忍者ブログ

三郎とおやすみ羊のBMW R1200GSで世界一周の大冒険

   
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

シルビアのインディヘナ市場へ / Went to Indigena Market in Silvia
Day 290 : 2011年5月10日

Papayan (Hostaltrail)
30,964km

今日は早起き(6時)して近郊の村シルビア(Silvia)のインディヘナ(原住民)市場に行って来ました。火曜日にしか市が立たないというのでそれに出会わせたワシはツイてます。

7時前にジミーのホテルへ。ホテルは1部屋35,000ペソ。ジミーとジーの2人なのでホステルと同等の値段で個室、駐車場(少し離れているところですが)も無料で利用できます。うーん、2人旅、うらやましいなぁ(最近失敗したのに懲りてない三郎)。

ジミーの車はトヨタのピープルムーバー(オーストラリアでいうとTaragoみたいなの)です。日本では売られてないんじゃないですかね。後部座席は無く荷物入れの上にキャンプマットが敷いてあります。車だと荷物がイッパイ積めていいなぁ。

DSCF5129.jpgDSCF5130.jpgシルビアまで1時間チョいの道のり。結構山道を登って行きます。こりゃぁ寒くなるかな?最後の辺は舗装もなくなり村に到着。民族衣装に身を包んだ人たちが沢山います。

DSCF5132.jpgDSCF5134.jpgDSCF5135.jpg




彼等は警戒心が強いのかな?と思ったら結構フレンドリーです。向こうから挨拶してくる人もいました。ガイドブックにもあったのですが、ここの市場は観光客向けではなくあくまでも食料などの生活用品をうる市場。売っている物も街の市場と変わりませんが安い!朝飯をちゃんと食べてなかったのでエンパナーダなどをつまみながら見て歩きます。

DSCF5136.jpgDSCF5139.jpg結構「チェ」とか「エルネスト」とか声を掛けられます。日本語で声を掛けてくる人までいます。こんなド田舎で。ちょとおビックリ。声を掛けてきたおっさんたちと軽く歓談。楽しいなぁ。

DSCF5137.jpgでも、市場自体は小さいしものの1時間も見れば飽きてしまいます。インディヘナの人たちの写真を撮ろうと思って「撮っていいですか?」と訊いたら「お金くれ」と。残念・・・。

ジミーたちはもともとちょっと見たらパスト(Pasto)へ向かうつもりだったので、ワシ等も便乗してポパヤンまで送ってもらうことに。これでバス代と時間が浮きました。

DSCF5141.jpgDSCF5142.jpgDSCF5143.jpg





戻る途中警察が車を停めています。自転車がどうのこうの言ってます。ジミーの車の後ろに自転車が2台括り付けてあるのですが、それが問題か?と思いきや、自転車レースのことでした。ここもコースになってるみたいです。30分くらい足止めを喰らって、ようやく自転車が来ました!すごいスピード、すごい数です!ちょっとビックリ!

ポパヤンまで送ってもらって、ジミーとジーにはキトで再会を誓って別れました。宿でしばらくネットをして昼飯。今日は機能歩いてて見つけた3,000ペソの店で。スープ、ドリンクと定食で3,000ペソ。ボリュームもあるし味もRIco(美味しい)! これは破格ですね。

宿に戻りDVDで映画「レッドクリフ」を。赤壁の戦いを描いた超大作。なかなかの見ごたえです。カオルさんは朝が早かったせいか途中で居眠り。ワシも見終わったら昼寝。

DSCF5152.jpgDSCF5151.jpg夕飯をカオルさんと街へ。今日は「Mundocenter」の近くの屋台で「モツ焼き」と「肉の串焼き」を。1,000ペソずつ。屋台のお姐ちゃんに写真を撮らせてくれと聞いたら、ポーズをとってくれました。可愛いねぇ。「何処から来たの?」、「日本だよ」、「ジャッキー・チェンを知ってるか?」と訊いてきたので、「知ってるけど、彼は中国人だよ」と言ったら驚いてました。日本と中国では同じ言語を話してると思ってるみたいですね。ラテンアメリカでは結構そう思ってる人に出くわします。

DSCF5153.jpgそれだけでは足りないのでタマレスでも食べようかとMundocenterに向かって歩いていたら、「アチャー!」と後ろから攻撃が!! 「何を!!」と思って振り返ったら、アダムでした!! まさかココで再会するとは。Hotel Capitalに泊まってるそうです。バイクは中庭に駐車できて12,000ペソ!安い!! キッチンもWiFiも無いですが1泊だけなんで最高の環境ですね。明日彼はサン・アグスティンに向けて出発するそうです。一緒にタマレス(2,000ペソ)を食べてキトでの再会を誓い別れました。

さてと明日は8時ごろパストに向けて出発です。サン・アグスティンの遺跡群を見に行こうかと考えてましたが、マークとクレアからメールが来て道が結構悪いとのことなので止めました。パストまでは300キロ位なのですが舗装が悪く穴だらけなので6時間くらいかかるそうです・・・。でも意外に早くパストに到着できたら、国境の街イピアレス(Ipiales)を目指します。


Day 290 : 10 MAY 2011

Papayan (Hostaltrail)
30,964km

This morning I got up at 6am to go to Silvia - Tuesday Indigena market - with Kaoru, Jimmy and Ji. The market is open on tuesday only, so I reckon I am lucky to be here.

