忍者ブログ

三郎とおやすみ羊のBMW R1200GSで世界一周の大冒険

   
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

エルネスト生誕の地ロザリオ / The birth place of El Che, Rosario
Day 564: 2012年2月9日

Buenos Aires to Rosario (La Casona de Don Jaime 2)
53,849km to 54,132km = 283km

さて、今日は10時前に出発です。暑い地域に行くので、ヒートテック的な肌着は置いていくことに。そういえばこの旅で一回も着用していません。しかしヨーロッパで活躍が予想されます。そして、破損したマッド・スプラッシュ・ガード、ローラへのお土産用のマテとボンビージャもダカール・モトスに置いていくことにしました。

エスペランサを店の外に出し、左右のパニアを取り付けて、予備タイヤを乗せ、そしてタイヤの真ん中に防水ロール・バッグを。ハビエルと息子のジュリアン(残念ながらサンドラは今日はお休み)、ダンキン、ピーターとサム親子に別れを告げて出発。高速道路9号線を直走ります。

高速道路上は単調ですね。しばらく走り3車線が2車線になります。そうすると、右側車線(通常車線)は多くのトラックが使用するためでしょうか、路面が結構デコボコ。なので左側の追い越し車線上を走りますが、乗用車が飛ばしてくるので(制限速度は時速130キロ。ワシは燃費を考えて110キロ以上は追い越し以外では出しません)、サイドミラーを確認しながら、右車線に変更、また左に戻るの繰り返しでした。

ブエノスから200キロほど走ったところで給油と昼飯休憩。サンドイッチを。ロザリオはもう100キロ足らず。一気に走ります。

市街地に入ってからセントロまで結構走ります。面積が広い街なのですね。ロンプラに乗っていた安宿に行って見ますが、駐車場は無し。ちょっと高めのホテルに行きましたが、1軒は近くの有料駐車場に駐輪だし、もう1軒は235ペソ(80米ドル)なので高すぎです。なのでもう一回安宿をあたってみました。そうしたら「La Casona de Don Jaime」というホステルはもう一軒あるそうで、もう一軒の向かいの駐車場と特別契約しているから安いとのこと。早速行って見ました。

料金はドミで52ペソ、WiFiと朝飯付き。駐車場は25ペソなので、まぁ、いいでしょう。早速チェックインし、エスペランサを駐車場に。

着替えて出かける準備が出来たのはもう3時。この街にはたった1つの目的の為に来ました。それはエルネストの生家を見るため、です。地図を見ると宿からは直ぐそこなので、早速歩きで。場所はEntre Rios 480です。

DSCF0959.jpgアパートですが有名な建築家「Alejandro Bustillo」の設計した建物だそうで、なかなか立派な構え。エルネストが生まれたのは1928年6月14日。いまから84年も前。それ以前から建物はあったのでしょうから築100年くらいですね。

DSCF0961.jpgDSCF0962.jpgCasa Natal Che Guevara (チェ・ゲバラの生家)、とは看板が出ていますが、中に入れるわけでもなく(未だにアパートとして使われています)、まぁ、生後まもなくはここで暮らしたんだな、という程度です。結局彼はここで喘息を患って、ご両親はもっと気候のいいアルタ・グラシアに引っ越したのですね。

DSCF0963.jpgDSCF0965.jpgあと、ハビエルが「ブエノス・アイレスの彫刻家が古い鍵を大勢から譲ってもらい造ったゲバラの像があるよ。」と教えてくれたので、それも見に。地図を見ると生家の近くに「Mural del Che Guevara」とあるので行って見ました。

そうしたら、エルネストの画が書いてある公園でした。幼い頃ここで遊んだのでしょうか? 一体銅像は何処に? (あとで調べたら「Mural」とは壁画、でした。)

