忍者ブログ

三郎とおやすみ羊のBMW R1200GSで世界一周の大冒険

   
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Day 866: 2012年12月9日
 
Pokhara to Kathmandu (Cherry Gesthouse)
 
83,981km
 
さて、シルビアの護衛役として急遽カトマンズにトンボ返りする事になった三郎です。
 
朝早く起きて、7時半のバスに乗り込みます。道中は、まぁ暇なのでシルビアと閑談したり、居眠りしたり。
 
話せば話すほどシルビアは魅力的な女性です。ただ美しいだけじゃなく、物事をしっかり考えていますし、好奇心も大勢。ワシの理想のタイプ。
 
が、しかし、彼女には長年付き合っている彼氏がいて、インドに行くのも彼と年末を一緒に過ごす為なのです。
 
だから、言っておきますが、ヤマシイ心は全然無いんですよ!
 
往路と同じく復路も2度休憩。昼メシにビリヤーニ(インド式ピラフ)を。旨いけど、オーストラリアのビリヤーニの方が旨かったな。



 
バスはカトマンズに向けて順調に進み3時前には到着。
 
一度来た街なので、多少かってがわかりますね。タメル地区まで歩いて、サクラ・ハウスで紹介されたチェリー・ゲストハウスに。
 
しばらく休憩してから、街に繰り出します。わりかし近くにヒンドゥー寺院広場があるというので、行って見ましょう!
 


広場に到着して、写真を撮っていると、おっさん二人が声をかけて来ました。「折角だから、ただ見るだけじゃなく、ガイドと一緒に見て回って知識を得ないか?」、と。
 
先日ウーガンが別の寺院でいろいろ説明してくれたし、シルビアもワシもガイドは要らないと断ったのですが、なかなかこのおっさん、話が上手。
 
 
あの手この手でワシらを引き込んで行きます。
 
普通なら「しつこい、ウザい」ってなるところですが、不快にさせないんですね。このおっさん、出来るな。
 
ここまで来たらおっさんにガイドしてもらいたくなりました。ガイド料は二人で800ルピー(800円)だというし。
 
おっさん曰く、ここはヒンドゥー寺院の中でも特別な場所みたいで、なんとクマリが住んでいるのです。
 
お、クマリね。生き神様ね。そうかぁ、ここに居るのか、クマリは。しかも今夕暮れ時にクマリは顔を見せてくれるそうで、早速クマリの館へ行ってみました。
 
写真撮影は禁止されているので、クマリの写真は無いですが、まぁ、普通の7歳児にしか見えません。
 
まぁ、それはともかくおっさんの説明が面白い。この人は今まで出会ったどんなモノ売り・ガイドの中でも断絶セールスが上手い。感心させられます。

 
 
日が沈み、ロウソクの光で照らされる寺院は神秘的でした。


 
おっさんのツアーに参加してよかった。おっさんのトークに敬意を表して、思わず1000ルピー払っちゃいました。
 
さて、夕飯はネパール料理の盛り合わせ。
 

これが旨いんだけど、辛い!! ワシもシルビアも辛いのは強い方なんですが、中々手強い一品でした。
 


 
さて、明日は月曜日。朝一でインドビザを申請して、ポカラに戻りましょう。
 
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ワシもウンザリしたインドビザ申請。果たして無事にシルビアは申請出来るのか!?
本日も「世界一周」ボタンをクリックして応援をよろしくお願いいたします!!
 
I am competing in "Round the World Trip Blog Ranking". Please click the button to make my blog No.1!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 *******************************************************************************************************************************************************

拍手[3回]

PR
Day 865: 2012年12月8日
 
Kathmandu to Pokhara (Sakura House)
 
