忍者ブログ

三郎とおやすみ羊のBMW R1200GSで世界一周の大冒険

   
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Day 324: 2011年6月13日

Parque Extremo to Cuenca (La Casa de Cesar)
32,872km to 32,925km = 53km

昨晩は風が強かったです。7時前に起床。曇ってますが風が北から吹いているのでそのうち晴れるでしょう。

テントを畳む前に風に飛ばされてフライに穴が…。ビニールテープで修復だな。

8時過ぎに出発。快適にワインディングをスイースイー。9時半にはクエンカに到着。セザールのオフィスを訪ねたら、ドローレスが「彼まだ出勤してない」とのこと。今日も彼女は機嫌悪し。一体なんなんだ?

家に戻り荷解き、シャワー。そしたらセザールが訪ねてきました。いやいやまたお世話になります。夕食を一緒にすることに。

12時頃に街に出て昼飯。そしてオースストリアン・カフェでインターネット。一週間分の日記をブログにアップ。マークとクレアからメールが来ていて、無事にペルーに入国。晴天を楽しんでるとか。
調べた結果ペルーでは車両保険の加入が義務付けられていて1ヵ月で97ソル、2ヶ月で150ソルもします(1米ドル=2.76ソル)! 思いの外高い!! ホルへ・ファンを夕食に招きましたが残念ながらキトに出張とか。

それから両替所(Vas Corp)でドルをペルーの通過ソルに両替。100米ドルが270ソルになりました。

家に戻る途中セザールを訪ねてしばらく歓談。ドローレスが珈琲を淹れてくれましたが、まだ機嫌悪し。夕食はまたタージ・マハールにて。

家に戻りラムを飲みながら歓談。「クエンカに来たらいつでも訪ねてきなさい」と。本当に本当にセザールにはお世話になりました。彼もファンとペドロと一緒に年末年始にダカール・ラリー観戦に行くそうなのでアルゼンチンで再会できるかも!

Day 324: 13 JUN 2011

Parque Extremo to Cuenca (La Casa de Cesar)
32,872km to 32,925km = 53km

The strong wind blew whole night. I got up before 7am. Sky was very dark at the southern side, but the wind was blowing from north, so it would be cleared later.

Before I put away my tent, it was blown off by the strong wind! And my tent fly got a few small holes... I need to patch them up....

We left Parque Extremo around 8am, we rode through the curves very comfortably. We got back to Cesar's place before 9:30am.

After unloaded gears, we went to see Cesar at his office, but he wasn't in yet. Dolores was very grumpy again. I don't know what's wrong with her...

Back to the house, while I was taking shower, Cesar came to visit us. How could we thank you, Cesar. We invited him for dinner tonight.

We went out for lunch in the town, and went to Austrian Cafe for Internet. I uploaded my diaries and photos to my blog.

Claire and Mark sent us an e-mail saying they were safely crossed the border to Peru and enjoying hospitality of Peruvian and blue sky!

They said having Insurance in Peru was compulsory (they checked with Tourist Information) and it would cost 97 Soles for a month and 150 Soles for 2 months. That's expensive!! We invited Jorge Juan for dinner, but he replied that he had to go to Quito, unfortunately. We wanted to thank him properly though.

Then we went to Currency Exchange at Vaz Corp. We changed US$100 each and it became 270 Soles.

On the way back to the house, we visited Cesar at his office and had chat. Dolores made us coffee but she was still grumpy...

We went to Taj Mahar again for dinner. Back to the house, having rum and listening electronic punk, we had good evening.

Cesar said to us "Any time you come back to Cuenca, visit me. Remember you have a friend in Cuenca." We would like to extend our gratitude to you, Cesar. Luckily he is also planning to see Dakar Rally at the end of this year with Juan and Pedro, so we might be able to meet in Argentina.

