忍者ブログ

三郎とおやすみ羊のBMW R1200GSで世界一周の大冒険

   
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ウユニ塩原へ / To Salar de Uyuni
DSCF9835.jpgDSCF9838.jpg




Day 459: 2011年10月27日

Uyuni - Salar de Uyuni - Uyuni (Hotel Avenida)
41,496km to 41,697 = 201km


DSCF9797.jpg今日は9時前に出発の準備が出来ました。バイクを宿の外に出したら丁度穂高岳旅行社のおっさんが外にいたので立ち話。今日の10時半のツアーには日本の女の子が3人(昨日であったオハギを含む)参加すると言うので、ツアーにくっついていけば?とおっさん。

なかなかの名案ですな。ツアーガイドも前回ホセたちとツアーに参加したときのガイドのウォルターなので、楽しくなりそう。なので10時半までブラブラ。ネットをしたり。オハギは10時半ギリギリになって部屋から出てきました。

今日のツアー参加者は日本人のオハギ、リカちゃん、ヤスミちゃん、スペイン人ギャル2人、とアルゼンチンのカップルです。

DSCF9799.jpgDSCF9803.jpg先ずは蒸気機関車の墓場へ。ウユニの街の南にあります。前回も同じ所きましたが、バイクで来るとやはりいいですねぇ。オハギと記念撮影。

DSCF9805.jpgそれからコルチャニ(Colchani)村を目指します。ここまでは20キロのダート。結構コルゲーションがありますね。ツアーのランクルの後ろについて70-80キロで走行。

コルチャニ村で買い物休憩をして(ワシは何も買いませんが)、5キロ先のウユニ塩原への入り口に向かいます。

塩原の周辺は年中濡れているのですが、2ヶ月前に来た時よりも乾いてました。しかし、所々水溜りがあったり、表面が濡れていたりするので、ゆっくり走り塩水がバイクにかからないようにします。

そして乾いている所に。一気に「塩のホテル」まで塩原を走ります。一面真っ白の世界。やはりエスペランサで走ると気持ちがいいですね!!

DSCF9814.jpgDSCF9849.jpgDSCF9817.jpg





塩のホテルの外ではボリビアのバンドのPVを撮影してました。ここにはいろいろなツアーが寄るのですが、バイクで来ているワシはみんなの注目の的。色々な観光客に声を掛けられます。

DSCF9810.jpgリカちゃんはここで一泊なので、ここでお別れ。ワシ等は「魚島(Isla de Pescado / Isla de Inca Wasi)」に向かいます。泥除けを見てみると、やはり塩がついてますね。

段々と6角形の塩の結晶がくっきりとしてきます。本当に一面が真っ白。やはりここにエスペランサで来れてよかった。

DSCF9833.jpgずっと地平線まで真っ白だったのが段々と「魚島」が見えてきます。確かに魚に見えなくも無いか…。




DSCF9819.jpgおよそ1時間走り「魚島」に着いたのは2時ごろ。ここでお昼ご飯です。ワシはクッキーで済ませようと思っていたのですが、ウォルターがワシの分まで昼飯を用意してくれました。ありがとう!!(お金払ってないのに)。

DSCF9825.jpgDSCF9826.jpgそれからみんなで魚島を歩きます。以前にも書きましたが、この島は珊瑚の化石で出来ているんです。その昔ここら辺一体は海の底だった。太平洋プレートと南米プレートがぶつかり合い、南米大陸が押し上げられアンデス山脈が形成されました。そして陸に取り残された塩水は徐々に乾しあがり、ウユニ塩原やその他周辺の塩原になったのです。

今は巨大なサボテンが島中に生い茂っています。あるサボテンは樹齢約900年! サボテンてそんなに長寿なんですね。

島を歩き終えて、ワシはここでツアーと別れました。ツアーは北の火山に向かうのですが、そこまでは多少路面が湿ってますし、以前に行きましたからね。本当はここら辺でキャンプをするつもりでしたが、GSに結構塩がかかっているので、早く洗いたい、と思ったのでウユニに帰ることに。

ツアーのみんなに別れを告げて、コルチャニ村に向けて走り出します。

DSCF9828.jpgDSCF9832.jpg途中何回か停まって写真撮影。ヒツジもエスペランサとウユニ塩原で写真を撮れたので大喜び。


DSCF9839.jpgDSCF9845.jpgコルチャニ村からウユニまで20キロのダートを再び。今回は独りなので往きよりも飛ばします。

5時半頃にウユニの街に戻り、早速洗車屋で塩を洗い流します(20ボリ)。洗っていて気が付いたのですが、リアの泥除けが破損してます。一体何処で破損したのか?? ネジが1本なくなってますし、プラスチックが割れています。うーん、修復は難しいかな?一応次のディーラーまで持って行きますか。

エスペランサがキレイになったところで、給油。予備の10リットルタンクにも給油。そして再びHotel Avenidaにチェックイン。

荷物を外し、濡れタオルでエスペランサを念入りに拭いていると、オハギが帰ってきました。納得のいくまで拭いた後、2人で夕飯。9時半頃までいろいろ歓談しました。彼女は日曜日の早朝のバスでチリのサンペドロ・アタカマに行く予定。ワシは明日出来ればチリのカラマまで行き、明後日アタカマに行く予定なので再会できそうですね。


Day 459: 27 OCT 2011

Uyuni - Salar de Uyuni - Uyuni (Hotel Avenida)
41,496km to 41,697 = 201km

I got ready by 9am, but when I went outside, I met the guy from Hodaka Mountain Tour Co. He said there would be 3 Japanese girls (including Ohagi) joining his tour (from 10:30am) today, so he suggested me to follow the tour.

