忍者ブログ

三郎とおやすみ羊のBMW R1200GSで世界一周の大冒険

   
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

海、砂漠、そして氷河を頂く山脈へと / From surf, desert, and glacier mountains
Day 335: 2011年6月24日

Huanchaco to Huaraz (Jo's Place)
35,004km to 35,375 = 371km

DSCF6177.jpg今日は多少咳が出ますが大分調子いいです。8時には出発の準備完了。先ずは太陽と月の神殿(Huaca del Sol y de la Luna)。 モチェ文化が残した遺跡です。モチェはチャンチャンを残したチムー王国の前身です。日干し煉瓦で造られた巨大ピラミッド的神殿です。トルヒーヨの南に位置してます。

DSCF6106.jpgDSCF6107.jpgDSCF6108.jpg





DSCF6109.jpgそれにしても看板が出てないので分りづらいです。何回か聞いてようやく到着。太陽の神殿は原形をとどめることなく崩壊してますが、その巨大さは伺われます。登っていくと、作業員が「ここは観光できないよ。月の神殿と博物館は見れるからそっちに行きなさい」と。修復中なのですかね、それとも発掘中なのか?

博物館と月の神殿12ソル。博物館内は撮影禁止。しかし土器などいろいろ面白いデザインのものが多いです。アザラシとかもあります(エルニーニョの時は魚が減るのでアザラシが網を破って魚を食べてしまうのでアザラシを棍棒で撲殺していたらしい)。モチェの土器、好きですねぇ。表情が豊かです。

DSCF6112.jpgDSCF6121.jpgDSCF6123.jpg





DSCF6125.jpgそれから月の神殿へ。これも規模がデカイ。日干しレンガ造りなのですが、まだ極彩色のレリーフが残っていたりと保存状況は良好。これは面白いものを見せてもらいました。


それから南下を始めます。もう11時ですね。ここで初めて警察に停められました。「保険はあるか?」と訊かれたので保険書を見せると、「行っていいよ」とあっさり。悪いうわさしか聞いてなかったのですが、運がいいのでしょうかね。チャオ(Chao)という街で昼飯。それからチンボテ(Chimbote)、カスマ(Casma)と進みます。カスマ近くにはサチン(Sachin)遺跡があるので立ち寄りました。6ソルです。

DSCF6144.jpgDSCF6146.jpgDSCF6148.jpg






DSCF6151.jpgDSCF6163.jpgそれにしてもここの遺跡のレリーフ(石に刻まれてます)は漫画みたいです。アメリカ・アニメのフュ-チャラマに出てくるキャラクターに似てます。坊主頭のオッサンがイイ味出しすぎ。気に入ったなぁ。

本当はカスマに1泊してからコーディエラ・ブランカ(Cordillera Blanca = 白い山脈)の拠点ワラス(Huaraz)に行くつもりだったのですが、博物館の管理人が「3時間でいけるよ」と言うので行くことに。時刻は3時過ぎ。

出発して直ぐに警官に止められましたが、「日本から来たのか!」と上機嫌。握手までして、「3-4時間かかるけど日暮れまでには着くよ! 気をつけてな!」と笑顔で見送られました。

GPSでみるとあと140キロくらい。地図で見ても大した距離ではありません。途中からダートですが、大都市(?)へ通じる道なのでコンディションは良好でしょう、とたかをくくってました、が、ココからが長い。

標高0メートル地帯から一気に4200メートルまで上がるのですからクネクネで。そして工事中なので砂利が撒いてあって走りにくい。結構なガタガタもありましたがまた舗装路に出ました。ここからはワインディングを飛ばします。

DSCF6170.jpgDSCF6172.jpgDSCF6180.jpg




そしていきなり目の前には氷河を頂いた山脈が! コーディアラ・ブランカです。美しいですね。これは来た甲斐がありました。GPSで高度を見ると4,256メートルとありました。今までで一番高い峠かも。

ウアラスの街には6時前に到着。宿は目星が着いていたのでGPSに場所をセットしてあったので直ぐに見つかりました。Jo's Place。テントは8ソルです。白い犬ホワイティーが可愛い。

バイクを停めて、ちょっと動かそうとしたら何故かスタンドが降りてなくてバイクを倒してしまいました。幸いカナダ人ギルが起こすのを手伝ってくれましたが。ちょっと左パニアがまた凹んだかな(メキシコのグアナファトで転んだとき凹んだところです)。まぁ、問題は無さそうですけど。

ギルが「これからBBQをやるから参加しないか」、と誘ってくれたのでテントを建ててBBQに参加しました。今日は盛りだくさんの1日となりました。

明日はチャビン遺跡(Ruinas de Chavin)に行く予定です。バイクでいこうかそれともバスで行こうか、考え中です。
 


Day 335: 24 JUN 2011

Huanchaco to Huaraz (Jo's Place)
35,004km to 35,375 = 371km

I was still caughing bt was much better this morning. I was ready by 8am to go. First, I visited Huaca del Sol y de la Luna. Those huge monuments were built by Moche. Moche was the earlier culture of Chimu left Chan Chan. So those monuments - pyramid like temples - were also made out of adobes. Lot of adobes. They were localted the south of Torjillo.

There wasn't any clear sign on Panamerican Hwy (might be there, but I could not find it), so I had to ask locals a few times to get there.

Huaca del Sol - the temple of the sun - did not hold its shape, but I could see how big it was. I climbed up the temple and saw those workers there. They told me I could not enter here and go to Huaca de la Luna - Temple of the moon - and the museum. Not sure if thetemple f the sun was under restoration or under excavation, anyway some works were going on.

