忍者ブログ

三郎とおやすみ羊のBMW R1200GSで世界一周の大冒険

   
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

サマイパタ / To Samaipata
Day 402: 2011年8月31日

Santa Cruz de la Sierra to Samaipata (La Posada del Sol)
40,078km to 40,209km = 131km

朝7時半ごろ白人パッカーたちの話し声(中庭で朝から大声です)で起こされました。今日も曇りがちで風が強いですね。朝飯を食べ、シャワーを浴びて出発の準備。スカイプで一応パブロにバイクの整備は出来たか確認。全てOKとのこと。料金は164米ドル(1,140ボリ)と安い!! 

9時20分ごろチェックアウトし歩いてAnder Motorsまで。20分ちょいで到着。我がエスペランサは外で磨かれております。パブロがサービスの内容を説明。リア・ショックに以上はなく、またコンピューターからも特に以上は見られなかったと。これで一安心ですね。

お金を払って早速出発の準備に取り掛かります。着替えたり荷物を積んだり、サマイパタまでどう抜けるかを訊いたり、となんだかんだで出発は11時前になってしまいました。
どうもありがとうAnder Motorsの人たち!!

先ずはガソリンスタンドに寄ってオクタンブースターを2本購入。これでスクレまでもちますね。
その後はずっと進路を西へ。パブロが行ってたようにスピードを減速させるためのデコボコが無数にあります。

DSCF9322.jpg途中小さな町(村)を何箇所か過ぎます。「あぁ、エルネストもこの道を通ってこの風景を見たのだなぁ」と思うとかんがいも一入です。60キロくらい走った後山に入ります。左手には川が流れワインディング道を抜けていきます。多少登りですね。

所々ダートになります。舗装路がいきなり途切れてダートになり、また舗装が始まるのは何故なんでしょう??

DSCF9325.jpgサマイパタは標高1,600㍍なのでジワジワと登っていきます。あと20キロくらいのところで前の車につっかえてガタガタ道でクラッチを切ったら、アイドリングがストップしました…。それからしばらくしてまた同じ現象が!! コンピュータでは異常ないとでたので、恐らくガソリンの問題でしょう。それ以降は同じ現象起こりませんでした。

サマイパタに到着したのは1時半過ぎ。早速昼飯。10ボリ。「ガレージがある宿を知らないか?」と訪ねたら「La Pasada del Solがいい」、と進められました。なので早速行ってみることに。その前に給油。田舎町では「外国人料金」は取られません。

DSCF9326.jpgLa Posada del Solは街のちょっと外れに在ります。個室110ボリで朝食付き(シャワー・トイレ付き)。WiFiは残念ながら有りません。旦那さんのトレントはテキサス人で奥さんのチャーリーはボリビア人。ちょっと高いけどなかなか素敵な宿です。

「EL Fuerteに行きたいのだけど、歩いていけるかな?」と訊いたら、「10キロあるわよ。今からだと歩きじゃ無理ね。タクシーで行って歩いて帰ってくるっていうテはあるけど、5時に遺跡は閉まるから、ちょっと遅いわね」と。なるほど、諦めるか、明日行くかですね。

街の中心まで出て散策。ツーリスト・インフォやツアー会社は全部シエスタで閉まっています…。ここにはエルネスト率いるゲリラ部隊が物資を買いに来た店があるとか(ニャンコ先生談)で、それを見つけようと思って探します。

ツーリスト・インフォがようやく開いたので訊いてみると、「そんなのは無い」と…。うーん、スペイン語だから上手く伝わらないのかな? El Fuerteに入るには50ボリかかるというので断念しました。

ツアー会社で訊いて「プラザ近くの鳥の形をした公衆電話の辺りよ。でももう店は閉まっているの」というので行って見ましたが、どれだか良くわからないですね。試しに近くの店で訊いて見ると、違う場所に行けと。そこに行ってまた店に訊くと、また違う場所…、そしてまた違う場所とグルグル。

DSCF9337.jpg仕方が無いのでまた別のツアー会社で訊いてみると、「あそこの白い2階建ての建物よ。でももう店は閉まっているわ」と。なるほど、さっきの鳥電話の近くですな。これでようやく場所はわかりました。行ってみると、まぁ、店はもう無いわで何も無いですね。しかしエルネストが歩いた場所にいるんだなぁ、と。

その後宿に戻り、日記の英語版を書こうとしたら睡魔が。昼寝。6時に起きて宿で夕飯。スペイン人のホセ(Jose)と知り合いました。アイルランドのダブリンでスペイン語教師をしているそうで英語が流暢。
日本にも来た事があるようで色々な話しをしました。楽しい夕食となりました。

そうそう走っている途中で気が付いたのですが、Ander Motors、プラグ交換とミッション・オイル交換を忘れているような…。レシートを見てみると、プラグについては何も書いていないんですね。
ミッション・オイルもどうやら抜けているよう。ファイナル・ドライブのグリースアップはしてあるようです。うーん、これはアルゼンチンの北部でプラグとミッション・オイル交換だな。

さて明日はヴァジェグランデ(エルネストの遺体が晒された病院)、そしてラ・イゲラ村(エルネストが射殺された小学校)を訪ねます。



Day 402: 31 AUG 2011

Santa Cruz de la Sierra to Samaipata (La Posada del Sol)
40,078km to 40,209km = 131km

I was awaked by the roud talking by those backpackers around 7:30am... It was cloudy again this morning and windy.