83,981km
 
昨日は結局部屋は変えられず、またあの臭い部屋で寝る事に。お湯は相変わらず出ないので、2日間シャワーも浴びられず。ネットもつながらないし。
 
もともとドミの300ルピー部屋を予約してたのですが、行ってみると、ドミは空いていないと。だから個室をあてがわれたんですね。しかも300じゃなくて450。
 
しかし、トイレは流れないし、お湯は出ないわだから、部屋代を安くするようにレセプションに言いましたが、「ボスがいないから、わからない。」の一点ばり。
 
「じゃあ、電話して聞いてみろ!」と言ったら、電話している振りをして、「電話にでんわ」と。
 
この宿(Hotel Silver Home )は本当に最低ですね。
 
今朝は7時のバスでポカラ行きなので、7時前に宿を出ます。当然ボスはいないので、一泊450ルピーは変わらず。
 
しかも、「お釣りがないから、お釣りは戻って来た時に渡す」、と!「ふざけるな!誰がこんな所に戻って来るか!」、と。
 
そうしたら、シブシブ他の店にお釣りを取りに行きました。
 
結局バスには間に合い、ケンさん、シルビア、そしてワシ一行はポカラに向かったのです。
 

 
たまたまケンさんの横に座っていたのが日本人の大学生のソウ君で彼も私等に参加する事に。
 
それにしても、道が悪い。ネパールのインフラはボリビア以下ですね。
 
カトマンズから谷を降りて行きます。渓谷の風景はなかなかのモノです。
 
川で洗濯をしていらる現地の人々がいたり。のどかですね。
 
2回の休憩があり、メシを食べたり、トイレに行ったり。



 
7時間かかって200キロ先ポカラに到着。


 
ケンさんが3ヶ月前に滞在していたサクラ ハウスに。
 
ここサクラ ハウスは大の親日。オーナーのラックスマンさん始め息子のタツヤ、そしてスタッフ。皆日本が大好き。ラックスマンさんとタツヤはかなり日本語が上手。
 
実はタツヤは来月から福岡に留学することが決まり、ケンさんはお祝いに駆けつけたのです。しかもケンさんが来ることは秘密にしてたんです。
 
だから、ケンさんを見たときのタツヤの喜びよう!しばらく閑談してからチェックイン。
 
遅めの昼メシを食べて、ポカラの街をブラブラしてから、ラックスマンさんやタツヤたちと会話。
 
そこで、シルビアがカトマンズでインドビザが取得できる事が分かったので、急遽明日カトマンズに戻り月曜日の午後にポカラに戻って来る事になりました。
 
ツーリストバスは朝7時か7時半のみ。行はいいのですが、帰りはローカルバスに乗らなければいけません。
 
で、彼女みたいな美人独りでローカルバスに乗せるのは危険、という事になり、ワシが護衛役としてお供することに!
 
なので、明日は早起きして、カトマンズにトンボ返りします!
 
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ウーガンとの再会最高でした!! 
本日も「世界一周」ボタンをクリックして応援をよろしくお願いいたします!!
 
I am competing in "Round the World Trip Blog Ranking". Please click the button to make my blog No.1!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 *******************************************************************************************************************************************************

拍手[3回]

Day 864: 2012年12月7日

Kathmandu (Hotel Silver Home)
 
83,981km
 
ワシらの部屋はカビ臭いし、なんか湿っぽいし、トイレは流れないし、お湯は出ないわでかなり最悪。しかも寒い!!
 
なので他の部屋に変えてもらうように交渉しましたが、「空きが出ればね」、との応え。
 
しばらくラウンジでネットをしてたらウーガンがやって来ました!!
 
13年ぶりの再会!! あんまり見た目は変わってないですね、ウーガン。

 
早速地元民が行く飯屋に朝飯を食べに。
 
シンプルなんですが、これが美味しい。

 
 
で、何とウーガンがベジタリアンになってたんです!! 大学時代は「野菜は身体に悪い」なんて言っていたのに!
 
