忍者ブログ

三郎とおやすみ羊のBMW R1200GSで世界一周の大冒険

   
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

エル・サルバドルに入国!ペルミソを取るのに苦労する… / Entering El Salvador, Wasted long time at the border
Day 194: 2011年2月3日

Antigua, Guatemala to Armenia, El Salvador
Guatemala: 27,024km to 27,171km = 147km  (Guatemala Total: 26,701km to 27,171km = 470km) 
El Salvador: 27,171km to 27,262km = 92km, Today's Total 239km

DSCF3543.jpgDSCF3545.jpg今日はいよいよエルサルバドルへ渡ります。朝8時出発を目処に準備。慶くんとお姉様方に見送られて8時20分頃に出発。 アンティグアのガタガタ石畳を抜けてエスキントラへ。

アクセルの調子は良いみたいです。気になりません。一体なんだったのでしょう? エスキントラの街でちょっと道に迷いそうになるも、ちゃんと国境に向けて走ります。

DSCF3546.jpgDSCF3547.jpgCA2号です。途中通行止めがあり、回り道。ガタガタのダートをしばらく走り本線に復帰。 国境の街シウダー・ペドロ・デ・アルバラド(Cd. Pedro de Alvarado)に着いたのは11時。早目の昼メシをフライドチキン屋で食べて残ったケツァルをドルに換金。エルサルバドルでは米ドルが流通しています。64Qが8ドルになりました。グアテマラでは510Q、930Q、388Qを換金して64Qあまったので、1764Q使ったことになります(うち90Qは携帯のリチャージ代です)。220米ドルくらいです。
それにしてもフライドチキン屋のお姉さんは色っぽかったなぁ。目がヤバイ。目が何かを訴ていました、絶対に。

DSCF3548.jpg国境はすんなり越えられると思ったら、当てが外れました。しかも、暑い!汗だくです。 国境ガイドは「要らない」と言ったのですが、ついて来ます。先ずは出国スタンプを貰い、コピー屋へ。パスポートの写真のページと出国スタンプのページ、国際免許証、登録証書のコピーをそれぞれ2枚ずつ。グアテマラのペルミソとコピーを1枚。7枚コピーして7ケツァル。ヤバイ、ケツァル無い!と思ったらウメザワさんが換金出来なかった分持っていたので払えました。ありがとうございます!
 
DSCF3549.jpgDSCF3550.jpgこれらを持ってオフィスに行きます。書類とバイクの車体番号とナンバーが合ってるが確認し、終了。コピーの一組はエル・サルバドル側で使います。しっかりとグアテマラ側のスタンプがコピーに押されているのを確認しましょう!出国手続きは全部で30分くらいかかりました。 国境ガイドはあれやこれや要らないのにお節介を焼いてくれます(と言っても、全て何が必要か書いてあるで、全部自分でできる筈です)。でも最初に要らないと言ってあるので、お金は払いません!

しばらく走りエル・サルバドル側へ。ここからが大変でした。エル・サルバドル側は基本料金かからないのですが、兎に角遅い!入国は直ぐに完了したのですが(スタンプはくれません)、ペルミソを取るのにすっごく時間がかかりました。12時ごろ始めてもう少しでペルミソ発行となったのが、3時前。しかし、ステッカーを印刷するプリンターが動かなくなり、結局3時半まで待つ羽目に!暑いし、もうイライラしてしまいましたが、こんなのでメゲテはいけませんね。
気を取り直して出発です。本当はサン・ミゲルまで行きたかったのですが、260キロもあるので日が暮れてしまいます。まあ、行けるところまで行こうと走り出して数キロ走ったら、警察の検問に引っかかりました。 ペルミソを出せ、と。はいよ、と渡したら、「地方政府(Municipal)のペルミソは無いのか」、と。5ドルかかるとのこと。来たなこの汚職警官らめが!「そんなものは無いし何処にも書いてなかった!」と主張。「だいたい貴方たちの国がペルミソ出してるんだから、通って良い筈だ!」といいましたが、「地方政府のペルミソが無いと通さない」、と。「じゃあ、何処でそれを取得出来るのか?」と聞いたら、「国境辺り」、と。ここで払え、と言ってこないので、もしかすると本当なのか?取り合えず国境辺りに引き返しました。
ガソリンスタンドで聞いたら、どうやら地方政府のペルミソは本当らしい。そして国境辺りで本当に5ドルでペルミソ発行されました。聞いたこと無いですけど、新しいルールですかね?

