忍者ブログ

三郎とおやすみ羊のBMW R1200GSで世界一周の大冒険

   
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

チャンチャン遺跡見学 / VIsiting Ruinas de Chan Chan
Day 333: 2011年6月22日

Huanchaco (Naylamp)
32,961km to 35,004km = 43km

DSCF6038.jpg今日はあまり調子がよくないのでチャンチャン遺跡とその周辺の遺跡を見学したらウアンチャコに戻って来るか先に進むか考えることにしました。

6時半に起床。8時過ぎには準備が出来ましたが、宿の精算をしたら、お釣りが無い、と。昨日払おうとしたときもお釣りが無い、とのことで払えなかったんですね。仕方が無く従業員がどこかにお釣りをもらいに行きました。こうして出発できたのは9時ごろです。

DSCF6052.jpgDSCF6039.jpgチャンチャン遺跡はウアンチャコから直ぐ近くにあります。博物館とその他2つの遺跡のセットで入園料12ソル。まぁ、チャンチャンがメインなんですけどね。

DSCF6036.jpgDSCF6037.jpgチャンチャン遺跡は日干し煉瓦で造られた世界最大の都市の遺跡だそうです。見渡す限りの泥砂山は遺跡なんですね。こりゃ、規模がデカイ。

DSCF6040.jpgDSCF6044.jpgDSCF6045.jpg





DSCF6048.jpgDSCF6050.jpg結構手直しされているとは思いますが、魚やペリカンのレリーフなどなかなか味があります。チムー王国の首都だったみたいで、チャンチャンとは「輝ける太陽」の意だとか。あ、世界遺産です。チムー王国はインカと抗争を続けて頑強に抵抗したので滅ぼされた後チムー人だちは強制移住されたとか。1470年代に滅びたとか。スペイン人がインカを滅ぼした60年くらい前なんですね。

DSCF6058.jpgDSCF6055.jpgDSCF6059.jpg




DSCF6061.jpg宮殿の真ん中に泉(池?)があり、まだ水をたたえてるんです。これは面白い。その奥に王宮があり、一番奥に王墓があります。全て日干し煉瓦で造ったんですね。在りし日のチャンチャンはどんな姿だったのでしょう。

DSCF6070.jpg博物館はパンアメリカンに出て直ぐ近くにあるのですが、見逃してしまいました。引き返して入館。うーん、大したことないですね。発掘された遺物は何処に所蔵されているのか?? それにしてもこの壷の絵、エジプトのトト神に見えませんか?

DSCF6076.jpgDSCF6085.jpgDSCF6084.jpg





その他二つの遺跡Huacaは神殿ですね。石建築に優れた山間のクスコからやってきたインカと日干し煉瓦建築の海岸沿いに栄えたチムー。この二つの王国の戦いは興味があります。

DSCF6072.jpgDSCF6079.jpgDSCF6077.jpg





ペルー特有の毛の無い犬がいます。あまり可愛くない・・・。右の写真は糞をしたあと砂をかける毛の無い犬です(神殿の上から撮影)。

4つ全部見学し終わって12時になりました。先に進むのにも太陽と月のピラミッドを見学してから進みたいので時間がありません。そこでウアンチャコに戻ることに。今日はクレアが紹介してくれたNaylampにキャンプです。ウアンチャコの街に入って先ずは昼飯。Menulandという飯屋にて。昨日食べたロモ・ソルタードというのをここでも食べてみました。やはり、美味い。これは当たりです。

日干し煉瓦造りの遺跡を見た後ウアンチャコの街を見て思ったのですが、この街は100年後どんな姿なのだろうか?と。まぁ、現在の文明が続いていればドンドン新生されていくのでしょうが、今の建造物は100年持つのかな? 怪しいな。

Naylampに行きテントを建てて(10ソル)今度はコレクティーボでトルヒーヨの街へ(1.60ソル)。「カシネリ博物館(Museo Cassinelli)の所蔵品は素晴らしい」とロンプラにあったので行ってみたくなったのです。それにしてもコレクティーボ、暴走します。道端に立ってたり歩いている人を見かけるたびに減速、声を掛けて乗せるか断られるか、で加速を繰り返します。そんなに加速をしてたら燃費悪いよ・・・。

DSCF6088.jpg博物館はRepsolのガソリンスタンドの裏手にあります。ボロイ・・・。個人所有の博物館みたいです。しかも3時まで開かないと。時間は2時50分。しかし3時10分まで待ちましたが、いっこうに開きません。なんか、しばらく空いてないようにも見えます。ガソリンスタンドに行って「博物館は開かないのですか?」と訊いたら、時計を見て「4時から」と。うーん、信用できねェな。体調も悪いし寒くなって来たので、帰ることに。

途中のショッピングモールに寄って買いだし。ここはマック、KFC、ピザハットなどがある別世界になってます。それからコレクティーボをつかまえて宿に戻ります。時間は4時半過ぎ。それにしてもマーク&クレアはこないのかな?

DSCF6091.jpgMenulandでDSCF6092.jpg夜飯を食った後飯屋の姉ちゃんと話してたら、地元の学校の記念日パレードが。子供たちがワラワラと。
そしたらマーク&クレアが飯屋に現れました! Naylampの前まで来たのですがガレージが無そうなので、昨日ワシが泊まってたHuanchaco Gardenに泊まってるとのこと。マークのXT600 Tenereのフォークシールが壊れたのでトルヒーヨで部品を探すので数日滞在するとか。

さて明日は太陽と月のピラミッドを見た後チンボテ辺りまで進みますかね。


Day 333: 2011年6月22日

Huanchaco (Naylamp)
32,961km to 35,004km = 43km

I got up at 6am. I was not feeling very well. I was caughing more this morning. So I was goinf to decide if I was gonna stay in Huanchaco or go south after visiting Chan Chan and other sites.

