忍者ブログ

三郎とおやすみ羊のBMW R1200GSで世界一周の大冒険

   
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

国道40号 / Ruta 40!!
Day 513: 2011年12月20日

Gabernador Gregores to El Calafate (Fuji Ryokan)
48,228km to 48,569km = 341km

今日準備をしてガレージに行ったら、なんとリアタイヤがぺっちゃんこ!! 2回目のパンクです。どうやら鋭い石がタイヤを貫いたみたいですね。パンク修理キットを持っていますが、せっかく街に居るのでタイヤ屋さんでちゃんと治してもらおう、思い空気を入れてタイヤ屋さんまで。が、しかし、「バイクのタイヤは修理しない。」と。しかしもう一軒あるとのことで、そちらにいってみました。

リア・ホイールを外して、パンクした箇所を確認。そしたら、グリグリで穴を大きくして、ガミーワームを穴に突っ込んでます。その修理ならワシも出来るよ、タイヤ屋さん。しかもホイールを外すことも無かったじゃない・・・。これで20ペソ。まぁ、これで走れるようになったので、宿に戻り荷物を積んで出発です。

DSCF0554.jpg昨日買った2リットルのボトルに給油して、一路エル・カラファテへ。街を出て直ぐに29号線へ左折。未舗装路を走ります。路面状況は砂利道。所々深かったりしますが、まぁ、80キロくらいで飛ばせます。風も強いですが、まぁ、運転が怖くなるほどではないですね。右側から吹くのでバイクを右に軽く倒して走ります。途中で2リットルのガソリンを入れて、荷物を軽くします。

DSCF0556.jpgトレス・ラゴス(Tres Lagos)まで80キロ付近でチャリダー発見。スピードを落としてみると、どうやら日本人。停めて話をしたら、やはり日本人でした。彼はフクラ・ネズミ君。初海外でブエノスアイレスかパタゴニアを自転車で走るツワモノです。やはり藤旅館を目指しているとのことで、そこで再会を誓い別れました。Buen viaje!!

彼と別れてからトレス・ラゴスまで風が強くなり、たまに左へ押されて、わだちの砂利が盛上がってるところに入り、ハンドルが取られて、「おっとっと」となりました。ちょっとビビリますが、強気で走行。それもまた楽しい。

トレス・ラゴスからは舗装路になります。ここまで斜め後ろからの追い風だったので燃費が良かったのですが、ここから向かい風になります。なので燃費ががた落ち。あれよあれよという間に、オンボード残り航続距離計が下がっています。あとカラファテまで120キロと標識が出ましたが、残り航続距離が150キロ! このまま風が強くなり燃費が落ちたら、ガス欠??、とちょっとビビリながら走ってました。

DSCF0558.jpgDSCF0562.jpgDSCF0566.jpg





湖と雪を頂いた山々が見えてきます。キレイですねぇ。停車して写真を撮ります。しかし風が強い。

結局カラファテの街に到着したときは、残り航続距離は19キロになってました。0になっても20-30キロは走れる、と聞いてますが、2リットルの予備が無かったら、街の手前でガス欠してたかも。ああ、恐ろしや。

給油を済ませて、藤旅館へ。オーナーさんは他行中でしたたが、宿泊者が中に入れてくれました。居心地がよさそうな宿です。日本人のヤス君とチヒロちゃん、他に韓国人が2人います。

エスペランサを拭いて、手袋のパッチが剥がれてきてたので、糸で縫い付ける作業を。皮なので硬い。針を2本折ってしまいました。

オーナー夫妻が帰ってこられたので、旦那さんと夜中の3時半まで歓談。いやぁ、楽しかったです。

明日は、ゆっくりとしますかね。



Day 513: 20 DEC 2011

Gabernador Gregores to El Calafate (Fuji Ryokan)
48,228km to 48,569km = 341km

When I went to see my GS at the garage, I found the rear tyre was flat. It looked like a sharp rock on the dirt raod puncture the tyre. It would be my 2nd puncture on this trip. I have a puncture repair kit with me, but as I was in the town, I thought it would be better to fix it properly at a tyre shop. So I pumped some air into the tyre and rode to a tyre shop. But the guy told me he would not do a motorcycle tyre, so I went to another one.