「酒もタバコも止めたよ。」とウーガン。
 
「え、まさか!?」、とワシ。
 
ウーガンは出家こそしていないですが、仏門に帰依しているのだそう。
 
「もう5年になるかな。元々前世では僧侶だったんだよ。で、今世でも僧侶になるハズだったのだけど、入るべき寺院がチベットにあって、中国が支配しているから両親が心配して俺を普通の学校に入れたんだよ。」
 
「だから、今元の道に戻って来た、ということなんだ。」、とウーガン。
 
元々天才的閃きをたまに見せるウーガンでしたが、仏教の叡智を加えた彼は当に聖者の風格を帯び始めていました。
 
大学ではウーガンはやなり異彩を放っていて、殆ど勉強もしないので、他の留学生はウーガンとあまり交際はなかったのですが、ワシとケンとワシの元カノのジルはウーガンが好きでよくつるんでいたのです。
 
ウーガンも大学時代の仲間で覚えてるのは上記の三人とヴェトナム人のドンだけだ、といってました。
 
まぁ、兎に角博打は打つは、深酒するは、タバコは一日五箱吸うは、草は吸うは、野菜は食べないはで、まあ、ダメ学生の権化だったんですね。
 
それ彼が聖者になろうとしてる。180度方向転換しましたが、なんかわかるような気がしたんです。彼にはそんな「徳」があるんですよね。
 
仏教の智慧や叡智を語る彼ですが、ところどころにイタズラ好きなかれ、ユーモアも見られて、「やっぱりウーガンだぁ。」と。
 
以前の彼も、今の彼も大好きです。
 
一旦宿に戻り、ようやく起きてきたシルビアとローランドと合流して、ウーガンの運転で、カトマンズの見所を案内してもらいました。
 
先ずは、「モンキー・テンプル」。
 


この山には沢山の猿が住んでいるので、この名前がありますが、頂きには、ストゥーパ(仏塔)があります。


 
階段を登っていくと、チベット仏教スタイルの仏塔が。

 

仏塔のなかには、天然石英の仏塔があるそうです。


 
ここでしばらくウーガンが仏教の世界観、教えなどをわかりやすく説明してくれます。


 
カトリック教徒のシルビアには結構理解できない考え方でしょうが、彼女も興味深く聞き入っていました。


 
さて次は王宮跡へ。カトマンズには3つの王朝がかつてあって、その一つなのですが、一番保存状態がいいとのこと。


 
プラザには王宮やヒンドゥー寺院などが配置されています。

 
建築様式も独特でネパールでしか見れないとか。
 

 
特に窓枠などの彫刻が素晴らしい。
 

 
腹が減ったので、ここで昼メシ。現地民にも有名な飯屋にて、ネパール伝統料理を。

本当に地元の店って感じでしょ。
 
 
 
メシも変っているけど、旨い!!


 

 
しかも安い!!
 
腹を見たしたら、再び王宮を散策。ウーガンがちゃんと説明してくれるので、本当に興味深い。
 

 
シルビアは本当に美人!!

いやぁー、お嫁さんに欲しい。

 
さて、次はネパール最大のストゥーパへ。
 
 
 
ウーガンの一族はこのストゥーパ周辺が本拠地だそうです。
 
600年ほど前にチベットの悪王を倒し、チベットからネパールに逃げて来たのだそうです。
 
ヒラリー卿と共に史上初エベレスト登頂に成功したテンジン・ノルゲイは彼の大大叔父だそうです。
 
ここは仏教の聖地。多くの信者が巡礼するみたいです。
 

 
それにしてもシルビア、美しい!
 


 

ストゥーパの目の前にあるチベット族伝統料理を出す店で夕飯。どの一品も旨い!! 流石ウーガンのオススメ。
 
ここでも色んな話をしました。大学時代の話し、ヒマラヤの話し、仏教の話し。
 
本当にウーガンと再会出来て嬉しいです。
 
たまたま今は妹さんが臨月で、ご両親が病気なのでカトマンズに出て来てるのですが、また人里離れた場所で修行するそうです。
 
また今度いつ会えるかわかりませんが、次に彼に会うのが楽しみです。グル・リンポチェとよばれる聖者になっているかもしれません。
 
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ウーガンとの再会最高でした!! 
本日も「世界一周」ボタンをクリックして応援をよろしくお願いいたします!!
 
