忍者ブログ

三郎とおやすみ羊のBMW R1200GSで世界一周の大冒険

   
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

エアバッハとミッヒェルシュタット / Erbach and Michelstadt
Day 657: 2012年5月15日

Höchst im Odenwald (Das Haus von Katrin)
62,407km

今日は寒いです。朝は曇り時々雨。なんと今週木曜日はドイツでもスイスでも祝日なのでウベ、フランコ、そしてアンジェなど訪ねようとしていた友達がみんな出かけて留守!なので朝食後カトリンと今後のルート造り。ウベは20日の日曜日に戻ってくると言うので、それまでいろんな所を廻ろう、と。ハイデルベルク(Heidelburg)もいいし、ニュルンベルク(Nürnberg)もいい。そして神聖ローマ帝国の中心地であったレーゲンスブルク(Regensburg)もいい。もちろんフュッセン(Füssen)のノイシュヴァンシュタイン城(Schloss Neuschwanstein)もいいですね。

It was really a cold day. In the morning it was cloudy and raining a bit. I found out that this thursday would be the public holiday in Gemany and Switzerland, so all my friends Uwe, Franco and Antje I was going to visit would be out for their holidays!! So with Katrin, I made a plan where I could visit during their away. Heidelburg sounds good, Nürnberg is also good. Katrin and Roland told me Regensburg, which was teh capital of Holy Roman Empire was worthwhile visiting. Of course, Schloss Neuschwanstein near Füssen I should not miss.

しかし、木曜が祭日なので金曜日も休暇にして4連休を取る人が多いみたいでどこのホステルもいっぱい!! これは予想外でした。で、結局明日はニュルンベルクに先ず行って市内観光。そしてレーゲンスブルクの宿は1泊取れたのでそこで1泊。明後日レーゲンスブルクの市内観光をしてフュッセンで1泊。明々後日ノイシュヴァンシュタイン城を見学、そのままオーストリアのフェルトキルヒ(Feldkirch)という街まで行き2泊、という予定を立てました。フェルトキルヒは小国リヒテンシュタインにもスイスにも近く、なかなかいい場所みたいです。天気が良ければいいのですが。

Howeer, as many people would have long weekend by taking friday off, those hostels were booked out... I did not expect that. So we made plan like this: visiting Nürnberg in the day tomorrow and head to Regensburg for a night to stay (I could make a boking at a hostel). Then the day after, I can explore the city of Rosenburg, then I will head to Füssen to spend a night. Then in the morning, I could visit Schloss Neuschwanstein and I will ride to Feldkirch, Austria. Feldkirch is located near Liechtenstein and Switzerland and it seems to be anice to place. I hope it will be a good weather.

ホステルの予約をしてから気が付いたのですが、なんと現在ノイシュヴァンシュタイン城は改修中でなんとその美しい外観は覆われている、とのこと。(姫路城もそうですが…。)。これにはガッカリ。

After I made a booking for those hostels, I realised that currently Scholoss Neuschwanstein was under restoration... So its beautiful appearance would be covered... I was very disappointed.

お昼ごはんを食べてしばらくしたら天気が良くなって来ました。3時過ぎにカトリンと車でエアバッハ(Erbach)という近隣の街へ。ここにあるエルバッフ城(Schloss Erbach)を見学に。

After lunch, the weather got better. Katrin took me out to Erbach the nearby town. Here we visited a palace "Schloss Erbach".

エアバッハは古い街並みが残っていてイイ感じ。

Erbach was a nice little town with lots of old houses.
DSCF2944.jpg
















ドイツ独特の木造建築が面白い。特に柱が斜めに組まれたりしてて家々に表情を与えてます。

The pattern of wood works were very interesting. Some beams were put diagonally, and that gives characters to those old houses.
DSCF2945.jpg
















そして城へ。ミュンヘンで訪れた城とは違いこじんまりしてますが、この城の主たちが集めた品々はなかなかのもの。中で写真は撮れなかったので残念ながらお見せは出来ませんが。

The palace was pretty small compared to those palaces I visited in Munich. But the collections of the lords of this palace were impressive! As I could not take any photo inside the palace, there is no photo...
DSCF2946.jpg
















始めは鹿の角とライフルマスケット(銃)のコレクション。エアバッハ伯フランツ1世(1754年 - 1823年)が鹿狩りが好きで、鹿角を集めて飾っています。物凄い数の鹿の角。数千等に一匹左右の形が大きく異なる角を生やすのだそうで、1階に飾ってある全てがそうだそうです。

On ground floor, there were many of antlers placed on the walls. And also there were lots of muskets displayed. The lord Franz I (the princely Counts of Erbach 1754 - 1823) loved hunting and collecting stag antlers especially deformed ones. One in thousands stags grew deformed antlers (those asymmetrical) and those were considered rear pieces. Those displayed on the ground floor were all asymmetrical ones.
701bd5d9.jpeg
















2階にも更に鹿の角があり、今度は大きなものばかり。最近の鹿の角はここまで大きくならないそうです。

On the 1t floor, there were more antlers and muskets. Those antlers were huge ones. According to the guide, stags nowadays would not have such large antlers.
e185505a.jpeg
















角ばっかり見せられて飽きたところで、今度はローマ帝国時代の彫像、器、コインなどのコレクション。一番有名なのがアレクサンダー大王の彫像。

I got bored seeing lot of antlers but then it got more interesting. The next was the collections of Roman artifacts! There were statues, potteries, coins and other artifacts of Roman Empire. The most famous one out of the collection would be the bust of Alexander the Great.

