忍者ブログ

三郎とおやすみ羊のBMW R1200GSで世界一周の大冒険

   
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ドブロブニクとクロアチアの歴史 / The history of Dubrovnik and Croatia
Day 944: 2013年3月26日

Dubrovnik, Croatia (Dubrovnik Backpackers Club)

86,335km

今日は移動がないけど朝8時は起床。曇り。

I got up by 8am. As I was not moving to other place, I could have a relaxed morning.

朝飯を食べながらオーナーにドブロブニクやクロアチアの歴史について話してもらう。

While having breakfast, the owner told is (me and Miguel) about the histories of Dubrovnik and Croatia.

先ずは何故スプリトとドブロブニクの間にボスニア領があるのか。

The first question I got was "Why the territory of Bosnia Hercegovina is cutting the northern part of Croatia and Dubrovnik.

元々「クロアチア人」は今のクロアチア、ボスニア、ドブロブニクの3つの国に跨って住んでいた。

According to the owner, hundreds of years ago, the habitants of those Croatians were spreading to current Northern Croatia, Bosnia Hercegovina and the state of Dubrovnik. Yes Dubrovnik was independent state at that time.

ドブロブニクは東西交易で繁栄していたから、クロアチアと一緒になる必要はなかった。で、あえてクロアチアと離れるためにボスニアにロバが二頭通れるほどの土地を割譲したのだそう。

The state of Dubrovnik was flourishing with trading, so it did not need, more it did not want to be united with other Croatian state. So Dubrovnik gave away a small passage to the sea to Bosnia. It was as narrow as just two donkeys could walk pass.

これはかなり前の話し。

It was a long time ago.

で、第二次世界大戦後、時のユーゴスラビアの大統領ティトがボスニアの現在モンテネグロ領にあった海へ出る領地をモンテネグロに併合する代わりに、ロバ二頭だけのスプリトとドブロブニクの間の領地を幅13キロに広げて割譲したのだとか。

Then in the early 20th century, those three states were united with Yugoslavia. After the WWII, the president of Yugoslavia Tito decided to exchange Bosnian's passage to the sea at current Montenegro with the current passage between Split and Dubrovnik. So the width of two donkeys was extended to 13km. Neither Croatia nor Dubrovnik gain anything.

で、もともとボスニアにも大勢のクロアチア人が住んでいたのだけれど、オスマン朝にボスニアは征服され、クロアチア人は現在のクロアチア領に逃げたり、残ったものは融合されて行ったのだそうな。

In Bosnia as mentioned before there were Croatians living, but it was conquered by the Ottoman Empire, so those Croatians fled to other Croatian states.

その後ユーゴスラビア時代にボスニアのセルビア化が進んだ、とのこと。

Then during Yugoslavia rule, Bosnia was made to be more Serbian.

ユーゴスラビア時代はセルビア人が多数派で軍事や警察などの権力を握っていて、他のユーゴスラビア構成民族を圧迫していたのだとか。

In Yugoslavia time, Serbians were taking those positions with authority such as military and police. Then they suppressed other member of Yugoslavia.

それがユーゴスラビア解体後の1991年からの独立戦争や内乱に発展していく下地になった。

Then it became one of the triggers of the civil war from 1991.

クロアチア人もセルビア人も言語はほぼ同じだし、元々兄弟と言っていいくらい近しい間柄の筈。

Croatians and Serbians, they are almost akin - their languages are very similar.

が、しかし、クロアチア人はカトリック教徒が多くセルビア人は正教徒が多い。宗教の対立もあるのだ。

But Croatians are catholic and Serbians are orthodox. This also is the major cause of the conflict.

で、ロシアは正教徒だからセルビアを支持して、アメリカなど西側は反セルビアを支持して混乱に拍車がかかった。

Russian - the orthodox - was supporting Serbians and the USA and other west nations were supporting anti-Serbians.

This made the issue even more complicated.

旧ユーゴスラビアの騒乱は中々把握し難く、クロアチア側だけの意見だけど現地の人の話が聞けて良かった。

It is hard to understand the history of the conflicts among the former Yugoslavia nations. So it was good to hear the story from the local, well only the Croatian side of the story, but it was worth listening to.

で、ミゲルは今日出発。雨は降りそうで降らないから、大丈夫だな。

Miguel was heading to Split, so he had to go. It was cloudy but less chance of rain. He should be fine!



たった一日だったけど楽しかったよ!また、何処かで会おう!Bom viaje!

We spent only a day together but it was fun! See you on the road! Bom viaje!



ミゲルを見送った後、ワシは歩いて旧市街まで。

After seeing off Miguel, I walked to the old town.

3キロ位だから、全然歩ける。

It was 3km away, so it was an easy walk.

途中の景色もなかなか。晴れだったらなぁ。

The view of Adriatic Sea was great. Of only it was sunny...



で、今日はヒツジを連れて来たから、ヒツジの日!

Today I was with Mr. Sheep! Today is his day!



ヒツジも喜んでおる。

Mr. Sheep was happy!



昨日は城壁の中を散策したから、今日は外から歩いてみよう。

Yesterday I walked inside the wall, so I walked outside today.



昨日と違った景色が。

I could find another face of Dubrovnik!



お、こちらからだと海と城壁が見える。

The view of the city with the sea, nice!



イイねぇ。

This city is really beautiful.

昨日は正門から入ったけど、今日は違う入り口から入って見た。

I entered into the city from other gate.



お、ここからの景色もイイではないか。

It's a nice view! This is the entrance of the city from the sea.



新しい発見がありますな。

If we see the things from different angle, we will find new things!