拍手[3回]

PR
DSCF5868.jpg

Day 323: 2011年6月12日

Parque Extremo
32,872km

---1週間分の日記をアップしました。ご覧ください!! (ネットにアクセスできなかったもので)---

昨日はちょっと信じられない夜になりましたが、今日はもっと信じられない一日となりました。運命って本当に不思議なものです。

DSCF5816.jpgDSCF5824.jpg昨晩は暗くてよく見えませんでしたが、窓の外には絶景が! そして中東の宮殿を模した建物が。外に出て散歩。山が谷があり、素晴らしい風景。そして宮殿。こんなところに自分が招かれているとは。ちょっとそこら辺を歩いただけでも30分です。

DSCF5825.jpgDSCF5827.jpgDSCF5831.jpg




DSCF5842.jpg昨日の夕飯の残りを電子レンジで暖めて食べてしばらく歓談したたら、「朝飯が用意できた」と。しまった! 母屋に行ってセビッチェとモルシーヤを。それから動物園に。


DSCF5860.jpgDSCF5884.jpgDSCF5888.jpg




ライオンにこんだけ近づいたことなんてこれまで無いですしこれからも無いでしょう、ってくらい近づきました。
オシロット(ティグリヨ)、プーマとか素晴らしい猫科の動物。尾長ざる、ケイマン・ワニ、熊、ダチョウ、色とりどりの鳥たち。ワシは一体何処にいるのでしょう??

一旦部屋に戻り、ホルへ・ファンのお父さんホルへとお母さんルベッカに挨拶。とても気さくで素晴らしい人たちです。

DSCF5893.jpgDSCF5898.jpgDSCF5905.jpg




そして今度は教会へ。アラブ式の概観に十字架。内部は本格的な教会。塔があり最上階まで登ると、絶景かな。なんでアラブ式の外観かというと、お父さんの一族は昔レバノンから来たからなんだそうです。

DSCF5910.jpgDSCF5917.jpgDSC01036.jpg




DSC01040.jpg下に降りたらホルへ・ファンが待っていて、「母屋を案内するよ」と。母屋にはホルへ・ファンのお父さんが収集した美術品などが飾ってあり、素晴らしいの一言。テラスにプール。そして絶景が目の前に広がります。いやー、素晴らしい。テラスで珈琲タイム。こんな経験もしてみるものです。

DSCF5925.jpgしかもお父さんとお母さんにランチに招かれました。クエンカ郷土料理のコースを。ワインやシャンペンも最上級。本当に気さくな方々です。「いつでも戻ってきなさい」と。いやー、ファン、セザール、ホルへ・ファンとご家族と知り合えて、本当に旅をしてて良かった。

もしアダムのパニア・フレームが壊れなければ。もしワシがこけてパニアが凹まなかったらセザールに出会わなかったでしょう。もしあの晩見晴台のTuriに行こうとセザールが言わなければホルへ・ファンに出会わなかったでしょう。ちょっとした巡り会わせで普段知り合うこと無いであろう人たちに会えました。

DSCF5930.jpgDSCF5934.jpgDSC01069.jpg





それからパルケ・エキストリーモに戻り人口池の畔で野営です。フェリペ運転のラリーカーでコースを一周する予定でしたがウベが一周して帰って来たらボンネットがいきなり開いて窓ガラスにガンと!! 残念ながらアダムとワシはラリーできませんでした。ホルへ・ファンは明日朝早くから仕事とのことでクエンカに戻りました。本当にありがとうホルへ・ファン。クエンカで再会しよう!!

DSCF5938.jpg日は暮れてアダム、ウベとワシの3人だけ。仲間と最高の景色に囲まれての野営。プライスレス。



Day 323: 12 JUN 2011

Parque Extremo
32,872km

Last evening was incredible but today was even more unbelievable day.

Last night it was dark to see surrounding, but when I woke up, I could see an amazing scenery through a window.

There were mountains I could see from the distance and a palace in Middle Eastern style in front of me.

I got up from the bed and walked around. The hill where the palace located was surrounded by mountains and a valley. Very very beautiful place.

I could not really believe I was invited here. Just walking around took me 30mins.

Adam and Uwe were up too. I nuked the left over from last night and ate it. I was chatting with them and we were told that "Breakfast is served." Ouch, I was full already.

But I could not say "no" to Ceviche and Molcilla. I was so stuffed.

After breakfast, we walked to the "Zoo". As Jorge Juan said last night, there were 10 lions!

I had never been so close to lions before. 2 lions were just 1 year old but they were already very big girls.

There were many Ocilotos, Pumas - very beautiful cats, Bears, Cayman, Monkeys, birds (even Ostrich) etc, etc.

