忍者ブログ

三郎とおやすみ羊のBMW R1200GSで世界一周の大冒険

   
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ちょっといい話。ブラジルでの最後の夜 / A nice story. The final night in Brazil.
Day 627: 2012年4月15日

Balneario Camoboriu to Porto Alregre  (La Casa do Pliniol)
59,684km to 60,235km = 551km

さて、出発の日です。出発の準備をし朝食をドロール&アンジェラと頂きました。

It's the day to restart my trip to Buenos Aires. I got up early and got ready before having breakfast with Dolor & Angela.

ガレージまで見送りに来てくれた2人。ハグをし再会を誓い、出発。2人には本当に感謝してもしきれないほどの恵みをいただきました。本当に本当にありがとう!

They came down to the garage to see me off. We hugged and promissed to see each others again! I have received so much kindness from them. Thank you, thank you so so much,my friends!!
e7e25970.jpegDSCF1978.jpg
































ワシがブラジルを再訪するのが先か、2人が日本に遊びに来てくれるのが先かわかりませんが、是非とも再会したいです。

国道101号線南下。1時間くらい走るとサンタ・カタリーナ州の州都フロリアノポリスが左手に見えてきます。首都はなんと本土ではなく島にあるんです。美しい州都と話には聞いていましたが、遠目にもキレイに見えました。

I rode south on BR-101 Freeway. After 1 hour ride or so, I could see the capital of Santa Catarina State, Florianopolis. I heard it was a beautiful city located on an island rather than on the mainland. I could only see from the distance, but it looked really a nice city.

途中サンタ・ローザ(Santa Rosa)からオソリオ(Osorio)あたりは湖が多い地帯で、結構な強風が。まぁ、パタゴニアの風に比べたら大したことは無い、って思ってしまうんですけどね。

From Santa Rosa to Osorio, there were many lakes around. And there were strng winds too. If I compare them to the winds of Patagonia, they are nothing, thoug.

今日の目的地はヒオ・グランジ・ド・スル州(Rio Grande do Sul)のポルト・アレグレ(Porto Alegre)です。ドロールの友人プリニオ(Plinio)さん宅に泊めて頂ける事になってるんです。

Today, I was heading to Porto Alegre, the State capital of Rio Grande do Sul. A freind of Dolor - Plinio invited me to his place to stay.

もう3週間前になるんですかね、マッコリさんの誕生日にプリニオさんも来ていて紹介してもらったのは。プリニオさんは元航空エンジニアでありパイロット。英語もペラペラなのでコミュニケーションの心配は要りません。

It was around 3 weks ago, I met Plinio at the birthday party of Maccori. Plinio came to celebrate Maccori's birthday and Dolor introduced him to me. Plinio was an airplane engineer and is a pilot. He speaks fluent English, so I would not have any communicaton problem.

ポルト・アレグレには4時前に到着。しかしプリニオさんのマンションを探すのに一苦労。一方通行が多くて…。

I got to Port Alegre by 4pm. But it took a while to find his apartment. There were many ne way in this city...

4時半頃にようやく到着しました。しかし、ブザーを押しても返事がない。公衆電話から電話をしたところ、奥さんが出て「プリニオは今出てるから、マンションの前で待ってて」と。ポルトガル語と英語を交えての会話だったのでよくわかりませんでしたが、どうやらプリニオさん夫妻はマンションでなく違う場所に住んでいるみたいです。

Finally, I found the apartment around 4:30pm. I beeped the bell, but none was answering. I called his number from a public phone and his wife answered. As we spoke in mixture of English and Portugese, I did not get full picture, but what I understood was Plinio and his wife were at another house rather than the apartment. He was out at that time, so she told me to wait in front of the apartment.  

しばらくマンションの前で待っているとべスパに乗ってプリニオさん夫妻が登場!!早速エスペランサをガレージに入れて、部屋に案内されました。やはり2人は違う場所に住んでいて、今は改装中なので、家には泊められる部屋がないとのこと。マンションは誰も住んでいないので、こちらに泊まらせていただくことに。


I was waiting for a while and Plinio and his wife came with a Vespa! I parked Esperanza in the garage and tey took e to their apartment. As I guessed, they were living in another house. The house is nder renovation, so I could stay in the apartmen (none is living there now). 