で、城壁の上を歩いてる人がいるから、ワシも登り口を見つけて上がってみた。

I saw some people walking on the city wall, so I found the entrance and went up.



ほう、これも違う角度から街が見えるからイイねぇ。

I could see the city from different angle.



ドブロブニク、楽しいじゃないか。

It's fun walking in this city.

と、思ってたら、途中で検問があって、「チケット!」と。へ、有料なの?

But there was a check point and I was asked to show a ticket... Ticket!?? Wasn't it free?

で、下に行って買って来い、と言われてしたに行くと、なんと90クナ(1,400円)!

I was told to buy a ticket at a booth down stairs, then I went to see the price. It was 90kns! (€12)!

なので、城壁歩きは辞めにした。

It was too expensive, so I gave up walking on the wall.

で、代わりに75クナで(1,200円)でボートに乗って海上から街を眺めることに。

Instead I will spend 75Kns (€10) for a boat ride! So I could see the city from the sea.

出港!

Vamos!



おぉ、中々の見応えですな。

I liked the view from the sea.



晴れていれば…。

But if only it was sunny...

島にもちょっと寄って、

The boat went to an island,



再びドブロブニクへ。

and came back to Dubrovnik.



岩場の上に街が建っていて、面白い。

I could see how the city wall buoy on the rocks.



中世ってなんだか凄いな。

The medieval era is really interesting.

街に戻り城内を散策。

I went into the city again.



まぁ、昨日見たから、今日は路地とかみよう。

Today I walked into alleys.

で、これを発見。

Then I found these.



ここは1991年にセルビアとモンテネグロ軍の攻撃に曝され、かなりの被害が出たのだ。

This building was demolished by the attack by the Serbia-Montenegro army. It wasn't only here, the entire city was damaged.



この店も迫撃砲を喰らい破壊されたのだ。

The building got some direct hits with mortars...

朝宿のオーナーと話していたこととここでつながった。

It connected with what I heard this morning.

理屈では隣国同士仲良く協力しあった方がいいに決まっているが、こういう過去があればおいそれとは仲良く出来ないよな。

We know that all neighbours should be good to each other. But it is hard to achieve as we do remember what the neighbours had done to us or our ancestors.

ドブロブニクは人気の観光地だけど、ここに住んでいる人々は必死にここを守ってきたのだ。

Dubrovnik is a popular tourist destination but it has a sad history. And people here are protecting their home with their lives.

だから、何処かに併合だとか、離反だとか、そういうのにはウンザリなのだ。

So for them, getting part of something, separating from something and so on, all of these are nonsense.

でも、ドブロブニクだけでは自立は出来ない。周りと強調していかないといけないんだよね。

But Dubrovnik alone cannot go anywhere. It should go ahead with others.

幸せと平和を維持する、ってことは簡単では無い、とそうドブロブニクは囁いているように思えた。

It's hard and difficult to keep / maintain pease and happiness. So Dubrovnik was whispering to me.

3時を過ぎたら雨がちらついてきたから、宿にまた徒歩で帰って明日の計画を。

It started to rain after 3pm. So I walked back to the hostel and made a plan for tomorrow.

うーん、明日はモンテネグロのコトールに行くのだけど、わりかし近いし、そこに泊まるか先に進むか考えものだな。

Well, I am still deciding where to sleep tomorrow. I'm going to Kotor, Montenegro for sure, but should I stay a night there or move forward.

明日の気分で決めよう。

Well I decide that tomorrow, depending on my feelings.

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
今日はいろいろ勉強になりました。美しいだけではない、クロアチア。人々は苦難を乗り越え、今の発展につなげていったのです。

本日も「世界一周」ボタンをクリックして応援をよろしくお願いいたします!!

スマートフォンからご覧の皆様、
お手数ですが、画面の一番下までスクロールして頂き、「PC」に切り替えた上で「世界一周」ボタンを押してください!

I am competing in "Round the World Trip Blog". Please click the button below!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村 *******************************************************************************************************************************************************

拍手[0回]

PR
  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
フリーエリア
一日一回クリックするとランキングがあがります! よろしくお願いいたします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



View Europe in a larger map
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
New Comments 最新コメント
[04/20 Yoshi]
[09/01 NONAME]
[02/07 室橋一也]
[02/04 Yoshi]
[02/03 Yoshi]
カウンター
プロフィール
HN:
三郎
性別:
男性
職業:
革命家
趣味:
バイク・旅
自己紹介:
オーストラリアに移住して16年。遠く南の大陸から母国日本を眺めてみて危機感を感じてはや16年。なにか出来ないものかと考えて考えて、ようやく自分で行動することに数年前に思い当たる。とりあえず自分が出来ることから始めよう!ってことで、革命軍M-26-Julioをシドニーで結成。
誰かが世の中変えるのを待ってるだけじゃなく、自分で社会に貢献できることから始めよう。
世界を旅しながら色々な人と出会い革命の輪を広げていきたい。
2010年からおやすみ羊とBMW R1200GSで世界一周中!

Hasta la victoria siempre, Patoria o Muerte!

現在の愛車:BMW R1200GS 「Esperanza de la Tora」(世界一周)、 SUZUKI DR650SE 「孫市」(オーストラリア一周)
過去の愛車:Buell XR12R Firebolt, Yamaha FZ1, Yamaha TRX850, 、HONDA XR250R, Suzuki XF650 Freewind, Yamaha XV250 Virago
ブログ内検索
バーコード
Copyright ©  -- M-26-Julio 羊とめぐる冒険 BMW R1200GSで世界一周の旅 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]