忍者ブログ

三郎とおやすみ羊のBMW R1200GSで世界一周の大冒険

   
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

アピア街道を往く / Going on Via Appia Antica
Day 672: 2012年5月30日

Rome (Camping Seven Hills Village)
64,416km

さて、昨日は夜遅くまでブログのアップをしていましたが、片手間に調べたところヴァチカン博物館の所蔵品は半端なく、計画をたてて見たいものだけ見ないと1週間でも足りない(実際一品一品に30秒の時間をかけると見終わるのに7年かかかるそうです)とのこと。だから何を見たいか絞らないといけません。なので今日はヴァティカンには行かずに昨日見切れなかったところを周ろうと。

Last night I was updating my blog till late, but I made a little research on Musei Vaticani. And I found out that as there were so many things to see, even 1 week woul not be enough to0 go throug every single piece of the colelctions (actually it will take more than years to see everything if you spend 30 sec for each item). So I need to make a good plan whatI ould lie to see the most. So I decided to visit Vatican tomorrow and instead I will visit other attractions.

ちょっと時間にゆとりが出来たので、朝は洗濯を少々。キャンプ場を出たのは9時。目指すのはポロロ広場(Piazza del Popolo)。

So I had extra time this morning, I did some laundry. Then I left the campground at 9am. I headed to Popolo Plaza.

ここのポポロ門はかつてのローマの北の入り口。なかなかの威容を誇ってます。

This "Gate of Popolo" was used to be the northern gate to the city of Rome.It's quite massive.
DSCF3544.jpg

















そしてポポロ広場の真ん中にあるのが24㍍のオベリスク。

Then there was an Obelisk (24m tall) in the middle of the plaza.
c085efd3.jpeg

















エジプトはローマ帝国の属領になったので(マルクス・アントニウスとクレオパトラがオクタヴィアヌスにアクティウムの海戦で負けたためにプトレマイオス朝 エジプトが滅亡)、オベリスクなどじゃんじゃん持って来たのでしょう。一時期エジプト文化や宗教がお洒落として流行ったとか。エジプトのイシス信仰(地母 神信仰)が後にカトリックの聖母崇拝につながっていったと思われます。

Egypt used to be a part of Roman Empire (as Mark Antony and Cleopatra lost against Octavianus in the battle of Actium Ptolemy dinasty of Egypt corrupsed), that'S why Romans took many things such as Obelisks to Rome. Egyptian culture and religion became poplar in Rome, especially worshipping godess Isis. This Isis worshipping later was transfromed (probably) to the worship of Virgin Mary in Roman Catholic.  

そのまま南に降り、アウグストゥス帝霊廟を通り過ぎて、

I walked down south and passed Mauselium of Augustus, and
DSCF3552.jpg
















ナボナ広場(Piazza Navona)へ。お菓子のホームラン王ではありません。広場です。

I came to Navona Plaza.
DSCF3553.jpg
















ここにも泉とオベリスク。ローマ人オベリスク持って来すぎだよ・・・。

Here was another obelisk. Romans took so many obelisks out of Egypt...
DSCF3557.jpg





















で、ローマ国立博物館アルテンプス宮(Museo Nazionale Romano Palazzo Altemps)に行こうとしましたが、入館料がローマ・パスで半額で6.5ユーロ!!もするので止めました。なので時間が余ったので、これは遠くてちょっと行こうか行かないか迷ってた「オスティア・アンティカ(Ostia Antica)に行くことに。

I wanted to visit Natinal Museum of Rome, Altemps Palace, but the entrance fee was 6.50 Euros even with Roma Pass, so I did not go in. Then I had extra time, so I decided to visit "Ostia Antica" where I thought too far to visit.

