忍者ブログ

三郎とおやすみ羊のBMW R1200GSで世界一周の大冒険

   
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Day 881: 2012年12月24日

Agra to Varanasi, India (On a Midnight Express)、の筈が…

83,981km

えーっと、とりあえず、

Merry Christmas!!

皆さんのクリスマスが素敵な日なりますように!

昨晩は厚めの蒲団をもらったので、ぬくぬく。昨晩とは違いイイ睡眠。

8時に目が覚めると、何やら外が暗い…。

ドアを開けて外を見ると、

霧が…。

ありゃりゃりゃ、これはタージマハルが見れないかも!?

しかも寒い!

これは早目にタージマハルに行っても何も見れないぞ。

なので、朝飯を食べた後(外なんで寒い!)、チェックアウトの10時ギリギリまで部屋で過ごすワシら。

チェックアウト後は歩いてアグラ・フォートまで。ここはムガル帝国5代皇帝シャージャハーンがデリーに都を移すまでの歴代ムガル皇帝の居城。



霧の中なのでハッキリとは見えないかも知れないけど、かなりの規模。



門構えも立派。



英語名はAgra Fortと言いますが、「アグラ砦」と言う意味。


デリーにある「赤い砦」Red Fortといい、何故「砦」なんでしょう? まぁ、城塞なので砦ではあるのですが、この規模は確実に「城」でしょう。

おそらくイギリスが植民地支配するのに、ワザとムガル帝国の権威を落とす為に「砦」としたのだ、とワシは勝手に思ってます。

入城料は300ルピー。中は入らなくてもいいや、と思いそのままタージマハルへ。

途中リキシャ引きのオヤジたちが客引きをしてますが、あんまりウザくはないです。

まだ、霧は濃いので、霧が薄くなるまでメシでも食べてよう、ってことでシャンティ・ロッジの屋上のレストランで。

マトン・ビリヤーニを。これはなかなか旨い。が、しかし、量が少ない。



普段ならタージが見える筈が、うっすらとしか見えまない…。



1時近くになると、多少太陽が出て来たから、タージマハルに!

入場料はなんと750ルピー(1,000円)!インド人は20ルピーだから役40倍の値段。

南門から行きましょう。インドは何処でもセキュリティ・チェックがあり、ここでも荷物と身体検査。なんだか気が萎えるな。



が、しかし、タージマハルはやはり立派。



インド人の家族連れも多い。



流石、タージマハル。だけど、タージの前面にある池が汚い。なんで水色に塗ってあるんだ?凄く安っぽい。インド・クオリティ。

だんだんと近づくにつれ、ハッキリと見えて来ます。



近くではこんな感じ。



もっと彫刻とかが細かく有るのか、と思っていたけど、そうでもない。

でも総白大理石は圧巻。



タージマハル内部に入るのには行列に並ばないといけません。しかも靴を脱ぐか、靴カバーを履かないといけません。ワシらは他の観光客からお古の靴カバーをもらいました。

タージマハルは皇帝シャージャハーンが愛妻ムムターズ・マハルの死を悼んで建てた壮大なお墓。まぁ、世界一デカくて有名な愛のモニュメント。

なので、内部での写真撮影は禁止。

内部にはムムターズ・マハルとシャージャハーンが眠っています。

ワシらを含め観光客に開放すべきではない、と中に入って思いました。

タージマハルの横にはモスク(?)も在るんですけど、こちらの方が茶色と白のコントラストでワシは好きです。



帰りにもタージマハルの優美な姿を。



まだ3時前。寒いしやることがないのでWiFiが使えるカフェにて午後のお茶を。昼飯が足りなかったので、ヴェジ・タリーを頼んだら、デカイ!



まぁ、全部平らげましたけど。

陽が暮れる前に宿に戻り、列車の時間待ち。列車は11時半発なので、長い時間待たないと…。

そんなこんなで、2012年のクリスマス・イブは暮れて行くのでした。寒い寒い。



もう一度皆さんに Merry Christmas!!

と、思ったら、なんと!

電車が10時間以上遅れていると!(まだ始発駅を出発していない…。)

なので、今日もう一泊アグラにすることに。流石インド、何が起こるか分からない!?

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
タージマハル。まぁ、流石に見応えはありました。もう少し天気さえ良ければでしたがね。でも訪れてよかったです。
本日も「世界一周」ボタンをクリックして応援をよろしくお願いいたします!!

