忍者ブログ

三郎とおやすみ羊のBMW R1200GSで世界一周の大冒険

   
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

コリカンチャとピサック遺跡(これはマチュピチュカか?)!! / Quoricancha and Pisac (Is this Machupicchu!?)!!
Day 349: 2011年7月8日

Cusco (Hostel Estrellita)
37,222km

いやー、今日は疲れましたが、充実した一日となりました。

DSCF6631.jpgDSCF6635.jpgDSCF6642.jpg




DSCF6643.jpgDSCF6644.jpgDSCF6648.jpg




DSCF6655.jpg先ず朝コリカンチャ宮殿跡へ(サン・ドミンゴ寺院)。ここはパチャクテック(たぶん)が建てた宮殿跡でスペインに征服される前は黄金で覆われていたそうです。やはりインカの石ブロックは素晴らしいですねぇ。これを破壊してグロテスクな寺院を建てたカトリックはやはり嫌いですね。

DSCF6663.jpgDSCF6664.jpgそれからバスに乗ってピサク(Pisac)遺跡へ。1時間バスに揺られてピサックの街へ。昼飯を食べて、さて遺跡は何処かいな? タクシーに値段を聞いたのですが「20ソル」とぬかすので歩いていくことに。ちょっと歩くと2人組みの兄ちゃんが山から降りて来たので「遺跡までどのくらい?」と訊いたら、「一時間くらいだよ」と爽やかに答えるので、なめきって山を登り始めました。

DSCF6666.jpg道路からそれて山道を行きます。それが長い長い。道路に出ると登りは緩やかになりますが、長い・・・。羊とヤギの群れに遭遇したり。2時間かけてようやく遺跡へ。



DSCF6672.jpgDSCF6673.jpgDSCF6680.jpg




DSCF6681.jpg最初は来たことを後悔してたイド氏とワシですが、遺跡を見るにつれ、「来た甲斐があった!」と変わっていきました。ピサック、マチュピチュを超えているかも。観光客は少ないし、山の頂に石組みの遺跡、段々畑、水路、なかなかの景観です。この遺跡が有名じゃないのが不思議くらいですね。マチュピチュに比肩するんじゃないでしょうか。

DSCF6670.jpg遺跡と遺跡の間が結構離れているのでしばらく歩くと「またあった!」という驚きもありますね。下を見るとワシ等が登って来た道が見えます。よく登ったなぁ。通ってきた村々が遥か下界に見えます。


DSCF6682.jpgDSCF6685.jpgDSCF6690.jpg




DSCF6687.jpgDSCF6692.jpgDSCF6697.jpg




DSCF6700.jpgDSCF6703.jpgDSCF6710.jpg




DSCF6710.jpg面白いのがインカの整った石組みと野面積みみないに粗い石組みの建造物が見られることですね。時代が違うのか、それともプレ・インカの遺跡にインカが上乗せしたのか。それにしても、こんなに険しい所に居住するのは大変ですね。段々畑もかなり下のほうまでありますし。行き来するのが大変そう。

DSCF6716.jpgDSCF6723.jpgDSCF6728.jpg




DSCF6742.jpgしかも周りの景色もいいですねぇ。見晴らし台とかあったり。防御にも力を入れていたのでしょうか。しかし、2時間もかけて登ったので疲れきったワシ等。遺跡全部見る体力は残されていませんでした。この遺跡、かなり広いんです。

DSCF6739.jpg帰りは裏口へ降りる道を。段々畑を降っていきます。しかしかなりの急勾配。登りはキツイだろうなぁ。降りているとピサックの街が見えてきました。本当に良く登ったものだ。



DSCF6748.jpgピサック、クスコからバスで2.4ソル(1ドル以下)。ピサック村から歩いて2時間(裏口からだと登りは急勾配ですが時間は短縮できそうです)、最高です。周遊券で入れますしね。裏口から入るとタダですが。ここはお勧めです!!

バスでクスコに戻りもうクタクタ。夜はマサさんも誘ってアンティクーチョ屋コンドリートにて。明日はオジャンタイタンボまでコレクティーボで行ってそこからマチュピチュ村(アグアス・カリエンテス)まで電車(37ドル!!)。そこで1泊し日曜の早朝にマチュピチュに行きます。

しばらくネットにつながんないので、マチュピチュの報告はクスコに帰ってきてからになります。お楽しみに!!



Day 349: 08 JUL 2011

Cusco (Hostel Estrellita)
37,222km

Today Jose and I visited Quoricancha and the ruins of Pisac. 

