そう来たか・・・。

丁重に断り、歩いてピラミッド群の入り口へ。



これがかの有名な「スフィンクス前KFC」。



ピラミッド群を見学するには60ポンドの入場料が必要です。ピラミッド群が目前に。



早速ラクダ引きやモノ売りが集ってきます。なるほど、ギザ周辺は「ウザイ」と聞いていましたが本当です。

しつこいモノ売りには石を拾い、「この石は何百万年前に出来て、ここに何万年も前からあった、とても古いものなんだ。1000ポンドで買わないか!?」と逆セールス。これにはさしものモノ売りもタジタジです。撃退成功!!

おぉおおおおぉおぉおぉぉぉぉぉおおおおおーーーーーー!!! ピラミッドにスフィンクス!!! ヒツジもご満悦。



サンカクも。



エンジェルも。



スフィンクスの手前にあるのがスフィンクス神殿。その横にあるのが河岸神殿。



この神殿は他の古代エジプトの神殿とは違い、装飾が全くないのです。かなり磨耗した石灰岩の上に花崗岩を被せているという2重構造。エジプト学者は第4王朝のファラオ、カフラー王によってスフィンクスも2つの神殿も建造された、としていますが、2つの時代にわたって建設されたのではないか?と、ワシは思います。



河岸神殿を出ると(石灰岩がかなり磨耗した状態なのが見ていただけると思います)、



大スフィンクス!!!



いやぁ、感動です。大スフィンクスも石灰岩を刳り貫いて彫刻されているので、かなり磨耗がひどい。

後世のファラオやローマ時代に修復された痕があります。ライオンの尻尾が可愛い。



大ピラミッド。第4王朝のファラオ、クフ王が建設したことになっていますが、疑問は残ります。



向こうに見えるのが第2ピラミッド(伝カフラー王)、第3ピラミッド(伝メンカウラー王)。砂漠にピラミッド、最高の風景です。



が、しかし、ラクダ引きがウザイ。次から次へと声を掛けてきます。「いらいない」と言っても、無視しても着いて来ます。クソ暑い上に、こうウザイとダレてしまいます。

エジプト人の女の子の集団に遭遇。「写真とっていい?」とはしゃぐ彼女ら。「では、こちらも写真を撮っていい?」と訊くと、「もちろん!」と。で、この一枚。つボイ先生のあごがワシを隠してしまいました・・・。



第2ピラミッドとワシ。



大ピラミッド。ぐるっと周って、ピラミッド入り口まで行きます。



見えました、中央の穴が入り口です。その左斜め上にある妻切式の入り口が本当の入り口なのですが、



9世紀のカリフ、アル・マムーンによりピラミッド盗掘目的で開けられたのが、この「マムーンの穴」です。



大ピラミッドの積み石。石灰岩。この表面に大理石だか花崗岩だかの化粧石が前面に貼られていたそうです。ギリシア時代の目撃証言では、「鏡のように磨かれて、太陽の光を照り返していた」そうです。



大ピラミッド内にはカメラ持ち込み禁止。なので、残念ながら写真はありません。

大回廊はやはり素晴らしい。まぁ、「大回廊」という割には狭いんですけど。

王の間は、本当に簡素な空間。「石棺」があるだけです。かなり蒸し暑いので汗が噴出してきます。

残念ながら、女王の間と地下室は閉鎖中。

100ポンドと大ピラミッド内部に入るのに、かなり高額。はっきり言って、内部は楽しめるものではないです。人が出入りするようには設計されていないので。

しかし、古代エジプトに少年の頃から興味を持っていたワシは是非、見たかった。そして、現実に見て、良かった。

大ピラミッド見学の後は、第2ピラミッドへ。



化粧岩がまだ天辺付近に残っています。



大きさは大ピラミッドより若干小さいのですが、第2ピラミッドのほうが遠くから見ると、大ピラミッドより大きく見えるんです。面白いものですね。

そしてギザの3大ピラミッドの中でもひときわ小さいのが、第3ピラミッド。真ん中にある溝はハーワード・ヴァイスによるダイナマイト使用の「発掘」により出来た傷です・・・。荒っぽいことをしていたものです。