「日没まで時間が無いから、とりあえず市内観光しよう!」とプリニオさん。べスパを追いかけることに。

"Let'S go for a ride around the city. We dont have much time before the sunset!", Plini said. So Ifollowed their Vespa.

街の中心地である市庁舎、カテドラル、公園を通り過ぎて、シアターなど歴史建造物を見ます。あ、バイクで通り過ぎるだけなので、写真は撮ってません。

We rode through the down town of the city. There were hstric buildings like Town Hall, Cathedral, a central park and then a theatre. As we rode through, I don't have any photo!

ポルト・アレグレは大きな川「ヒオ・グアイバ」沿いに発展した港町なんです。海岸線ならぬ河岸線を走り、そして高台に。残念ながら、高台に上ったときには陽はもう沈んだ後でしたが、キレイな街ですね。

Port Alegre is located on the river side of "Rio Guaiba". This part of the river is like lake and the city used to be flourished as the major port of Rio Grande do Sul. We rode along the river side and we went to a hill to see the sunset. Unfortunately, by the time we got the top of the hill, the sun was set already... But the city view was beautiful.
DSCF1980.jpg

















2人の家に行き、ガレージを見せてもらいました。ハーレーとHONDA CB450、そしてKAWASAKI Vulconがあります。

Then they took me to their house. In the garage, there were Harley Davidson, HONDA CB450 and Kawasaki Vulcon.
DSCF1982.jpgd5de5f52.jpeg

































マンションに戻る途中、ガソリンスタンドで給油。べスパも給油、と思ったらシートが外れません!! ガソリンタンクはシートの下なんですが、シートを外せないと給油も出来ません。しかも、べスパ、スタンドの目の前でガス欠してるので、もう動きません…。

On the way back to the apartment, Plinio and I went to a petrol station. I refuelled and as his Vespa had no gas at all (the engine stalled a few times just in front of the station), Plinio tried to remove the seat (the gas tank is located under the seat). But it did ot come off at all. The button did not release the clamp (it looks like the part was made in China).

色々試しましたが駄目で、「工具を持ってくる!」とプリニオさん。丁度ガソリンスタンドにやってきた車を捕まえて、「家まで連れて行ってくれない?」と。そうしたら「いいよ!」とそのまま行ってしまいました。

He tried many times but it did not come out. "I will take my tools from the house!", said Plinio. He asked a guy just came to the station on his VW and he gave Plinio a ride back to his home!! How wonderful!!

しばらく待って、工具を持って帰って来ました。しかし、シートは外れません。

Pliniocame back with some tools. He tried to release the clamp, but it wasn't working...

仕方が無いので、今日は諦めて、再び家に帰り車でやってきました。

So he gave up for today. He asked a motorcyclist to give him a ride home and he came back with his VW Beatle.

本来ならワシが乗せてあげればいいのですが、タイヤも積んでますし、プリニオさんの帰りの足が無いので、ということなんです。

If I could give him a ride, that would be better, but I was carrying a tyre, so he could not hop onto the pillion seat.

ようやく帰りついたのは9時過ぎ。それから近くの食堂で夕飯を一緒に。色々な話をしましたが、一番印象に残ったちょっといい話を紹介します。

We came back to the apartment after 9pm. We walked an eatrey nearby and had diner together. We talked a lot but the story below he told me was my favorite. So I share it with you.

プリニオさんの友達、名前は聞いていないので、パブロ、としておきましょう、パブロはブラジルのボルボ・トラックの生産工場に勤めていました。

The story is about Plinio's friend, I did not get his ame, so let's call his Pablo. He was working for Volvo Truck factory in Brazil.

パブロが研修にスウェーデンに行ったときの話しです。

He went to Sweaden for a traning.

パブロは車を持っていないので、スウェーデン人の同僚が毎朝迎えに来てくれることになりました。「7時15分に迎えに来るから」と。

As Pablo did not have a car in Sweaden, his Sweadish colleague offered him a ride to work. He said to Pablo, he would pick him up at 7:15 in the morning.

