忍者ブログ

三郎とおやすみ羊のBMW R1200GSで世界一周の大冒険

   
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

タラブコの市場 / The market @ Tarabuco
Day 427: 2011年9月25日

Sucre (Hostal Pachamama)
41,085km

DSCF9622.jpg今日は朝6時15分に起床。キャンプしてたら別に早い時間でもないんですけど、最近のダラケた生活を送っているワシにはキツイ!! というか、アダムにもキツイ!!

しかも朝水道が止まってました。顔も洗えない・・・。クッキーを朝飯代わりに食べてMotoserviへ。ハイメさんと若い衆は既に起きていました。タクシーでコレクティーボ乗り場へ。

1時間とちょっとトコトコと車に揺られてタラブコへ。3週間前に同じ道をスクレまで走ってきたんですよね。もう3週間前!! 時間が経つのは早いですね。

DSCF9623.jpgDSCF9624.jpgタラブコに到着したのは9時前。まだ露店はチラホラと開店している状態。外国人観光客はワシ等だけでした。中央公園に大きな像があるのですが、1800年代にタラブコ族とスペイン軍の戦いを描いているもの。なんとタラブコ族の戦死がスペイン兵の心臓をえぐって喰らいついている、というちょっと過激な像でした。

お腹が空いたので先ずは軽く朝食。それから中央市場を見たり、露店を見たり。ワシの目を惹いたのはグアテマラから今までインディヘナの服装はほぼ変わらなかったのですが、タラブコ周辺のインディヘナ民族衣装はちょっと特別なんです。インディヘナの人は基本的に写真を撮られるのを嫌がるので写真は無いですが・・・。

DSCF9630.jpgDSCF9632.jpg街角を歩いていると鍛冶屋さんがありました。留守だったので中の写真を撮っていたら、鍛冶屋さんが帰ってきて、チップを請求されました。5ボリ。しかしお金を取るだけあって、農具を熱して叩いているところを撮影させてくれました。鍛冶屋さんの名前はマルティン(Martin)さん。おん歳67歳で、12歳から鍛冶を初めて55年。素敵です。

DSCF9634.jpgDSCF9635.jpgしばらく歩き「田舎っペ市場(Mercado Campesino)」へ。ここでは色鮮やかなジャガイモなどの野菜、肉、ハーブ、コカの葉、乾燥した脂身、などなどが売られています。


DSCF9637.jpgDSCF9638.jpg市場の外には運搬用トラックが駐車していましたが、その中の一台が「生鮮野菜 安達商店」とあります。日本でも野菜を運搬し、ボリビアでも野菜を運搬。やりますねトラック。もう一台は「産廃運搬」とありましたが、コーラなどの飲料運搬に使われていました。

DSCF9640.jpgなかなかお洒落な中庭のあるレストランで昼飯を食べて、それからスクレまでコレクティーボで帰りました。車の中で3人とも転寝。

宿に戻り、ウベが昨日知り合った地元のライダー・マルセロさんと知り合いました。ウベのフレームの溶接はどうやら出来るそうです。しかも彼の知り合いがどうやらワシのショックを修理できるそう(以前GSのショックを修理した知り合いがいるそうです)。なので明日再び宿に来て詳しい話をしてくれるそうです。既にショックはオーダーしましたが、届かない可能性もあるので、選択肢は広げたほうがいいので。

DSCF9641.jpgDSCF9643.jpgしばらく中庭でスージーやコーリたちと歓談し、夕飯へ。アダムと南米で最後の夕飯となるので、ちょっと贅沢に(最近贅沢しすぎですね)「Joy Ride」でチリ・コン・カルネを。

さて明日はアダム出発の日。彼を見送ってからウベの部屋に引越しです。それからマルセロさんの知り合いの工房を訪ねたり、タイヤを見に行ったり、とちょっと忙しい一日になりそうです。


Day 427: 25 SEP 2011

Sucre (Hostal Pachamama)
41,085km

Adam and I woke up at 6:15am! If we were camping, it was not really early at all, but we had been lazy in Sucre for a while, so it was hard. 