Back to the room once and we met Jorge Juan's dad Jorge and mum Rebecca. They were very very friendly and wonderful people.

Then we went to see the church. It looked like Arabic outlook with crosses. Inside was very proper church. I went up to the top of the tower, and there was an amazing view I cold see.

The reason why the palace and the church were built in Middle Eastern style, Eljuri family came from Lebanon long time ago.

When I came out from the church, Jorge Juan was waiting down there. He said he was gonna take us a tour inside the palace.

There were quite a few arts corrected by Jorge senior displayed in the house. I particularly liked the bronze works.

There was a swimming pool at a terrace. Both side of the swimming pool, there were terraces with a magnificent view. We were served coffee there. Fantastic.

The experience was very unusual for me, not in my reality, but it was good to experience the difference.

We were invited for lunch with Jorge senior and Rebecca. The typical cousin of Cuenca was served. It was excellent.

Wines and liquors severed were top quality as well. We talked about our trips, and Jorge senior talked about his passion on arts and auction.

They told us "You are welcome to be back any time." How wonderful they were.

If Adam's pannier frame was not broken, if my pannier was not dent, Juan did not take us to Cesar. If Cesar did not suggested us to go to Turi that night, we did not meet Jorge Juan.

Just by chance we were invited to Parque Extremo and the Eljuri's. That's why the trip is very very interesting. We don't know what will happen next.

We went back to Parque Extremo and at the lakeside, we pitched our tents. Jorge Juan suggested us to get into his Rally Car driven by Felipe and go around the course.

Uwe took the first round. But unfortunately, the bonnet came loose somehow and smashed into the front screen! No major damage but it was unsafe to go next round. So Adam and I missed out the opportunity...

Jorge Juan had to get back to Cuenca. We saw him off and went back to our camp site. The wind was strong, but camping under the stars, just 3 of us in Parque Extremo, it was priceless.

拍手[3回]

Day 322: 2011年6月11日

Cuenca (La Casa de Cesar) to Parque Extremo
32,805km to 32,872km = 67km

今日はワシの誕生日。沢山のメッセージをいただきありがとうございます。

11時に出発の予定なので8時前に起きましたが、アダムとウベはまだTatooともめていていっこうに出発できそうにありません。セザールもオフィスに来てないし、ワシの誕生日に蔭が…。しかもドローレスが「今日は行けないの…。」と…。アリャリャ。

セザールに電話したら家族行事で今日は来れないと。ますます誕生日に蔭が…。しかも雨が降ってくるし。

DSCF5768.jpgDSCF5769.jpgドローレスが来なくなったのでタイヤを積み直します。せっかくスペースを作ったのに。1時になってようやくアダムとウベはTatooからリファンドをもらえることになりましたが、アダムはガソリンスタンドへ(吹け上がりが悪かったのでタンクを空にしてキャブまで掃除したのでガソリンが必要なんですね)。3時ごろようやく戻ってきて、なんとケーキを買ってくれました! ありがとうアダム!

ここまであまり楽しくない誕生日でしたがここから一気に盛り上がります。

セザールからホルへ・フアンがセキュリティーに話してあるからパルケ・エキストリーモに顔パスで入れる、とメッセージをもらい一路パルケ・エキストリーモへ。途中雨に降られましたが景色のいい道を走ります。

途中で雨具を着ていたらハマーが追い抜いていきました。あれは絶対ホルへ・ファンのハマーです。しばらく走っていたら白いポルシェ・カレラSを発見! ホルへ・ファンです。一緒にパルケ・エクストリーモへ。

DSCF5771.jpgDSCF5775.jpgDSCF5784.jpg




DSC00868.jpgDSC00871.jpg残念ながらラリーはもう終了してましたが、色んな人から声をかけられます。人工池の畔にバイクを停めてホルへ・ファンのハマーでパルケ・エクスストリーモを一周。ハマー、いい車です。

DSCF5776.jpgDSCF5780.jpgDSCF5783.jpg




DSCF5787.jpgDSCF5789.jpgDSCF5792.jpg




DSC00884.jpgDSC00901.jpgDSCF5793.jpg





DSC00906.jpgDSC00905.jpgそれからホルへ・ファンのDJでダンス・パーティ。参加者はワシらフェリペ、エドガー、パトリシオ、ヴァレリアと彼女の従姉妹とごくごく内輪のパーティですが楽しかった。しかもヴァレリアが美人! アダムは一目惚れしてました。人工池に船を浮かべたり遊んでいたら、ホルへ・ファンが「メシを食べに行こう」と。ハマーに乗ったらなんと彼の実家へ。

