忍者ブログ

三郎とおやすみ羊のBMW R1200GSで世界一周の大冒険

   
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

メデジンに到着!途中でダニエルと再会!! / Medellin! I reunited with Daniel on the way!!

Day 215: 2011年2月24日

Sincelejo to Medellin
29,527km to 29,991km = 464km

今日は6時に起きて準備です。メデジンまでまだ400キロ以上あるので早めに出発です。しかし天気悪いなぁ。

7時過ぎに出発。ウメザワさんが珍しくワシを殆ど待たせずに準備できました。やれば出来るじゃない。

路面はなかなか良好。しばらく走ってると警察の検問に停められました。ブラジルがどうだのこうだの言ってますが、なんのことやら?? しばらくして昨日ダニエルが通ってワシ等が来っるて言ってたと警察官が言ってることがわかりました。流石ダニエル早いな。

またしばらく走ると次の検問。ここでは書類を出せといわれました。ペルミソとパスポートを見せたら、「保険」と言われました。加入してよかった!ちゃんと保険に加入してたので問題なく再出発。

またしばらく走ると次の検問。今日はよく停められるな・・・。ここでは書類を見せてOK。警察官も興味があるのかいろいろ聞いてきます。笑顔で質問されるので悪い気はしません。

DSCF4070.jpg料金所を越えてトラックを追い越して走ってると、ウメザワさんの後ろにもう一台のバイクのヘッドライトが見えます。現地の小さなバイクとは違います。振り返るとダニエルです!早速バイクを停めてドリンク休憩。


DSCF4072.jpgここでも人だかりが出来ました。もうスターですね。店の女の子の可愛いこと!こっちが見つめてるせいでしょうか?それともゲバラ帽のせいでしょうか?彼女はワシをジッと見てます。写真を一枚!

DSCF4077.jpgフルーツジュースを3人で飲んで再会を祝います。ダニエルもバイクをサービスするためにメデジンに滞在することにしたみたいなので3人でオスタル・メデジンに行くことにしました。店の人々や近所の人たちと会話し楽しい時間を過ごせました。店を出る前にみんなに並んでもらって記念撮影!いやーコロンビアの人たちは人懐っこいですねぇ。

DSCF4080.jpgしばらく走りタラサ(Taraza)という街に12時ごろ着きました。ガソリンを入れてると、迷彩服を着て自動小銃を持った警察官3人が「写真を撮っていいか?」と近づいてきました。「もちろんいいよ!」と写真撮影。ワシも一緒にとってもらいました。警察官までこう人懐っこいとは!

丁度昼飯時なので向かいの食堂で昼飯。ワシは鳥のごった煮を。

しばらく走ると登りに入ります。ワインディングを抜けるのは気持ちイイのですが、トラックが多いので追越が大変です。だんだんと標高が上がるに連れ気温は下がっていきます。雨もちらほら。3時過ぎにメデジンまであと100キロ切るくらいまで来ましたが、ダニエルが寒いので休憩しようと言うので近くのガソリンスタンドへ。

ここで休憩して正解でした。コーヒーを入れてくれるし、すっごくフレンドリーだし。店の人としばらく歓談。30分くらい話してましたかね。おっちゃんは週末はメデジンで過ごすので色々メデジンのことを聞きました。

DSCF4081.jpgおっちゃんが「店の姉ちゃんを連れて行ったらどうだい?」と冗談半分でいいます。なかなかの美人です。名前はアドリアーナ。「でもヘルメットがねぇなぁ」とおっちゃん。「ヘルメットは無いけど、ワシはゲバラ帽を被るから大丈夫だよ」とゲバラ帽を被るとおっちゃんもアドリアーナも喜んでました。

さてとあとメデジンまでひとっ走りです。と、思ったらまだ長い。下りワインディングが続きます。当然トラックに引っかかります。途中地元兄ちゃん運転の2ストダートバイクが小気味よく下っていくので彼についていきました。

山を下り終えると片側3車線の道になります。ダニエルとウメザワさんを待っているとなんとドイツ人コンビのオリーとアレックスまでいるじゃないですか!バイク5台で飛ばします。もう注目の的です。メデジンに入りましたが渋滞してますし、なかなかホステルの場所が分りません。GPSに従うか地元民に聞くか。ダニエルがバイク乗りに聞いたら「ついてこい!」と。でもついて行ったんですけど、どうやら違う方向へ。結局GPSに頼りかなり近くまで。警察に聞いてようやく大体の場所がわかり、最後は姉ちゃんに聞いてわかりました!
GPSの座標ははやっぱりちょっとずれてました。

DSCF4083.jpgDSCF4086.jpgオスタル・メデジンにようやく到着!あの旅珍の石澤さん夫妻がこよなく愛する宿です。ガレージも広いので5台駐車できます。宿の女将クラウディアもいい人で快適な宿みたいですね、ここ。これからしばらくお世話になるので楽しみです。

日本人カメラマンのウルマさんに出会いしばらく歓談。南米はすでに1年間旅をしていてスペイン語も堪能。これから一旦日本に帰り、次はアフリカだそうです。写真を見せてもらいましたが、流石に素晴らしいです。

DSCF4087.jpg夕飯は女将がお勧めのコロンビア料理屋のデリバリー。9000ペソでちょっと高いですが、ボリュームたっぷりで美味かったです。さて明日は何をしようかな?先ずは洗濯ですかね。


 

Day 215: 24 Feb 2011

Sincelejo to Medellin
29,527km to 29,991km = 464km

We got up at 6am and got ready by 7am. Akira did not make me wait this morning! He could do it he he tried! The weather was cloudy and I hoped it would hold till we got to Medellin. We had 450km or more to ride today, so we had better be early.

