忍者ブログ

三郎とおやすみ羊のBMW R1200GSで世界一周の大冒険

   
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

革命の国、キューバ! その3 / Viva Cuba!! Part 3

Day 243 to 257 : 2011年3月24日~4月7日

Medellin - La Habana - Vinales - Trinidad - Cienfuegos - Santa Clara - La Habana - Medellin
30,205km

文字数が多くてセーブできませんでしたので日記を分けました。4月2日から4月7日までの日記です。

4月2日(土) チェの街サンタ・クララへ電撃観光。そしてハバナへ!
DSCF4800.jpg
サンタ・クララには1泊しようかなと思ってたのですが見所はゲバラ霊廟しかなさそうだし霊廟は街から離れているので霊廟だけ見てハバナに向かうことになりました。シエンフエゴスのバス停はちょっと離れたところにありボロいです。初めてビアスール社(Viazul)のバスに乗る訳ですが、古くてボロいです。相変わらずYutong製ですが、少し前の中国製と今の中国製には確然とした違いが見られます。それにしてもこのバス車軸がガタガタなんじゃないかな?

バスに乗り込むと日本人旅行者がいます。ジュンヤ君です。サンタ・クララを見てそのままハバナに行くというのでワシ等と同じ計画なので行動を共にすることにしました。

サンタ・クララのバス停に着いたらハバナ行きのバスの時間を確認します。午後は早くて5時過ぎからのですね。ハバナに着くのは9時過ぎになるそうです。値段は1人18CUC。そうしたらタクシーの客引きがサンタ・クララ観光とハバナまでで1人20CUCと持ちかけてきました。どのみち霊廟まで歩くのには遠いのでタクシーになると思ってましたし、観光後直ぐにハバナに向かえば夕方には到着できるのでこれに乗りました。これが正解でしたね。

DSCF4761.jpgDSCF4762.jpgタクシーはというか白タクですね、プジョー308。そんなに古くないのにボロいです。先ずはゲバラ軍が政府軍の貨物列車を破壊して大量の武器を仕入れたという現場に行きました。一昨年上映された「チェ 28歳の革命」でもハイライトシーンとしてでてきますね(ゴローさんと観に行ったなぁ)。爆破されて脱線した貨物車がそのまま保存されてます。線路は今も使われているそうです。

DSCF4770.jpgDSCF4778.jpg拝観料に1CUCかかります。貨物車の中にはゲバラ軍が奪った武器が展示してありますが、なんの変哲も無いっていえばそうですね。キューバ革命やチェに興味が無かったら感動しないでしょう。ワシは感動しましたが、ね。ヒツジも興奮してました。 

DSCF4783.jpgDSCF4784.jpgDSCF4785.jpg




それからゲバラ霊廟に行きました。ついに来ましたね。北米から旅を始めていよいよ彼の間近まで来ることができました。ゲバラ霊廟はあのあまりにも有名なチェの銅像が聳え立ちます。これは彼がサンタ・クララ攻撃の指揮官として活躍してたときの姿です。当時壁から落ちて左手を骨折してギブスをしてたのですが、銅像もちゃんとギブスしてます。未来の妻となる(当時)アレイダ・マルチさんに手を吊る包帯の代わりにプレゼントされたスカーフも首にまいてます。

DSCF4786.jpgDSCF4798.jpg先ずは銅像と写真を撮り、それから資料館へ。カメラは持ち込み禁止ですし、係官が見張ってるので持ち込んでも写真は撮れません。ここにはチェの遺品が何点か展示されています。ベレー帽、拳銃、喘息の発作のときに薬を吸う器具、電話、軍服などなど。チェに興味がある人なら見入ってしまいますね。

そして霊廟(Memorial)に入ります。こちらには入れるのを知らなかったのでビックリです。中に入るとボリビアで亡くなった仲間たちに囲まれて中心にチェの遺体が安置されています。1人1人の顔がタイルにレリーフで彫られていて花が一輪添えられています。棺はタイルの向こうに安置されている筈です。チェのタイルの前にしばらく立ち尽くします。おそらく遺体から50センチと離れていないのではないでしょうか。「ようやくあなたに会えましたね、エルネスト。あなたの意思を継げるように努力していきます。」

