忍者ブログ

三郎とおやすみ羊のBMW R1200GSで世界一周の大冒険

   
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

足立チニーボーイズ、サンタ・エレナを行く! / Chinieboys, coming to Santa Elena
Day 279 : 2011年4月29日

Medellin to Santa Elena (La Casa de Rafa)
30,340km

今日は足立チニーボーイズそろってサンタ・エレナにあるラファの家に行く日。12時ごろに迎えにくるというので、朝から出発の準備。ラファの家の周辺には店が一軒しかなく売ってるものも限られているというので野菜やその他ちょっとした食料を買出し。帰って来たらラファもう来てました。11時半です。ドイツ人のマルクスも一緒に行くということです。彼は以前ラファの家に2週間いたそうな。

あ、そうそう、カオルさん、ジュンコさん、そしてワシで何日か前にチニーボーイズが結成されました。スローガンは「アレパ反対」です。なんでチニーボーイズかと言いますと、この間街を歩いていたらおばちゃんが子供に「あ、みなさい、チニーボーイズよ。」と言っていたので、チニーボーイズになりました。足立区出身はワシだけだし、チニー(中国人)でもないし、ジュンコさんは女性なので、全く足立チニーボーイズではないんですけどね。ちなみにスペイン語でチニーボーイズは「Union de Jovenes Chinitos( UJC)」です。キューバのUnion de Jovenes Coministas (UJC)とは関係ありません。3つの役目「修学(Estudio)」はジュンコさん、「修業(Trabajo)」はワシ、「軍事(Fucil)」はカオルさんとなりました。

出発間際になってジュンコさんのカードで現金がおろせなくなったので大慌て。スカイプでコールセンターに電話するもこっちの声が聞こえなく切られてしまいます。ラファとマルクスを待たせるのも悪いので戻ってから電話をするってことにしました。

さて出発です。マークとクレアは天気がよければ明日出発とのことなので、ワシ等が戻ってくるときにはもういない予定。なのでペルー辺りでの再会を願ってしばしの別れを告げました。ノアやスコットは明日の午後遊びに来るそうです。本当かな?

DSCF4977.jpg山を登っていきます。途中メデジンが一望できる見晴台で休憩。なかなかいいですね、眺めが。サンタ・エレナまで30-40分とノアは言ってましたが、一時間くらいかかりましたかね。

DSCF4978.jpgDSCF4980.jpgラファの家は田舎でイイ感じです。この間オスタル・メデジンに来た子犬(勝手にチニーと命名)とその叔母さん犬のグアンダの出迎えを受けてチニーボーイズの楽しい山荘合宿が始まりました。マルクスはここに荷物を取りに着ただけだそうです。午後メデジンに戻り、明日ボゴタに行って帰国するそうです。

DSCF4981.jpgDSCF4984.jpg庭でくつろいでいるとラファがフルーツシェークとサンドイッチを出してくれて、もうマッタリです。マルクスは何故か庭の雑草を抜き始めました。そうこうしているうちに3時ごろになって小腹が減ってきた頃に、ラファがお昼ご飯を出してくれました。やるな、ラファ。

昼飯後マルクスは出発。ワシ等も散歩に行こうとしたら、大雨・・・。仕方が無いのでドミノをしたり映画を見たり。スナックやホットチョコレートを出してくれます、ラファ。ラファ曰く「ここのコンセプトはバケーションのバケーションなんだよ」ということです。いいな、それ。「インディアナ・ジョーンズ クリスタル・スカル」を観たんですけど、宇宙人をだしちゃ駄目だよ、ルーカスにスピルバーグ。スターウォーズじゃないんだから。

そうこうしてるうちにダラダラと1日が終わりました。明日は「キノコ」狩りです。はい「キノコ」狩りです。楽しみだなぁ。


Day 279 : 29 APR 2011

Medellin to Santa Elena (La Casa de Rafa)
30,340km


Today, we - Kaoru, Junko and I "Chinieboys" - went to Rafa's place in Santa Elena. Rafa was to pick us up around 12 noon, so in the morning we got ready for the short trip. Noah said there was only a small shop near Rafa's place, and it would be a good idea to buy some foods, especially vegetable, so we went to buy some in the supermarket.
 
