忍者ブログ

三郎とおやすみ羊のBMW R1200GSで世界一周の大冒険

   
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

要塞、ダルムシュタット、祭り / Fortress, Darmstadt and Festival
Day 656: 2012年5月14日

Höchst im Odenwald (Das Haus von Katrin)
62,407km

今日は快晴。しかし寒い。朝はゆっくりと。外の紅葉(?)が美しい。

It was a fine day but cold... I had a relaxed morning. There was a maple tree outside and it was beautiful.
DSCF2900.jpg
















庭に出ると、こんな感じ。いいところですね、ここ。

The view from teh garden. It's a really nice house in the nice environment.
DSCF2902.jpg
















蛇もいました。

There was a small snake in the garden.
DSCF2903.jpg
















昨晩インターネットがつながらなかったので、朝日記のアップをしたりこれから訪ねることになっている友人たちに連絡したり。

As I could not connected to Internet last night, I updated my blog and contacting my friends whom I was going to visit soon.

そして12時ごろになってカトリンと近くの要塞へ。これは12世紀ごろ作られたそうで、なかなかのものです。

Then Katrin took me to a fortress nearby the town. It was built in 12th century. It was restored in recent year, so it was in a good shape.
DSCF2910.jpgDSCF2905.jpg
































銃眼があったり、

There were many battlements on the wall.
DSCF2908.jpg
















大砲があったり。

And there was a cannon.
DSCF2909.jpg
















なんと内部にはユース・ホステルがあります。ドミで一泊23ユーロ。朝食付き。しかしユース・ホステル会員しか宿泊できないのだそう。ホステル内ではアイスクリーム禁止です。

There was a Youth Hostel inside the fortress!! A dorm bet a night cost 23 Euros including breakfast. But only member of Youth Hostel International can stay there. And it was prohibited to have ice cream inside the hostel.
DSCF2917.jpg
















塔に登るとヘヒストの街が一望できます。

At the top of the tower, we could see the entire town of Höchst im Odenwald.
DSCF2912.jpg
















なんと、ここにはタイヤ・メーカーのピレリの工場があります。エスペランサが履いているメッツェラーもピレリの傘下なのでここで製造されたのかな?

Katrin told me that a factory of Pirreri - tyre manufacturer - located here! Metzeler tyres Esperanza wearing might be made here too (Metzeler is under Pirreri).
DSCF2916.jpg
















一旦家に戻り、昼飯を頂いてから今度はお父さんとお母さんがダルムシュタット(Darmstadt)に用がある、というので連れて行ってもらいました。

We went back to the house once and had lunch, then her dad and mum were going to Darmstadt, so they gave me a lift there.

カトリンが街を案内してくれました。先ずはマチルダの丘から。「丘催事場とホッホツァイト塔」。

Katrin showed me around the town. First, we started from Mathilda Hill. "Mathildenhoehe-hochzeitsturm".
DSCF2923.jpg
















ロシア正教会や(何故ここにあるのかはカトリンも知りませんでした)、

後でカトリンと調べたらロシア皇帝ニコライ2世(当時皇太子)とアリックスヘッセン大公女(Alix von Hessen)が1894年に結婚。その時ニコライ皇太子がこの地を訪れロシア正教会を建てたそうです。アリックスは後のアレクサンドラ・フョードロヴナ (ニコライ2世皇后)。そうですあの有名なアナスタシア妃のお母さんなんです。

訪れたときは全く知りませんでしたが、このカップルの後の運命を考えると興味深い教会ですね。


There was a Russian Orthodox Church on the hill too (Katrin did not knowwhy it was there either). Katin and I checked it up later and found out that Rrand Duchess of Hesse, Alix von Hessen married to Tsarevich of Russia, Nicholas (later Tsar Nichoas II) in 1894. Then when Nicholas visited here, he built the Russian Orthodox Church. 