Quoricancha was a palace built by Pachactec (I guess), covered by gold.... It was destroyed by Conquistadores and San Domingo Chrch was built on top.

The quality of Inca Blocks here was exquisite. Very impressive. I was very sad to see the amazing building was demorished and ugly church was built on top. 

Then we caught a bus to Pisac (2.40 Soles). It took one hour to get to the town of Pisac. We had lunch there and started to walk to the ruin. We asked a taxi driver the price anyway, but he said "20 Soles", so we walked up the mountain.

We met 2 guys coming down and we asked how long it would take to the ruins. hey saud "1 hour.". They did not look tired, so we thought it could be an easy walk up. But it wasn't. It took us 2 hours to get to the entrance of the ruins. We could see the road and trail we came up really really far down from the ruins...

We were so exhausted, we thought it wasn't worth visiting the ruins of Pisac, but  as we explored more, we were inpressed with the amazing views of the ruins. 

Pisac was just like a small Machu Picchu. The buildings were not as great as those of Machu Picchu (I reckon), but the terrances were very very nice. The mountains surrounding the site were beautiful as well. We liked there . We wondered why this site isn't as famous as Machu Picchu. We called it "The poor man's Machu Picchu".

The main complex of the site was pretty neat. Those stone blocks were in high quality. But why those Incas chose to live up on the hill. It wouldbe hard to go up and down everyday. It might be the security reason, but Incas were the strongest ones in Andes, no?

We found the way going down to the town of Pisac. We could see the town down there. The site was built really high up the mountain. The terrance farms were everywhere. Some even reached to the bottom of the mountain. Very impressive.

We took a collectivo back to Cusco (2.4 Soles). Tomorrow we go to Aguas Calientes (Machu Picchu Pueblo). The train from Ollantaytambo to Aguas Calientes cost US$37! Very expensive.

拍手[3回]

PR
  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
え?
続く・・・・っていつもより短いんだけど・・・。
後ろからつつかれちゃったのか?
  • かおる さん |
  • 2011/07/09 (10:16) |
  • Edit |
  • 返信
かおるさんへ
いえ、腹が減ったんでメシ食いに行ってきました。明日オジャンタイタンボ、アグアス・カリエンテスに行って日曜日マチュピチュです。
  • 三郎 さん |
  • 2011/07/09 (10:21) |
  • Edit |
  • 返信
マチュピチュ
馬で行く方法がありますよ。
  • 三馬力 さん |
  • 2011/07/12 (07:54) |
  • Edit |
  • 返信
三馬力さんへ
歩いたり、馬で行ったり、いろいろ方法あるんですが、簡単な方法で行きました。でも正解かも。ワイナピチュ登り、キツカッタです。
  • 三郎 さん |
  • 2011/07/12 (09:25) |
  • Edit |
  • 返信
TRACKBACK

TrackbackURL

フリーエリア
一日一回クリックするとランキングがあがります! よろしくお願いいたします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



View Europe in a larger map
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
New Comments 最新コメント
[04/20 Yoshi]
[09/01 NONAME]
[02/07 室橋一也]
[02/04 Yoshi]
[02/03 Yoshi]
カウンター
プロフィール
HN:
三郎
性別:
男性
職業:
革命家
趣味:
バイク・旅
自己紹介:
オーストラリアに移住して16年。遠く南の大陸から母国日本を眺めてみて危機感を感じてはや16年。なにか出来ないものかと考えて考えて、ようやく自分で行動することに数年前に思い当たる。とりあえず自分が出来ることから始めよう!ってことで、革命軍M-26-Julioをシドニーで結成。
誰かが世の中変えるのを待ってるだけじゃなく、自分で社会に貢献できることから始めよう。
世界を旅しながら色々な人と出会い革命の輪を広げていきたい。
2010年からおやすみ羊とBMW R1200GSで世界一周中!

Hasta la victoria siempre, Patoria o Muerte!

現在の愛車:BMW R1200GS 「Esperanza de la Tora」(世界一周)、 SUZUKI DR650SE 「孫市」(オーストラリア一周)
過去の愛車:Buell XR12R Firebolt, Yamaha FZ1, Yamaha TRX850, 、HONDA XR250R, Suzuki XF650 Freewind, Yamaha XV250 Virago
ブログ内検索
バーコード
Copyright ©  -- M-26-Julio 羊とめぐる冒険 BMW R1200GSで世界一周の旅 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]