忍者ブログ

三郎とおやすみ羊のBMW R1200GSで世界一周の大冒険

   
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ダートで転倒!コトパクシは諦める。 / Dropped my GS twice! Gave up going to Cara Sur, Cotopaxi

Day 303: 2011年5月23日

Popallacta to Zumbahua
31,709km to 31,958km = 249km

昨晩は流石に標高3,300メートルなので寒くなりました。寝袋の上にポンチョを被せて寒さ対策。ポンチョ買ってよかったです。

雨は早朝まで降ってたみたいですが、朝には止んでました。しかし雨と露のせいでテントはビチョビチョです。乾かせるかなぁ。

朝飯やなにやらでグダグダしてたら雲が切れてきて晴れ間が覗きました。そして雪山チラリと。赤道直下で雪山ってなんか不思議ですよね。テントやグラウンドシートもほぼ乾かすことが出来ました。しかし、また曇り始めて雨もちらほら。

天気が悪いのでコトパクシ火山(5,897m)の山小屋カラスール(Cara Sur)に行っても仕方が無いとのことでマークとクレアはキロトア湖(Laguna Quilotoa)に行くことに。ウベとワシは今日天気が悪くても明朝晴れてコトパクシ火山の山頂が見えるかもしれないのでカラ・スールに行くことに。アダムはキトに戻ってストーブを買ってからカラ・スールでワシ等と合流することに。ロード・オブ・ザ・リングス(Lord of the Rings)のフェローシップが壊れたみたいに皆別々の道を行きます。

DSCF5394.jpgようやく出発したのは11時ごろ。ダートを走り本線へ。流石に標高が高いので加速にモタツキがありますね。
途中検問に引っかかりました。ペルミソと免許証を提示してしばらく待たされた後再出発。ここでマークとクレアが追いつきました。検問に引っかかる前に先に行ってもらいました。昼飯は路肩の露店で1.25ドル。

カラ・スールへの道は標識が出ていないので何回かLassoの街を行ったりきたり。何回か人に訊ねてようやく入り口のダートロードを見つけました。ダートは結構ハードです。川越まであります!楽しいけどタイヤがほぼオンロード使用なのでフロントのグリップが殆どありません。

コトパクシ(Coptopaxi)の標識に従ってダートを走っていたら国立公園の入り口に。ここから先は車両は入れないのです。ってことは道を間違えた。カラ・スールはコトパクシ火山の南側なので来た道を戻り川を越えて現地の人に訊ねてようやくカラ・スールへの道を発見。

そかし路面状況は悪し!火山灰なんですかね、フカフカの土にそれが濡れて泥上になったところもあります。フカフカ土は結構深いのでハンドルが取られます…。慎重に行きますがコケテしまいました。ウベもこのまま続くなら諦めようと思ってたので引き返すことに。丁度ポリスが4WDで来たので訊くとこの先は路面が更に悪くなるとのこと。行かなくて良かった。フカフカ土を抜け出しホッとして油断したらちょっと深い土にハンドルを取られてまた転倒! 今日2回目です。2人いるのでバイクを起こすの簡単ですがタイヤを積んでオンロードタイヤでダートを走るのは難しいです…。

DSCF5396.jpgDSCF5397.jpgカラ・スールは諦めてマークとクレアと同じキロトア湖を目指すことに。しかしもう4時なので行ける所まで。ラタクンガ(Latacunga)から本線を外れてプヒリ(Pujili)方面へ。山道を登っていきます。景色が最高!しかし残念だったのはコトパクシの山頂が雲に隠れてその全容を拝めなかったことですね。

DSCF5399.jpgDSCF5400.jpgズンバウア(Zumbahua)に6時前に到着。ホテル・オロ・ベルデ(Hotel Oro Verde)はガレージ付で1人6ドル。1階はレストランで夕飯1.5ドル。なかなかのディールです。


DSCF5398.jpgオーストラリア人のデーブに会いました。今日一日英語を話してなかったので、というかスペイン語が殆ど出来ないので会話に飢えていたので良くしゃべります。ズンバウア手前14キロのティグアから歩いてきたそうです。明日はキロトア湖まで歩くのだそう。結構年をとってるのにやるなオージー。

丁度一緒のホテルなので夕飯を一緒にすることに。彼はベジタリアンなのでご飯とスクランブルエッグ、揚げバナナを。ウベとワシはスープにご飯、肉、サラダ、揚げバナナ。夕飯後は隣のバー(?)に行って一杯。夜は何もすることが無いので早めに寝ました。明日はキロトア湖でキャンプ。キロトア湖はクレーター湖。
火山クレーターの淵を歩く予定です。 



Day 303: 23 MAY 2011

Popallacta to Zumbahua
31,709km to 31,958km = 249km

It was pretty cold last night. No wonder the elevation was more than 3,300m there. But I was fine as I used the poncho I bought at Otavalo Market as a blanket on top o fthe sleeeping bag.