Junko tried to withdraw cash from some ATMs but she could not somehow. So she needed to call her bank. When we were back to the hostel, Rafa was already waiting for us. Also Marcus, a German backpacker, were to join us, so Junko was hurry to contact her bank. She Skyped her bank but somehow the operator could not hear her. So she gave up. She will do it when we return in a few days.

Why we are Chinieboys? Well, the other day when we were walking toward Centro, a lady told her son "Look, there are Chinieboys!" She did not say "Chinos" or "Chinitos", but "Chinieboys" - the mixture of Spanish and English. We felt the naming was funny, and that is why we are Chinieboys. None of us is Chinese and Junko is a lady.  
In Spanish Chinieboys would be "Union de Jovenes Chinitos (UJC)". This is notihng to do with the Cuban "UJC" (Union de Jovenes Coministas). But we made our roles as: Junko "Estudio", Saburo "Trabajo" and Kaoru "Fucil". Our motto is "La vida es mejor sin arepa!"

Mark and Claire will be leaving here tomorrow (if the weather is not too bad), so there won't be here when we return. We said a good-bye to them and we hope we see again somewhere in Peru. Noah and Scott said there will come to visit us on Saturday.

The way to Santa Elena was smooth. We stopped at a view point. As we climbed up high, we could see whole Medellin city under our feet. A nice view. It took around 1 hour to get to Rafa's place.

His place is in a rural area and really nice country house. His dogs, Guanda and a puppie (later we named her "Chinie") welcomed us. Marcus stayed here for 2 weeks before and this time he just came to pick up his luggage.

We were having a rest in the garden and Rafa made us fruit smoothie and hot sandwitches. Nice. Marcus was getting rid of those weeds from the garden.

Around 3pm, when we were a bit hungry, lunch was surved. Nice. Rafa said the concept of his house is "A vacation of the vacation." That is a good idea, Rafa.

We watched a movie "Indiana Jones, Crystal Skull". Hurison Ford got really old and we were disappinted to see aliens in "Indiana Jones" series. It is not Star Wars, George...

Tomorrow we are going to gather "Mushrooms". Yes, "Mushrooms". It's gonna be fun!

拍手[3回]

PR
  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
TRACKBACK

TrackbackURL

フリーエリア
一日一回クリックするとランキングがあがります! よろしくお願いいたします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



View Europe in a larger map
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
New Comments 最新コメント
[04/20 Yoshi]
[09/01 NONAME]
[02/07 室橋一也]
[02/04 Yoshi]
[02/03 Yoshi]
カウンター
プロフィール
HN:
三郎
性別:
男性
職業:
革命家
趣味:
バイク・旅
自己紹介:
オーストラリアに移住して16年。遠く南の大陸から母国日本を眺めてみて危機感を感じてはや16年。なにか出来ないものかと考えて考えて、ようやく自分で行動することに数年前に思い当たる。とりあえず自分が出来ることから始めよう!ってことで、革命軍M-26-Julioをシドニーで結成。
誰かが世の中変えるのを待ってるだけじゃなく、自分で社会に貢献できることから始めよう。
世界を旅しながら色々な人と出会い革命の輪を広げていきたい。
2010年からおやすみ羊とBMW R1200GSで世界一周中!

Hasta la victoria siempre, Patoria o Muerte!

現在の愛車:BMW R1200GS 「Esperanza de la Tora」(世界一周)、 SUZUKI DR650SE 「孫市」(オーストラリア一周)
過去の愛車:Buell XR12R Firebolt, Yamaha FZ1, Yamaha TRX850, 、HONDA XR250R, Suzuki XF650 Freewind, Yamaha XV250 Virago
ブログ内検索
バーコード
Copyright ©  -- M-26-Julio 羊とめぐる冒険 BMW R1200GSで世界一周の旅 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]