忍者ブログ

三郎とおやすみ羊のBMW R1200GSで世界一周の大冒険

   
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Day 704: 2012年7月1日

Caen to Saint-Vaast-la-Hougue (Camping la Gallouette)
71,310km to 71,555km = 245km

I will update English version later. As I am constantly on the move now and I cannot find enough time to write diaries in 2 languages...

今日も朝から雨。降ったり止んだりなので、止んだときを見計らってテントを撤収。結局10時過ぎに出発です。

It was raining a bit and sunny a bit from the morning. I put away the tent while it stopped rainng. I could leave the site after 10am. I was hoping I could start the day ealier...

先ずはサイト・ヒルマン(Site Hillman)へ。ここはイギリス軍が受け持った上陸地点で、待ち受けるドイツ軍との激戦の末砲台を占拠しました。イギリス国旗が誇らしく舞っています。

I visited "Site Hillman". Here were a German bunkers and trenches against Allies. This part of Normandy was appointed British to attack. After bloody battles, British secured the place. Union Jack was flying proudly.
DSCF4588.jpg

















田舎のいい風景の中に、コンクリート造りの掩体壕や塹壕などが散在してます。

At a glance, it just looked like a nice country side. But there were concrete bunkers and trenches everywhere.
DSCF4591.jpg
















塹壕の中は暗く、狭いですね。

In the trench, it was dark and confined.
DSCF4592.jpg
















約70年前、ここで激戦があり、多くの若者たちが命を失ったとはとても思えないほど、静かで閑散としています。(塹壕から外を見た風景です)

In such a tranquility, it was hard to believe that there was a bloody battle 70 years ago and so many young lives were lost here. (The photo shown below is the view of the field from a trench).
DSCF4593.jpg

















次はメルヴィル砲台(Batterie de Marville)へ。途中であの有名な「ペガサス橋(Pegasus Bridge)」を通りました。この橋を連合軍が獲得することにより、ドイツ軍の補給や増援を阻止できたのです。

I visited Battery of Marville. On the way there, I passed famous "Pegasus Bridge" where Allies tried to capture to block German supplies and reinforcement to the coast.
DSCF4604.jpg
















戦車も。

There was a tank.
DSCF4607.jpg
















メルヴィル砲台は博物館(Musee)となっているので有料です。そのかわりしっかりと保存しています。

The site of Battery of Marville is now a museum and I had to pay 6 Euros to enter, so it was well maintained.
DSCF4608.jpg
















先ずはダグラスC47がお出迎え。これと同じ型の飛行機が上パラシュート部隊を運んだんです。上陸部隊より一足先に敵地に散開し、後方支援するという作戦。

Douglas C47 greeted me at the entrance. Those C47 transported those paratroopers from Britain to Normandy just before the landing. The paratroopers were dropped of the planes at the dawn of D Da. They supported those landing tropps from behind the enemy lines.
DSCF4617.jpg
















ここまで書いて電源が無くなりそうです。続きはまた後ほど。(今身を越えてイギリスに渡りマックで日記の続きを書いてます)。

M laptop battery was going to be flat soon, so I would write the rest later (now I am writing the rest at a MacDonald's).

ドイツ軍が作った塹壕のコンクリートの厚さには驚かされます。

I was amazed with the thickness of the concrete walls of the bunkers built by Germans.
DSCF4620.jpg

















ここの圧巻はノルマンディー上陸作戦の当日の日の出前に連合軍パラシュート部隊の襲撃を20分ごとに再現してくれることです。塹壕の中に入るとサイレンが鳴り、始まります。大砲の轟音、小銃の音、爆音などなど、戦場の緊張感が伝わってきます。ここでは700人のパラシュート部隊のうち生還できたのは150人足らずとか・・・。

The main attaraction of this museum would be the replay of the dawn of D Day at this battery. Every 20 mins, they do the replay at a bunker. Once the time came, i the bunker, the siren went off, and German soldiers started to yell and fire guns. The sounds of gun fire, explosions, mashine guns etc, it made me feel likeI was in there on D Day. Very realistic indeed. Here only less than 150 paratroopers out 700 made the day through...
DSCF4626.jpg
















今では平和になり、かつての敵も味方の旗も一緒にはためいてます。

Now we are living in peace. Those flags of Allies and the Axis are flying together.
DSCF4625.jpg
