南米アルゼンチンからバイクで旅を始めて(一旦アルゼンチンに戻り、再び旅を始めて)、どういうわけかキューバにたどり着いたチェ。北米カナダからバイクで旅を始めてようやくキューバ、サンタ・クララにたどり着いたワシ。革命家を自負しているワシとしては感慨一入です。民衆のために、主義のために殉じたチェ。男としては憧れずにはいられませんね。

車に戻り、一気にハバナを目指して走ります。120キロで巡航。これだったら3時ごろにはハバナに着きますね。Capitolio前まで着けてもらいホアキナの家にチェックイン。TomとTokoちゃんは以前の民宿に泊まってるとのこと。ちょっと休憩した後散歩。夕方はジュンヤ君と医者の卵でチャリダーのJin君と日本について討論。我々に出来ることをやっていこうということで団結。

7時ごろにTomとTokoちゃんの2人が来たのでみんなで中華街に夕飯。

DSCF4806.jpg4月3日(日) ハバナでのんびりと。ステッカーが変えないのでバッジを買いました。
ハバナはやっぱり大都会ですねぇ。小さな街を見てきたせいか、ハバナの大きさを感じます。

DSCF4808.jpg基本的にはダラダラ過ごします。Tokoちゃんは明日の早朝にメキシコへ、ローラは5日にドイツへ戻るのでお土産物を買いにオビスポ通りへ。チェコレート博物館(とは言ってもチョコレートを自家製造して販売してるお店)でアイスチョコレート(0.80CUC)を飲んだりとちょっと贅沢を。

DSCF4815.jpgオビスポ通りのドンつきの広場周辺で古本やバッジを売っている露店が何軒か出ています。ソ連、中国や北朝鮮などの「共産圏」の古いバッジやキューバの革命に関するバッジなどが沢山売ってます。ここでM-26-Julio、UJC(Unión de Jóvenes Comunistas)、フィデル・カストロやキューバ国旗のバッジを購入!

DSCF4871.jpgあまりバッジとかには興味ないんですがなにかキューバのものを自分のために買いたかったのでバッジなら持ち運べますしよかたです。しかしステッカーは結局見つからず・・・。(メデジンに戻ってから早速バイクジャケットに付けてみました。どうですカッコ良いでしょう。ニカラグアのFSLNのバッジがちゃっちく見えますね・・・)

4月4日(月) コッペリアは休みだった・・・
Tokoちゃんは早朝無事に空港に向かったそうです。昨日タクシーに「朝の3時に迎えに来て」と交渉したのですがちゃんと待っててくれたそうです(Tom談)。Tomは今日からホアキナの家に引っ越してきました。

DSCF4813.jpgジュンヤ君も昼過ぎに空港に行くのでそれまではオビスポ通りをブラブラ。CUPで食べられるレストラン「La Luz」があるんですが混んでいて待ち時間が長すぎてジュンヤ君とはここでお別れです。結局待つのを諦めてCUPで食べられるフードコートみたいなところに行ったのですが、ここで食べたフライドチキンは味もないし脂ぎりすぎてて人生最悪のフライドチキンでした。sかもドリンク付いて75CUP(3CUC)と結構高い! ここから胃がもたれて1日調子悪かった出す。

DSCF4829.jpgその後コッペリアに行くことに。以前TomとTokoちゃんがコッペリアで10スクープも食べたと言うのでワシ等も行きたくなり新市街のコッペリア店舗が集まる公園にP11バスで行きました。

が、しかし!CUP払いのコッペリア店舗は全部休み。CUC払いの店舗だけが営業中。2スクープで2.80CUCでしたがこの際食べておこうと思い食べました。味は普通です。

今日も中華街で夕飯。CUPメシはもう飽きたし中華街以外のレストランは高いし選択の余地が無いんですね・・・。

夜は2時ごろまでTomと歓談。旅のこと、女性のこと、日本のこと、キューバのこと、いろいろ話せて楽しかったよ、Tom。

DSCF4836.jpg4月5日(火) ローラ帰国。空港までは嵐の中を・・・
午前中はオビスポ通りでローラのお土産ショッピングに付き合う。昼はまた中華。

宿に戻り荷物をまとめて出発です。

DSCF4837.jpgDSCF4842.jpgバスP12に乗って革命広場近くまで。チェとカミロの顔が描かれた(?)あの有名な内務省となんとか省の建物の写真と革命記念塔の写真を撮り再びバスに乗って空港に向かいます。
だんだん雲行きが怪しくなり風がすさまじい勢いで吹き始めました。しかしこのバスは混みますねぇ。外の景色が何か見覚えないんですよ。40分くらい乗ってバス停を見たら「P1,P2」って書いてあるんです。おじさん「にこれはP12か?」と訊いたら「P2だ」と・・・。バスを間違えていたんですね・・・。P12に乗っているつもりがP2でした。しかし外は嵐です・・・。Voy bien, Camillo??