That sounded like a pretty good idea. The diver / guide would be Walter, the same driver / guide So I decided to wait for the tour. Ohagi woke up just before 10:30am...

The member of the tour were, 3 Japanee girls Ohagi, Rika, and Yasumi, 2 Argentinians (a couple), and 2 Spanish girls. 

We went to the cemetary of the locomotives. I came here with the tour 2 months ago, but coming with own bike, was priceless. I took a photo with Ohagi. 

Then we headed to Village of Colchani. There was a 20km of dirt road to get there. There were bad currugation in some secions. I followed the Landcruiser around 70-80km/h. It was very dusty riding behind the car!!

At Colchani, we stopped for a break. Some member of the tour went for a shopping. My GS was drowing all the attentions of other tourists!!

THen we entered the salt flat. The edge of the salt flat would be always wet, but it was not as wet as 2 months ago. But there were some wet spot and pot holes filled with salt water, so I rode slowly and carefully not to splash salt water to my GS.

Then we came to the dry surface of the flat. We drove to the "Salt Hotel". Every where was white. It was exceptional feeling riding on the salt flat with own GS!!

At the salt hotel, a Bolivian band was making their PV. Many tourists came to chat with me. Rika will stay a night at the salt hotel, so we said good-bye to her there.

I checked my GS and I could see some salt splashed underneath of the bike...

Then we headed to "Isla de Pescado (Fish Island). As we rode to the middle of the salt flat, the hexagonal salt cristal became more clear and more beautiful. I was glad that I made it to the salt flat on my GS, really.

I did see nothing but salt for a while, but gradually I started to see Fish Island on the horizon. It looked like "Fish" a little bit.

From the hotel, it took about 1 hour to get to the island. It was around 2pm. There we had lunch. I had some biscuits, and I was having them as lunch. But Walter offered me lunch! I did not pay for the tour though. Thanks, Walter!!

Then we went to walk on the island. The island itself was made with fossilised coral. There used to be under the sea. The continental plates of Pacific and South America corrided, and South American continent was lifted up - that created Andes. When the sea bed was lifted, sea water was trapped inland. Gradually it dried up and became "Salar de Uyuni", and there are 5 island like Fish island on the slat flat. Very interesting. 

Now the fossilised coral island is covered by cacutus. There was a sign saying one of the cactus would be as old as 900 years! I did not know cacuti could live that long.

After waking around the island, I said good-bye to the tour. They were heading to the north to Volcano. But the part of the salt flat would be more wet, and I had been there with the tour before.

So I head back to Colchani. On the way back, I took many photos of my GS on the salt flat. Mr. Sheep was also happy to be on the flat again.

From Colchani to Uyuni, I rode on the dirt again. This time I was alone, so I was riding faster.

I came back to Uyuni around 5:30pm. As soonas I got there, I went to a car washing place to wash off salt from my GS. It cost me 20Bs (expensive!) but I should do it. Then I found out the rear mud guard was broken. On bolt was missing and the plastic was broken off!! I was not sure if it could be fixed, but anyway I would keep the mud gurad until Tucuman, Argentina (next BMW stop) to see if I could fix it.

Now my GS was clean. I went to a petrol station to fill up (filled up a jerry-can as well). I checked-in at Hotel Aveida again. 

When I was wiping my GS (to make sure I get rid of all salt from her), Ohagi came back. We went for dinner and had chat till 9:30pm. She would be heading to Chile as well and would be in San Pedro de Atacama by Sunday. So we sould be able to catch up there.

Tomorrow I am heading to Calama, Chile. Bye-bye to Bolivia!!

拍手[3回]

PR
  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
TRACKBACK

TrackbackURL

フリーエリア
一日一回クリックするとランキングがあがります! よろしくお願いいたします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



View Europe in a larger map
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
New Comments 最新コメント
[04/20 Yoshi]
[09/01 NONAME]
[02/07 室橋一也]
[02/04 Yoshi]
[02/03 Yoshi]
カウンター
プロフィール
HN:
三郎
性別:
男性
職業:
革命家
趣味:
バイク・旅
自己紹介:
オーストラリアに移住して16年。遠く南の大陸から母国日本を眺めてみて危機感を感じてはや16年。なにか出来ないものかと考えて考えて、ようやく自分で行動することに数年前に思い当たる。とりあえず自分が出来ることから始めよう!ってことで、革命軍M-26-Julioをシドニーで結成。
誰かが世の中変えるのを待ってるだけじゃなく、自分で社会に貢献できることから始めよう。
世界を旅しながら色々な人と出会い革命の輪を広げていきたい。
2010年からおやすみ羊とBMW R1200GSで世界一周中!

Hasta la victoria siempre, Patoria o Muerte!

現在の愛車:BMW R1200GS 「Esperanza de la Tora」(世界一周)、 SUZUKI DR650SE 「孫市」(オーストラリア一周)
過去の愛車:Buell XR12R Firebolt, Yamaha FZ1, Yamaha TRX850, 、HONDA XR250R, Suzuki XF650 Freewind, Yamaha XV250 Virago
ブログ内検索
バーコード
Copyright ©  -- M-26-Julio 羊とめぐる冒険 BMW R1200GSで世界一周の旅 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]