忍者ブログ

三郎とおやすみ羊のBMW R1200GSで世界一周の大冒険

   
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

マチュピチュ!! / Machu Picchu!!

Day 351: 2011年7月10日

Aguas Calientes to Machu Picchu to Aguas Calientes (Hostal Number One)
37,222km

DSCF6772.jpgさて今日はあのマチュピチュにい行く日。南米北部のハイライトです。
朝3時半に起きるつもりが起きたのは4時半。バスの始発は5時半なのですが、すでに行列が出来ています。

一体何人並んでいるのだろう? この他に朝早くから歩いている人がいるので、400人以上先客がいるみたいですねぇ。バスのチケットは昨日既に買っていて、片道22ソル。高いですねぇ。

5c4d54cb.jpegバスに乗り込んだのは6時前。まだ朝日は昇ってません。それからマチュピチュまで山を登っていきます。九十九折の登り道。上まで上がるとマチュピチュの一部が見えてきます。25分でマチュピチュの入り口まで到着。

DSCF6767.jpgマチュピチュの入り口には「マチュピチュ・サンクチャリ・ロッジ」という馬鹿高いホテルがあります。1泊700ドル以上から。しかし、遺跡の横というか、「遺跡内ですよね、ここ」、という場所にこんなの建てていいのかなぁ。

DSCF6776.jpgDSCF6778.jpg入り口でも行列が出来てます。かなり待たされてようやくマチュピチュ内へ。イド氏と相談していちおうワイナピチュ登り口まで言ってみよう、といくことになり目指します。

DSCF6780.jpg登り口で400人限定チケットを配っていると聞いたいたもので。遺跡内を突っ切ります。それにしても、マチュピチュ、イイですねぇ。かなりの人がワイナピチュを目指さずに写真を撮ったりしてます。これはチャンス有り、か!

しかし!ワイナピチュ登り口で行列に並んで待っていると、「スタンプが無い人は駄目だよ」と。どうも遺跡入り口で先着400人にスタンプが押されるそうです。なるほど、だからスタンプを押してもらった人は余裕で写真を撮っていたんだな…。

7時の部と10時の部で200人ずつ。もし8時までに200人来なかったら余った人数は入れるそうです。まだ望みはある、ということですね。

DSCF6785.jpg8時近くになってまだ180人くらいしか来てないそうです。しかしワシらの後ろに並んでいる人は係員に文句を言ったりしてます。説明不足だと。うーん、君らの言うことも分かるけど、一応そういうルールなんだよ…。

で、8時20分頃になってようやくスタンプ無しに順番が廻ってきました! イド氏は189番、ワシは190番、ギリギリでしたね。

DSCF6791.jpgDSCF6796.jpgワイナピチュを登り始めます。マチュピチュを見下ろす感じになるんですが、イイですねぇ。これは待った甲斐があります。しかし登りは結構キツイ。40分くらいで頂上に到着。ここにも遺跡があるんです。インカ、凄いなぁ。

DSCF6803.jpgDSCF6815.jpgマチュピチュを見下ろし、周りには雪山。絶景かな。これは多くの観光客が来たがるはずです。ワイナピチュに登れてよかったぁ。しばらく頂上で休憩。持ってきたお菓子を食べます。


DSCF6820.jpgそれからマチュピチュに戻る、という手もあったのですが、ぐるっと廻るコースを。あと1時間半かかるそうです。



DSCF6826.jpgDSCF6827.jpgDSCF6829.jpg




これが失敗。最初かなり降りて行って、また上るんです。暑いし。大したもの見れないし。ここで無駄な体力を使ってしまいました。

DSCF6833.jpgDSCF6839.jpgマチュピチュに戻ると、まずは休憩。それから遺跡を堪能しました。マチュピチュ、いいですねぇ。


DSCF6862.jpgDSCF6846.jpg太陽を溜める石(インティアウナ)とか、神殿とか。イイですねぇ。建築的にはサクサイワマンの方がワシは好きですが、このロケーションはズルイ。

DSCF6871.jpgDSCF6906.jpgきっちりとインカ・ブロックを使った建物もありますが、ただ単に石を積み上げたものもあります。水路があり水が流れてますが、水源にはホースで水を引いてました。

段々畑も見事ですな。十分にマチュピチュを堪能できました。

DSCF6961.jpgDSCF6937.jpg1時ごろになって、お腹も空いたし、疲れたしで帰ることに。トイレは入り口の外にしかありません。使用料1ソル。売店や自動販売機でインカ・コーラが10ソル(3.5ドル)。日本の観光地よりもボッタクリです。

バスでアグアス・カリエンテスまで帰り、中華の昼飯。カフェで珈琲の飲んで、街をブラブラ。

夜は飯屋でアルパカ・ステーキ(まぁ、肉は薄いですが)を10ソルで。本当にアルパカ肉なのかは分かりませんが、牛肉よりもあっさりした赤みで、やわらかくで美味しいです。ラクダの親類なのでよくにた感じですね。

ブラブラしていたら大雨が降ってきました。土産屋街で雨宿り。
ちょっと食べたり無かったので中華でチャーハンを。ここのチャーハンは今まで食べた中で最悪ですな…。「Chifa Taypa」という店。行かないほうがいいです。

今日は疲れきったので、早めに寝ました。明日はオジャンタイタンボまで電車で行き、遺跡を見学してからコレクティーボでクスコに帰ります。


Day 351: 10 JUL 2011

Aguas Calientes to Machu Picchu to Aguas Calientes (Hostal Number One)
37,222km

Today I visited Machu Picchu, it's the highlight of the northern part of South America.

