忍者ブログ

三郎とおやすみ羊のBMW R1200GSで世界一周の大冒険

   
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

転倒、破損、骨折 / Crushed, damaged and fractured
******************************************************************************************************************************************************* 世界ブログランキング参加中です。クリックしてご一票をいただけると嬉しいです。 にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 *******************************************************************************************************************************************************

Day 598: 2012年3月17日

Itapetininga to Cruitiba (Hotel Formule 1)
58,564km to 58,913km = 349km

今朝は豪華な朝食。流石に高いだけはあります。残念ながら昨晩のスタッフはいなかったので挨拶できず。

I had a nice breakfast at the hotel. Well it was included. Unfortiunately the staff I chat last night wasn't there this morning.
DSCF1569.jpg
















9時には出発。しばらく走るとワインディングが続きます。しかし曇り空。結構路面は悪いです。ワインディングを楽しみ、アピアイ(Apiai)に到着。地図でもGPSでもここからはダートになります。

I left the hotel around 9am. I continued riding on a highway to piai. It became twisty. It was fun riding through the curves but the sky was overcasted. I got to Apiai, and GPS and my map was telling me to go to the dirt road. So I did.

が、しかし、雨が降ったのでぬかるんでいます。泥はバイクの大敵。ちょっと走ったところで、停めてどうするか考えます。

But after some rain, the dirt was muddy and slippery! I hate muddy roads. I rode for awhile and parked at the road side. I was taking a few photos and thinking should I go ahead or find an alternative way.
DSCF1571.jpg

















すると、バイクに乗った地元のオジさんが、「アントニナに行くのならクリチバの方から行った方がエエ。舗装路だしな!」と。

Then a gentleman came along on his motorcycle. He asked me where I was heading. I said "To Antonina". He said I should take a raod to Curitiba instead of this one as it would be muddy for a while and the road to Curitiba was paved all the way.

なので引き返し、クリチバ方面に向かいます。ここもワインディング。エルトンはこの道のことを言ってたんですかね? しかし曇り空で風景はさえません。

So I turned back and headed to Curitiba. The road was twisty and fun. Many parts of the road were heavily damaged though. I guess Elton was talking about this route instead of the dirt road. It was fun riding through but the weather was getting worse.

アントニナ手前33キロからワインディングで山を降っていきます。しばらくすると雨が降り出しました。そして途中から石畳となります。これは滑って危ない。注意しながら走ります。

Aroud 33km from Antonina, I turned to the right and rode down the mountain. It started to rain and the asphalt road became the stone paved road... It would be really slippery. I was riding with cares.

が、しかし、あるコーナーで後輪がツルリっと滑って、立て直そうとしたら、ガッシャーーーンと転倒。エスペランサは1回倒れて1回起き上がり、また倒れました。その姿を見るのは切なかったです。

But, but, I slipped at a corner. The rear slided and I tried to stay uplight, but I crushed. My GS dropped once and then came back upright, then dropped again.... It was really heart broken to see my GS being like that.
DSCF1583.jpg
















ワシは直ぐに立ち上がり、エスペランサに駆け寄り、エンジンをストップさせます。後続の車が停まってくれて、エスペランサを起こすのを手伝ってくれました。

I got up quickly and ran to my GS. As the engine was still running, I turned off the ignition. Th cars behind me stopped and gave me hands to pick up my GS.

右のクラッシュバーが折れ曲がり、シリンダーからオイルが漏れてます・・・。これはやばいかも。エンジンはかかります。

Right hand side of the crush bar was bent and pushing against the cylinder head. Some oil was leaking from the cylinder head. It might be broken... I could turn the engine on though.

