忍者ブログ

三郎とおやすみ羊のBMW R1200GSで世界一周の大冒険

   
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

アイルトン・セナの国、ブラジル / Brazil - the country of Ayrton Senna
Day 590: 2012年3月8日

Colonia Yguazu - Paraguay to Dourado - Brazil (Hotel Guapore)
56,216km to 56,779km = 563km (Paraguay side = 41km / Brazil side = 522km)

今日は6時半に起床。早速荷物をまとめ出発の準備です。エスペランサを庭に出し、パニアを取り付けると気も引き締まってきます。しかし朝から暑いな、今日は。

DSCF1328.jpg園田のお父さんにお母さん、パブロさん、そしてシンちゃん、タツ、ゲンジ、ヨシ、サッちゃんが見送ってくれました。3週間、ほんとに楽しかったです。ペン園、大好き。またいつの日か必ず戻ってきます。皆さんもお元気で! シンちゃんとタツとは2日後にブラジルのボニートで再会予定ですが。

ペンション園田(ペン園)は居心地が良かったです。スタッフの方々の人柄、そしてここに集う旅人。楽しい日々でした。先日にも書きましたが、パラグアイに「故郷」があります。これからも大切にしていってください。

みんなに見送られて慣れ親しんだペン園を後にします。「さあ、行くぞエスペランサ、ヒツジさん、サンカク!!」。先ずは42キロ地点で余ったグアラニーで給油。そして、国境を目指します。

日本人移住者の方々が精魂こめて作った畑を眺めながら東に走ります。

パラグアイ側国境での手続きは簡単。ただ車両一時輸入許可をキャンセルするのに事務所が丘の上なので、少し歩きますが。

ブラジル側は歩かなくていいのですが、一時輸入許可証がなかなか発行されない! まぁ、ただ単に新しいシステムを導入したからやりかたがわからなかっただけなんですけど。

なんだかんだで、国境を越えたのはもう10時、暑いです。

ガソリンスタンドで地図を購入し、ルートを決めて目的地ボニート方面に走ります。が、しかしボニートは700キロ以上先なので、途中で1泊となるでしょう。

ブラジル側も畑が広がります。見渡す限りの大地が畑です。こりゃ、凄いわ。

ブラジルはポルトガル語の国なんですね。しかし、ワシはほぼ一切ポルトガル語がしゃべれませんし、聞き取れません。が、しかし、ポルトガル語はスペイン語に似ているので、何とかなる、と勝手に思い込んで国境でもガソリンスタンドでも食堂でも体当たりしております。

ayrton_senna.jpgふと、小さな街を通り過ぎたとき、ガソリンスタンドの「Posto Senna」という看板が目に付きました。その時は気が付かなかったのですが、少し後になって、「あ、あのアイルトン・セナの一族のブランドだ」と気が付きました。そういえば、ここブラジルは故アイルトン・セナの故国。

そしてガイラ(Guaira)からマト・グロッソ・ド・スル州(Mato Grosso do Sul)はパラナ川を渡らなければならないのですが、そこにかかる橋の名前が「アイルトン・セナ橋(Punta Ayrton Senna)」でした。アイルトン・セナの遺産はここブラジルでは生きているのですね。残念ながら、写真は撮れませんでした・・・。兄貴ゴメン!

我が兄はF1大好きで、しかもアイルトンのことが大好きでした。ワシはへそ曲がりだからマンセルが好きでしたが。走りながらセナのこと、兄貴のこと、家族のことを考えたり。

今日は走れるところまで走ろう、と日暮れ時まで走り、結局ドウラド(Dourado)という街まで走りました。結構疲れていたので宿は82レアル(45米ドル)とちょっと高いですが、朝飯付きなので「Hotel Guapore」ここにしました。夕飯は近くのパイ屋さんで安く済ませました。

エアコンの利いた個室でFacebookに写真をアップしたりと、忙しくしております。明日はボニートに到着予定。シンちゃんとタツは無事に到着しているだろうか??


******************************************************************************************************************************************************* 世界ブログランキング参加中です。クリックしてご一票をいただけると嬉しいです。 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 *******************************************************************************************************************************************************

Day 590: 08 MAR 2012

Colonia Yguazu - Paraguay to Dourado - Brazil (Hotel Guapore)
56,216km to 56,779km = 563km (Paraguay side = 41km / Brazil side = 522km)

This is the day I have to say good-bye to my home in Paraguay. I stayed 21 days here. It wasn't the longest stay in one place during this trip, but Pension Sonoda is my favorite place.