The road condition on the route 25 got better. No much pot holes and no more dirt. But we were stopped by police a few times. At the first stop, the policeman was saying "Brazil, Brazil..." I wasn't sure what he was talkng about for a while but I realised that he was talking about Daniel! He passed here yesterday and he told the policman that we would pass here today or later. The policeman did not ask us anything and we took off.
But at the 2nd stop, we were asked to show them documentations and insurance! Luckily we joined the insurance!!  At the 3rd stop, documents again. But those policemen were generally friendly and once we showed them documents, they asked me about my trip. Well Colombias are so far really friendly and I have a good impression on this country.

After a toll gate, I took over a few trucks and doing at 100km/h. I saw a headlight of motorcycle other than Akira's. It could not be a local bike's light as usually the locals don'T ride that fast. I turned my head back and saw Daniel!! We stopped at the side of the road and had a cold drink break.

People gathered around us as soon as we parked our bikes. They were so friendly. We ordered fresh fruit drink and celebrate our reunion! A girl at the shop was very cute and she was staring at me! Maybe because I was wearing the Che beret (La boina de Che). 

As Daniel was also heading to Medellin for his bike serviced, we decided to go to Hostal Medellin together.

We came to the town of Taraza around noon. We refuelled at a gas staion and again people came to talk to us. Those 3 guys wearing military uniform with assault rifles came to me and asked if they could take a photo of me. I said "Sure". And I asked them take a photo togther. Even policemen were friendly in Colombia. I love this country. Girls are beautiful, foods are nice, and people are friendly! What else can you ask?

We had lunch at a restaurant accross the street from the gas station. I had caldo de pollo (but it has got organs, chicken feet and alos other different parts o chicken!). I liked it.

After riding a while, we were gradually ascending the mountains. The curves were nice and I was enjoying those bends but there were too many trucks to overtak. As there was no overtaking lane, we had to take our chances to overtake them. Very stressful. As we climbed up higher, the temp dropped. It started sprinkling but not really hard. As it got colder, I jipped up my jacket and turned on heated grip. Nice! 

Around 3pm, we were less than 100km from Mdellin but it was cold. Daniel suggested to take a break and we stopped at the nearest gas station. And it was a lucky stop. The guy at the station was so nice and gave us a cup of hot coffee for free. He stays in Medellin every weekend, so he gave us lots of info on Medellin. He said to me "Why don't you take this girl with you?" (a joke) and pointed at a girl at the station. She was a beautiful girl. But he said "Oh, you don't  have an extra helmet for her...". But I replied "I don't have an extra helmet but I have this hat" and took out my beret and wore it. They loved my reply! Her name is Adreana. I gave her my name card and ask her to send me an e-mail. If I am lucky, I will receive it!

I thought it would be a short ride to Medellin but I was wrong. There was long descend to Medellin. We had to overtake kots of trucks again. Then a local rider on 2 stroke dirt bike (I am not sure what it was), flying down the hill. So I followed him. He thought he could fly away from me, but I was always just behind him. It was a fun riding with a local rider. Once we came down the hill, the road became 3 lanes highway. I gave him a big thumb and he gave me back the same. 

I parked at the side of road and waited for Daniel and Akira. When they came, there were 2 more bikes behind them. They are Alex and Olie!! They were also heading to Hostal Medellin, so we rode together to the hostel.

Finding the hostel wsa a bit hard (it shouldn't be hard but my GPS wasn't leading us right). We asked locals a few times and we arrived the hostel around 6pm. It was a big and tiring ride but was fun as well!

The garage of the hostel was large enough to accomodate 5big bikes. It was a quite a view to see those big bikes were in the same room.  

The lady owner of Hostal Medellin, Claudia, is really a nice person and very kind. The hostel is very clean and neat. As I am thinking to stay here for a while, I guess I picked the right one.
 
Tomorrow after a big laundry, I will take a walk around the city.

 

拍手[2回]

PR
  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
TRACKBACK

TrackbackURL

フリーエリア
一日一回クリックするとランキングがあがります! よろしくお願いいたします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



View Europe in a larger map
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
New Comments 最新コメント
[04/20 Yoshi]
[09/01 NONAME]
[02/07 室橋一也]
[02/04 Yoshi]
[02/03 Yoshi]
カウンター
プロフィール
HN:
三郎
性別:
男性
職業:
革命家
趣味:
バイク・旅
自己紹介:
オーストラリアに移住して16年。遠く南の大陸から母国日本を眺めてみて危機感を感じてはや16年。なにか出来ないものかと考えて考えて、ようやく自分で行動することに数年前に思い当たる。とりあえず自分が出来ることから始めよう!ってことで、革命軍M-26-Julioをシドニーで結成。
誰かが世の中変えるのを待ってるだけじゃなく、自分で社会に貢献できることから始めよう。
世界を旅しながら色々な人と出会い革命の輪を広げていきたい。
2010年からおやすみ羊とBMW R1200GSで世界一周中!

Hasta la victoria siempre, Patoria o Muerte!

現在の愛車:BMW R1200GS 「Esperanza de la Tora」(世界一周)、 SUZUKI DR650SE 「孫市」(オーストラリア一周)
過去の愛車:Buell XR12R Firebolt, Yamaha FZ1, Yamaha TRX850, 、HONDA XR250R, Suzuki XF650 Freewind, Yamaha XV250 Virago
ブログ内検索
バーコード
Copyright ©  -- M-26-Julio 羊とめぐる冒険 BMW R1200GSで世界一周の旅 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]