There I took the rear wheel off the GS and the guy found the puncute hole. Then he used drill(?) to make the hole larger and sticked a gummy worm into the hole!! (I could have done the same with my repair kit!!). I thought he would strip the tyre off the wheel and apply a patch from inside. With the methodhe had done, I did not even need to take off the wheel... It cost me 20APs (US$5). But anyway the puncture was fixed and I could continue riding south.

Back to the hostel, I put all the lagguages on my GS and went to a petrol station to fill the 2ltr bottle I bought yesterday.

As soon as out of the town, there was Ruta 29. I took a left turn there. The road became a gravel road. The wind was srong but manageable. As the wind was blowing to south east, it was kind of the tail wind. I had to lean my GS to right hand side to keep riding straight. I could cruise on around 80km/h. I filled the 2ltr of petrol on the way.

Around 80km before Tres Lagos, I saw a cyclist. I slowed down and looked at him, and he was a Japanese. I parked my GS and greeted him.His name is Fukura Nezumi, cycling from Benos Aires down to Ushuaia. This is his 1st trip oversea! He has got balls. He was heading to El Calafate, so I will see him there in a few days. Buen viaje!

From there, the wind picked up very strong, and sometimes I was pushed to left. As there were ruts, the gravels mounted up at the side, my handle was taken and I was a bit scared. But I hanged on and managed go through. It was kinda fun riding in that condition!

From Tres Lagos, the road became paved again. But the wind became the head wind and the fuel consumption increased a lot. I started to worry if I had enough fuel to get to El Calafate. When I saw a sign "El Calafate 120km", I got only 150km worth of fuel on board. If the wind got stronger and the consumption increased, I might not to get to El Calafate...

A beautifl lake and snow capped montains started to appear on the way. I pulled over my GS and took some photos. But the wind was so strong. Very uncomfortable.

When I arrived the town of El Calafate, the onboard fuel calcurator was showing I got only 19km worth of fuel! If I did not have 2ltr extra petrol, I should have run out of petrol just before the town!!

After fill the tank, I went to the Japanese hostel "Fuji Ryokan". Even though the owner couple was gone out, the guest let me in. Luckily I got a bed!

I wiped my GS and then started to sew the patch on the riding glove. As I had to sew the leather, it was rallly tough! I broke 2 needles!!

The owner couple came back and I spoke with Mr. Shimafuji till 3:30am. It was fun talking to him.

Tomorrow I will have a relax day.

拍手[3回]

PR
  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
TRACKBACK

TrackbackURL

フリーエリア
一日一回クリックするとランキングがあがります! よろしくお願いいたします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



View Europe in a larger map
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
New Comments 最新コメント
[04/20 Yoshi]
[09/01 NONAME]
[02/07 室橋一也]
[02/04 Yoshi]
[02/03 Yoshi]
カウンター
プロフィール
HN:
三郎
性別:
男性
職業:
革命家
趣味:
バイク・旅
自己紹介:
オーストラリアに移住して16年。遠く南の大陸から母国日本を眺めてみて危機感を感じてはや16年。なにか出来ないものかと考えて考えて、ようやく自分で行動することに数年前に思い当たる。とりあえず自分が出来ることから始めよう!ってことで、革命軍M-26-Julioをシドニーで結成。
誰かが世の中変えるのを待ってるだけじゃなく、自分で社会に貢献できることから始めよう。
世界を旅しながら色々な人と出会い革命の輪を広げていきたい。
2010年からおやすみ羊とBMW R1200GSで世界一周中!

Hasta la victoria siempre, Patoria o Muerte!

現在の愛車:BMW R1200GS 「Esperanza de la Tora」(世界一周)、 SUZUKI DR650SE 「孫市」(オーストラリア一周)
過去の愛車:Buell XR12R Firebolt, Yamaha FZ1, Yamaha TRX850, 、HONDA XR250R, Suzuki XF650 Freewind, Yamaha XV250 Virago
ブログ内検索
バーコード
Copyright ©  -- M-26-Julio 羊とめぐる冒険 BMW R1200GSで世界一周の旅 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]