I am competing in "Round the World Trip Blog Ranking". Please click the button below!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村 *******************************************************************************************************************************************************

拍手[2回]

PR
Day 880: 2012年12月23日

Agra, India (Tourists Rest House)

83,981km

昨晩は寒かった!インドに行けば暖かくなると思っていたのは浅はかだったのだ。

デリーもアグラも夜中は6度くらいまで冷え込むから、薄い毛布一枚では凍えてしまう。ネパールで買ったフリースとダウンジャケットを着込んだけど脚が寒い…。

インドで寒さ対策に迫られるとは…。

朝は早目に起きたけど、コウイチがグダグダと寝てるから行動を開始したのは10時過ぎ。

取り敢えず、明日の夜行列車でバラナシに行こう、ということになり、駅までチケットを買いに。

駅までは結構遠いので、自転車リキシャに乗って。20ルピーで交渉成立。



アーグラ・イードガー駅というところまで来たのだが、何か勝手が違う。外国人専用ブースなんて無いし。

リキシャのおっちゃんはここでワシらを待ち、更にバス・ターミナルまで乗っけていってくれると。なので、全部で50ルピーと交渉成立。

仕方がないので書類に記入して、インド人の列に並んでいたら、気が付きました。ワシらが行くべき駅はアーグラ・カント駅だった、と。しまった。

が、しかし、チケットの発行はここでも出来るらしい。

寝台列車なのですが、等級がイマイチわからないので、A/C 3 Tier というのにしてみました。

英語が通じないので、英語が分かるインド人が助けてくれましたが、あんまり助けになっていない(別書類に必要事項を記入するのですが、英語表記だし、先程の書類とほぼ同じ内容なのでこれは問題無いんです。が、しかし、インド人の兄ちゃんがワシらの代わりに記入してくれました。なんなんだよ)。

お金を支払い(911ルピー、1,300円くらい)、チケット発行されました、が、受け渡しにはパスポートのコピーが必要だと。うーん、コピーは持っていないよ。

まぁ、ここにはコピー機が無いので、外にコピーを取りにいけ、と。

ここまで来るのにかなり時間がかかり、リキシャのオヤジは結構待ちくたびれ。

さて、困ったな。リキシャのおっちゃんに事情を説明したら、「コピー屋まで往復を含めて100ルピーでどうだ!?」と。

チョット高いけど(150円くらい)、この際時間を節約する為に100ルピーで手を打ちます。

コピー屋まではかなりの距離。まぁ、コピーをしている間にリキシャのオヤジが急用が出来た、と言い出し「俺に60払って、残りは俺の友達が引き継ぐから40彼に払え」、と。

仕方ねぇなぁ、と60彼に渡し、その友達のリキシャまで行くと、メシ食ってます。

なので歩いて駅まで戻り、コピーを渡して無事にチケットをゲット!

バス・ターミナルまでは遠いので、今度はオートリキシャにて。

なんだかんだで、もう12時過ぎ。バス・ターミナルにある屋台でサモサ(カレー味のじゃがいもが入った揚げパイ)を昼メシ替りに。

行き先のファテープル・スィークリーまでは36キロなんですがなかなかバスが進みません。

1時間半くらいかかりようやく到着。さて、ここからがわかりにくい。

客引きが結構ウザいのですが(直ぐに引き下がりますが)、入り口はこっちだ、とウソを教えてきます。



なんか、ゴチャゴチャしたところを通り抜けて、ようやく正門「ブランド門(Buland Darwaza)」に到着。



この門はイスラムとヒンドゥー建築を融和させたムガル建築の最高峰なんだとか。



なかなかの見応え。が、しかし、自称ガイドがウザい。御構い無しに話しかけてきます。

階段を登り、上まで来ると、入り口の前で靴を脱げ、と。

なるほど、この入り口付近はモスクとして現在も機能しているので、聖地だから靴を脱がなければいけないのですね。ここでワシもコウイチもやる気が無くなりました。

ファテープル・スィークリーはムガル帝国の中興の祖アクバル帝がその威信をかけて創り上げた都城。僅か14年で水不足が原因でこの都は放棄されたのです。



凡そ400年風雨に晒されて来た割にはしっかりしていますね。

この部分は宗教施設なので無料で解放されています。

その他の部分は、ガイドブックには入場料250ルピーと書いてありましたが、何処にもチケット売り場はないのでそのまま場内に入り散策。



しかし、あんまりグッて来るモノは無し。



まぁ、こんな感じのが結構続くのです。



早々に引き上げ、バスに乗ってアグラまで一路。このバスの古さは半端ないですね。アイドリング中振動が並じゃない!