幸い、直ぐそこにレストエリアみたいなのがあったので、そこまでエスペランサを押していきました。ダメージを確認します。右のデフューザが折れ、右ウインカーに亀裂、BMWのエンブレムが取れ、クラッシュバーが曲がり、右エンジンからオイル漏れ。右パニアも歪んでます。

Fortunately, there was a kinda rest area nearby. WE all pushed the bike up there. I checked damaged on my GS. The right wind defuser was broken, the right blinker got a clack, the "BMW" crest was snapped, the crush bar was bent and pushing against the right cylinder head, oil was leaking from the right cylinder head.... The right pannier was also dent / bent. 
DSCF1577.jpgDSCF1578.jpgDSCF1580.jpgDSCF1581.jpg
































































ワシ自身のダメージは右肘が腫上がっているのと、右ひざが多少痛い。
I hurt my right elbow and knee. The elbow was swollen really big. It could be fractured.
DSCF1573.jpg
















とりあえず、明日会うことになっているイタジャイにいる友達ドロールに連絡しなければいけません。店の人に電話してもらうことに。しかし電波が無いせいかつながりません。
DSCF1584.jpgNow I needed to call for a help. Fortunately, I have a friends in Itajai 300km from here. I asked people at the shops to lend me their mobile phones. However, as there was no reception, we could not get connected....












何回か試しましたが、駄目でした。お客さんが来たのでお客さんの電話を借りますが、つながらず・・・。このお客さん、ジョアンと彼女さんはしばらく試し続けてくれました。ありがとう。

We tried a few times withour any success. A couple of customers came in, so I asked them to help me out. A couple tried to help me out. Joan and his girl friend tried to call Dolor and Elton, but the result was the same... They stayed with me for a while. Thanks so so much!
DSCF1575.jpg

















結局レッカーを呼ぶことになり、2時間後レッカーが来ました。近くの大都市クリチバへ。
FInally I decided to call a towing truck. The owner of the shop organised it for me. It took 2 hours to get there. We headed to Curitiba the capital cit of the State of Panara.
DSCF1585.jpg
















距離は大したこと無いのですが、ワインディングなので1時間以上かかりました。宿は「Hotel Formule 1」に。103レアルと高額ですが、今日は仕方ない。

THere were less than 50km to Curitiba, but it was twisty road, so it took more than 1 hour to get there. I checked in @ "Hotel Formule 1". It cost R$103 a night, expensive, but I was in a kind of emergency situation, so it's Ok to spend more.

チェックインして右ひじを見てみると、ますます腫上がってます。が、痛みはさほど無し。腕は多少痛みますが曲げたり伸ばしたり出来るので、打撲か、と自己判断。

After I settled, I checked my right elbow. It was swollen even bigger!! But it wasn't that painful and I could move my arm, so I judged it was just a bruise.

スカイプを使いエルトンとドロールに電話。この状況ではバイクに乗れないので、いろいろクリチバの友達に連絡したりしてくれることに。

I used Skype to contact Elton and Dolor. As I would not be able to ride my GS, they would contact their friends in Curitiba to help me out!

ネットをしながら日記を書き始めたら、ドアをノックする音が。「ヴァルモアさんがお見えですが。」とスタッフが。下に行って見るとヴァルモアさんと息子のロドリゴと彼女のタティアナがいました。ヴァルモアさんはドロールの従兄弟とか。「さあ、病院にいくぞ!」と。「でも、大丈夫そうだよ。」とワシ。

I was writing a dirary on my blog and then I heard someone knocking the door. "Mr. Valmor is waiting for you at the roby, Sir." a staff said to me. I went down and I met Valmor, his son Rodrigo and his girl friend Tatiana. Valmor is a cousin of Dolor. He said "Let's go to a hospital." I said "Well, it seems to be fine, just a bruise..."

が、しかし結局病院に行きました。診察して、レントゲン撮ったら、「軽く折れてるね。」と。「ギブスで10日間固定。そんごレントゲンを撮ってみて、更に4週間は安静。」とのこと。これじゃあ月末か来月初めにヨーロッパにいけなくなってしまう・・・。

But any how they tok me to a hospital. The doctor checked my arm and took some x-rays. He diagnosed that I hd a fractured elbow! He said my arm needed to be casted and it would take 10days before I take it off.... Then I will need to take another x-ray to see the healing process. If it's ok, I can take off the casting but I still have to use a brace to support the arm for 4-6 weeks!! Now my plan to go to Europe at the end of the month is void.

