忍者ブログ

三郎とおやすみ羊のBMW R1200GSで世界一周の大冒険

   
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

4,882メートルの峠を越えてコルカ渓谷へ / Canon del Colca
Day 369: 2011年7月28日

Arequipa to Chivay - Canon del Colca (Hostal Portales)
37,959km to 38,224km = 265km

DSCF7127.jpg今日はいつもより早めの7時に起きました。朝飯を食べに出たら殆どの店が閉まってる!!
そうだ今日はペルーの独立記念日だから休日なんだ。もしかするとコルカ渓谷混んでいるかも。

朝飯は近くのパン屋でパンを買って部屋で。9時ごろまでブログをアップしたりメールチェックしたり。
9時過ぎに出発。

DSCF7116.jpgアレキパからチバイ(Chivay)に抜けるにはAyacucho通りをそのまま真っ直ぐに行けばいいだけなので楽チン。
アレキパの北ユラの街あたりまではトラックやバスが多く追い越しが忙しいです。やはり連休だから家族連れの車も結構いますね。

DSCF7121.jpgDSCF7123.jpgDSCF7126.jpg




カニャウアス(Canahuas)から左にそれてチバイまで。途中で滝(?)が氷になってました。どうりで寒いなと思ってGPSの高度計を見たら4,400メートル超えてます。

DSCF7127.jpgDSCF7131.jpgDSCF7132.jpg




更に登って峠の最頂点へ。ここの標高は4,882m!! こりゃ凄いわ。観光バスとかも停まってます。周りには氷河を頂いた山々が見えます。ここが今まで一番標高が高いところになりますね。

そこからしばらく行くとチバイの街に向かって降りていきます。3,000メートルくらいまで降りるので気温も上がります。

チバイの街の入り口で35ソル払わされます。高い…。街に着いて昼飯と思いましたが、あんまり良さそうなのが無いです。昼飯は後回しにして何件かの宿にあたってみますが「今日は休日だからいっぱいだよ」と。うーん、これはやばい。

一軒宿があったのですがそこの敷地は広いので「テントを張っていいか?」ときいたら「今マネジャーがいないから分からないけど、たぶん大丈夫」と。まぁ、宿が見つからなかったらここにテントを張らせてもらおう。

DSCF7135.jpgDSCF7138.jpg昼飯はあきらめて(持ってるお菓子を渓谷を眺めながら食べようと)そのままコルカ渓谷へ。
ヤンケ(Yanque)の街を過ぎるとダートになります。結構観光客が訪れるのでフラットダートかと思ってましたが、多少ガレてますし細いところやトンネルまであってなかなか楽しい。

DSCF7139.jpgDSCF7140.jpg風がけっこう強く埃が舞い上がります。たまに小さな竜巻とか見れたり。車は殆ど通ってませんね。観光客はまばらです。

DSCF7141.jpgDSCF7143.jpg渓谷は段々畑がインカ時代のあったりしてグランド・キャニオンとは全然感じが違います。それにしてもインカはよくこんな大規模で段々畑を作ったな。
見晴らし台から下を見ます。確かに深いですがグランド・キャニオンのほうが壮大だったような??

DSCF7149.jpgDSCF7167.jpgコンドルが見れるというクルス・デル・コンドル(Cruce del Condor)の見晴台へ。ここまで40キロくらいダートでしたね。


DSCF7163.jpgバイクを停めて見晴台まで行くと、いきなり頭の上に大きな影が。コンドルです! 流石にデカイなぁ。グランド・キャニオンでも見たのですが、けっこう上空を飛んでたので大きさは実感できませんでしたが、今日はかなり近くでコンドルの飛翔を見ることができました。

うーん、世界で2番目に深い渓谷、コルカ。しかし壮大さではグランド・キャニオンの方が上ですね。でも来て良かったですよ。

そして同じ道をチバイに引き返します。思ったよりダート道長いなぁ。ガタガタと走ります。
街に帰ってきたのはもう3時過ぎ。ガソリンスタンドで給油してると宿が右のほうにありました。オスタル・ポルタレス。
行って見ると駐車場ではないですがバイクを停められるスペースがあります。

試しに部屋空いてるか訊くと、空いてました。25ソル。ネットは無し。街の中心からは離れてますが、小さな街なのでそんなの問題ではありません。
早速チェックイン。駐車スペースは日中ゲートが開きっぱなしみたいなのでバイクカバーを掛けて目立たないように。

昼飯をまともに食べなかったので夕飯は早めに。宿の近くにポジョ屋があったのでフライドチキンとご飯、パスタ、フライドポテトの盛り合わせ(チチャロン・デ・ボジョ・コンビナード)を。
4ソルでボリュームたっぷりで美味い。当りです。

宿に戻りシャワーを浴びるとお湯がちゃんと出ました!! こんだけジャージャーにお湯が出るのはセザールの家以来かも。

さて、明日はチチカカ湖畔の街プーノです。ウロスの浮き島に行くか悩むところですね。


Day 369: 28 JUL 2011

Arequipa to Chivay (Canon del Colca)
37,959km to 38,224km = 265km

This morning when I went out to have breakfast, almost all the shops were closed. And I realised, today was the Peruvian Independence Day and public holiday. Canon del Colca could be clouded with full of local tourists... I bought breads at a bakery and had them in my room.