アグラに戻ってきたのは、もう5時過ぎ。宿まで歩いて帰り、昨日と同じくタージマハル周辺のメシ屋「Joney's Place」で夕飯。

ここで昨晩街ですれ違った日本人と思しき旅人と遭遇。

彼はナリ君。中国、東南アジア、ネパール、インドと旅を続けている好青年。

カレーを食べながら旅の情報を交換しあいます。バラナシはかなり良かったそうなので、ちょっと期待できますね。

彼は明日ジョドプールに向かって早朝出発。ワシらはタージマハルを堪能してから夜11時半にバラナシに向けて出発。

メシ屋から出ると霧が立ち込めていました。今日も相当冷え込みそうだな。毛布もう一枚もらっておいてよかった。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
今日は無駄に疲れました。それにしてもインドは汚いし空気汚染されてます。
本日も「世界一周」ボタンをクリックして応援をよろしくお願いいたします!!

I am competing in "Round the World Trip Blog Ranking". Please click the button below!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村 *******************************************************************************************************************************************************

拍手[3回]

Day 879: 2012年12月22日

Delhi to Agra, India (Tourists Rest House)

83,981km

結局昨日で世界は終末を迎えず、無事に朝を迎えてしまったワシとヒツジ。さて、この新しい一日をどうワシらは過ごそうか。

インドみたいな交通事情が悪い国では早目早目の行動が基本。

昨日宿のオヤジにアグラ行のバスついて訊いたら、「600ルピーで朝6時のピックアップ。所要時間は4時間」、と。朝早い上に、ローカル・バスなら170ルピーで行けるので、多少時間がかかってもいいからローカル・バスで行くことに。

8時前に外に出て朝飯食べようとしたら、屋台以外の店は開店前。あぁ、今日は土曜日だったな。

まぁ、バス・ターミナルでも朝飯喰えるだろう、と出発。

チェックアウト時にレセプションの兄ちゃんが、「100ポンド足りない」、と言い出しました。宿代は既に支払い済みなのですがね。

コウイチ一日ワシより早く到着し独りで一泊したんです。2人なら600ルピーだけど、独り500ルピー。どうやらワシ3泊したと思ったみたいで、それを指摘したら、

「ノー、ノー、政府の税金10パーセント。」、とノートの端にある文字を差して言ってくるインド人。宿代は1,700ルピーだから170ルピー支払え、と。おいおい、さっきより金額増えてるよ。

英文字で書いてあるけど、「税金」なんて全く書いてない…。バカにしてんのか、このクソ。

なんでインド人こんな見え透いたウソをつくのか!? 小銭が欲しいのか知らんけど、一従業員がこんな事してたら宿の評判が悪くなるぞ。

まぁ、ワシは彼のウソを指摘し、彼はその場を取り繕うように、アーだ、コーだと言って誤魔化す。

結局追加料金は無し!(当たり前のことだけど。)

そんなこんなで、朝からどうしようもないインド人節に付き合い、なんかエジプトの方が刺激的だったし楽しかったな、なんて思っている自分がいる。

地下鉄に乗りJLN Stadium駅で下車。ここからサラーイ・カレ・カーン・バス・スタンドまでオートリキシャにて70ルピー。インドで初リキシャ。



結構スピードが出ますね、リキシャ。元々の計画ではこれを一台買ってローラとインドを周る予定だったのですが。

バス・ターミナルには10時ごろに到着。隣はスラム街。流石地元民しか利用しないターミナル。ボロい。

バスもボロい。何故だかボールがいっぱい。



バスは10時半には動きだしたが、何故か外でしばらく待機。いや、長らく待機。更に乗客が集まるのを待ってるみたい。

ようやく出発したか、と思ったら、また直ぐに止まって待機。

待っている間に物売りが乗ってくるけど、あまり売れ行きはよくない。

11時半過ぎにようやく本格的に出発。1時間もかかったよ。

ボロいバスなので、乗り心地もよくない。ベアリングがイカレているせいか、ガタガタと振動が凄い。

デリーを離れると、田園が広がっているのだけれど、相変わらずゴミが散乱しているし。

なんか牛糞を平たく丸くしたものを干してるし。何に使うんだろう?