第3ピラミッドは基礎部分に化粧石が残っています。見た感じ、ペルーの石組みに似てますね。



これは13世紀の地震により剥がれてしまった化粧石の残骸。一つ一つがかなり大きいのがわかります。



ここらあたりで、水を飲み乾してしまい、頭がクラクラと。一旦外に出て、昼飯休憩。

ワシらはちゃんとメニューに載っていた通りの金額ですんだのですが、後から来た観光客カップルは「外国人料金」を請求されていました・・・。かれらはメニューに載っている金額を見て注文したのに、外国人料金って・・・。酷すぎます。

再びピラミッド群にもどり、モノ売りやラクダ引きと戦いながら、進みます。

大ピラミッド付近。ごみが散乱しています。なんたることか・・・。



大ピラミッド横にある、船の墓場。ここに木造船(45メートルの長さ)が埋められていたんです。その船を見るのには50ポンドを支払わなければいけないので、見るのは諦めました。



見晴らし台に向かおうとしますが、なんと4時で終了!! ガードが来て、「もう終わりだよ。帰った帰った。」と追い出されてしまいました・・・。残念。帰り際に第2ピラミッドをパチリ。



外に出ると、ありました。「魔の巣窟」。ラクダと馬の厩舎。まぁ、彼らも生計を立てなければいけないのはわかりますが、もう少し商売の仕方を考えた方がいいですね。



357番のバスに乗りギザの街へ。ごみが散乱しています。これはヒドイ。ボリビア以下ですね。



世界でもっとも素晴らしい遺産であるギザのピラミッド群。確かに素晴らしいのですが、環境が良くないですね。もう少しやり方を考えれば、観光客ももっと満足しますし、地元民も商売繁盛するような気もするのですが・・・。

地下鉄に乗り、宿に戻ったときには、熱中症でダウン。夜の8時に就寝する三郎でした。


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ギザ周辺はウワサどおりにウザかった!!! でも、カイロに戻ると、そんなことも無し。やはり観光地は疲れますね。
本日も「世界一周」ボタンをクリックして応援をよろしくお願いいたします!!

I am competing in "Round the World Trip Blog Ranking". Please click the button to make my blog No.1!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 *******************************************************************************************************************************************************

拍手[4回]

PR
Day 810: 2012年10月15日

Istanbul - Turkey to Cairo - Egypt (Venis Hosokawaya)
82,141km

ついに楽しかったトルコ、イスタンブール、Tree of Lifeとお別れです。飛行機は2時発なので11時前には宿を出なければ。

コウイチ、カリさん、キョウさん、そしてその他の旅人に別れを告げ、つボイ先生とトラムと電車を乗り継いで空港へ。

空港は、どうやらシステムが半分ダウンしているみたいで、大混雑。チェックインカウンターに並んでいたら、後ろの夫婦がたまたまメキシコ人でスペイン語で会話。この旅では南米を離れてからもちょくちょくとスペイン語を話す機会があるのでうれしいですね。

ようやくチェックインをして、さて飛びますか! 

座席の前には英語とアラビア語で表記されています。それを写真に撮ろうとしたら、カメラが起動しない!? 

あ、朝Tree of Lifeでバッテリーをチャージしたまま置き忘れてしまったぁ!!!