Until 9am I was updating my blog and checking e-mails. Then I left Arequipa to Chavy.

It was easy to get out from Arequipa. I just needed to go straight Ave. Ayachucho which lead to the hwy to Chavy.

There were lots of trucks and buses till Yura, so I had to overtake them often. There were cars lookedlike family day out, so I started to worry that there might not be any room available in Chavy.

At Canahuas, I turned left to Chivay. On the way, I saw those cascades were frozen! I checked the altitude on my GPS and it waas more than 4,400m! No wonder I felt cold. Then the road went up to the highest point of the pass. Where many buses and cars stopped for a rest. The altitude was impressive 4,882m!! It would be the highest point I had ever been. The view was prety good.

From the pass, he road started to descend to Chivay - from 4,882 50 some 3,000m. As I descent it got warmer.

Just before the town of Chivay, there was a check point and I had to pay 35 Soles to get into Canon del Colca... Very expensive.

I thought having lunch here, but nothing seemed to be cheap and good. So I started to find a hostel. I asked several hostels but all said "we are full as it'S a public holiday." Ouch.

One hostel has a huge yard, so I asked if I could pitch a tent. The receptionist said "well, the administrator isn't here, so I am not sure. But it should be fine." So when I come back from Canon del Colca, and if I could not find any hostel, I should camp here.

I gave up having lunch here (I had an idea to have biscuits seeing the canyon) and road to Canon del Colca. After the village of Yanque, the road became the dirt. I thought it would be a flat dirt as lots of tourists vehicles would go through, but it was gravelled, some places were narrowed. It was fun to ride through.

The wind was pretty strong and it was very dusty. There were terrance farms built by Inca all the way. Very impressive view. I imagined the canyon would be like Grand Canyon of the States, but very different.

From the view point, I could lool down the cayon. Very deep but, to me, Grand Canyon was more impressive.

Then I road to the view point called "Cruce del Condor" where Andean Condors could be sighted. I parked my bike and walked down to the view point. Then something flew over my head (made a huge shadow). It was a condor!
It's a very big bird. I saw one in Grand Canyon, but it flew quite high up, so I could not feel the size of the bird. But today, the bord flew just there, so I could enjoy seeing it glyding between the canyon. There was another one I could see far away. The magnificent bords they were.

If I hiked down the cayon, I should have appreciated the great landscape of the canyon more, but just looking down from the view points, Grand Canyon was more impressive. But I was glad to be there at Canon del Colca. It's beautiful and different.

I road the same way back to Chivay. At the town when I was refuelling, I saw the sign of hostel at the right. I ent there and it has a parking space. I asked if they have a room available and they had!
The single room cost 25 Soles. No WiFI though. I parked my GS at the parking space, but it looked like the gate was open through out the day, so I put the bike cover to make her less visible.

As I did not have proper lunch, I went to have early dinner. I found a chicken restaurant nearby. Chicharon de Pollo combonado (Frid chicken with rice, pasa, salada, and chips) cost ony 4 Soles. It was very good.

Back to the hostel and I took shower. The hot shower was excellent. I think it would be the best hot shower since Cesar's place!

Tomorrow I will ride to Puno, the lake side city of Lake Titicaca. I am still wondering if I should go to Islas del Uros.

拍手[3回]

PR
  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
TRACKBACK

TrackbackURL

フリーエリア
一日一回クリックするとランキングがあがります! よろしくお願いいたします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



View Europe in a larger map
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
New Comments 最新コメント
[04/20 Yoshi]
[09/01 NONAME]
[02/07 室橋一也]
[02/04 Yoshi]
[02/03 Yoshi]
カウンター
プロフィール
HN:
三郎
性別:
男性
職業:
革命家
趣味:
バイク・旅
自己紹介:
オーストラリアに移住して16年。遠く南の大陸から母国日本を眺めてみて危機感を感じてはや16年。なにか出来ないものかと考えて考えて、ようやく自分で行動することに数年前に思い当たる。とりあえず自分が出来ることから始めよう!ってことで、革命軍M-26-Julioをシドニーで結成。
誰かが世の中変えるのを待ってるだけじゃなく、自分で社会に貢献できることから始めよう。
世界を旅しながら色々な人と出会い革命の輪を広げていきたい。
2010年からおやすみ羊とBMW R1200GSで世界一周中!

Hasta la victoria siempre, Patoria o Muerte!

現在の愛車:BMW R1200GS 「Esperanza de la Tora」(世界一周)、 SUZUKI DR650SE 「孫市」(オーストラリア一周)
過去の愛車:Buell XR12R Firebolt, Yamaha FZ1, Yamaha TRX850, 、HONDA XR250R, Suzuki XF650 Freewind, Yamaha XV250 Virago
ブログ内検索
バーコード
Copyright ©  -- M-26-Julio 羊とめぐる冒険 BMW R1200GSで世界一周の旅 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]