忍者ブログ

三郎とおやすみ羊のBMW R1200GSで世界一周の大冒険

   
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

双子のGSチリへ / Twin GS to Chile!
Day 460: 2011年10月28日

Uyuni, Bolivia to Calama, Chile (Hotel Ayquina)
41,697km to 41,929km = 232km (Bolivian side)
41,929km to 42,129km = 200km (Chilean side); Total = 432km

DSCF9851.jpg今日は朝9時ごろに出発しようと思っていたのですが、6時ごろに目が覚めてしまいました。ちょっとベッドの上でウダウダして、外に出るとライダーがいました。そうです、もう1つのオレンジ色のGSのオーナーです。彼はフレッド、ドイツ人。チリでGSを買って3ヶ月間でチリ、ペルー、ボリビア、アルゼンチンを旅するのだそう。「今日は何処まで?」と訊くと、「チリのカラマまで。」と言うので、同じ目的地。なので一緒に行くことに。だから出発は早めになりました。

オハギはまだ寝てましたが、起こしてお別れ。でも彼女も日曜日にはアタカマに来るのでそこで再会できそうです。

さて荷物を積んで出発!、というところでフレッドのエンジンがかかりません。どうやらバッテリーが切れたらしい。

何回か押し掛けを試みましたが、駄目。ジャンプ・スタートをしようということになり、宿のおじさんに訊いたら、ケーブルを貸してくれました。宿の前に停まっていた4駆にケーブルをつながしてもらって、エンジン始動!!かかりました。オハギに別れを告げて出発。

さて、それからフレッドは給油しなければいけないので、ガソリンスタンドに行きましたが、1軒目は開いてません。2軒目は10時にならないとガソリンが無い・・・。3軒目でようやく給油が出来ました。

ようやくこれでウユニを後にします。一路90キロ先の村、San Cristobalを目指します。San Cristobalまでは未舗装ですが硬く締まっているので舗装路と変わらなく走れます。

DSCF9852.jpgDSCF9854.jpgDSCF9855.jpg





San Cristobalで給油。ここからチリのカラマまではガソリンスタンドはありません。Villa Alotaを越えた辺りで道路工事をしてました。本線は通行止めなので脇道を通ります。本線に戻ったら、水の撒き過ぎで路面がぬかるんでます。ワシが先頭を走ってましたが、ツルリ、とこけそうになりましたが、何とか持ちこたえて乾いた路面へ。後ろからフレッドが着いてきましたが、ツルリと滑ってコントロールを失い路肩へドッシャーン!と転倒!! 

DSCF9860.jpgDSCF9864.jpgワシはUターンしフレッドに駆け寄ります。道路工事のおっさんと3人でフレッドのバイクを起こします。どうやらダメージは無いようです。良かった。(転倒時の写真は残念ながら撮り忘れました)。

DSCF9865.jpgしばらく走ると、4駆が何台か停まっているところが有りました。どうやら見晴らし台みたいなので、ワシ等もそこに本線から外れていきました。


DSCF9867.jpgDSCF9873.jpgDSCF9874.jpgしかし、本線から外れると、結構深い砂。フレッドが砂でスタックしたのでワシが後ろから押して脱出。そして、ワシが砂に突っ込みましたが、フロントを取られて転倒(スピードは出てないのでポテゴケみたいなかんじ)。フレッドとエスペランサを起こして、見晴台へ。Volcan Ollegue(オヤゲ火山)をはじめ山々がなかなかの眺めです。

DSCF9881.jpgDSCF9883.jpgそれからしばらく走り、国境へ。ボリビア側(Avaroa)はすんなりパス。



DSCF9884.jpgチリ側(Ollague)へ行き入国手続き。こちらもすんなりパス。



チリ側は道が良くなる、と思ったのですが、逆に悪くなりました。コルゲーションと多少の砂で走りにくい箇所が結構ありました。昼過ぎなのに飯屋は全く無いので、飯も食えずに、疲れてきました。

DSCF9886.jpgDSCF9887.jpg塩原を横切り、どんどん進みます。景色が良い所で停まって写真を撮っていたら、右側のフォグライトが紛失していることに気が付きました! せっかくラパスで修理したのに・・・。しかもヘッドライトがどうやら緩んでます。ネジを締めなおしましたが、フレッドのに比べてなんかガタガタします。宿に着いたら見てみますか。昨日の泥除けの破損に続いて、色々破損してきますね。

DSCF9891.jpgDSCF9892.jpg更にダートを走ります。カラマ手前でようやく舗装路になります。流石に400キロのダートを一気に走ると疲れました(1ヵ月半バイクに乗っていなかったので、体力が落ちてしまったようです。)。

カラマの街には6時過ぎに到着。宿を探してチェックイン。フレッドは吹け上がりが悪いので、エアフィルタの掃除。ワシはバイクを掃除しながら、ネジの緩みを確認。ヘッドライトのガタガタはちょっと直すのにカバーとか色々外さなければならないので、暗くなってきたし今日はパス。