I got ready by 9am and called Pablo if my GS was ready to go. He said everything was done and there was no problem with the rear shock absorber and idling. That was a really good news.
The cost of the service was US$164 (1,140Bs), which was really cheap!
 
I left the hostel around 9:20am and walked to Ander Motors. It took me 30mins or so. Once arrived there, I saw my GS being polished. I payed the fee and got ready to go.
But it took time to put back everything on the bike. I asked Pablo how to get out the city and left there around 11am.

The road to Samaipata was almost all paved, but sometimes there were dirt sections. I really don't know why many of the South American highway were not paved completely. One erason should be the lack of funding but... Also there were countless speed reduction humps on the highway...

I passed many small towns (villages) on the way. I was thinking, Ernesto might see the same scenery. After around 60kms from Santa Cruz, the highway entered the mountainous area. The road was going uphill.

Samaipata is located around 1,600m above the sea level. Around 20km before Samaipata, I stuck behind a slow car and it was on dirt section. I pulled the cluch and closed the throtte, and it happened again! The engine stopped... It happened again a few minutes later, but did not happen any more after that. According to Pablo, there was nothing wrong on the computer, so it should be due to the bad quality petrol (I hope so!).

I arrived Samaipata around 1:30pm. I had lunch at a local restaurant for 10Bs and asked if she knew any hostel with a garaje. She recommended me to go to "La Posada del Sol". I filed perol andwent to the hostel.

The hostel was owned by Texian & Bolivian couple, Trent and Charlie.  The private room (with shower&toilet, and breakfast) cost 110Bs. It was little expensive but they seemedto be nice and the room was excellent, so I decided to stay here.

I asked Charlie how to get "El FUerte". She said it was 10km away and too far to walk uphill. I could catch a cab there and walk back but as the site would be closed at 5pm, she reckoned I would not have enough time to explore. Anyway, after checked in, I walked around the town to find information.

My friend Junko told me that there was a shop where Ernesto and his guerrilla group bought supplies. I wanted to find it but the tourist information and those tour operators were closed for siesta.

After 3pm, finally the tourist info was open and asked the information on "El Fuerte" and the shop where Che bought the supplies. She said it would cost 50Bs to enter "El Fuerte", so I gave up going there. She did not know where the shop was or simply did not understand what I was asking about the shop.

I asked one of the tour operator where the shop was. She said it was near the Plaza Principal and where the public phone (the booth was in "bord" shape). But she said the shop was no longer in business.

I went there anyway, but did not know which building it was, so I went into one of shops to ask. She said it should be located in different street. So I went there and asked at a shop again. But she appointed me to another street.

The same thing happened again, so I went to another tour operator to ask. She pointed me a 2 stories while building at the cornaer and she said the shop was there. But it was closed now. And the building was very close to where the public phone was, so it should be it.

I went there, but as the shop was not in business, nothing I could see. But I was deloghted to be the same place where Ernesto was.  

Back to the hostel, I was about to wirte diaries in English but I tooka a nap. I had dinner at the hostel. Here I met Jose from Spain teacjing Spanish in Dabrin, Irland. So he spoke good ENglish and we talked a lot. It was fun night talking with him.

Oh, I realised while I was riding to Samaipata that Ander Motors forgot to replace spark plugs and transmittion oil. I checked the paper and there was no mentioning of spark plugs. As it was written in Spanish, so I wasn't sure but the transmission oil was also not mentioned.
I should replace them in the north of Argentina.

Tomorrow I will visit Valle Grande where Ernesto's body was exposed and buried. Then I will continue to La Higuera where he was shot.

拍手[2回]

PR
  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
TRACKBACK

TrackbackURL

フリーエリア
一日一回クリックするとランキングがあがります! よろしくお願いいたします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



View Europe in a larger map
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
New Comments 最新コメント
[04/20 Yoshi]
[09/01 NONAME]
[02/07 室橋一也]
[02/04 Yoshi]
[02/03 Yoshi]
カウンター
プロフィール
HN:
三郎
性別:
男性
職業:
革命家
趣味:
バイク・旅
自己紹介:
オーストラリアに移住して16年。遠く南の大陸から母国日本を眺めてみて危機感を感じてはや16年。なにか出来ないものかと考えて考えて、ようやく自分で行動することに数年前に思い当たる。とりあえず自分が出来ることから始めよう!ってことで、革命軍M-26-Julioをシドニーで結成。
誰かが世の中変えるのを待ってるだけじゃなく、自分で社会に貢献できることから始めよう。
世界を旅しながら色々な人と出会い革命の輪を広げていきたい。
2010年からおやすみ羊とBMW R1200GSで世界一周中!

Hasta la victoria siempre, Patoria o Muerte!

現在の愛車:BMW R1200GS 「Esperanza de la Tora」(世界一周)、 SUZUKI DR650SE 「孫市」(オーストラリア一周)
過去の愛車:Buell XR12R Firebolt, Yamaha FZ1, Yamaha TRX850, 、HONDA XR250R, Suzuki XF650 Freewind, Yamaha XV250 Virago
ブログ内検索
バーコード
Copyright ©  -- M-26-Julio 羊とめぐる冒険 BMW R1200GSで世界一周の旅 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]