It was raining till early morning. The tent was very wet and I worrid if it could be dry before we took off.

We were making breakfast and taking time, then the clouds were breaking up. We could see a bit of the snow capped volcano from the break of the clouds. It was a bit strange experience to see the snowy mountain at the ecuator.  Luckily the tent and the groud sheet were dry but it started to sprinkle again....

Uwe and I was heading to Cara Sur - a refugee camp of Cotopaxi. But as the weather was bad, Mark and Claire decided not to go to Cara Sur and were heading to Lake Quilotoa directly. Adam needed to o back to Quito to buy a new stove, then he would catch us up at Cara Sur.

We left the camp site around 11am. We went back to the main highway through the dirt road. I felt acceralation was not as good due to hight altitude.

There was a police check point and we stuck there for a while. Mark and Claire caught us there but we told them to go ahead as the police might give us hard time. It wasn't much trouble at the check point but we waisted 10mins or more there.

The peak of Cotopaxi was covered by clouds, so we could not see its mighty appearance.
We could not find the entrance to Cara Sur at Lasso. We asked around and finally found the sign "Cotopaxi". It was a dirt road and there was a river crossing! My tyres were almost road tyres, so I got to be very careful going through gravels.

We came to the entrance of National Park. So we took a wrong way. The entrance was the north side of Cotopaxi, but Cara Sur would be at the south end. So we turned back and crossed the river and asked the locals again. We couldfind the road to Cara Sur, but the condition was pretty bad. Very deep ashy dirt. We rode for a while but it was hard for us. I dropped my bike... And decided to turn back.

At the exit of the ashy dirt, I dropped the bike again!! Twice in a day!!

We went back to Panamerican Highway and headed to Lake Quilotoa. But it was already 4pm. At Latacunga, we took our route to the west, to Pujili. The road was faburous and the view was fantastic!

Arrived at a village of Zumbahua before 6pm. There was just another 14km to Lake Quilotoa, but we decided to stay at Zumbahua. The hotel we stayed "Hotel Oro Verde" was pretty nice. US$6p.p with a garage. The ground floor of the hotel was a restaurant.

We walked around the village. It was sarrounded by the mountains and very beutiful. We went an Aussie guy - Dave. He walked from Tigua - 13km away from Zumbahua and he was planning to walk to Lake Quilotoa tomorrow. He said he was thirsty for speaking in English, so he talked a lot. As he was staying at the same hotel, we had dinner together (US$1.5) and went for a drink at the next door.  We will get to the lake tomorrow and will hike around the rim of the crator.  

拍手[3回]

PR
  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
無題
えーー!傷つかなかった?だいじょぶ?
ってか、後ろ某クライディじゃなくてタイヤでよかったねぇwww
  • にゃんこ先生 さん |
  • 2011/05/27 (04:31) |
  • Edit |
  • 返信
にゃんこ先生へ
傷は付かなかったよ。スピードは出てないからダメージは最小限。某クライディーじゃなくてよかったけど、タイヤの方が役に立つね、某クライディーよりも。
  • 三郎 さん |
  • 2011/05/27 (05:30) |
  • Edit |
  • 返信
TRACKBACK

TrackbackURL

フリーエリア
一日一回クリックするとランキングがあがります! よろしくお願いいたします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



View Europe in a larger map
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
New Comments 最新コメント
[04/20 Yoshi]
[09/01 NONAME]
[02/07 室橋一也]
[02/04 Yoshi]
[02/03 Yoshi]
カウンター
プロフィール
HN:
三郎
性別:
男性
職業:
革命家
趣味:
バイク・旅
自己紹介:
オーストラリアに移住して16年。遠く南の大陸から母国日本を眺めてみて危機感を感じてはや16年。なにか出来ないものかと考えて考えて、ようやく自分で行動することに数年前に思い当たる。とりあえず自分が出来ることから始めよう!ってことで、革命軍M-26-Julioをシドニーで結成。
誰かが世の中変えるのを待ってるだけじゃなく、自分で社会に貢献できることから始めよう。
世界を旅しながら色々な人と出会い革命の輪を広げていきたい。
2010年からおやすみ羊とBMW R1200GSで世界一周中!

Hasta la victoria siempre, Patoria o Muerte!

現在の愛車:BMW R1200GS 「Esperanza de la Tora」(世界一周)、 SUZUKI DR650SE 「孫市」(オーストラリア一周)
過去の愛車:Buell XR12R Firebolt, Yamaha FZ1, Yamaha TRX850, 、HONDA XR250R, Suzuki XF650 Freewind, Yamaha XV250 Virago
ブログ内検索
バーコード
Copyright ©  -- M-26-Julio 羊とめぐる冒険 BMW R1200GSで世界一周の旅 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]