DSCF4848.jpgDSCF4847.jpgバスを降りて、バス停で待っている人たちに空港へはどうやって行けば良いのか訊きました。バスに乗って戻るかタクシーか。嵐が凄いのでタクシーを拾うことに。幸いタクシーは直ぐ拾えましたがボロいロシア製なので窓の隙間から水が入ってきます!木の枝が折れて道に散乱してます。ところどころ道が川のようになってます。これは凄い。南国のストームですね。飛行機は飛べるのか?

DSCF4853.jpgタクシー運転手ももうノリノリです。空港には無事に着きましたが(20CUCかかりました)、飛行機は1時間遅れるみたいです。チェックイン・カウンターには長蛇の列。しかも受け付けていません。恐らくキャンセルの可能性もあるんでしょう。空港の建物内にも水溜りがそこかしこに。雨漏りしてるんですね、国際空港。

しばらく待ってチェックインが始まったのを確認してからローラと別れました。次に会うのは1年後ドイツでですね。それまで元気でな、ローラ。楽しかったよ!(実際飛行機は4時間遅れで出発したそうです)。

で、ワシはどうやって帰ろうかな?バスはなさそうだし、大通りまで出るにも歩くのはちょっと・・・。

結局雨に負けてタクシーでCapitolioまで帰りました(15CUC)。タクシー代で35CUC使ってしまったのでまた両替しなければ・・・。

DSCF4854.jpgDSCF4855.jpgTomは風邪気味で食欲無かったのでCUPで買える店で夕飯、と思ったのですが何故かまた中華街に(昨日の長話が祟ったのですかね)。
キレイな呼び込みのお姐さんが「いつになったら私の店に来てくれるの?」というので彼女の店に。ドリンクとフライドポテトはサービスしてくれました。お姐さんと記念にパチリ!うーん、こんなお姐さんと懇ろになりたい。
メニューはイマイチわからなかったのでシェフのお勧めまかせました。そしたらポークカツレツとチキンカツレツが出てきました。中にチーズが入っていて美味い。ここは当たりでしたね。

Tomはそのまま寝に入りましたので、独りで夜の街を散歩。キューバ滞在ももう明日1日で終わりですね。

4月6日(水) キューバでの最後の1日。ダラダラと。
朝オビスポ通りで換金し後はダラダラ。Tomと宿で歓談。彼とは同い年ですしペンシオン・アミーゴ以来の付き合いですから、別れるのは寂しいなぁ。
空港へはホアキナの娘さんの知り合いがタクシーと同じ値段で送ってくれることになりました(15CUC)。
夜はまた中華街で。新しい店に入ってみましたが、ウエイトレスのおばちゃんが最悪でした。飯はそこそこでしたが。夜12時頃までTomと歓談してました。

4月7日(木) メデジンに戻ってきました!しかし、土砂降り!!
朝5時に起きて出発の準備。約束どおりに5時半に迎えが来ました。車はロシア製のラダです。Tomも起きてきてくれて見送ってくれました。いろいろありがとう!またどっかで再会しましょう!
チケットには8時10分発とあるんですが、空港に行ったら9時10分発となっております。うーん、チケットに記載されている時間はキューバ時間では無かったのね・・・。1時間無駄に過ごします。

DSCF4863.jpg早めにチェックインし空港税25CUCを支払って通関。通関は何にも問題ないです。通関した向こうに多少お土産屋とDuty Free店があります。そうそう出国をすませて出発ゲートに向かうところに例の5人衆「Volveran」いついて英語で説明書きがありました。それによると彼等はアメリカ合衆国マイアミで不当に投獄されているのだとか。どう不当なのかは説明されてませんので実際どうなのかはわかりませんが。「Volveran」とは「戻って来る」という意味です。

