忍者ブログ

三郎とおやすみ羊のBMW R1200GSで世界一周の大冒険

   
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

悪路を抜けてスクレへ / To Sucre!
Day 404: 2011年9月2日

La Higuera to Sucre (Hostal Pachamama)
40,401km to 40,682km= 281km

7時半前に起床。8時半には出発です。昨日の3人組はまだ寝ていたのでガイドのルイージと宿のヨナタンに別れを告げて出発。

ラ・イゲラからメインのダートまで10キロ足らずですが悪路のため20分以上もかかりました!! ジャンクションから橋まで1時間と聞いていましたが、コンディションはヴァジェグランデからプカラより悪いですね。まぁ、急ぐことはないのでゆっくりと余裕を持たせてダートを走ります。

DSCF9468.jpgDSCF9471.jpgDSCF9475.jpg




所々ガレ場があり走りにくい。フラットダートにもフカフカの埃が溜まっているところとか、細かい砂利があったりしてトラクションコントロールが作動しまくり!! 我がエスペランサはスルスルとダートを越えて行きます。

DSCF9478.jpgDSCF9481.jpg大した距離ではないのですが橋まで1時間かかりました。川が流れていて、なかなかの風景です。橋はかなり立派なので橋を越えれば路面はよくなるかな、なんて思っていたら大間違い!!

DSCF9483.jpgなんと、大きくガレていて、しかもフカフカ。リア・タイヤはツーランすなのでグリップしてくれません。下手にアクセルを吹かすとノッキング、クラッチ操作が難しい。ちょっと焦げ臭い・・・。あー、クラッチが焼けてしまう、と思ったらポテゴケ。一大事!!と、おもいきや、ちょっと先にブルドーザーが作業中。

DSCF9482.jpg歩いて登っていって助けを求めます。1,2の3でエスペランサを起こして、おじさんに押してもらいながら坂を登ります。まぁ、ほんの50メートルくらいなんですが、状態が酷いのなんのって。作業中だからこの状態だからとか。

ブルドーザーのおじさん曰く、「10時には道が開通するから」と。時間は9時45分。かなり道の状態は、凄いことになってますが、本当に開通するの?? ここを抜ければ、まぁ、「普通」のダートになると。

DSCF9484.jpgDSCF9485.jpgまぁ、10時はすこし過ぎましたが、おじさんの力技(?)で道は開通。すげぇな、ブルドーザーっていうのは。



DSCF9486.jpgDSCF9489.jpgその先は橋以前と同じ感じのダートがしばらく続きます。2-3箇所工事中が有り、そして川越!! 結構水量あるじゃないですか。

無事川を越えてまたダートを走ります。ヴィジャ・セラーノ(Villa Serrano)には12時過ぎに到着。昼飯を、と思ったのですが、店が見当たりませんのでそのまま村外れへ。そこで道が二股に別れているので、おじさんに「スクレはどっちですか?」と訊くと、「右に行くとトミナ(Tomina)、そしてスクレだよ」と。地図ではトミナの手前にパディーヤ(Padilla)という村があるはずなんだけど?? まぁ、地元民を信じて右へ。

しばらくは石舗装が続きます、がまたダートに。しかも途中からの下りがフカフカのダストでハンドルが取られる取られる。やっとこさトミナに到着し、ここから幹線道路に入りますが、ダートです。それからスダーニェス(Zudanez)という街へ。ここで給油。

ここからはコンクリート舗装になります。ようやくダートが終わった!! でも工事中なので片側車線が封鎖されている箇所が多かったですね。

気が付いたらアスファルト舗装に変わっています。なんだか冷えるな、と思ったら標高は3,100㍍以上でした。橋の辺りは標高600㍍くらいだったので今日は上がったり下がったりですね。

スクレには4時半ごろ到着。昼飯食べてないので腹減りまくり。目的の宿パチャママ(Hostal Pachamama)は直ぐにわかりました。中に入るとマーク&クレアが!! 再会を祝します。エスペランサが埃まみれなので、「珍しい」とクレアが写真をパシャリ。いつも汚れると直ぐに拭いてしまうので。

チェックイン後、速効でメルカドに行き、遅い昼飯(早い夕飯?)。宿に戻りエスペランサを拭き拭き。マーク&クレアは「Cowboys & Ailiens」という映画を見に出かけました。

さて明日はゆっくりしますかね。



Day 404: 02 SEP 2011

La Higuera to Sucre (Hostal Pachamama)
40,401km to 40,682km= 281km

I left the Posada at 8:30am. It took me more than 20mins to get to the junction to the main dirt from La Higuera, which was just 10km...