さて、今度は西へ向かいます。途中で雨に降られたりしながら、そして晴れ間が広がったり。ノルマンディーの天気はころころ変わります。海がキレイでした。

I headed to the west. It rained hard on the way and it got sunny again. The weather of Normandy was changing every minute. The beach was very beautiful.
DSCF4636.jpg
















ガソリンが少なくなってきたのとお腹が空いたので、ガソリンスタンドに、と思いましたが今日は日曜日!! スーパーは何処も閉まってますし、ガソリンスタンドもクレジットカード払いしか出来ないとばかり。何故だかワシのクレジットカードは使えないんですよ。「このままだとガス欠になってしまう!」ということで、大都市カンまで20キロ以上走り戻り、ようやく現金が使えるガソリンスタンドで給油。途中で雨に降られたりと、散々でした。これで2時間近く無駄に・・・。

The fuel was low, so I started to look for a petrol station. But it was sunday. There were plenty of petrolstatons around, but they were all automated pump, only accepting credit card payment. Somehow mycredit cards did not work, so I needed to find one where I could pay in cash. But I could not find around there. So I went back to Caen and finally I found one! I wasted 2 hours like that. Also all supermarkets were closed and I could not buy any food cheaply. I ended up having lunch at a burger shop "Quick".

そして一路ロンゲ・スール・メール砲台(Batterie de Longues Sur Mer)へ。ここはドイツ軍が使用した大砲がそのまま残っているんです。凄いですね。

After refueling and lunch, I rode straight to Batery of Longues Sur Mer. There were those cannons used by Germans.They were really massive cannons.
DSCF4645.jpg
















掩体壕から見た風景。ここで敵の位置を確認して、大砲部隊に連絡し標準をあわせて攻撃したのでしょうね。

A view from a bunker. I reckoned here they spotted enemies and communicate the locations of enemy to the batteries to fire.
8bbcfad5.jpeg

















これが掩体壕。砲撃の痕が生々しいです。

The view of the bunker from outside. There were scars from Allies atack.
49ea9300.jpeg

















そしてコレヴィル・スール・メール(Colleville Sur Mer)にあるアメリカ軍墓地を訪れました。アメリカ軍が受け持った上陸地点「オマハ・ビーチ(Omaha Beach)」が見渡せます。映画「Saving Private Ryan」の最初20分のシーンでの先頭シーンが圧巻ですが、ここが兵士の血で真っ赤に染まった、なんてとても思えません。

Then I visited Aerican cemetary at Colleville Sur Mer. It's the heart of "Omaha Beach" where American troops landed. The famous first 20mins battle scean from "Saving Private Ryan" took place here. It was hard to believe that the beach and the sea turned into red with soldiers blood.
DSCF4668.jpg
















兵士たちの墓標の数を見て、思わず涙がこぼれてきました。

When I saw so many tombs of soldiers, tears came out frommy eyes.
DSCF4671.jpg

















こんなに沢山の若い命が失われたのですね。ヒツジと一緒に一分間黙祷をささげます。

So many of youg lives were lost in the battles. With Mr. Sheep, I had a minute of silence there.
157bc73d.jpeg
















オマハ・ビーチに下りてみました。今ではキレイなビーチですが、1944年6月6日はここは修羅場だったんです。

I went down t Ohama Beach. Now it is a beautiful beach, but on 6th of June, 1944, it was bloody and deadly place.
DSCF4688.jpg


















もう6時過ぎ。ポンテ・ドゥ・ホック(Ponte Du Hoc)を見学します。ここは米軍レンジャー部隊が崖を縄梯子でよじ登り、ドイツ軍要塞を奪取したんです。

It was after 6pm alrady. I visited Ponte Du Hoc. Here the German Battery was built on the top of a teep cliff. The US rangers climbed up the cliff with their ratlines. So many of the rangers lost their lves, but in the end they could secure the battery succcessfully, which saved lots of lives of the landing troops.

この様な断崖絶壁です。

They climbed up the cliff like this!
7f23cf97.jpeg

















素晴らしい景色です。

A beautiful view.
dc9ebf59.jpeg

















ところどころ砲撃の後がクレーターとして残ってます。

There were craters by Allies' bomberdments.

a537946c.jpeg

















記念碑が岬に。

A monument was standing at the edge of the cape.
95c3a5c4.jpeg
















レンジャーたちを讃える石碑。

It commemorates the rangers.