I am competing in "Round the World Trip Blog Ranking". Please click the button below!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 *******************************************************************************************************************************************************

拍手[1回]

Day 863: 2012年12月6日
 
Kuala Lumpur to Kathmandu (Hotel Silver Home)
 
83,981km
 
さて、ネパール行きますか。KLセントラルからバスで国際線LCCターミナルへ。
 
チェックインを済まし、早目の昼メシを食べて、搭乗ゲートへ。
 
なんと、ネパール人が行列をつくってます! ネパール人がこんなに海外旅行をしてるのにはちょっとビックリ。
 
飛行機も大型ですね。


 
機内は満席ですが、嬉しいことに隣はポーランド美女のシルビア。が、しかし、彼女は直ぐに寝てしまったので殆ど話せませんでした…。
 
さて、ワシも寝るか。
 
しばらく寝ていたら、機内がザワザワしだしました。
 
何だ?、と思っていたら、ヒマラヤが見えると。
 
ワシ反対側にいたので、右舷に行って写真を撮らせてもらいました。

 
あんまりハッキリとは見えませんね。
 
で、カトマンズ到着!飛行機の上からでも空気が汚染されているのがわかります。
 
入国にはビザが必要で、15日間で25米ドル。入国手続き中にシルビアと話す機会があり、同じ宿に行くことに。やったね!!
 
カトマンズ国際空港は本当にボロい。何も無い。ATMも一台だけだし。
 
 
ワシはここでエジプトてわ一緒だったケンさんを待つのです。ケンさんの飛行機が到着するまで、あと2時間。ベンチに座って一緒に待ってくれるシルビア。カワイイでしょ!

 
ケンさんは5時半ごろ到着。陽が暮れると肌寒くなりますね、カトマンズ。
 
タクシーで予約してあった「Hotel Silver Home」へ。何故かオーストラリア人のロッドも一緒に行くことになり4人で宿へ。
 
宿はボロいですが、まあ、いいでしょ。
 
皆で夕飯!イェーイ!!
 

 
カレーが旨い!!
 

 
で、何とエクアドルのダニエルもカトマンズにいる事が発覚!しかも、オーストラリアの大学時代の仲間ウーガンともコンタクトが取れたので、明日は忙しくなりそうだ。
 
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
50ヶ国目、ネパールに入りました。かなりボロいです。ボリビアみたいです。ワクワクしますね!!
本日も「世界一周」ボタンをクリックして応援をよろしくお願いいたします!!
 
I am competing in "Round the World Trip Blog Ranking". Please click the button to make my blog No.1!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 *******************************************************************************************************************************************************

拍手[2回]

  
フリーエリア
一日一回クリックするとランキングがあがります! よろしくお願いいたします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



View Europe in a larger map
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
New Comments 最新コメント
[04/20 Yoshi]
[09/01 NONAME]
[02/07 室橋一也]
[02/04 Yoshi]
[02/03 Yoshi]
カウンター
プロフィール
HN:
三郎
性別:
男性
職業:
革命家
趣味:
バイク・旅
自己紹介:
オーストラリアに移住して16年。遠く南の大陸から母国日本を眺めてみて危機感を感じてはや16年。なにか出来ないものかと考えて考えて、ようやく自分で行動することに数年前に思い当たる。とりあえず自分が出来ることから始めよう!ってことで、革命軍M-26-Julioをシドニーで結成。
誰かが世の中変えるのを待ってるだけじゃなく、自分で社会に貢献できることから始めよう。
世界を旅しながら色々な人と出会い革命の輪を広げていきたい。
2010年からおやすみ羊とBMW R1200GSで世界一周中!

Hasta la victoria siempre, Patoria o Muerte!

現在の愛車:BMW R1200GS 「Esperanza de la Tora」(世界一周)、 SUZUKI DR650SE 「孫市」(オーストラリア一周)
過去の愛車:Buell XR12R Firebolt, Yamaha FZ1, Yamaha TRX850, 、HONDA XR250R, Suzuki XF650 Freewind, Yamaha XV250 Virago
ブログ内検索
バーコード
Copyright ©  -- M-26-Julio 羊とめぐる冒険 BMW R1200GSで世界一周の旅 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]