忍者ブログ

三郎とおやすみ羊のBMW R1200GSで世界一周の大冒険

   
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

シャファウゼン、IWCにスイス風そば / Schaffhausen, IWC and Soba Swiss Style
Day 665: 2012年5月23日

Thalwil (Das Haus von Laura & Uwe)
63,290km

今日は予報どおり雨。なのでバイクでのツーリングは諦めて車で行くことに。

It was raining from the morning as forcasted. So we gave up riding the motorcycle to Schaffhausen.

朝はモーリタニアについて少々調べごと。少女を太らせる「ガバージュ」という伝統が特に目を引きます。モーリタニアではふくよかな女性が美しいとされ、またふくよかな娘を育て、ふくよかな妻を養うのが男の甲斐性なので強制的に女の子を太らせるのです。1日8-10リッターの砂糖入りラクダ乳を飲ませ、毎食2キロのクスクス(砂糖とラクダ乳入り)を食べさせると言う、当に拷問。

しかも食べないとつま先を万力で締め上げるという、まぁ、ダイエット大流行の我々の社会からすると真逆の文化ですね。全く思いもかけず仕事でモーリタニアに行くことになったウベ。ちょっと羨ましい。

I made a little research about Mauritania. The most interesting tradition I found was "Gavarju" fattening up young girls. In Mauritania, obeased women are considered more beautiful. And also to foster obeased daughters and to have obeased wife(s) is the status of men.

Young girls are forced to eat a lot: 8-10 litres of Camel milk with lots of sugar a day, 2kgs of CousCous mixed with lots of sugar each meal!! If they do not eat a lot, they would be pinched their toes (often crushed). In our society, losing weights is the fad but in Mauritania, it is totally opposite.

タールヴィル(Thalwil)からドイツ国境近くの街シャファウゼン(Schaffhausen)まで60キロくらい。高速に乗って行きます。多くのトンネルを通り抜け、シャファウゼンに到着。田舎街か、と思ってましたが、結構栄えてます。

Uwe drove me to Schaffhausen, the town near the border to germany, on the motorway. There were many tunnels we drove through. I thought Schaffhausen would be a small country town, but it was quite developed.
DSCF3138.jpg
















ウイリアム・テルの銅像。スイス独立の英雄ですね。

There was a statue of William Tell, the hero of Siwss Independence.
DSCF3139.jpg
















目抜き通りは遊歩道になっていています。晴れ間も広がり、イイ感じ。

The main street was a promenado. It became sunny, good.
DSCF3140.jpg

















ここシャファウゼンにやってきたのは、もちろん「IWC」があるからです。国際捕鯨委員会(International Whaling Commission)ではありませんよ。International Watch Co.です。そうです、スイスと言えば時計。時計産業が盛んなのはジュネーブなどのフランスよりなのですが、ここシャファウゼンの雄「IWC」は時計好きなら必ず知っているブランドですね。特にパイロット・ウォッチで名高い。

Why we came to Schaffhausen? Because I wanted to visit "IWC". It's not "IWC" of International Whaling Commission, but it's International Watch Co. Yes, Switzerland is famous for watchmaking.
Actually watchmaking industry is more concentrated in French side of Swiss such as Geneve, but "IWC" of Schaffhausen is a famous brand for all watch collectors. Especially it is famous for its pilot watches.
DSCF3142.jpg
















本社のビルには時計博物館があり、6スイス・フランで見学できます。残念ながら写真撮影は禁止。IWCの過去から現在までの時計が陳列されています。ワシのお気に入りMark XI(マーク11)もありました。

There was a small museum at the main building of IWC. It cost SFr. 6 to go in. Unfortunately photograph was prohibited. They had ranges of watches from the past to present, including my favorite Mark XI pilot watch.