Louis told me that it woud be around 1 hour to get to a bridge, and it took 1 hour to get there. It wasn't far but the road condition was worse than from Vallegrande to Pucara.

There was a clear river under the bridge and it was nice stopping there for a moment. The bridge was pretty bog and in good shape, so I expected that teh road condtion would be improved after the bridge. But I was wrong!!

Just after crossing the bridge, there was a left turn, then the road serface became really bad. Hard gravel on really fine dust... It was upslope as well. As my rear tyre was Tourance, it did not grip the fine dust at all. If I opened throttle, engine knocking... The clucth work was very difficult, I smelt the clutch was burning... Then I dropped my GS. Ouch!! 

But just 50m away, on the top of the slope, there was a dozer working. I walked up there and asked for a help. He helped me to get the GS up and pushed the GS up on the hill.

He told me the road would be open by 10am. But it was alreay 9:45am! The road looked really in bad shape. Lots of rocks and loose sarface.

But amazingly he cleared the rocks and kinda flatten the sarface. The condition after that was similar to before the bridge. But I came across a creek crossing. It was a little deep but I managed to cross.

I got to Villa Serrano around 12 noon. But I saw no shop open there. So I kept going. The local told me to take right at the end of the village, which would lead to Tomina. Stome paved road continued from Villa Serrano for a while but it became a dirt road again.

One section, there was really hard part. FIne dust sarface. I had to ride really slowly and carefully there. From Tomina, it joined a major dirt road. At Zudanez, I refueled and the road became concrete pavement.

The road went up toaround 3,1000m high. Around the bridge the altitude was around 600m, so there was a huge difference of temparature.

I arrived Sucre around 4:30pm. I could find "Hostal Pachamama" easily. Once I entered the hostel, I saw Mark&Claire!!

After check-in, I went to Mercado for late lunch (or early dinner?). Back to the hostel, I wiped off dirt from my GS. Mark&Claire went out to see a movie (Cowboys & Aliens).

I will have a relaxing day tomorrow.

拍手[3回]

PR
  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
TRACKBACK

TrackbackURL

フリーエリア
一日一回クリックするとランキングがあがります! よろしくお願いいたします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



View Europe in a larger map
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
New Comments 最新コメント
[04/20 Yoshi]
[09/01 NONAME]
[02/07 室橋一也]
[02/04 Yoshi]
[02/03 Yoshi]
カウンター
プロフィール
HN:
三郎
性別:
男性
職業:
革命家
趣味:
バイク・旅
自己紹介:
オーストラリアに移住して16年。遠く南の大陸から母国日本を眺めてみて危機感を感じてはや16年。なにか出来ないものかと考えて考えて、ようやく自分で行動することに数年前に思い当たる。とりあえず自分が出来ることから始めよう!ってことで、革命軍M-26-Julioをシドニーで結成。
誰かが世の中変えるのを待ってるだけじゃなく、自分で社会に貢献できることから始めよう。
世界を旅しながら色々な人と出会い革命の輪を広げていきたい。
2010年からおやすみ羊とBMW R1200GSで世界一周中!

Hasta la victoria siempre, Patoria o Muerte!

現在の愛車:BMW R1200GS 「Esperanza de la Tora」(世界一周)、 SUZUKI DR650SE 「孫市」(オーストラリア一周)
過去の愛車:Buell XR12R Firebolt, Yamaha FZ1, Yamaha TRX850, 、HONDA XR250R, Suzuki XF650 Freewind, Yamaha XV250 Virago
ブログ内検索
バーコード
Copyright ©  -- M-26-Julio 羊とめぐる冒険 BMW R1200GSで世界一周の旅 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]