約束通り同僚は7時15分に迎えに来て、7時45分には工場に到着です。始業時間は8時から。

He came to pick up Pablo at 7:15am as he said. They got to the factory by 7:45am. The work would start at 8am.

工場なので何百台も駐車出来るスペースがあります。まだ、駐車している車もまばらです。同僚は工場の建物から離れた所に車を停めて、2人で建物まで歩いたそうです。
寒い寒い時期にです。パブロは「何故近くに停めないのだろう?」と疑問に思いましたが、その日は黙っていました。

The parking lot of the factory was huge, it could fit handreds of cars. There weren't much cars in the parking lot as yet. But his colleague parked his car far away from the building even though there were plent of spaces available nearby the building.

It was a really cold season (in Sweaden!!). Pablo thought why his colleague did not park the car closer to the building, but he did not ask.

次の日も7時15分に迎えに来てくれて、7時45分に到着。スペースは沢山あるのに離れた場所に停める同僚。

The coleague came to pick up Pablo at 7:15am and then arrived by 7:45am. The same deal again, he parked his car far away from the bulding when there were many spaces left.

パブロは思わず質問したそうです。「なんでこんなに離れた所に停めるの? 近くにも沢山スペース空いているじゃないか。」と。

Pablo asked him why he parked his car there when there were many spaces aailable nearby the building.

そこで、同僚はなんて答えたと思います??

What do you think how the colleague replied?

こう答えたそうです。「僕らは充分始業時間に間に合う時間に到着した。近くのスペースは始業時間ギリギリに到着する人たちに残しておこうと思ってね。」、と。

He replied, "We arrived here early enough to walk to the building. So I leave those spaces for those who arrive just before the work starts."

素敵だと思いませんか? ワシが目指す未来の日本はこういう考えを皆が持つ国、なんです。ワシはこの話を聞いて流石北欧、先進国だなぁ、って思いました。
人類みんなこう在るべきなんです。

Isn't it wonderful!? I am aimng to make Japan like this - everyone can think like this gentleman. I thought the developed nation should be like this. All human being should be like him.

まぁ、そんなこんなで楽しかったブラジル最後の夜を過ごしたのでした。

Just like this, I spent a god evening with Plinio. This would be my final night in Brazil, well on this trip.

*******************************************************************************************************************************************************

世界一周ブログランキングに参加中です。 上位にランクインすることで、このブログがより多くの方の目に留まります。そして更に多くの方に読んでいただけます。 クリックしてご一票をいただけると嬉しいです。

I am competing in "Round the World Trip Blog Ranking". Please click the button to make my blog No.1!! にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 *******************************************************************************************************************************************************

拍手[3回]

PR
  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
フリーエリア
一日一回クリックするとランキングがあがります! よろしくお願いいたします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



View Europe in a larger map
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
New Comments 最新コメント
[04/20 Yoshi]
[09/01 NONAME]
[02/07 室橋一也]
[02/04 Yoshi]
[02/03 Yoshi]
カウンター
プロフィール
HN:
三郎
性別:
男性
職業:
革命家
趣味:
バイク・旅
自己紹介:
オーストラリアに移住して16年。遠く南の大陸から母国日本を眺めてみて危機感を感じてはや16年。なにか出来ないものかと考えて考えて、ようやく自分で行動することに数年前に思い当たる。とりあえず自分が出来ることから始めよう!ってことで、革命軍M-26-Julioをシドニーで結成。
誰かが世の中変えるのを待ってるだけじゃなく、自分で社会に貢献できることから始めよう。
世界を旅しながら色々な人と出会い革命の輪を広げていきたい。
2010年からおやすみ羊とBMW R1200GSで世界一周中!

Hasta la victoria siempre, Patoria o Muerte!

現在の愛車:BMW R1200GS 「Esperanza de la Tora」(世界一周)、 SUZUKI DR650SE 「孫市」(オーストラリア一周)
過去の愛車:Buell XR12R Firebolt, Yamaha FZ1, Yamaha TRX850, 、HONDA XR250R, Suzuki XF650 Freewind, Yamaha XV250 Virago
ブログ内検索
バーコード
Copyright ©  -- M-26-Julio 羊とめぐる冒険 BMW R1200GSで世界一周の旅 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]