DSCF0967.jpgちょっと歩き回っていたらパラナ川(Rio Panara)の公園に出ました。ここに大きなタンカーが2隻浮んでいました。川にタンカーって。

地図を見直すと、かなり離れた所に"Monumento Al Che"と書いてあります。像はこれですね。どのバスに乗っていいのかも分からないので、とりあえず歩いてみました。結構な距離でしたよ。1時間は歩きましたかね。

DSCF0970.jpgDSCF0979.jpg廃線になった線路の土地を利用して造った公園みたいです。エルネストの銅像はひっそりとそこに立っていました。

DSCF0977.jpgDSCF0978.jpg彼の生誕80周年を記念して建てられたそうです。表情が穏やかなのが印象的でした。


DSCF0973.jpg壁には「Todas las causas que lo motivaron a rebelarse siguen vigentes, su ejemplo y sus ideas tambien (革命にいたったすべての原因は現在でも存在し、またあなたの見本と考えも生きているのです。All the causes that led to revolt are still valid, your example and ideas too).」 とあります。

DSCF0981.jpg古い鍵で造られたとだけあって、足元とかには「鍵」がそこかしこ、と。アルゼンチンでは彼の死後しばらく賛否両論、というか結構忘れられた存在だったようです。やはり1997年に彼の遺体が「発見」されて世界的に再注目されたのがきっかけでしょうか。今では結構な人気です。

彼に別れを告げて街まで歩いて帰りました。夕飯はパン屋でエンパナーダを買って済ませました。どうもこのホステルにはイスラエル人が多いみたいです。部屋は散らかってます・・・。今夜ドンちゃん騒ぎしなければいいけれど・・・。

さて、明日は何処まで走れるかな? 


Day 564: 09 FEB 2012

Buenos Aires to Rosario (La Casona de Don Jaime 2)
53,849km to 54,132km = 283km

I was ready just before 10am. Javier gave me an o-ring and a washer for the pannier (those were lost in Touratech) for free. Thanks Javier! I said good-bye to Javier, Julian (unfortunately Sandra wasn't there), Dunkin, Peter and Sam, and left Dakar Motos. I will be back to Dakar Motos after I go to Paraguay, Brazil and Urguay, so I left a few things (thermal clothes, a set of mate and bombilla for Laura, and the broken mad splash guard) at Dakar Motos.

I headed to Ruta 9. On the motorway, it was really boring to ride. After 3 lanes became 2 lanes, the right lane (for the slow traffic) became really rough. I guessed there are many trucks using this slow lane, so the surface of the road became uneven. I used the left lane, but I had to watch out for fast cars coming from behind as the speed limit there was 130km/h. I was not riding any faster than 110km/h as I wanted to save fuel and to be easy on the tyres. 

I made a stop at a petrol station aroud 200km from Buenos Aires. I had a sandwitch as lunch there. The city of Rosario was less than 100km from there, so I rode straight to the city.

I used the GPS to navigate in the city. From the fringe of the city to the centre, it took a while. I thought the area of the city was pretty large.

I went to a few hostels shown on Lonely Planet, but none of them had got any parking space for my GS. So I tried more expensive hotels, but the frist one I went had no parking space (so I would have to park my GS at a secure parking nearby) and another one cost 235APs, which would be too expensive.

I went back to a hostel I went before and asked if I could find any secure parking nearby. Then the recepcionist told me that they have another hostel and I could park my GS at a secure parking in front of the hostel. So I went.

The name of the hostel is "La Casona de Don Jaime 2". A dorm bed costs 52APs including WiFi and breakfast. The parking cost 25APs a night (a discounted rate for a guest at the hostel). It wasn'T cheap but not a bad deal either.

Once I got changed and was ready to go out, it was already 3pm. I had to visit "Casa Natal de Che Guevara (The birth place of Che Guevara)". It was actually closed to the hostel, so I walked there.
The building (still used as an apartment ) was designed by a famous architect Alejandro Bustillo. The adress is Entre Rios 480.