街に入ると大渋滞。インド人は自分勝ってなので、我先に、とルール無視で走るので、余計に渋滞が悪化する。



2時過ぎになり、ようやく昼飯休憩。焼きたてナンと豆カレーを。インドはメシが旨い。この点はエジプトより上。



5時過ぎになってようやくアグラに到着。タージマハルが川の向こうに。なるほどなかなかのモノですな。残念ながら写真は撮れなかった。

出発してから6時間はかかりましたね。辺りは既に薄暗い。周りはゴミだらけ。インドは今の所何処に行ってもゴミだらけ。

宿にチェックインして、タージマハル周辺まで散歩。ワシらの宿はタージマハルから徒歩1時間と離れているのです。

宿のおじさんは、「声をかけてくる奴に気を付けなさい。特に日本語で声をかけてくる奴には。」と忠告してくれました。

歩いていると、オートリキシャやリキシャのおっさんたちが声をかけて来るけど、断ったり無視してるとそんなにしつこくない。



タージマハルが屋上から眺められる、というメシ屋にて夕飯。が、しかし、モヤがかかっていてタージマハル見えず!!

でも、メシは旨かったな。ワシはマトンとほうれん草のカレーとナンを。コウイチは野菜ビリヤーニを。



帰りも徒歩にて。デリーもそうだったけど、アグラも空気が悪い。喉をやられないようにしないとね。

明日はアクバル帝が建造した城塞都市ファテープル・スィークリーにいってきます。え、タージマハルには行かないの?って聞こえてきそうですが、いいのです。タージマハルには明後日行きます。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
インディアン嘘つかない、といいますが、インド人は嘘ツキです。
本日も「世界一周」ボタンをクリックして応援をよろしくお願いいたします!!

I am competing in "Round the World Trip Blog Ranking". Please
click the button below!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村 *******************************************************************************************************************************************************

拍手[2回]

Day 878: 2012年12月21日

Delhi, India (Payal Hotel)

83,981km

今日は世界の終わる日、だと言う。一部の人は真剣にそう信じているらしいが、殆どの人は今日も普段と同じ様に起きて、普段と同じ様に生活するのだろう。

ワシも実はグラハム・ハンコック著「神々の指紋」を読んで、この「古代マヤ文明が予言した」世界終末の日が本当かもしれない、って思っていたものだ。

しかし、その後色々学ぶにつれて、この説には穴が多いことに気付いた。

なので、今は今日で世界が終わってしまうなんて思っていない。

でも、何と無く残念なような気もしたり。

何の因果か、今日と言う日をインドデリーで過ごしている。何となく世界の終わりに相応しい場所。

さて、そろそろ起きて今日と言う日を堪能してやろう。

近くのメシ屋で朝飯。朝飯用のタリーを60ルピー(90円)にて。焼きたてのじゃがいも入りチャパティが旨い。



ニューデリー駅まで歩いて、ここで明日(が訪れるならば)行くアグラ行の列車の情報を得たかったのだが、外国人用のオフィスが混んでいたので、面倒クサくなってバスで行くことに。

地下鉄のニューデリー駅は線路をマタイで向こう側にあるので、陸橋を渡って、

プラットフォームを見てみると凄い人だかり!流石に人口世界第二位の国の首都。



地下鉄は新しくて意外とキレイ。自動改札もあるし。が、しかしテロ対策とかで改札前にセキュリティ・チェックがあるのだ。

2つ先の駅チャンドニー・チョウク駅で下車。何と出口の改札では大混雑。自動改札なんて慣れていないなか、使い方が分かってないみたい、インド人。

しかも、インド人て人と人との間の距離が近いのだ。グイグイ押してくる感じで。

後ろのおっさんが太った腹を押し当ててくるので「なに押してるんだよ!(英語で)」と言ったら引き下がったおっさん。

さて、外に出るとのっけからヒンドゥー教寺院が。



大通りチャンドニー・チョウクに出るとリキシャ(自転車式と原動機付きがある)の運転手が声をかけてくるが、そんなにウザくない。お、どうしたインド!? エジプトの方がウザかったぞ。

大通りの乱雑の中を「赤い砦」に向かって歩くワシとコウイチ。道にはゴミが散乱。リキシャやバイクがゴチャゴチャ来るので歩きにくい。



何か後頭部に落ちて来たな、と思ったら鳥の糞!! クソ、糞だ!!!

