忍者ブログ

三郎とおやすみ羊のBMW R1200GSで世界一周の大冒険

   
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

太陽の島へ / Fui a Isla del Sol!!
Day 374: 2011年8月2日

Copacabana (Hostal Florencia)
38,748km

今日は姪っ子の誕生日。おめでとう!!

DSCF7319.jpg朝からガンちゃんと太陽の島(Isla Del Sol)に行ってきました。
船は朝8時半の出航なので8時過ぎに宿を出ます。流石に寒い。そうそうボリビアはペルーより1時間時間が進むので8時台はまだ寒い。

ワシ等の船は「Andes Amazonia」。満席になるまで出航しなかったので8時45分位に出航。風景はなかなか良し。右手目の前に雪山が見え湖とあいまっていいですね。

DSCF7306.jpg1時間半くらいで太陽の島の南港に着き何人か降りて何人か乗船してきました。それから30分かけて北港へ。
島の全域に段々畑が施されています。凄いな、こりゃ。自然破壊もいいところだ。しかしこのインカ時代以前からある段々畑、現在使用されているのでしょうか? 北港には11時前に到着。帰りの船はここから1時半か南港で3時半に出航です。

DSCF7310.jpgDSCF7313.jpgここから先ず10ボリ払って博物館(スゴク小さい)と遺跡を見に行きます。一応おっちゃんガイドが先導して所々で説明してくれます。
ビーチがキレイ。白い砂浜に透き通った水。湖というより海に見えますね。湖の水を舐めてみましたが塩っぱくないんです。

DSCF7315.jpgDSCF7317.jpgそれから丘を登っていきます。湖がありその向こうに雪山。絶景かな。いやぁ、湖もキレイですが雪山と合さる事で絶景ですね。島には3つの街(村)があり全体で6,000人住んでいるそうです。

DSCF7319.jpgDSCF7321.jpgガイドの説明にティワナク(Tiwanacu)がよく出てきますね。インカ以前はティワナク文化がこの辺りを支配してたので。

DSCF7323.jpg何個かの街が今は湖底に沈んでるそうです。どうも以前は50メートル位しかなかった水深が今では一番深いところで370メートルもあるそうです。雨がどうのこうの説明してましたが、雨だけでこれだけ大きい湖が300メートル以上も深くなるのでしょうか。しかも数百年で。

謎なのはティワナクは現在チチカカ湖畔より何キロもある所に位置していて標高も湖面より高いのです。しかしティワナクにはプーマ・プンクという船着場もあるので湖面に面していたことは確かなんです。
ティワナクは紀元前600年から紀元後1200年ころまで栄えていたので紀元後1200年前後に湖面がいきなり下がったか、ティワナクの大地が隆起したことになります。

なので太陽の島付近で海底に沈んでいる街とは矛盾しているんですね。そこら辺をガイドに訊いてみたかったのですが、スペイン語能力不足で訊けませんでした。残念。

DSCF7325.jpgDSCF7327.jpgDSCF7331.jpgツアーは「聖なる岩(Roca Sagrada)」まで続きます。この岩はインカの初代マンコ・カパックと彼の妹にして妻であるママ・オクリョが誕生した神聖なる場所。
岩の形も「プーマ」に見える?? アイマラ族の主神ビラコチャの顔も見られます(?)。まぁ、そう言われればそう見えないことも(??)

DSCF7330.jpgツアーが終わり、ガイドのおっちゃん1人10ボリのガイド料と言って来ました。まぁ、説明それなりに楽しんだし、まぁ10ボリかぁ。博物館でも払ったのになぁ。



DSCF7332.jpgここから南港まで9キロ歩きます。風景がイイかというとそうでもなく、何にも無いところをただ歩く感じです。途中に関所が有り、通行料15ボリ。ボッタクリか。
まぁ、払わないと進めないので払いますが。しかし何も無い。飯屋もない。もう1時過ぎているので腹ペコ。

2時半頃にようやく南港近辺の村Yumaniに到着。ここでも通行料5ボリを関所で徴収されます。こんなことされると太陽の島の印象が悪くなるばかりです。
レストランは有るけどピザとか高そうなメニューばかり(値段が書いていない)。しかも出航の時間が迫っているのでとりあえず港まで降りていきます。
3時前にようやく港が見えたのでレストランで昼飯。ミラネサ・デ・ポジョ(鳥のカツレツ)を頼みましたが25ボリとボッタクリ料金。ボリまくってます。
しかしテラスからの眺めは絶景ですね。

そうそう、段々畑は7年作物を作り7年休耕するそうです。「あっちに見える段々畑は現在使用中」とガイドのおっちゃんは言ってましたが、そうは見えなかったですね。
ガイドのおっちゃん10何人から10ボリずつ貰ってますので1時間で20米ドル以上の稼ぎになってます。まぁ、全部が自分の懐には入らないのでしょうが農業しなくても観光業だけで島は成り立っているんじゃないでしょうかね。関所でもかなり徴収してますし、レストランとかもボッタクリですからね。

3時半に船は出港し5時にコパカバーナに到着。島の北側は良かったけど、それ以後の歩きと南側は大して見るところも無し。まぁ、風景も良かったですし行ってよかったですがね。ヒツジも喜んでました。

宿に戻り休憩。ガンちゃんは昨日ワシが登った山セロ・カルヴァリオに登りに行きました。
夜は昨日と同じSanta Marthaにて夕飯。7ボリでお腹いっぱいになる幸せ。今日は寒いので早めに寝ます。
明日はラパスですね。

拍手[2回]

PR
  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
TRACKBACK

TrackbackURL

フリーエリア
一日一回クリックするとランキングがあがります! よろしくお願いいたします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



View Europe in a larger map
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
New Comments 最新コメント
[04/20 Yoshi]
[09/01 NONAME]
[02/07 室橋一也]
[02/04 Yoshi]
[02/03 Yoshi]
カウンター
プロフィール
HN:
三郎
性別:
男性
職業:
革命家
趣味:
バイク・旅
自己紹介:
オーストラリアに移住して16年。遠く南の大陸から母国日本を眺めてみて危機感を感じてはや16年。なにか出来ないものかと考えて考えて、ようやく自分で行動することに数年前に思い当たる。とりあえず自分が出来ることから始めよう!ってことで、革命軍M-26-Julioをシドニーで結成。
誰かが世の中変えるのを待ってるだけじゃなく、自分で社会に貢献できることから始めよう。
世界を旅しながら色々な人と出会い革命の輪を広げていきたい。
2010年からおやすみ羊とBMW R1200GSで世界一周中!

Hasta la victoria siempre, Patoria o Muerte!

現在の愛車:BMW R1200GS 「Esperanza de la Tora」(世界一周)、 SUZUKI DR650SE 「孫市」(オーストラリア一周)
過去の愛車:Buell XR12R Firebolt, Yamaha FZ1, Yamaha TRX850, 、HONDA XR250R, Suzuki XF650 Freewind, Yamaha XV250 Virago
ブログ内検索
バーコード
Copyright ©  -- M-26-Julio 羊とめぐる冒険 BMW R1200GSで世界一周の旅 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]