We went to Motoservi to see Jaime, and we caught a taxi to a collectivo station. To Tarabuco, it took 1 hour and 15mins or so. I came the same way from La Higuera 3 weeks ago, 3 weeks!! I really neet to move on ASAP.

We arrived Tarabuco just before 9am. The street stands and shops were not fully ready and there was no any tourist (except us) so far. We had breakfast first and started to look around.

At the central plaza, there was a statue of a Tarabuco worrier and a Spanish solidier of 19th century. It was quite brutal one. The Tarabuco worrier got the Spanish soldier's heart and was eating it!!

What drew my attention was the costume of those Indigenas of Tarabuco was very different from other Indigenas. To me, from Guatemala, those costumes of Indigenas looked almost the same. Especially, those men were in their traditional costume, which was very unusual. As tehy did not like to be taken a photo, I did not take any.

When we passed a street, we saw a Blacksmith. In order to take his photos, we had to pay 5Bs, but he let us take photos while he was working and told us his story. He was 67 years old and started to work as a blacksmith whe he was 12! So he had been working for 55 years.

Then we walked to "Mercado de campesinos (farmers market)". There those vegetables, meats, herbs, dried fat of animals, coca leaves, colourful potatos were sold.

In front of the market, there were those tracks carrying veges, bottled drinks and so on. One of them were clearly from Japan (a used comercial vehicle). It was used to carry veges in Japan as well, so it was interesting to see that it was used for the same purpose in Bolivia as well.

We had lunch at a restaurant, then we tooka collectivo back to Sucre. We all were sleeping on the way back.

Back to the hostel, we met Marcelo - the local motorcyclist whom Uwe met on the way here - and he was telling Uwe to go to the workshop of his friend where he could weld his broken frame. He also said, at the same workshop my shock could be rebuilt. He said there was a guy with GS 1200 with the same problem got his shock rebuilt there.

So we will visit his friend's workshop and will see if he really can rebuild my shock. It is better to have more options in a situation like this.

Then we went for dinner with Susie @ Joy Ride as tomorrow Adam is leaving to Uyuni. I had Chili con Carne. It was a little expensive, but was good.

拍手[3回]

PR
  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
TRACKBACK

TrackbackURL

フリーエリア
一日一回クリックするとランキングがあがります! よろしくお願いいたします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



View Europe in a larger map
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
New Comments 最新コメント
[04/20 Yoshi]
[09/01 NONAME]
[02/07 室橋一也]
[02/04 Yoshi]
[02/03 Yoshi]
カウンター
プロフィール
HN:
三郎
性別:
男性
職業:
革命家
趣味:
バイク・旅
自己紹介:
オーストラリアに移住して16年。遠く南の大陸から母国日本を眺めてみて危機感を感じてはや16年。なにか出来ないものかと考えて考えて、ようやく自分で行動することに数年前に思い当たる。とりあえず自分が出来ることから始めよう!ってことで、革命軍M-26-Julioをシドニーで結成。
誰かが世の中変えるのを待ってるだけじゃなく、自分で社会に貢献できることから始めよう。
世界を旅しながら色々な人と出会い革命の輪を広げていきたい。
2010年からおやすみ羊とBMW R1200GSで世界一周中!

Hasta la victoria siempre, Patoria o Muerte!

現在の愛車:BMW R1200GS 「Esperanza de la Tora」(世界一周)、 SUZUKI DR650SE 「孫市」(オーストラリア一周)
過去の愛車:Buell XR12R Firebolt, Yamaha FZ1, Yamaha TRX850, 、HONDA XR250R, Suzuki XF650 Freewind, Yamaha XV250 Virago
ブログ内検索
バーコード
Copyright ©  -- M-26-Julio 羊とめぐる冒険 BMW R1200GSで世界一周の旅 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]