Kaoru and I walked to the hotel Jimmy and Ji stayed. They got Toyota people mover, so can carry lots of stuffs. Nice. They took off all back seats and made storage box and put camping matresses on top. They paid COP35,000 a night for the hotel including an evening parking space.The price is no different from a dorm room at a hostel. Two travelling together is very good. I envy them (I recently failed to do so, but still want to travel with someone special!!!) 

The ride to Silvia took around 1 hour. We climbed up hill quite high. In the end, the road became unpaved. 

In Silvia, there were lots of Indegena people dressing in their traditinal costume. I thought they would be very set back, but they were quite friendly and some even said "Hola! Buenos dias!" to us. Nice.

The market itself was not for tourists at all. It was for local people, so those veges, fruits, meats, panelas  etc were sold in the market. We did not have proper breakfast, so we were snacking empanadas and walked around the market. Jimmy and Ji bought oranges and bananas just for COP1,000. Very cheap.

Some locals greeted us in Japanese! What a surprise in such a remote village. Some called out to me "Che!" Well, Che is very popular everywhere.

The market was not big and within less than 1 hour we looked through the most of things. As Indegena people were friendly, we asked if we could take there photos, but they wanted money for that.....

Jimmy and Ji were planning to get to Pasto today, so we left there around 9:30am. But on the way back, police stopped traffic. A policeman was saying "Bicycle...". We thought 2 bicycle tied behind the car would be the problem, but it turned out to be "Bicycle race". He said we had to wait for 30mins to get those racers passing through here. So we waited.

The speed of those bicycles were quite fast. When the group of cyclists passed, it was quite a view.

Jimmy and Ji dropped us in Popayan. We will see again in Quito. Have a safe and nice trip! Nos vemos pronto, mis amigos!!

Back to the hostel, I surfed Internet for a while and went for lunch with Kaoru. We went to a restaurant offering COP3,000 lunch set menu. It came with a drink and soup too. The volume and taste of meal were great. For COP3,000, it was for sure the best meal ever I had in Colombia!!

Back to the hostel, we watched a Chinese movie "Red Cliff". Kaoru was sleepying in the middle of the movie, but I enjoyed watching it.

After the movie I had a nap too. Then we went out for dinner around "Mundcenter". There were street stands selling BBQ scewers and stir fried intestines. They cost COP1,000 each and very nice.

They were not enough to fill our stomach, so we were walking back to Mundocenter and someone came from behind, yelling "Acha---- (Just like Jacky Chan)". I turned around and it was Adam!!
He stays at Hotel Capital, wher Mark and Claire told us via e-mail for COP12,000 a night. He could park his DR in the courtyard. There is no kitchen and WiFI, but just for a night, it would be the perfect place to stay. He will be heading 6hours to get there.to San Agustin tomorrow. We had Tamales together. We will see again in QUito for sure.

Tomorrow, I am heading to Pasto. It will be 300km ride but the road is pretty in bad shape, so it will take  6 hours to get there. If I could get there much quicker, I would get to Ipiales - the border town.

拍手[3回]

PR
  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
TRACKBACK

TrackbackURL

フリーエリア
一日一回クリックするとランキングがあがります! よろしくお願いいたします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



View Europe in a larger map
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
New Comments 最新コメント
[04/20 Yoshi]
[09/01 NONAME]
[02/07 室橋一也]
[02/04 Yoshi]
[02/03 Yoshi]
カウンター
プロフィール
HN:
三郎
性別:
男性
職業:
革命家
趣味:
バイク・旅
自己紹介:
オーストラリアに移住して16年。遠く南の大陸から母国日本を眺めてみて危機感を感じてはや16年。なにか出来ないものかと考えて考えて、ようやく自分で行動することに数年前に思い当たる。とりあえず自分が出来ることから始めよう!ってことで、革命軍M-26-Julioをシドニーで結成。
誰かが世の中変えるのを待ってるだけじゃなく、自分で社会に貢献できることから始めよう。
世界を旅しながら色々な人と出会い革命の輪を広げていきたい。
2010年からおやすみ羊とBMW R1200GSで世界一周中!

Hasta la victoria siempre, Patoria o Muerte!

現在の愛車:BMW R1200GS 「Esperanza de la Tora」(世界一周)、 SUZUKI DR650SE 「孫市」(オーストラリア一周)
過去の愛車:Buell XR12R Firebolt, Yamaha FZ1, Yamaha TRX850, 、HONDA XR250R, Suzuki XF650 Freewind, Yamaha XV250 Virago
ブログ内検索
バーコード
Copyright ©  -- M-26-Julio 羊とめぐる冒険 BMW R1200GSで世界一周の旅 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]