DSC00927.jpgゲートをくぐり、いったい何分走ったのでしょう。「近道」といってダートを走ったり。そしてとてつもなく広大な敷地です。動物園まであるそうです。ライオンが10匹だとか。サーカスとかで虐待されていた動物を保護しているそうです。すげぇな。ついに到着。そこは別世界でした。豪邸、というよりも宮殿に近い建物。流石エクアドル随一の一家。ホルへ・ファンのような人と知り合えるのも旅人の特権です。

夕飯をいただき、しばらく歓談した後、みんなベッドへ。ワシは宮殿の管理人エドゥアルドとしばらく歓談。それから部屋に行ったら、なんとキングサイズ・ベッドが。とても特別な誕生日となりました。



Day 322: 11 JUN 2011

Cuenca (La Casa de Cesar) to Parque Extremo
32,805km to 32,872km = 67km

It's my birthday today! Thanks for all who sent me messages!!

We planned to leave around 11am, but Adam and Uwe had the refunding problem with Tatoo, so we did not get ready.

Cesar wasn't in his office and Dolores said "I cannot go with you today..." At this point it looked like my birthday was doomed...

To make the matters worse, it started raining...

As Dolores was not gonna come, I reloaded the tyre and stuffs. Adam and Uwe sorted out with Tatoo around 1pm.

Adam went to get some petrol tostart up his bike (he got bad petrol on the day we went to Cajas. He emptied his tank and cleaned the carb, so he had no petrol!).

He came back around 3pm with a cake! Thanks heaps, mate! From the moment, my birthday got better and better.

Cesar sent us a message saying he contacted Jorge Juan and he spoke to the security guard at the park, so we could go into the park without any problem. So we headed to Parque Extremo.

It rained hard on the way, but we went through the road with nice scenary. While we stopped at the roadside and were wearing rain gears, a red Hummer went pass. That must be Jorge Juan's.
We rode for a while and saw a white Porche 911 Carrera S. It's Jorge Juan. We went into Parque Extremo together.

Unfortunally, the rally race - Coppa Juan Eljuri - was over when we got there.
 

拍手[3回]

Day 321: 2011年6月10日

Cuenca (La Casa de Cesar)
32,805km

DSCF5764.jpgDSCF5765.jpg今日は朝から忙しいです。先ずは洗濯物をクリーニング屋に。ウベはバイクの整備、というか分解を始めました。

それから家に戻ってドローレスとインターネットのトラブルシューティング。 今日は彼女機嫌良し。アダムとワシに「あなたたちは何処の国から来たの?」と。「イギリスと日本だよ」と答えたら、「家族はいるの?」と。
「まだ結婚してないよ」と答えて「君は?」と訊いたら「独身よ」と。お、それじゃぁ左薬指のでっかい指輪はいったい何なんだ??

しばらく話した後「明日誕生日なんだけど、パルケ・エキストリーモ(Parque Extremo)に行くんだけど、一緒に行かない?」と誘ったら「うん、いく」と。お、これは脈アリか!? 彼女が「サクラっていう日本食レストランがあるんだけど、なかなかいいわよ。」というので、「それじゃぁ今夜行こうよ」と訊いたら、「別の約束が…」。ガビーン…。 しかし「女友達の卒業のお祝いなの」っと!お、わざわざ断るってことは脈アリか!?

結局インターネットはつながらずじまいでしたが、明日に希望が持てました。楽しみだー。

昼飯はコッペリアでハンバーガー。それからドルをペルービアン・ソルに両替に街まで行きましたが、両替商無し…。再び家に戻り昼寝。洗濯物を取りに行き家に戻って軽く整理整頓。な、なんとカーゴパンツのケツの部分が破れてます…。 洗濯機のせいだな…。明日朝一で直しに行かないと…。

夜は近くのレストランでフライドチキンとフライドポテトとコーラ。誕生日前の食事にしてはひもじいですね…。
さて、明日はパルケ・エキストリーモで誕生会!ドロレスも一緒に来るっていうし楽しみだぁ!!!
 