I was to pay the rent (15 Soles), but I only had 50 Soles note (last night I wanted ti oay, but they did not have change), and they still did not have change. So one of the staff went somewhere to get change and finally I could leave at 9am.

The ruins of Chan Chan was located near Huanchaco (between Huanchaco and Trujillo). The combined ticket (admission for a musuem, and 2 other sites) cost 12 Soles.I was glad that I came here by motorcycle as it would be to far to walk from Huanchaco. 

The site was massive. All those dunes look-a-like stuff were the structures of the great city of Chan Chan. In fact, Chan Chan was the largest Pre-Colombian city in South America and the largest adobe city in the world. 

Inside the palace, there were some carvings left intact. Those of fish, pelicans etc. Pretty impressive. In the middle of the palace, there was a spring (pond), and it still had water. 

In the end there was the place for the king and beyond there, there was a tomb of the kings. The most important place of the palace. I wonder how magnificent Chan Chan was when Chimu Kingdom was at its best.

I learnt Chan Chan was the capital of Chimu Kingdom, which was once mightier than Inca Empire. But CHimu was conquered by Inca sometimes around 1470s. The battle was fearce and Inca forced Chimu peaople to migrate elsewhere. It was just 60 years before the fall of Inca Empire by Franciso Pizaro. Chimu was the culture of Adobe, but rich in seafood and crops. On the othe end, Inca was the culture of stone building, depending on corns and potatos. The battles of 2 totally different culture deciding the champion of Pre-Colombian South America is, to me, very interesting.

The museum was nearby, but it was hard to find (the sign was not obvious from Panamerican Hwy on the way to Trujillo). The collection was really poor. But I payed attention to one pottery - the picture on the pottery looked like the Egyptian god, Toth. Interesting.

Those other 2 sites, Huaca de Emeralda and Huaca del Iris, were interesting, but were hard to find. I had to ask locals to find them. here were hairless dogs at the sites. The bleed of the dog was special in Peru.    

It was 12 noon when I finished visiting all of 4 sites. I wasn't better and I wanted to visit a museum (Museo Cassinelli) , so I decided to go back to Huanchaco.

I had lunch in Huanchaco at a reastaurant called Menukand. I had Lomo Soltado (what I had yesterday in Lambayeque), and it was good again. I like this dish. Then I went to Naylamp. This time I could find it. The campsite cost 10 Soles, with hot shower and WiFi. A good deal.

After I pitched my tent, I caught a Collectivo to Trujillo to visit Museo Cassinelli. But it was closed... On the door, it said open from 3pm to 6pm, but even I waited after 3pm, none was there. I asked a staff of Repsol Petrol Station next door, if the museum would be open. She checked her watch and said "From 4pm". Hummmm, I doubted. So I gave up and went back to the campsite.

It was 4:30pm when I came back. But I did not see Mark & Claire. They supposed to come today. Where were they?

I went to have dinner at the restaurant Menuland. While I was talking to the girl of the restaurant, there was a school kids marching. It was an anniversaly of the school. Every year they have the marching.

Then Mark and Claire showed up at the restaurant! They were staying at the campsite I was yesterday! (They came to Naylamp, but did not see the garage, so they went to another site). As Mark's XT600 Tenere had broken fork seals, they had to stay here for a while to find the parts.

I am caughing pretty hard still. So I wonder if I should leave tomorrow.

拍手[2回]

PR
  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
TRACKBACK

TrackbackURL

フリーエリア
一日一回クリックするとランキングがあがります! よろしくお願いいたします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



View Europe in a larger map
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
New Comments 最新コメント
[04/20 Yoshi]
[09/01 NONAME]
[02/07 室橋一也]
[02/04 Yoshi]
[02/03 Yoshi]
カウンター
プロフィール
HN:
三郎
性別:
男性
職業:
革命家
趣味:
バイク・旅
自己紹介:
オーストラリアに移住して16年。遠く南の大陸から母国日本を眺めてみて危機感を感じてはや16年。なにか出来ないものかと考えて考えて、ようやく自分で行動することに数年前に思い当たる。とりあえず自分が出来ることから始めよう!ってことで、革命軍M-26-Julioをシドニーで結成。
誰かが世の中変えるのを待ってるだけじゃなく、自分で社会に貢献できることから始めよう。
世界を旅しながら色々な人と出会い革命の輪を広げていきたい。
2010年からおやすみ羊とBMW R1200GSで世界一周中!

Hasta la victoria siempre, Patoria o Muerte!

現在の愛車:BMW R1200GS 「Esperanza de la Tora」(世界一周)、 SUZUKI DR650SE 「孫市」(オーストラリア一周)
過去の愛車:Buell XR12R Firebolt, Yamaha FZ1, Yamaha TRX850, 、HONDA XR250R, Suzuki XF650 Freewind, Yamaha XV250 Virago
ブログ内検索
バーコード
Copyright ©  -- M-26-Julio 羊とめぐる冒険 BMW R1200GSで世界一周の旅 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]