忍者ブログ

三郎とおやすみ羊のBMW R1200GSで世界一周の大冒険

   
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

トルコ風呂 / Turkish Bath - Hamam
Day 965: 2013年4月16日

Istanbul, Turkey (Kuzgun Motor Club)

89,181km

今日は雨だ!

It's raining!

朝から大工が部屋造りで騒音だ!

Carpenters came from the morning and making noises!

だからハマムだ!トルコ風呂だ!

So we went to a Turkish bath - Hamam!

アポ、タイラン、スロボダンとワシの4人でハマム。

Apo, Taylan, Slobodan and myself.



日本では以前トルコ風呂と言えば今のソープラ○ドのことだったのだけど、トルコ政府からのクレームで今の名称になったのだとか。

In Japan, the name "Turkish Bath" was used for those erotic bath service business before. I think it was in 70s. But Turkish embassy made a complaint to our government, the name was changed to "Soap Land".

確かに本場トルコ風呂では垢擦りとマッサージが基本。

In real Turkish Bath, they provide Kase (cleansing skins) and Massage services.

風営法の穴をかいくぐるために垢擦りやマッサージを提供する風呂、「トルコ式」ということなのだろうか。

I guess in Japan in 70s, in order to be legal, those businesses advertised that they were providing those services. So they said "Turkish" style.

まぁ、ハーレムとかベリーダンスとかそういうイメージもあるから「トルコ風呂」なんだろうけど。

We also had an image of Turkey very exotic and erotic due to berry dance and harem.

それはさて置き、本場のトルコ風呂「ハマム」だ。入浴料は20リラ。1000円くらい。

Anyway, the Turkish Bath - Hamam. The standard bathing cost 20 liras (€8).

更衣室で腰巻だけになり、いざ風呂場へ。

We got ourselves naked but wearing a towel around the waist. Then we went to the bath room.

ハマムは蒸し風呂で湯船は無い。日本も江戸時代までは蒸し風呂の方が一般的だった。

In the bath, actually it's a steam bath. So there was no bath tab. It was more common in Japan until late 19th century to have a steamed bath than a bath tab.

トルコの蒸し風呂は恐らくローマ帝国のテルマに習ったのだろうか。

I reckon Turkish learnt bathing from Roman.

大理石造の風呂場。床や台の下に熱湯を循環させて暖かくしてるのだ。

The bath was made with white marble stones. The bath room was warmed up with circulation of hot water underneath of the floor.

洗い場には水槽があってそこにお湯と水をお好みの加減にして身体を流す。

There were some basin where we could mix hot and cold water. We washed our body there.

石鹸で身体を洗って、台に寝そべって暖まったり、汗を流すのだ。

A bar soap was provided. We used the soap and clean our bodies and lied on a stone table. It was really hot! We sweat there, then we wash away sweat with water. Then we sweat again and washed them away.

ローマ人もこの様に風呂を楽しんだのかなぁ、なんて古代に思いを馳せながら汗を流す。

I was thinking if the ancient Romans enjoyed bathing like that.

そうだ、ローマのテルマには湯船があったな。何故トルコには無いのだろう?

Oh, in the ancient Roman baths, there were bath tabs. Why Turkish do not have them??

風呂場の外には「ゲゼジ」台があって、ここで垢擦りとマッサージをしてもらう。勿論追加料金だけど(7.5リラずつ)。

Outside if the bath room, there were a "bed" of Kase. I asked for Kase and massage (7.5 Liras each).

ワシは垢擦りとマッサージのフルコース!

ゲゼジのおっさんが力一杯に垢を擦り身体を揉んでくれる!

かなり痛いけど、終わった後はなんだか爽快感が。

また風呂場へ行き汗を流して、最後は水シャワーで仕上げる。

どうです、この清々しい(?)顔!



初ハマム、しっかり堪能。

ちょっとした贅沢だけど、また行きたいなぁ。

クラブハウスに戻り、メフメトもやって来て皆でケバブ!

アポ特性の巨大ケバブだ!



フランスパン丸ごと一本丸かじり。



チャイを飲みながら歓談。

メフメトに今現在の政治や経済について訊いてみた。

「今の政府はイスラム主義でイスラム法を復活させようとしているけど、殆どの国民は支持していない。」

「が、しかし、たまたまアラブの春があって、リビアのフランスへの投資が凍結されたのを見てアラブ諸国の投資家がヨーロッパから投資を引き揚げてトルコに投資した。それでトルコの建設ラッシュなどブームが巻き起こっていて、たまたま経済的に潤っているから今の政権が続いているだけ」、なのだそう。

「軍隊はケマル主義(アタテュルクの世俗主義路線)で多くの将校が現政権下で入獄している」のだとか。

大体70%がケマル主義と考えていいらしい。

何故またイスラム主義の政党が政権を握ったのか訊きそびれてしまったけど、やはり一度緩めたものを厳しくするのには大多数が反対しているようだ。

そんなこんなでどっぷりトルコな一日だったのだ。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ハマム、良いものです。日本では温泉施設やスーパー銭湯がやはり憩いの場ですが、トルコではハマム。しかし、食事する場所とかないから、純粋に風呂を楽しむ場所なんですね。
ここに日本式のハマムを登場させたら流行るのかなぁ。

本日も「世界一周」ボタンをクリックして応援をよろしくお願いいたします!!

スマートフォンからご覧の皆様、
お手数ですが、画面の一番下までスクロールして頂き、「PC」に切り替えた上で「世界一周」ボタンを押してください!

I am competing in "Round the World Trip Blog". Please click the button below!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村 *******************************************************************************************************************************************************

拍手[0回]

PR
  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
フリーエリア
一日一回クリックするとランキングがあがります! よろしくお願いいたします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



View Europe in a larger map
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
New Comments 最新コメント
[04/20 Yoshi]
[09/01 NONAME]
[02/07 室橋一也]
[02/04 Yoshi]
[02/03 Yoshi]
カウンター
プロフィール
HN:
三郎
性別:
男性
職業:
革命家
趣味:
バイク・旅
自己紹介:
オーストラリアに移住して16年。遠く南の大陸から母国日本を眺めてみて危機感を感じてはや16年。なにか出来ないものかと考えて考えて、ようやく自分で行動することに数年前に思い当たる。とりあえず自分が出来ることから始めよう!ってことで、革命軍M-26-Julioをシドニーで結成。
誰かが世の中変えるのを待ってるだけじゃなく、自分で社会に貢献できることから始めよう。
世界を旅しながら色々な人と出会い革命の輪を広げていきたい。
2010年からおやすみ羊とBMW R1200GSで世界一周中!

Hasta la victoria siempre, Patoria o Muerte!

現在の愛車:BMW R1200GS 「Esperanza de la Tora」(世界一周)、 SUZUKI DR650SE 「孫市」(オーストラリア一周)
過去の愛車:Buell XR12R Firebolt, Yamaha FZ1, Yamaha TRX850, 、HONDA XR250R, Suzuki XF650 Freewind, Yamaha XV250 Virago
ブログ内検索
バーコード
Copyright ©  -- M-26-Julio 羊とめぐる冒険 BMW R1200GSで世界一周の旅 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]