Day 321: 10 JUN 2011

Cuenca (La Casa de Cesar)
32,805km

拍手[3回]

Day 320: 2011年6月9日

Cuenca (La Casa de Cesar)
32,805km

今日はあんまり天気が良くありません。
アダムはクリーニング屋に行きましたが、ワシは家で日記を少々。

11頃ウベを連れてアダムが帰って来ました。ウベもここにステイすることになりました。

アダムとウベは最近Tatooでクツをとサンダルを新調したのですが2足とも既に綻びが。幸いTatooは直ぐ近くなので交換に行きました。残念ながら在庫がないので明日以降に交換となりましたが、ウベは荷物をまとめに一旦カサ・ラ・クエンカーナに戻りました。

家に戻りドローレスにインターネットのことを訊きに行きましたがどうも彼女は機嫌悪し。昨日はあんなにフレンドリーだったのに今日はツッケンドンです(Tiene care de curo)。何があったのか?

昼飯を食べて昼寝。ウベが3時ごろに来て、ガヤガヤと。タイヤが前方にスライドするので再びくくりつけ。ちっと違った方法でくくりつけてみました。

夜はファンとペドロとピザ屋で夕飯。2人は12月から1月にかけてダカール・ラリー観戦にアルゼンチンまで来るそうです。丁度ワシらも12月・1月はウシュアイアを目指してアルゼンチンにいるはずなので再会できるかな?ファン曰く「クエンカに戻ってきたらいつでも訪ねてきていいんだよ。」と。ありがとう、ファン。


Day 320: 09 JUN 2011

Cuenca (La Casa de Cesar)
32,805km

The weather was not good today. Adam went to a laundromat near La Casa de Cuencana, but I stayed at home writing diaries.

He came back with Uwe around 11am. Uwe decided to stay with us.

We went to Tatoo. Recently Adam and Uwe bought shoes and sandals from them, but they had some problems. So we went there to replace them. Unfortunately, they did not have stocks, so we had to come back tomorrow. Uwe went back to La Casa Cuencana to pick up his bike and stuffs.

Back to the house, I went to see Dolores and asked her about Internet. She was so friendly yesterday but she was very grampy today. I wonder what was wrong with her...

After lunch I had nap. Uwe came back around 3pm. I started re-do tieing up the tyre as it slided forward. I tied it in different way, so hopefully it would not slide forward again.

In the evening, we went out with Juan and Pedro. They were planning to see Dakar Raly end of this year to the begining of nextyear. So we might be able to see them in Argentina! Juan said "If yo come back to Cuenca, you can stay with us anytime!" Thanks for much mi amigo!

拍手[3回]

  
フリーエリア
一日一回クリックするとランキングがあがります! よろしくお願いいたします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



View Europe in a larger map
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
New Comments 最新コメント
[04/20 Yoshi]
[09/01 NONAME]
[02/07 室橋一也]
[02/04 Yoshi]
[02/03 Yoshi]
カウンター
プロフィール
HN:
三郎
性別:
男性
職業:
革命家
趣味:
バイク・旅
自己紹介:
オーストラリアに移住して16年。遠く南の大陸から母国日本を眺めてみて危機感を感じてはや16年。なにか出来ないものかと考えて考えて、ようやく自分で行動することに数年前に思い当たる。とりあえず自分が出来ることから始めよう!ってことで、革命軍M-26-Julioをシドニーで結成。
誰かが世の中変えるのを待ってるだけじゃなく、自分で社会に貢献できることから始めよう。
世界を旅しながら色々な人と出会い革命の輪を広げていきたい。
2010年からおやすみ羊とBMW R1200GSで世界一周中!

Hasta la victoria siempre, Patoria o Muerte!

現在の愛車:BMW R1200GS 「Esperanza de la Tora」(世界一周)、 SUZUKI DR650SE 「孫市」(オーストラリア一周)
過去の愛車:Buell XR12R Firebolt, Yamaha FZ1, Yamaha TRX850, 、HONDA XR250R, Suzuki XF650 Freewind, Yamaha XV250 Virago
ブログ内検索
バーコード
Copyright ©  -- M-26-Julio 羊とめぐる冒険 BMW R1200GSで世界一周の旅 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]