まだ11時過ぎですが、早めの昼食。今日は奮発してパスタを食べてみました。カルボナーラです。珈琲とブルスケッタ(でしたっけ?)が付いてサービス料混みで10ユーロ。量は少ないですが、ちゃんとアルデンテ。美味いですが、日本でもオーストラリアでも食べられるって言えばそうですね。

It was still just after 11am. But I had an early lunch. Today I had pasta with carbonara sauce. It was a small searve, but the pasta was cooked in "Al dente" and was very good. It came with bruschetta and a cup of coffee and cost 1o Euros (including service charge). But I thought I could have the same in Japan or in Australia.
44581bb9.jpeg

















先ずは30番のバスに乗ってピラミデ(Piramide)駅まで。ピラミデ?? そうなんです、ピラミッドなんです。ローマにも在るんですピラミッド。これは流石にエジプトから持ってくることは出来なかったので模倣でしょうけどね。

I took a bus No.30 to Piramide. Piramide? Yes, it's Pyramid. Here in Rome there is one. But this one wasn't from Egypt just an imitation (even ancient Romans could not carry a pyramid from Egypt!). 
DSCF3560.jpg

















ここから電車に乗り換えオスティカ・アンティカ駅まで30分。5分くらい歩くと古代都市が見えてきます。入園料は6.5ユーロですがローマ・パスで無料。

From Piramide, I took a train to Ostica Antica. It took 30 mins. Fromthe station, it took 5 mins to the site. The ancient Roman city of Ostica. The entrance ee was 6.50 Euros usualy but with Roma Pass I got a free entrance.

ここはローマの港として栄えた都市。かつては人口10万人を擁したとか。

This city was flourshed as a port of Rome. It used to have 100,000 population at its peak.
5db78368.jpeg
















モザイクも残ってます。

Mosaics were stil visible.
47730867.jpeg
















神殿跡。

A temple ruined temple.
DSCF3576.jpg
















野外劇場。

An open air theatre!
DSCF3578.jpg93710c12.jpeg
































このデカイ甕はかつてオリーブ油などを船で運んだのでしょうね。

These huge vats were used to ut olive oil and carried by ships.
baaa5948.jpeg
















またまたモザイク。

Another mosaic.
e08529e9.jpeg

















他にも沢山ありましたが、広すぎです。

It was huge andtThere were many to see.

再び電車に乗り、ピラミデまで戻って、118番のバスに乗って、アッピア旧街道(Via Appia Antica)を訪ねます。アッピア街道。懐かしい響きです。これも中学2年の時に斑で歴史新聞を作るときに、ワシの斑は「アッピア新聞」って名前にしたんですよね。だから、是非ともアッピア街道を歩きたかったのです。

I went back to Piramide by train and caight a bus No.118 to Via Appia Antica. I learnt about Via Appia when I was in junir high school. When we made a class hostrical nuews paper, the name of the paper was "Via Appia News". So I realy wanted to visit here and walk on it.

バスをサン・セバスティアーノのカタコンベで降りて歩きます。これはマクセンティウス帝の競技場跡(Circe e vila di Massenzio Mausoleo di Romolo)。

I got off the bus at Catacombe e Chiesa di San Sebastiano and walked on Via Apia. This is the ruin of the race track of Emperor Massentius.
53683d71.jpeg

















そしてチェチーリア・メテッラの墓(Tomba di Cecilia Metella)。ローマの貴族マルクにウス・リキニウス・クラッスス(第一回三頭政治ほ1人。)の娘のお墓でしたが後に城塞として再利用されたもの。

This is the tomb of Cecilia Metella,a daughter of Marcus Licinius Crassus who was one of "Triumviratus". Then later on it was used as a fortress.
7e30ebcc.jpeg
















アッピア旧街道は今でも石畳ですが、この部分はおそらく古代ローマのもの。この辺りは交通量も少なくなりイイ感じ。

Via Appia Antica is still stone paved road but this part of section would be the origianl from Ancient Rome. There was less traffic around here and it was a good atmosphere to think back the time of Ancient Rome.
ee232caa.jpeg















ここから引き返し、歩く歩く。途中から交通量が増え、路肩が狭いので結構怖い。ようやくドミネ・クォ・ヴァディス教会(Domine Quo Vadis?)まで来ました。