ティッシュで糞を取り取り除いたけど、手にベットリと糞が…。

幸いしばらく歩くとマックが有って、入り口に手洗い場があったので手洗い。たまにはマックも役に立つ!?



更にチャンドニー・チョウクを進むと「赤い砦」が目の前に。



が、しかし、入り口にはバリケードが。

「え、何、閉鎖中!?」

守衛曰く、インドの首相が来ている、とのこと。3時には入れる、と言っています。



まだ11時。さて、どうやって時間を潰すかな。



ジャマー・マスジットというインド最大規模のモスクがわりかし近くにあるのでそこに行って見ることに。

途中の道はかなりボロい。電線の張り巡らせ具合が素晴らしく芸術的。



ジャマー・マスジットに到着。ここでもセキュリティ・チェック。



セキュリティを越えて、階段を登りモスクの入り口に行くと、

「今の時間はモスリム(イスラム教徒)だけ。4時から一般開放」、と。赤い砦といいなんかツイてないね。

階段の上からの風景。



仕方が無いので、その辺をブラブラ。スゴい混雑。これが普通なんだからね。



やはり電線は芸術的。



さて、昼過ぎですし小腹が減ったので軽く屋台でメシでも。

このチーズ揚げが5個で20ルピー(30円)。その場で揚げてくれるのでアツアツ!



チャイを飲んだりして、時間を潰して3時に赤い砦に戻ってみると、先ほどの守衛が、

「今日は閉鎖。明日また来な!」、と。

うーん、呼ばれていない、っていうことかな。

仕方ないから、宿に戻りその辺をブラブラ。

夜は昨晩「インド滞在中はヴェジタリアンで行けるかも!?」なんて言いましたが、早速肉を。タンドリーチキン!これが旨い。が、しかし、オーストラリアでの方が旨かったなぁ。



コウイチはオクラ丼を。なんか日本的なモノとオクラは思われがちですが、オクラって本当は日本語名じゃないんですよ。オクラは英語名なんです。



日本名は「ネリ」です。外来の食材なんですね。

街を歩いていても、インド人あんまりウザくありません。エジプトで慣れてしまったせいでしょうか!? まだ、デリーだからでしょうか!?

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
今日はツイてないですね。デリー観光はこれにて終わり。明日からムガル帝国の旧都アグラいってきます。
本日も「世界一周」ボタンをクリックして応援をよろしくお願いいたします!!

I am competing in "Round the World Trip Blog Ranking". Please
click the button below!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村 *******************************************************************************************************************************************************

拍手[6回]

Day 877: 2012年12月20日

Kathmandu, Nepal to Delhi, India (Payal Hotel)

83,981km

部屋は電源復旧後も電灯は付きませんでしたが(ヘッドトーチで灯りを確保)、掛け布団が2枚有ったので快眠出来ました。

朝起きたら、やはり停電。ここは首都なんですがねぇ。なので水も流れず。

昨晩買ったパンを齧りながらインドのガイドブックを読んで予習。

空港行のタクシーは10時半に頼んであったので、それまでは暇なので。

あ、そうだ、余ったネパール・ルピーをインド・ルピーに両替しておこう、と思い外へ。

が、しかしインド・ルピーは扱っていないみたいで(何件か回りましたが)、取り敢えず米ドルに換金しておきました。

宿に戻ると丁度シルビアがレセプションでワシが何処へ行ったか訊いているところでした。

彼女はこれからカトマンズから1時間くらい離れた街を訪れるつもり。出発前にお茶でも、ってことで近くでチャイを。

かれこれ2週間行動を共にして来ましたが、今日でお別れですね。

2人のこれからの旅の無事と成功を願い別れました。

さて、もう10時過ぎ、タクシーがやってきたので空港まで向かいます。

結構渋滞していて時間がかかりましたが、早目に向かったので問題なし。

しかし、カトマンズ国際空港、ボロい。本当に首都の国際空港なのか?、と疑いたくなる代物。ハバナの空港よりもボロいかも。

セキュリティ・チェックは厳しいのか甘いのか。何回かチェックが有るくせに、ちゃんとチェックしてない感じ。

ラウンジもショボい。



出発ゲートからバスに乗って飛行機まで。と、思ったらバスは出発して50メートルくらい進んでストップ。そこにはワシが乗る飛行機が…。



今日の飛行機はインドが誇るLCC(格安航空)インディゴ(Indigo)航空。今日は修学旅行のガキが多いですね。インドでも修学旅行に飛行機で外国に行く時代なのですね。