そして街の外れにあるライン滝見物へ。ライン川はスイスから始まりドイツを通り抜けてオランダから北海に注ぎます。

Then  we went to see "Rheinfall" nearby. River Rhein flows from Switzerland, through Germany and Netherlands to North Sea.
DSCF3149.jpg

















イグアスの滝に比べれば小さいですが(そりゃ当然)、丁度雪解け水で水量も豊かでなかなかの見ごたえです。

Comparing to Las Cascadas de Iguazu, it was smaller (of course), but with melting water from Alps, there was enough water and it was spectecuar.
DSCF3150.jpg

















家に戻りネットにつないで見るとWorld Dream Touringの山田達矢さんからイランおよび中央アジアのビザ取得に関する情報がおくられて。山田さんありがとうございます!!

Back home, when I checked mails, my friend Tatsuya sent me information on obtaining visas for those middle eastern and central Asian countries. Thanks Tatsuya!

夕飯はスイスの南東部山岳地帯の伝統料理「ピッツォチェリ・ディ・ポスキアヴォ(Pizzoccheri di Poschiavo」を。なんと蕎麦を使ったパスタ。キャベツ、にんじん、ジャガイモと蕎麦を一緒に茹でて、水切りをした後、チーズをふんだんに絡めて食べる、という料理。パスタを口に入れると、確かに蕎麦なんです。濃厚なチーズの味が口の中に広がり日本人のワシには蕎麦とチーズは面白いコンビネーションでした。でも美味しいですよ。

Uwe and Laura cooked "Pizzoccheri di Poschiavo" a traditional pasta dish from the highland of Southeast Switzerland. The pasta was made from buckwheat. They boiled cabbages, carrots, and potatos with the pasta, then mixed with lots of cheese. It was interesting for me as Japanese eat buckwheat noodle cakked "Soba". When I put the pasta in my mouth, it was certainly nuckwheat noodle. But soon the taste of cheese overwhelmed. I liked it!
DSCF3151.jpg
















さて、明日はアルゼンチンで出会った世界一周ライダーのフランコをチューリッヒに訪ねます。

Tomorrow I am visiting Franco in Zurich.

******************************************************************************************************************************************************* 世界一周ブログランキングに参加中です。 上位にランクインすることで、このブログがより多くの方の目に留まります。そして更に多くの方に読んでいただけます。 クリックしてご一票をいただけると嬉しいです。 I am competing in "Round the World Trip Blog Ranking". Please click the button to make my blog No.1!! にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 *******************************************************************************************************************************************************

拍手[3回]

PR
  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
フリーエリア
一日一回クリックするとランキングがあがります! よろしくお願いいたします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



View Europe in a larger map
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
New Comments 最新コメント
[04/20 Yoshi]
[09/01 NONAME]
[02/07 室橋一也]
[02/04 Yoshi]
[02/03 Yoshi]
カウンター
プロフィール
HN:
三郎
性別:
男性
職業:
革命家
趣味:
バイク・旅
自己紹介:
オーストラリアに移住して16年。遠く南の大陸から母国日本を眺めてみて危機感を感じてはや16年。なにか出来ないものかと考えて考えて、ようやく自分で行動することに数年前に思い当たる。とりあえず自分が出来ることから始めよう!ってことで、革命軍M-26-Julioをシドニーで結成。
誰かが世の中変えるのを待ってるだけじゃなく、自分で社会に貢献できることから始めよう。
世界を旅しながら色々な人と出会い革命の輪を広げていきたい。
2010年からおやすみ羊とBMW R1200GSで世界一周中!

Hasta la victoria siempre, Patoria o Muerte!

現在の愛車:BMW R1200GS 「Esperanza de la Tora」(世界一周)、 SUZUKI DR650SE 「孫市」(オーストラリア一周)
過去の愛車:Buell XR12R Firebolt, Yamaha FZ1, Yamaha TRX850, 、HONDA XR250R, Suzuki XF650 Freewind, Yamaha XV250 Virago
ブログ内検索
バーコード
Copyright ©  -- M-26-Julio 羊とめぐる冒険 BMW R1200GSで世界一周の旅 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]