The building was quite nice. The parents of Ernesto "Che" Guevara de la Serna - Ernesto Guevara Lynch and Celia de la Serna lived in the building after his birth. The building is still used as an apartment, so the place is not open for public. He suffered asthma here when he was 2 years old, then the family moved to Alta Glacia where the environment was better for young Ernesto.

Javier told me there was a statue of "Che" sclupted by an artist in Buenos Aires. He asked people to donate old keys and bronze objects, and made the statue. On the map, I found "Mural of Che Guevara" nearby the birth place, so I went there.

But there was a park with his face painted on a wall. Later I checked "Mural" means a wall paining.

Then I walked to a park at the riverside of Rio Panara. There were 2 huge tankers on the river! Unbelievable.

Then I found "Monumento Al Che" on the map. It would be far away from where I was, but I walked there. It took me more than 1 hour to get to the monument.

The monument was standing very quietly on a park - used to be a rail way  track. As it was made of donated keys and other objects or not, his face seemed to be very calm. It was built for the 80th anniversary of his birth.

On the wall I read - Todas las causas que lo motivaron a rebelarse siguen vigentes, su ejemplo y sus ideas tambien (All the causes that led to revolt are still valid, your example and ideas too).

Now he is very popular through out Argentin. Hewas kinda a "forgotten" hero in Argentina until recently. I guess the recovery of his body in 1997 made a spot light on his existence once more. At least, his spirit is still living in many people.

I said good-bye to "Che" and went back to the centre of the town. I had empanadas for dinner.

Oops. There are many Israelis in my room (actually 7 out of 8 are Israelis!). I am wondering if I can have a good night sleep tonight...

拍手[4回]

PR
  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
無題
無事に沈没せず出発できたみたいで、良かったです。
僕の方は帰国して頽廃暮らしスタートしてしまいました。自転車の修理やらして、地元に向けて、また走り出そうと思います。
ブエノスアイレスの日々楽しかったです。また、どこか美しい道の上で偶然会えることを楽しみにしています。
では。
鼠へ
沈没はペン園で、かな?
退廃暮らし、まぁ、いんじゃないの。自転車が修復したら香川の三馬力のオッサンを訪ねてみてよ。

そうだね、またどこか旅の空で、道端で。
  • 三郎 さん |
  • 2012/02/11 (20:17) |
  • Edit |
  • 返信
TRACKBACK

TrackbackURL

フリーエリア
一日一回クリックするとランキングがあがります! よろしくお願いいたします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



View Europe in a larger map
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
New Comments 最新コメント
[04/20 Yoshi]
[09/01 NONAME]
[02/07 室橋一也]
[02/04 Yoshi]
[02/03 Yoshi]
カウンター
プロフィール
HN:
三郎
性別:
男性
職業:
革命家
趣味:
バイク・旅
自己紹介:
オーストラリアに移住して16年。遠く南の大陸から母国日本を眺めてみて危機感を感じてはや16年。なにか出来ないものかと考えて考えて、ようやく自分で行動することに数年前に思い当たる。とりあえず自分が出来ることから始めよう!ってことで、革命軍M-26-Julioをシドニーで結成。
誰かが世の中変えるのを待ってるだけじゃなく、自分で社会に貢献できることから始めよう。
世界を旅しながら色々な人と出会い革命の輪を広げていきたい。
2010年からおやすみ羊とBMW R1200GSで世界一周中!

Hasta la victoria siempre, Patoria o Muerte!

現在の愛車:BMW R1200GS 「Esperanza de la Tora」(世界一周)、 SUZUKI DR650SE 「孫市」(オーストラリア一周)
過去の愛車:Buell XR12R Firebolt, Yamaha FZ1, Yamaha TRX850, 、HONDA XR250R, Suzuki XF650 Freewind, Yamaha XV250 Virago
ブログ内検索
バーコード
Copyright ©  -- M-26-Julio 羊とめぐる冒険 BMW R1200GSで世界一周の旅 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]