397e9bb0.jpeg


















ノルマンディー、天気は悪かったのですが素晴らしいところです。「ノルマンディー上陸作戦」を抜きにしても風景は素晴らしいですし、街々もいい雰囲気です。

The eather was not really god in Normandy but I really had great time there. Besides "D Day", Normandy has got wonderul landscapes, nice towns and nice atmosphere.

本当はグランドキャンプ・マイシー(Grandcamp Maisy)の砲台を訪れたかったのですが、既に7時過ぎで閉場しているのでフェリー港に近いサン・ヴァースト・ラ・ホウゲ(Saint Vaast La Hougue)のキャンプ場へ。

I wanted to visit "Grandcamp Maisy", but it was already after 7pm and the site was closed. I went to a campground close to the ferry terminal.

明日は11時半のフェリーでイギリスに渡ります。久しぶりの左側通行ですね。気をつけないと。

Tomorrow I will cross English Channel to Great Britain! I have to be careful as I will ride on the left hand side!


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
いつも応援ありがとうございます!! ランキングがあがると旅の励みになります。 クリックしてご一票をいただけると嬉しいです!!

I am competing in "Round the World Trip Blog Ranking". Please click the button to make my blog No.1!!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 *******************************************************************************************************************************************************

拍手[2回]

PR
Day 703: 2012年6月30日

Nantes to Caen (Camping Hautes Sentes)
70,985km to 71,310 = 325km

今日は朝起きて準備をしていたら、いきな雨が降って来ました。テントを畳む前だったので、テントの中へ非難。雨が止むのを待ちます。

It started rainng while I was packing... I was just about putting away the tent, but so I escapedinto the tent. I waited for a while stop raining.

幸い雨は20分くらいで止んだので、準備再会です。テントを拭いたり、乾かしたりと時間がかかりましたが10時前には出発。と、思ったらヘッドライトの電球が切れてしまいました。何処かで電球を買わないと。

Luckily the rain stopped in 20 mins, so I restarted packing up I wiped the tent and let it dried. It took a while but I could leave by 10:30am. But I found out the headlght bulb of Esperanza was out. I had to buy a new one somewhere.

ナントの街中に行き、大聖堂へ。生憎の曇り空ですが、なかなかキレイな建物です。

I went to the centre of Nantes. Cathedral was pretty impressive.
DSCF4543.jpg
















門の彫刻もなんか上品でいいですね。

Those curvings above the main gate were really detailed.
DSCF4546.jpg

















なかもゴテゴテと飾り付けがなくて、荘厳でワシは好きです。

The inside of Cathedral was plain and simple. It was solemn and I liked that.

DSCF4547.jpg





















ナントの大聖堂、気に入りました!

I've seen many churches and cathedrals, butI like this Cathedral of Nantes. It could be the on of the best so far.

そしてブルゴーニュ伯城へ。堀があってなかなかの構えです。

I visited Castle of Count of Burgundy. There was a moat surrounding the castle, and the difense seemed to be pretty tight.
DSCF4552.jpg

















中は結構狭い。でも城館はなかなかお洒落な感じ。

But inside of the castle was not really huge. The house looked elegant.
DSCF4558.jpg





















ここで雨が降って来ました。かなり強いです。なのでナントの街散策は諦めて、ガソリンスタンドへ非難。ここで電球を購入できたので交換。雨が弱まるのを待って先に進みます。

It started to rain hard again. I gave up sightseeing Nantes and escaped to a petrolstation. Here I could buy a lght bulb and fitted it. I waited there until the rain eased up.