遅い夕飯を食べて、シャワーを浴びて、日記をつけて、眠りに付きます。明日はサン・ペドロ・デ・アタカマまで約100キロなのでゆっくり出発ですね。


Day 460: 28 OCT 2011

Uyuni, Bolivia to Calama, Chile (Hotel Ayquina)
41,697km to 41,929km = 232km (Bolivian side)
41,929km to 42,129km = 200km (Chilean side); Total = 432km

I was thinking to leave Uyuni around 9am, but I woke up around 6am. When I got up and went out side, I met Gottfreid - the owner of another orange R1200GS! His GS has a Hilean number plate, but he is from Germany. He said he bought it in Chile and travelling around Chile, Peru, Bolivia and Argentina for 3 months.

He was heading to "Calama, Chile" today, the same destination as me. So we decided to ride together.

As Ohagi was still at sleep, I woke her up and said good-bye. She will go to San Pedro de Atacama by Sunday, so we could catch up there.

We were ready to leave before 8am. But Gottfreid could not start his engine... It seemed like he got a flat battery. We tried push start, but could not. So we borrowed a jump start cable from the hostel, and asked the 4X4 parked outside of the hostel for a help.

Then he could start his engine! Firstly we went to a petrol station to fill up Gottfreid tank. But 2 of the petrol station did not have any petrol... The 3rd one, had, yeah.

We headed to San Cristbal, around 90km from Uyuni. The road was the hard packed dirt, so it was easy ride. We filled the tanks there and headed to the border.

Just after Villa Alota, there was a roadwork section. THe surface was wet and muddy, so I slipped and nearly dropped my GS, but managed to get to the dried surface. But Gottfreid, following me, slipped in the mud and crushed his GS!! 

I u-turned and went to help him to pick up his GS. Amazingly there was only miner scruch on his side bars!!

Then we continued. We saw many 4X4 parked at the mirrador, so we went there. But off the main truck, it was very sandy so Gottfried stuck. I helped him to push and he got out. Then I entered the deep sand and I dropped my GS. He helped me to pick up, and we got up to the mirrador.

There were 3 mountains could be seen. One of them was Volcan Ollague. Very nice view.

We continued to the border (Avaroa). We got there by 12:30. The border crossing was easy. Then we went to the CHilean side (Ollague). It was easy process too.

I thought the road condition at Chilean side would be better, but it wasn't. There were some section sandy and corrugated, but not hard. I was hungry (Gottfreid said he wasn't), but we could not find any food.

We passed a salt flat. I parked and was taking phoots. And I realised I lost the right fog light!! The one I fixed in La Paz!! Also the head light got loosen. The constant vivtration made those bolt loosen.

The dirt road continued until just before Calama. We rode through 400m of dirt road today. As I did not ride for 1 month and half, so I was really tired.

We came to Calama around 6pm. We found a hostel with a parking space (12,500CLP each, expensive!!). Gottfreid was cleaning his air filter and I was cleaning my GS and checked if there was any loosen bolt.

We went out for a later dinner. I made a diary and went to bed. Tmorrow we will ride to San Pedro de Atacama, 100km away from here. So it should be an easy ride.

拍手[4回]

PR
  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
TRACKBACK

TrackbackURL

フリーエリア
一日一回クリックするとランキングがあがります! よろしくお願いいたします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



View Europe in a larger map
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
New Comments 最新コメント
[04/20 Yoshi]
[09/01 NONAME]
[02/07 室橋一也]
[02/04 Yoshi]
[02/03 Yoshi]
カウンター
プロフィール
HN:
三郎
性別:
男性
職業:
革命家
趣味:
バイク・旅
自己紹介:
オーストラリアに移住して16年。遠く南の大陸から母国日本を眺めてみて危機感を感じてはや16年。なにか出来ないものかと考えて考えて、ようやく自分で行動することに数年前に思い当たる。とりあえず自分が出来ることから始めよう!ってことで、革命軍M-26-Julioをシドニーで結成。
誰かが世の中変えるのを待ってるだけじゃなく、自分で社会に貢献できることから始めよう。
世界を旅しながら色々な人と出会い革命の輪を広げていきたい。
2010年からおやすみ羊とBMW R1200GSで世界一周中!

Hasta la victoria siempre, Patoria o Muerte!

現在の愛車:BMW R1200GS 「Esperanza de la Tora」(世界一周)、 SUZUKI DR650SE 「孫市」(オーストラリア一周)
過去の愛車:Buell XR12R Firebolt, Yamaha FZ1, Yamaha TRX850, 、HONDA XR250R, Suzuki XF650 Freewind, Yamaha XV250 Virago
ブログ内検索
バーコード
Copyright ©  -- M-26-Julio 羊とめぐる冒険 BMW R1200GSで世界一周の旅 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]