Jose and I supposed to wake up at 3:30am, but we woke up after 4:30am.... By the time we got to the bus stop, there was a long long queue. It looked like we missed out first 400 people for Waynapichu climb.

The first bus left there at 5:30am. We got on a bus just before 6am. On top of those people before us, there should be many people walking up to Machu Picchu. The bus ticket cost 22 Soles one way (US8). It'S very expensive.

The ride to the entrance was 25mins. There was a long long quue again in front of the entrance.... I wondered how many people would be visiting Machu Picchu a day. I heard 2,000+visitors a day. It could be more.

There was a hotel "Machu Picchu Sanctuary Lodge", just in front of the entrance. Here is already inside of teh ruins of Machu Picchu. It was suprising that the gorvernment and UNESCO allowed to construct such hotel there. The room cost from US$700 a night.

The gate was opened at 6am, but we got inside around 7am. It was stil dark (the sun was behind those mountains), but the scenery was great. So many people was taking photos. So we thought we might have a chance to grave the spots for Waynapichu, so we hurried to the entrance to Waynapichu.

There was a queue, again... but wasn't that long. We lined up there and waited for our turn, hoping we could get the spots. But just before our turn, we heard that if we did not have a stamp on our ticket, we missed out the spot... That was unexpected. What we heard before was we could get a ticket (first come, first served) at the entrance of Wayapichu. But the reality was the first 400 entered Machu Picchu got a stamp on ther ticket to climb up Waynapichu.

But we still had a chance. There were 2 sections, 7am and 10am, and 200 people for each section allowed to climb up Waynapichu. So by 8am, less than 200 people with stamp turned up, we might grave the spots left.

Then we got ones! Jose got 189th spot and I got 190th! We were lucky! The climb was a little hard (30-40mins climb), but the view from Waynapichu was magnificent!! It's worth climbing up there. What surprised me was there were ruins on the top of Waynapichu. I wondered how those Incas carried stone blocks.

We could look down Machu Picchu and could see snow capped mountains surrunding the site. Very very beautiful. No woner, lots of people want to visit here.  

We had a little rest on the top of Waynapichu. Had snack bars there. We could go back to Machu Picchu (going back the same route) or taking the long loop back to Machu Pichu (2.5 hours walk). We took the long one. And it was a wrong choice... There wasn't much to see and very very tiring.

Finally we came back to Pachu Picchu. We had to take a rest before exploring the ruins. 

Machu Picchu was very impressive. The quality of stone craft was better in Saqusaywaman, but the set up of the ruins was much better here. Even though we were very very exhaused, we had great time in Machu Picchu. 

One thing we did not like was (as everyone feel the same, probably) the number of tourists visited there. That spoiled the atmosphere.  

Around 1pm, we where so exhaused and hungry, so we decided to head back to Aguas Calientes. Toilets were only located outside of the entrance and it cost 1 Sol to get in. A can of Inca Kola cost 10 Soles... What a rip off....

We took a bus back to Aguas Calientes, and had Chinese for lunch. We took a rest at a cafe, then we had a break back in the hostel.

We had Alpaca steak for dinner (10 Soles). The portion wasn't enough, but the meat was tender and taste good. We had the second dinner at another Chinese restaurant "Taypa", it was the worst chinese meal ever!!

Tomorrow, we catch a train back to Ollantaytambo, explore the ruins of Pllantaytambo, then catch a Collectivo back to Cusco.

拍手[3回]

PR
  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
TRACKBACK

TrackbackURL

フリーエリア
一日一回クリックするとランキングがあがります! よろしくお願いいたします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



View Europe in a larger map
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
New Comments 最新コメント
[04/20 Yoshi]
[09/01 NONAME]
[02/07 室橋一也]
[02/04 Yoshi]
[02/03 Yoshi]
カウンター
プロフィール
HN:
三郎
性別:
男性
職業:
革命家
趣味:
バイク・旅
自己紹介:
オーストラリアに移住して16年。遠く南の大陸から母国日本を眺めてみて危機感を感じてはや16年。なにか出来ないものかと考えて考えて、ようやく自分で行動することに数年前に思い当たる。とりあえず自分が出来ることから始めよう!ってことで、革命軍M-26-Julioをシドニーで結成。
誰かが世の中変えるのを待ってるだけじゃなく、自分で社会に貢献できることから始めよう。
世界を旅しながら色々な人と出会い革命の輪を広げていきたい。
2010年からおやすみ羊とBMW R1200GSで世界一周中!

Hasta la victoria siempre, Patoria o Muerte!

現在の愛車:BMW R1200GS 「Esperanza de la Tora」(世界一周)、 SUZUKI DR650SE 「孫市」(オーストラリア一周)
過去の愛車:Buell XR12R Firebolt, Yamaha FZ1, Yamaha TRX850, 、HONDA XR250R, Suzuki XF650 Freewind, Yamaha XV250 Virago
ブログ内検索
バーコード
Copyright ©  -- M-26-Julio 羊とめぐる冒険 BMW R1200GSで世界一周の旅 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]