まあ、こうして4時近くになったので、首都サン・サルバドル手前の街に宿が有ったら入ろうってことで、80キロくらい走ってアルメニア(Armenia)と云う街に来ました。Hostel Armeniaは2人で10ドル。部屋にベッドが1つしか無いのでもう1つマットレスを出してもらいました。 夕飯はタコス。国境で散々待たされてキレてましたが、この街の人は皆優しいです。エル・サルバドルイイかも。 明日は無理をしないで国境近くまで進んで一泊する予定です。

Day 194: 3 Feb 2011

Antigua, Guatemala to Armenia, El Salvador
Guatemala: 27,024km to 27,171km = 147km (Guatemala Total: 26,701km to 27,171km = 470km)
El Salvador: 27,171km to 27,262km = 92km, Total 239km

We left Pension Tashiro around 8:20am. Headed to Escuintla, then Cd. Pedro de Alvarado, the border town. We took the route CA2 to east. The road wasn't that bad, until we took a Detour (not sure why, but the road closed) and rode on dirt for a while. 

We arrived Cd. Pedro de Alvarado around 11am and early lunch at a Fried Chicken shop. I exchanged remaining Quetzales to US dollars as in El Salvador the currency used is US dollars.  I thought going out of Guatemala should be pretty easy and quick, but it wasn't.

The "guide" came to us, but we said we could do it by ourselves. But he followed us all the way. After we got a stamp of deportation, we went to a photo copier to make photo copies of Passport, the page of the stamp of deportation, driver's license, the title of the vehicle and Permiso of Guatemala. It cost 7Qs.

Then we went to another office to cancel Permiso.  The entire process took more than 30mins. On the window of the office, it clearly states what we need, so we don't need the "guide" at all. So I paid nothing to him even though he followed us all the way.

We rode to El Salvador side. There is no cost for entering El Salvador but the process was so slow. We got through immigration fairly quickly but stuck at Aduna (Custom) for 3hours or more. The worst thing was when I almost got my Permiso, the printer went off line. It took another half hour to bring it back. So when we hit the road again, it was 3:30pm....  We wasted most of our day at the border...  We planned to go to San Miguel today, but it is 260km away from the Guatemalan border. So we gotta change our plan. Probably we have to stop before San Salvador.

After riding few kms, we were stopped at a police check point. They asked for Permiso and I showed it to them. But they said we need to have another one issued by municipal. It would cost $5! I've never heard of it, but policemen insisted. So we went back to the border to get the Municipal Permiso. I thought it was a bullshit, but it was true. We paid $5 at an office near the border and now we were off to go. 

So now we were at a town called Armenia, 80km from the border. The hostel costs $10 each. It's clean and air-conditioned. We had tacos for dinner and people in this town are all friendly. I was pissed at the border but I kinda like El Salvador now. Tomorrow we plan to get to near Honduras border.

拍手[3回]

PR
  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
TRACKBACK

TrackbackURL

フリーエリア
一日一回クリックするとランキングがあがります! よろしくお願いいたします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



View Europe in a larger map
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
New Comments 最新コメント
[04/20 Yoshi]
[09/01 NONAME]
[02/07 室橋一也]
[02/04 Yoshi]
[02/03 Yoshi]
カウンター
プロフィール
HN:
三郎
性別:
男性
職業:
革命家
趣味:
バイク・旅
自己紹介:
オーストラリアに移住して16年。遠く南の大陸から母国日本を眺めてみて危機感を感じてはや16年。なにか出来ないものかと考えて考えて、ようやく自分で行動することに数年前に思い当たる。とりあえず自分が出来ることから始めよう!ってことで、革命軍M-26-Julioをシドニーで結成。
誰かが世の中変えるのを待ってるだけじゃなく、自分で社会に貢献できることから始めよう。
世界を旅しながら色々な人と出会い革命の輪を広げていきたい。
2010年からおやすみ羊とBMW R1200GSで世界一周中!

Hasta la victoria siempre, Patoria o Muerte!

現在の愛車:BMW R1200GS 「Esperanza de la Tora」(世界一周)、 SUZUKI DR650SE 「孫市」(オーストラリア一周)
過去の愛車:Buell XR12R Firebolt, Yamaha FZ1, Yamaha TRX850, 、HONDA XR250R, Suzuki XF650 Freewind, Yamaha XV250 Virago
ブログ内検索
バーコード
Copyright ©  -- M-26-Julio 羊とめぐる冒険 BMW R1200GSで世界一周の旅 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]