雨は止んだり降ったり。途中の田舎街は家々が石造りで趣があります。晴れだったらもっと映えるんでしょうねぇ。

It rained and stopped. Those little towns and villages on the way were built with stones and were really nice. If the weather was better, they would be prettier. 
DSCF4561.jpg
















そして遂にモン・サン・ミシェルが見えました!! エスペランサを停めて先ずは写真。

Then, finally I saw Mont Saint Michel in a distace!! I pulled over at the roaside and tok a photo.
DSCF4563.jpg

















モン・サン・ミシェルの近くまで行けるかと思いましたが、車両通行止め。駐車場に停めなければいけません。イギリスナンバーのバイクが何台か走りすぎたので、もしかしたら裏技を知ってるかと思い付いていったら、大雨。近くに屋台があり、そこでテントを張ってあったのでそこの下で珈琲を飲みながらライダーたちと歓談。彼らは今日の夜にフェリーでイギリスに帰るので、モン・サン・ミシェルは遠目だけ見て諦めた、とのこと。屋台からのモン・サン・ミシェル。

I thought I could ride up to Mont Saint Michel really close up, but all vehicles were to be parked at a paied parking area.... I saw a number of British registered motorcycles went past. I thought they might know a tricl, so I followed them. But it srated to rain rally really hard. There was a food stand and had a few tents where we could stay dry, so we had a cuppa and had a chat. As they were gong to tae a ferry this afteroon, so they would not go into Mont Saint Michel, they said.
DSCF4564.jpg

















雨が上がったので、イギリス人ライダーたちに別れを告げて、駐車場へ。2時間で3.5ユーロ。まぁ、一級観光地にしてはボッタクリではないですが、高いですね。

The rain stopped and I said good-bye to those Bristish riders and went to the parking area. It cost 3.5 Euros for 2 hours... It was not as expensive as I thoughtbut it was stil expensive.

川が海に流れ込んでいるんですが、そこに水門があってそこからモン・サン・ミシェルが眺められます。うーん、天気が悪いのでイマイチ・・・。

There was a bridge from where I could see a good view of Mont Saint Michel. Well, as the weather was really bad, so it did not look really great....
DSCF4566.jpg
















ヒツジも憬れのモン・サン・ミシェルに来たのですが、天気が悪いのでちょっとガッカリ。

Mr.Seep was very disappointed with the view of Mont Saint Michel with the grey sky.
DSCF4568.jpg

















ここで日本人女性短期旅行者3人組と出会い、写真を撮ってもらいました。

I met 3 Japanese girls on a short holiday in France there. I asked them to rake photos of me and M. Sheep with Mont Saint Michel.
DSCF4570.jpg
















彼女たちと話をしているうちに、晴れ間が広がって来ました!! なのでもう一枚撮ってもらいました。ヒツジも喜んでます。

While I was talkng to them, the weather got beter!! Now Mr.  Sheep was happy!!
DSCF4575.jpg

















ちょっと望遠で。

A shot of Mont Saint Michel with a zoom.
DSCF4578.jpg

















彼女たちに別れを告げ、モン・サン・ミシェルまでは無料シャトルが出てるので、乗って近くまで行って見ました。

I said good-bye to them and took a free shuttle bus to Mont Saint Michel.
DSCF4583.jpg
















サンカクも。

Sankaku with Mont Saint Michel.
DSCF4585.jpg

















しかし、中には入らなかったです。まぁ、門までは無料で入れるのですが、それ以降は有料なのと、天気が悪くならないうちに今日の目的地カン(Caen)に着きたかったのと、彼女たちも中よりも遠めで眺めた方がキレイ、と言ってたので。

But I did not go inside. Those Japanese girls told me, I could go inside the gate and around for free. But to enter Monastery, I had to pay a fee. I imagined inside would not be very special and I wanted to go ahead while the eather was good, so I turned back to the parkig area.
DSCF4586.jpg
















更に2時間くらい走りカン近郊まで。途中やはり雨に降られました。6時過ぎにキャンプ場に到着。テントを張っているうちに雨が降り始めて、テントを張り終えたころには土砂降り。30分くらい降り続きました。やっぱり早めに切り上げて正解でしたね。

I rode to Caen and it took 2 hours or so. It eained hard a few times on the way. I arrived a campground after 6pm. While I was pitching the tent, it started to rain again. When the tent was done, it was pouring and it continued raining hard for 30 mins or so. Luckily I did not spend longet in Mont Saint Michel.

ここノルマンディーは当に「D-Day(ノルマンディー上陸作戦)」の舞台ですね。「The Longest Day」、「Saving Private Ryan」や「Bond of Brothers」で何回も見た、当に激戦地。キャンプ場でノルマンディーの第2次世界大戦の遺跡などを詳しく聞いて、明日に備えます。

So I am in Normandy. The place where D Day invasion took place on 6 of June, 1944. I watched those D Day movies and TV series like "The Longest Day", "Saving Private Ryan" and "Bond of Brothers". I asked info at the campground and I am ready for tomorrow!