別室に行き、ギブスを装着。人生で初めての骨折、そしてギブス。

We went to another room and the doc put the casting on my arm. The first fracture in my life it is and the first casting I had in my life.
DSCF1586.jpg

















ヴァルモールさんはその後も薬を買いに行ってくれたりと12時過ぎまで付き合ってくれました。なんとお礼を申し上げていいのやら。

Valmor took me to a few pharmarcy to buy the medication. It was alrady late at night but he spent hours for me. How could I thank you, Valmor.

宿に戻り、薬を飲んで今ブログを動かない右手を駆使して書いているというわけです。

Now I am back to the hotel, writing this diary with the casted arm!

明日はドロールがイタジャイから迎えに来てくれる予定です。まぁ、ワシは安静にしていればいいのですが、エスペランサが心配です。

Tomorrow Dolor will come to pick me and my GS up from Itajai. I will heal my injury soon, but I worry about my GS. I hope she is OK.
******************************************************************************************************************************************************* I joined the "World trip blog ranking" Please click the button! にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 ******************************************************************************************************************************************************

拍手[5回]

PR
  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
No Title
あらら、トラブルですね・・・

きちんと直してから又ゆっくりと行きましょう。

どんまい!
  • ソウルサーファー さん |
  • 2012/03/18 (17:59) |
  • Edit |
  • 返信
Re:No Title
ありがとうございます。ゆっくりときちんと直しますよ! 
それにしても右手が利かないと、辛いです。
  • from 三郎 |
  • 2012/03/18 (21:56)
No Title
これも長い旅の試練なのでしょうか、
ゆっくりとのりこえてください。

体とバイクの復帰を願っております!
  • Yoshi さん |
  • 2012/03/19 (09:30) |
  • Edit |
  • 返信
Re:No Title
Yoshiさん、いつも応援ありがとうございます。
そうですね、これも乗り越えるべき試練ですね。逆境も冒険の一部。楽しんでいきますよ!
今は友人宅で療養中です。バイクで事故しましたが、バイクで旅をしているからこその出会いです。だから、バイクは、旅はやめられない!!
  • from 三郎 |
  • 2012/03/19 (13:13)
No Title
三郎さん バイクと転倒はつきものです どんまいそれがまた新しいアミゴーさんたちと出会えることになつてよかつたですね、これからもがんばつてください 
  • 岡本 さん |
  • 2012/03/20 (19:46) |
  • Edit |
  • 返信
Re:No Title
岡本さん、ありがとうございます。そうですね、バイクと転倒はつきものですね。おっしゃるとおり、この転倒でさらなる素敵なアミーゴと出会えました。なのでバイクはやめられないですね!これからも楽しい旅を続けていきます!
  • from 三郎 |
  • 2012/03/20 (20:32)
フリーエリア
一日一回クリックするとランキングがあがります! よろしくお願いいたします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



View Europe in a larger map
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
New Comments 最新コメント
[04/20 Yoshi]
[09/01 NONAME]
[02/07 室橋一也]
[02/04 Yoshi]
[02/03 Yoshi]
カウンター
プロフィール
HN:
三郎
性別:
男性
職業:
革命家
趣味:
バイク・旅
自己紹介:
オーストラリアに移住して16年。遠く南の大陸から母国日本を眺めてみて危機感を感じてはや16年。なにか出来ないものかと考えて考えて、ようやく自分で行動することに数年前に思い当たる。とりあえず自分が出来ることから始めよう!ってことで、革命軍M-26-Julioをシドニーで結成。
誰かが世の中変えるのを待ってるだけじゃなく、自分で社会に貢献できることから始めよう。
世界を旅しながら色々な人と出会い革命の輪を広げていきたい。
2010年からおやすみ羊とBMW R1200GSで世界一周中!

Hasta la victoria siempre, Patoria o Muerte!

現在の愛車:BMW R1200GS 「Esperanza de la Tora」(世界一周)、 SUZUKI DR650SE 「孫市」(オーストラリア一周)
過去の愛車:Buell XR12R Firebolt, Yamaha FZ1, Yamaha TRX850, 、HONDA XR250R, Suzuki XF650 Freewind, Yamaha XV250 Virago
ブログ内検索
バーコード
Copyright ©  -- M-26-Julio 羊とめぐる冒険 BMW R1200GSで世界一周の旅 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]