I did not know about that at all when I visited the church, but thinking about the later fate of the couple, I found the church really interesting.
DSCF2924.jpg
















宮殿を訪れたり。

Then we visited  palace.
DSCF2927.jpg
















これは第2次世界大戦時の空襲で破壊された教会跡。ダルムシュタットは空襲で破壊されましたが、見事に再建されました。しかし戦争の痛みを忘れないために教会は破壊されたままの状態で保存されています。

This was a ruin of a church destroyed by air raids during WWII. The majority of the town of Darmstadt was demolished by the air raids but it was rebuilt beautifully after the war. However, to memorise the pain of the war, the church was left unrestored.
DSCF2933.jpg
















そしてオーストリア出身の奇抜な建築家フリーデンスライヒ・フンデルトヴァッサー(Friedensreich  Hundertwasser)が造ったマンション「ヴァルトシュピラーレ」。

Then we visisted an apartment block designed by the famous Austrian architect Friedensreich  Hundertwasser.
36bae3d7.jpeg
















外見はかなり奇抜ですが、室内はどうなんでしょうね?

From outside, it looked really extraordinary, but I wonder how the inside would be. Would it be comfortable to live??
DSCF2935.jpg
















家に戻り夕飯をいただいた後、街でお祭りがあるのでカトリンと行って見ました。が、あまり盛上がってない・・・。

After we got home and had dinner, Katrin took me to the local festival. But there weren't much people out there...
DSCF2938.jpg
















しかしちゃんとソーセージ屋とビア・ガーデンはしっかり営業してます!!

But of course, people havig sausages and beers!!
DSCF2940.jpgDSCF2939.jpg
































この家お洒落ですね。こんな家が何軒かあり、日本人が想像するヨーロッパの田舎街そのもの、みたいな感じです。

We walked around the town for a while. There were some house like this, which really fit the image of "European rural town" that the most ofJapanese would have.
DSCF2941.jpg

 

*******************************************************************************************************************************************************

世界一周ブログランキングに参加中です。 上位にランクインすることで、このブログがより多くの方の目に留まります。そして更に多くの方に読んでいただけます。 クリックしてご一票をいただけると嬉しいです。

I am competing in "Round the World Trip Blog Ranking". Please click the button to make my blog No.1!! にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 *******************************************************************************************************************************************************

拍手[3回]

PR
  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
フリーエリア
一日一回クリックするとランキングがあがります! よろしくお願いいたします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



View Europe in a larger map
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
New Comments 最新コメント
[04/20 Yoshi]
[09/01 NONAME]
[02/07 室橋一也]
[02/04 Yoshi]
[02/03 Yoshi]
カウンター
プロフィール
HN:
三郎
性別:
男性
職業:
革命家
趣味:
バイク・旅
自己紹介:
オーストラリアに移住して16年。遠く南の大陸から母国日本を眺めてみて危機感を感じてはや16年。なにか出来ないものかと考えて考えて、ようやく自分で行動することに数年前に思い当たる。とりあえず自分が出来ることから始めよう!ってことで、革命軍M-26-Julioをシドニーで結成。
誰かが世の中変えるのを待ってるだけじゃなく、自分で社会に貢献できることから始めよう。
世界を旅しながら色々な人と出会い革命の輪を広げていきたい。
2010年からおやすみ羊とBMW R1200GSで世界一周中!

Hasta la victoria siempre, Patoria o Muerte!

現在の愛車:BMW R1200GS 「Esperanza de la Tora」(世界一周)、 SUZUKI DR650SE 「孫市」(オーストラリア一周)
過去の愛車:Buell XR12R Firebolt, Yamaha FZ1, Yamaha TRX850, 、HONDA XR250R, Suzuki XF650 Freewind, Yamaha XV250 Virago
ブログ内検索
バーコード
Copyright ©  -- M-26-Julio 羊とめぐる冒険 BMW R1200GSで世界一周の旅 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]