I brought out my GS to the front and put the panniers and gears on. Then I was back to be an adventure rider.

Mr.&Mrs Sonoda, Pablo, Shin, Tatsu, Hikaru, Yoshi, and Sachiko came out to see me off. It was really good to see you guys. Hopefully we can catch up soon (I will ctach up with Shin and Tatsu @ Bonito, Brazil in 2 days)

I finally left Pension Sonoda. After filled up fuel at 42km, I headed to the border to Brazil.

I was seeing those farms created by those Japanese settlers here. All the way I could see was farmland until I got closeto CIudad del Este.

The imigration process was easy, but I had to walk up to the custom office up hill. Then I crossed to Brazilian side. Imigration was easy too. But it took a while to get a temporary vehicle permission. The officer said recently the system was updated and he wasn't familiar with the system yet.

Now I was back to Brazil. The last time I spent only 30mins or so in Brazil, so it was actually my 1st full day in Brazil. I do not speak any Portguese, but Portguese is somehow similar to Spanish, so hopefully I can survive without learning much Portguese.

I bought a map of Brazil and checked the route to Bonito, Mato Grosso do Sul. Together with the GPS, I should be able to navigate through.

Brazilian side was also masive farmland after leaving the city of Foz do Iguacu. At a little town when I pass through, I saw a petrol station named "Posto Senna". I did not realise what it was, but later I realised it must be owned by the relative of Ayrton Senna da Silva.

Actually my brother is a big fan of Fomular 1.WHen Ayrton Sena was alive, he was my brother's favorite driver. I liked Nigel Mansell thogh.

From the town of Guaira, to enter the state of Mato Grosso do Sul, I had to cross Panara river. Then the name of the bridge was "Ayrton Senna Bridge (Punta do Ayrton Sena)".

His ledgend is still alive here in Brazil, so I felt. I couldnot take a photo of the bridge. Sorry my bro.

As I was riding through the bridge, I was thinking about Ayrton Senna, my brother and my family.

I kept riding on until the sunset. I arrived the town of Dourado. I founda hotel with a parking space for R$82 (US$45). It was expensive, but I took a room as I was tired.

I had pies at a pie shop nearby (a cheap meal). In an air-cond private room, I am updating my blog, uploading photos to facebook etc. Hopefully my friends Shin and Tatsu wil arrive Bonito tomrrow morning without any problem. I would be there around lunch time. ******************************************************************************************************************************************************* I joined the "World trip blog ranking" Please click the button! にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 *******************************************************************************************************************************************************

拍手[5回]

PR
  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
フリーエリア
一日一回クリックするとランキングがあがります! よろしくお願いいたします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



View Europe in a larger map
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
New Comments 最新コメント
[04/20 Yoshi]
[09/01 NONAME]
[02/07 室橋一也]
[02/04 Yoshi]
[02/03 Yoshi]
カウンター
プロフィール
HN:
三郎
性別:
男性
職業:
革命家
趣味:
バイク・旅
自己紹介:
オーストラリアに移住して16年。遠く南の大陸から母国日本を眺めてみて危機感を感じてはや16年。なにか出来ないものかと考えて考えて、ようやく自分で行動することに数年前に思い当たる。とりあえず自分が出来ることから始めよう!ってことで、革命軍M-26-Julioをシドニーで結成。
誰かが世の中変えるのを待ってるだけじゃなく、自分で社会に貢献できることから始めよう。
世界を旅しながら色々な人と出会い革命の輪を広げていきたい。
2010年からおやすみ羊とBMW R1200GSで世界一周中!

Hasta la victoria siempre, Patoria o Muerte!

現在の愛車:BMW R1200GS 「Esperanza de la Tora」(世界一周)、 SUZUKI DR650SE 「孫市」(オーストラリア一周)
過去の愛車:Buell XR12R Firebolt, Yamaha FZ1, Yamaha TRX850, 、HONDA XR250R, Suzuki XF650 Freewind, Yamaha XV250 Virago
ブログ内検索
バーコード
Copyright ©  -- M-26-Julio 羊とめぐる冒険 BMW R1200GSで世界一周の旅 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]