チャージャーも置き忘れてしまったので、バッテリーとチャージャーを買わないと写真が撮れない・・・。

エジプト・エアーに乗ったのですが、2時間のフライトですがちゃんとご飯が出る!! しかも美味い。

1時間半くらいたって、見えてきました、エジプトの大地。おー、あれがナイルのデルタですね。ナイル川も見えます。うーん、写真が撮れないのは残念です。

だんだん、飛行機はカイロに近づいていきます。進路はカイロの西へ行き、そこから市街の東にある空港に向かうようです。

なので、「ギザのピラミッドが見えるのではないか!?」と、期待したら・・・

見えました!!! スフィンクスも!!! これはボーナスですね。あぁー、写真が取れなかったのが残念です。

定刻にカイロ国際空港に到着。エジプトはビザが必要なんですが、空港の銀行で15米ドルを支払うだけで発行してもらえます。

入国もいたって簡単。さて、市内に繰り出しますか。

って、言っても、右も左もわからないつボイ先生とワシ。何人かのエジプト人が親切に行き方を教えてくれました。先ずは、空港シャトルバスで空港バスターミナルへ。

ここから旧市街へ行くバスに乗るんですけど「356」のバスに乗れって言われたのですが、数字が読めない・・・。



まぁ、前から知っていたんですけど、ワシらが普段付使っている「アラビア数字」はアラビア語圏ではあまり使われていないんですよ。

٠ ١ ٢ ٣ ٤ ٥ ٦ ٧ ٨ ٩

これがアラビア・インド数字で0~9なんです。全然わからないでしょう?

なので、行き先(宿)の所在地を見せて、「ここに行きたい」と英語で伝えるのですが、どうも、ローマ字が読めないような・・・?

まぁ、なんとか伝わって、バスに乗り込むことが出来ました。でも番号はどう見ても「111」なんですけどね。

バスは結構込み合います。ボロさ加減とか、システムとかが中南米、特にボリビアっぽいですね。

窓から外を眺めて、たまにアラビア・インド数字とアラビア数字の併記したナンバーをつけた車が走ってるので、それを見ながら数字の勉強。これで数字は全て覚えました!!! 

現地の人にいろいろ助けられながら(アラビア文字が全く読めないので・・・)、宿「ベニス細川屋」に到着。



ビル自体は古くてボロい。このビルには他に「サファリ」や「スルタン」という有名な日本人宿が入っています。

夕飯は近くのコシャリ屋で。ドリンク込みで170円くらいですか。安いですね。



宿の人がカメラのバッテリーやチャージャーを安く買えるところに連れて行ってくれて、無事に購入。エジプト人、優しいです。

雰囲気とか、なんか、エジプト好きになりそうな予感。

明日は、さて、ピラミッドを見に行くか、カイロを探検するか、迷うところです。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
さてやって来ました、憧れのエジプト!!! 初日はかなり好印象。暑いのと蚊の多さが玉に瑕、ですかね。
本日も「世界一周」ボタンをクリックして応援をよろしくお願いいたします!!

I am competing in "Round the World Trip Blog Ranking". Please click the button to make my blog No.1!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 *******************************************************************************************************************************************************

拍手[3回]

  
フリーエリア
一日一回クリックするとランキングがあがります! よろしくお願いいたします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



View Europe in a larger map
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
New Comments 最新コメント
[04/20 Yoshi]
[09/01 NONAME]
[02/07 室橋一也]
[02/04 Yoshi]
[02/03 Yoshi]
カウンター
プロフィール
HN:
三郎
性別:
男性
職業:
革命家
趣味:
バイク・旅
自己紹介:
オーストラリアに移住して16年。遠く南の大陸から母国日本を眺めてみて危機感を感じてはや16年。なにか出来ないものかと考えて考えて、ようやく自分で行動することに数年前に思い当たる。とりあえず自分が出来ることから始めよう!ってことで、革命軍M-26-Julioをシドニーで結成。
誰かが世の中変えるのを待ってるだけじゃなく、自分で社会に貢献できることから始めよう。
世界を旅しながら色々な人と出会い革命の輪を広げていきたい。
2010年からおやすみ羊とBMW R1200GSで世界一周中!

Hasta la victoria siempre, Patoria o Muerte!

現在の愛車:BMW R1200GS 「Esperanza de la Tora」(世界一周)、 SUZUKI DR650SE 「孫市」(オーストラリア一周)
過去の愛車:Buell XR12R Firebolt, Yamaha FZ1, Yamaha TRX850, 、HONDA XR250R, Suzuki XF650 Freewind, Yamaha XV250 Virago
ブログ内検索
バーコード
Copyright ©  -- M-26-Julio 羊とめぐる冒険 BMW R1200GSで世界一周の旅 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]