The admission for the museum and the temple of the moon was 12 Soles. Inside the useum, no photo was allowed. There were a good collecions of ceramics of Moche. Moche ceramics were very interesting. Lots of shapes, lots of expression. I like them. There were potteries of sea liones as well. They were beaten to death in El Nino ears, when there was less fish (sea lions attacked the fishermans nets and distroyed them, that's why they were considered as a pest). 

The I went to the temple of te moon Itwas also built with adobes, but there were still those sculpures on the wall with colours. Surprising to see they still have colours. 

Then I headed south. I was stopped at a police check-point. I was hearing those bad things about Pervian police, but they just asked for documents (especially he insurance). They let me go asseeon as I showed the insurance paper. They were friendly too. Was I just lucky?

I had lunch at Chao. Then I passed Chimbote and Casma. Near Casma, there was anoher archiological site "Sechin" and I visited there. The admission was 6 Soles.

The wall curvings of Sechin was impressive! Cartoon like design. They were jst like those characters of "Futurama".   liked them a lot.

I was planning to stay a night in Casma, but it was still around 3pm and the guy at the museum of Sechin told me it would take 3 hours to Huaraz, so I decided to head to Huaraz. 

I was stopped at a police check-pint as soon as I started, but they became friendly when they knew I was from Japan. They told me it woud take 3-4 hours to Huaraz, but I should be there before the sunset. 

According to GPS, there was 140km to Huaraz. Huraz was the major city of Cordillera Blanca, so I thought even though it would be a dirt road, the condition would be good. But it was a long, long way.

From the coast to 4,200m pass, so there were lots of curves. There were constructions as wel and the gravel parts were hard to ride. The condition of dirt sections were rough as well. 
  
Then I came to paved section again. I could ride easily. Suddenly I could see snow capped peaks of Cordillera Blanca!! Ver, very beautiful. I was glad I came here. Acording to GPS, the highest point of the pass was 4,256m. It could be the highest pas I've bee so far.

The hostel I stayed was "Jo'S Place".The campsite cost 8 Soles. I dropped my GS at the parking space when I tried to move her a bit forward (somehowthe side stand was not down..., very strange). The left pannier got dent again... I need to fix it with a hummer somewhere.

I will visit he ruins of Chavin tomorrow. Still decidng if I go there by bus or ride there.

拍手[5回]

PR
  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
¡¡¡もうワラスですか!!!
CASMA からHUARAZU へはいったのですね。去年私はCHIMBOTE から入りました。途中の CAÑION DEL PATO は南米の中でもある意味トップクラスの絶景です。少々ダートになりますが、バイクならちょうどワラスより日帰り圏内です。CASMA から1-2時間で行けるので、考えてみてください。
あとサンタクルストレッキングはすばらしいです。もし時間の余裕がないなら、少なくともLAGUNA 69は日帰りで簡単に行けるので言ってみてください。本当に美しいです。
  • 毒茸 さん |
  • 2011/06/25 (15:09) |
  • Edit |
  • 返信
訂正ですおよびつけたしです。
CASMA ではなく、CARAZ のまちがいでした。またLAGUNA 69はYUNGAY からのアクセスとなります。
話は変わりますが、歴史オタクの三郎氏のことこの後当然話題のカラル遺跡は行かれるでしょうね。4大古代文明説が、ぶち壊されるかも知れない考古学オタク国家ペルー一押しのいせきですよ。
  • 毒茸 さん |
  • 2011/06/25 (15:17) |
  • Edit |
  • 返信
毒茸さんへ
情報ありがとうございます! Cordillera Blancaいいですねぇ。CAÑION DEL PATOはもちろん行きますよ! そしてLagunas Llanganucoでキャンプの予定です。カラル遺跡もリマへの道の途中なのでもちろん行きます。
これからも色々アドバイス宜しくお願いいたします!
  • 三郎 さん |
  • 2011/06/26 (10:56) |
  • Edit |
  • 返信
TRACKBACK

TrackbackURL

フリーエリア
一日一回クリックするとランキングがあがります! よろしくお願いいたします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



View Europe in a larger map
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
New Comments 最新コメント
[04/20 Yoshi]
[09/01 NONAME]
[02/07 室橋一也]
[02/04 Yoshi]
[02/03 Yoshi]
カウンター
プロフィール
HN:
三郎
性別:
男性
職業:
革命家
趣味:
バイク・旅
自己紹介:
オーストラリアに移住して16年。遠く南の大陸から母国日本を眺めてみて危機感を感じてはや16年。なにか出来ないものかと考えて考えて、ようやく自分で行動することに数年前に思い当たる。とりあえず自分が出来ることから始めよう!ってことで、革命軍M-26-Julioをシドニーで結成。
誰かが世の中変えるのを待ってるだけじゃなく、自分で社会に貢献できることから始めよう。
世界を旅しながら色々な人と出会い革命の輪を広げていきたい。
2010年からおやすみ羊とBMW R1200GSで世界一周中!

Hasta la victoria siempre, Patoria o Muerte!

現在の愛車:BMW R1200GS 「Esperanza de la Tora」(世界一周)、 SUZUKI DR650SE 「孫市」(オーストラリア一周)
過去の愛車:Buell XR12R Firebolt, Yamaha FZ1, Yamaha TRX850, 、HONDA XR250R, Suzuki XF650 Freewind, Yamaha XV250 Virago
ブログ内検索
バーコード
Copyright ©  -- M-26-Julio 羊とめぐる冒険 BMW R1200GSで世界一周の旅 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]