フライトは快適。まぁ、離陸着後に「ガッ、ゴゴゴゴッ!」って凄い音出してましたがね。

約1時間半でインドの首都デリーに到着!51ヶ国目。

さぁ、インドはどうワシを迎えてくれるのでしょうか?

ニューデリー国際空港はカトマンズそれとは打って変わって近代的。

入国審査では多少待たされましたが問題なく通過。

ATMで現金を1万円分くらい出してバスに乗って市内まで。75ルピー(110円くらい)。

凄い渋滞…。



1時間くらいかかってコンノート・プレイスに到着。

早速兄ちゃんが寄ってきますが、スペイン語で撃退。

普通はここでリキシャを拾ってメイン・バザールまで行くのですが、1キロくらいなので歩いてしまいましょう。

真っ直ぐ進めばニューデリー駅なのですが、結構分岐点があるので警官に道を訊きながら進みます。

もう陽が沈み暗くなってきましたが、街は賑やかです。



で、遂にニューデリー駅が見えました。ここで左折すればメイン・バザール。今日の宿はこの先にあります。



そこではエジプトで別れて以来のコウイチが待っていました!



彼女はあれからアフリカを南下。南アから冬の東欧を経て昨日デリー入りしたのです。

丁度腹が減っていたので、夕飯。宿の前のメシ屋でカレーの盛り合わせタリーを。120ルピー(179円)。流石に本場のインドカレー、旨い!ここは肉や魚のメニューは無いので一切が野菜かチーズなのにこんなに旨いとは。素晴らしい。



ワシは肉が大好きなので、絶対菜食主義者にはなれない、と思っていますが、インド滞在中だけなら肉無しで行けるかも!?

今日は初日で空港から宿までしか移動していないのでなんとも言えませんが、ネパールで多少ヒンディー文化に触れていたせいか、あんまりインドに違和感を感じません。

まぁ、この感触は明日打ち砕かれるかも、ですが。

宿に戻りコウイチと明日以降の計画を練るのでした。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
さぁ、来てしまいました、インド!好きになるか、嫌いになるか、のどちらかしか無い、とよく聞きます。さて、ワシはどっちだ!?
本日も「世界一周」ボタンをクリックして応援をよろしくお願いいたします!

I am competing in "Round the World Trip Blog Ranking". Please
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村 *******************************************************************************************************************************************************

拍手[2回]

  
フリーエリア
一日一回クリックするとランキングがあがります! よろしくお願いいたします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



View Europe in a larger map
カレンダー
12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
New Comments 最新コメント
[04/20 Yoshi]
[09/01 NONAME]
[02/07 室橋一也]
[02/04 Yoshi]
[02/03 Yoshi]
カウンター
プロフィール
HN:
三郎
性別:
男性
職業:
革命家
趣味:
バイク・旅
自己紹介:
オーストラリアに移住して16年。遠く南の大陸から母国日本を眺めてみて危機感を感じてはや16年。なにか出来ないものかと考えて考えて、ようやく自分で行動することに数年前に思い当たる。とりあえず自分が出来ることから始めよう!ってことで、革命軍M-26-Julioをシドニーで結成。
誰かが世の中変えるのを待ってるだけじゃなく、自分で社会に貢献できることから始めよう。
世界を旅しながら色々な人と出会い革命の輪を広げていきたい。
2010年からおやすみ羊とBMW R1200GSで世界一周中!

Hasta la victoria siempre, Patoria o Muerte!

現在の愛車:BMW R1200GS 「Esperanza de la Tora」(世界一周)、 SUZUKI DR650SE 「孫市」(オーストラリア一周)
過去の愛車:Buell XR12R Firebolt, Yamaha FZ1, Yamaha TRX850, 、HONDA XR250R, Suzuki XF650 Freewind, Yamaha XV250 Virago
ブログ内検索
バーコード
Copyright ©  -- M-26-Julio 羊とめぐる冒険 BMW R1200GSで世界一周の旅 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]