I turned around and walked back the way I came from. It got more traffics and the road was reaqlly anrrow, so it was quite scarely. Finaly I arrived Church Domie Quo Vadis?.
48dc3e1c.jpeg
















ネロ帝の時代のローマの大火の後、キリスト教徒に火事の罪が被せられて、ペドロは難を逃れるためにローマから逃げたのですが、ここでキリストに出会い、ペドロ: 「主よ何処に行かれるのですか?(Domine quo vadis?)」と尋ねたところ、キリスト: 「もう一度十字架にかけられにローマに行く」と答えたそうです。ペドロは逃げている自分を恥じて、ペドロはローマに戻り殉教したとか。その場所にこの教会は建ってます。

The Great Fire of Rome (Latin: Magnum Incendium Romae) was an urban fire that occurred beginning July 19, AD 64 in the era of Emperor Nero. The emperor blamed Christians for arsoning the fire and started to capture Christians. For this reason, St. Peter was escaping from Rome and then he met Jesus Christ where the church stands now. He asked Jesus "Lord, where are you going? (Domine, quo vadis?)". His Lord replies, "I am going to Rome to be crucified again. (Eo Romam iterum crucifigi)", by which Peter understands that he (Peter) must return to the city to face the martyrdom God intended for him.

イエスの足跡のレプリカ。

The reprica of foot print of Jesus Christ.
DSCF3609.jpg

















そしてサン・セバスティアーノ門(Porta San Sebastiano)まで戻り、アッピア旧街道散策は終了!! 念願(?)が叶いました。

Then  finally arrived The gate of San Sebastiano the begining of Via Appia. FInally my childhood dream came true!
af357af1.jpeg
















今日はこれでキャンプ場に戻り、明日のヴァチカン博物館の下調べをします。さて、何を中心に見ようかな。

I went back to the campground after this. Now I have to make a good plan for tomorrow.

*******************************************************************************************************************************************************

世界一周ブログランキングに参加中です。 上位にランクインすることで、このブログがより多くの方の目に留まります。そして更に多くの方に読んでいただけます。 クリックしてご一票をいただけると嬉しいです。

I am competing in "Round the World Trip Blog Ranking". Please click the button to make my blog No.1!! にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 *******************************************************************************************************************************************************

拍手[2回]

PR
  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
フリーエリア
一日一回クリックするとランキングがあがります! よろしくお願いいたします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



View Europe in a larger map
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
New Comments 最新コメント
[04/20 Yoshi]
[09/01 NONAME]
[02/07 室橋一也]
[02/04 Yoshi]
[02/03 Yoshi]
カウンター
プロフィール
HN:
三郎
性別:
男性
職業:
革命家
趣味:
バイク・旅
自己紹介:
オーストラリアに移住して16年。遠く南の大陸から母国日本を眺めてみて危機感を感じてはや16年。なにか出来ないものかと考えて考えて、ようやく自分で行動することに数年前に思い当たる。とりあえず自分が出来ることから始めよう!ってことで、革命軍M-26-Julioをシドニーで結成。
誰かが世の中変えるのを待ってるだけじゃなく、自分で社会に貢献できることから始めよう。
世界を旅しながら色々な人と出会い革命の輪を広げていきたい。
2010年からおやすみ羊とBMW R1200GSで世界一周中!

Hasta la victoria siempre, Patoria o Muerte!

現在の愛車:BMW R1200GS 「Esperanza de la Tora」(世界一周)、 SUZUKI DR650SE 「孫市」(オーストラリア一周)
過去の愛車:Buell XR12R Firebolt, Yamaha FZ1, Yamaha TRX850, 、HONDA XR250R, Suzuki XF650 Freewind, Yamaha XV250 Virago
ブログ内検索
バーコード
Copyright ©  -- M-26-Julio 羊とめぐる冒険 BMW R1200GSで世界一周の旅 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]