DSCF4862.jpgDSCF4864.jpgそれにしてもキューバ人は詰めがあまい。というか適当すぎ。各国の都市の時間があるんですが、オーストラリアの国旗は逆ですし、都市名がスペイン語と英語表記であるんですが、ニューデリーに関しては両方ともNueva Dehliとスペイン語になってます。もちろん何個かの時計は止まってます。

DSCF4865.jpg子供を遊ばせておくエリアにはディズニーのキャラクターが使われてます。著作権は支払っているのかな?まぁ、アメリカ合衆国がキューバと断交しているだけで、キューバはアメリカ合衆国ウエルカムといったところでしょうか。

飛行機は定刻に飛びパナマで乗り換えて定刻(12時40分)にメデジンへ。イミグレも通関も問題なく通れました。ここ1ヶ月半で3回目の入国なので何か言われるかと思いましたが、問題なし。バスで街中まで1時間。

宿に戻るとバイクが2台増えてます。YAMAHAのTenereとXT600です。イギリスナンバーでかなり年季が入ってます!ノアとスコットもまだいますし、もう1人日本人パッカーのトシさんもいてちょっとニギヤか。

メデジンはあいにく天気が悪く夕方から土砂降りですが、GSもちゃんとありますしあと3-4日ここでゆっくりしてから南下を始めようと思ってます。スペアタイヤも買わなきゃならないし。しかし、ここで思わぬ問題発生!オーストアリアから送ってもらった運転免許が税関で引っかかってるとナ・・・。通関に70米ドルくらいかかるとのこと・・・。どうにか明日中に受け取れることになりましたが、関税を払うはめに・・・。

夜はトシさんとちょっと賑やかな所に遊びに行きましたが、土砂降りの雨に降られて断念。タクシーに乗って宿に帰ってきました。

拍手[4回]

PR
  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
今更ですが・・・・
ハバナのカピトリオでお会いした、エセチャリダーのjinです。あのあと早々に帰国しましたが、帰りの便でジュンヤさんと一緒でしたよ!

先は長いですが、僕も軍医役めざして頑張りますので、三郎さんも南米の果てで日本に必要な何かを見つけてきてください!!

ciao!!
Jinさんへ
連絡ありがとう!そうか早々に帰国したんだ。まぁ自転車が壊れてしまったら仕方ないよね。「騅逝かず。騅の逝かざるを奈何にす可き。」の心境だね。
軍医は任せたよ。南米を走っているうちに「日本に必要な何か」を思いつくように努力します。ではまた旅先か日本で再会しましょう!
  • 三郎 さん |
  • 2011/04/18 (12:53) |
  • Edit |
  • 返信
TRACKBACK

TrackbackURL

フリーエリア
一日一回クリックするとランキングがあがります! よろしくお願いいたします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



View Europe in a larger map
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
New Comments 最新コメント
[04/20 Yoshi]
[09/01 NONAME]
[02/07 室橋一也]
[02/04 Yoshi]
[02/03 Yoshi]
カウンター
プロフィール
HN:
三郎
性別:
男性
職業:
革命家
趣味:
バイク・旅
自己紹介:
オーストラリアに移住して16年。遠く南の大陸から母国日本を眺めてみて危機感を感じてはや16年。なにか出来ないものかと考えて考えて、ようやく自分で行動することに数年前に思い当たる。とりあえず自分が出来ることから始めよう!ってことで、革命軍M-26-Julioをシドニーで結成。
誰かが世の中変えるのを待ってるだけじゃなく、自分で社会に貢献できることから始めよう。
世界を旅しながら色々な人と出会い革命の輪を広げていきたい。
2010年からおやすみ羊とBMW R1200GSで世界一周中!

Hasta la victoria siempre, Patoria o Muerte!

現在の愛車:BMW R1200GS 「Esperanza de la Tora」(世界一周)、 SUZUKI DR650SE 「孫市」(オーストラリア一周)
過去の愛車:Buell XR12R Firebolt, Yamaha FZ1, Yamaha TRX850, 、HONDA XR250R, Suzuki XF650 Freewind, Yamaha XV250 Virago
ブログ内検索
バーコード
Copyright ©  -- M-26-Julio 羊とめぐる冒険 BMW R1200GSで世界一周の旅 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]