アレクサンダー大王はローマじゃなくてマケドニアですよ、って声が聞こえてきそうですけど、これはギリシアにあるオリジナルのローマ帝国時代の模造品。その中で3体残っているそうですが、一番保存状態がいいものらしいです。チケットにもこの彫像が載っていて、ワシは一目で「アレキサンドロス大王だ」と分りました。流石歴史大好きなだけはあります。

I heard someone said Alexander the Great was Macedonian but not Roman. Yes, that's right, but the statue was the Roman copy of the Greek original. There were 3 copies remaining and this one would be in the best condition. On the ticket of the palace, there was a photo of this statue. I could recognise it was Alexander the Great at the first glance.
7fd51335.jpeg
















その他にユリウス・カエサル、アウグストゥス帝、ティベリウス帝、クラウディウス帝、トラヤヌス帝、ハドリアヌス帝、アントニヌス・ピウス帝、マルクス帝・アウレリアス帝、コンモドゥス帝などのローマ皇帝やキケロの彫像がありました。また、このオルデン・ヴァルト周辺はローマ帝国領内だったので、発掘された遺物なども展示されていました。さっきの鹿の角とは違い、エアバッハ伯フランツ1世、これはいい趣味をしてます。

There were busts or statues of Julius Caesar, Augustus, Tiberius, Claudius, Trajanus, Hadrianus, Antonius Pius, Marcus Aurelius, Commodus etc. And Ordenwalt was the territory of Roman Empire, there were some Roman artifacts recovered in this region displayed. Unlike the antlers of stags, this collection was pretty good.

そして、1階に戻り中世騎士の甲冑や剣、槍などの武具のコレクション。これも見ごたえがありました。

Then back to the ground floor, there was a collection of armors, helmets, spears and swords of medieval knights. I had never seen so many of those at once before.

ツアーは4時に始まり終わったのは5時20分。1人5ユーロ。見ごたえがあって良かったですよ。

The tour started at 4pm and ended at 5:20pm. The cost was 5 Euros. I thought it was worth seeing those colletions.

すこし街を歩きます。いいですねぇ、ドイツの田舎街。

Then we walked around the town. I like the atmosphere of German rural towns.
DSCF2950.jpgDSCF2951.jpg
































それから隣町のミッヒェルシュタット(Michelstadt)に行きました。ここも街並みがきれいですねぇ。
特に市庁舎(Rathaus)は1494年に建造されたとても古いもの。高床式になっていて造りが面白いですね。

Then we visited another town Michelstadt. There were many old houses too. The old town hall "Rathaus" was one of the oldest wooden constructed building in Germany. It was built in 1494. The basement of Rathaus was in arcade style, which made this building really unique.

DSCF2955.jpg

















そして「ディープス塔(盗賊塔)=Diebsturm」。なんで盗賊なのかはわかりあませんが、これも古い建物です。古いものはなんだか趣があっていいですね。なんで近現代のものには「趣」というか「温かさ」や「面白み」が欠けているんですかね。不思議なものです。

Then Diebsturm (The tower of thieves). I don't know why it is called "The tower of theives" but it was a part of the old city wall. Old buildings have some "flavour" or "taste" in them. I wonder why the modern buildings cannot have those.

DSCF2953.jpg
















象があしらってある「象の家」。なかなかお洒落ですが只今テナント募集中です。

Then "Elepahts house". There were lots of elephants on the wall. Currently it is vacant, so is anyone interested to rent the place?
DSCF2956.jpg
















家に戻り、カトリンと映画「ランゴ(Rango)」をDVDで観たらもう10時過ぎです。明日は朝早めに出発したいので今日は早めに寝ます。

Back home, I watched a movie "Rango" with Katrin. "Controlling water will control everything", which really apply to the current world. Soon we will have shotage of water worldwide and someone will obtain enomous power by controlling water souces. It was after 10pm when we finished the movie. As I am planning toleave early tomorrow, I will go to bet early.

*******************************************************************************************************************************************************

世界一周ブログランキングに参加中です。 上位にランクインすることで、このブログがより多くの方の目に留まります。そして更に多くの方に読んでいただけます。 クリックしてご一票をいただけると嬉しいです。

I am competing in "Round the World Trip Blog Ranking". Please click the button to make my blog No.1!! にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 *******************************************************************************************************************************************************

拍手[3回]

PR
  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
フリーエリア
一日一回クリックするとランキングがあがります! よろしくお願いいたします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



View Europe in a larger map
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
New Comments 最新コメント
[04/20 Yoshi]
[09/01 NONAME]
[02/07 室橋一也]
[02/04 Yoshi]
[02/03 Yoshi]
カウンター
プロフィール
HN:
三郎
性別:
男性
職業:
革命家
趣味:
バイク・旅
自己紹介:
オーストラリアに移住して16年。遠く南の大陸から母国日本を眺めてみて危機感を感じてはや16年。なにか出来ないものかと考えて考えて、ようやく自分で行動することに数年前に思い当たる。とりあえず自分が出来ることから始めよう!ってことで、革命軍M-26-Julioをシドニーで結成。
誰かが世の中変えるのを待ってるだけじゃなく、自分で社会に貢献できることから始めよう。
世界を旅しながら色々な人と出会い革命の輪を広げていきたい。
2010年からおやすみ羊とBMW R1200GSで世界一周中!

Hasta la victoria siempre, Patoria o Muerte!

現在の愛車:BMW R1200GS 「Esperanza de la Tora」(世界一周)、 SUZUKI DR650SE 「孫市」(オーストラリア一周)
過去の愛車:Buell XR12R Firebolt, Yamaha FZ1, Yamaha TRX850, 、HONDA XR250R, Suzuki XF650 Freewind, Yamaha XV250 Virago
ブログ内検索
バーコード
Copyright ©  -- M-26-Julio 羊とめぐる冒険 BMW R1200GSで世界一周の旅 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]