*******************************************************************************************************************************************************

世界一周ブログランキングに参加中です。 上位にランクインすることで、このブログがより多くの方の目に留まります。そして更に多くの方に読んでいただけます。 クリックしてご一票をいただけると嬉しいです。

I am competing in "Round the World Trip Blog Ranking". Please click the button to make my blog No.1!! にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 *******************************************************************************************************************************************************

拍手[4回]

Day 702: 2012年6月29日

Lasarte Oria - Spain to Nantes - France (Nantes Camping)
70,393km to 70,985km = 592 km

今朝は曇りですが雨は止んでました。ダニエルはアンジューの友達の家に、ワシはナントを目指すことになりました。なので途中まで一緒に走り、分岐点でお別れです。

It was overcasted this morning. Daniel would be heading to Angers and would stay at his friend'S place. I would be heading to Nantes and spend a night there and heading to Normandy. So we rode together today until the junction we split.

先ずはフランスとの国境手前で給油。フランスに入るとガソリンが高くなるんで。しかしスペイン最後の写真が「Maxi China」ってのもなんですねぇ。

We filled up our tanks before we cross the border to France. Petrol costs more in France. The last photo in Spain was "Maxi China"... Nothing Spain about it...
DSCF4531.jpg
















フランス側に入り、先ずはボルドー(Bordeaux)を目指します。が、しかし小さな街が多く、ロータリー多発でなかなか前に進めません・・・。2時間かけて80キロくらいしか進みません。

In France, we were riding to Bordeaux first. But there were many small towns on the ways and tons of roundabouts. So we could not ride the distance. We made just 80km after 2 hours.

一旦路肩に停車し、高速道路を使うかダニエルと相談。しかし余分な出費はしたくないので下の道で行くことに。そうしたら直ぐに一級国道になり、時速90-100キロで飛ばせるようになりました。

We pulled over at the road side and discussed if we could another way to avoid roundabouts. We could take the toll way, but we would not want to spend extra, so we decided to stay on the same way. Then soon, it became a major highway and we could cruise at 90-100km/h.

ボルドーの街をバイパスしたら、田舎道。ブドウ畑が広がります。そう、ボルドーはワインの名産地ですね。

We bypassed Bordeaux and then there were many grape vines everywhere. Yes, Bordeaux is one of the most famous wine production area in France.
DSCF4533.jpgDSCF4534.jpg
































ワインが飲めればちょっとワイナリーにでも寄りたいところですが、生憎ワシはアルコールは飲めないんです。

If I could drink wines I would visit some wineries, but I cannot have any alchole.
DSCF4535.jpg
















ダニエルもまだ200キロくらいしか走っていないので、寄り道はせずに今日の目的地まで直行するみたいです。

Daniel also wanted to go ahead as we just made less than 200km so far. We had a long ride ahead of us still.

シャンパーニュ(Champagne)という小さな街を通り過ぎましたが、あのシャンペンの産地のシャンパーニュなんでしょうか?? ただ通り過ぎたので写真は無いです。

We passed a small town named "Champagne". I was not sure if it was the "Champagne" - the home of sparkling wine "Champagne". As we rode through the town, we did not take any photo.

コニャック(Cognac)っていう標識が出たり、やはりここら辺り一帯はワインやブランデーなどの名産地なんですね。

そしてダニエルとお別れのときが。約一週間一緒に行動しましたので名残惜しいですが、彼もワシももともと一人旅。Buen viaje mi amigo! Suerte!!

Then we came to the junction where we split. We rode together for a week. It was sad to be apart. But we are primary travelling solo anyway. Buen viaje mi amigo. Que te vaya bien y suerte!
DSCF4536.jpg
















さて、一路ナントを目指します。

I was riding straight to Nantes.

ナントに到着したのは7時過ぎ。まだまだ明るいので街の風景が良く見えます。なかなかキレイな街ですね。運河や川も多く、ちょっと長いしたくなりそうな街。

I arrived Nantes after 7pm. It was still bright and I could see the city well while riding through. There were rivers, cannels and beautiful buildings. I would like to spend a few days here (but I have to move on...).
DSCF4539.jpg

















これは大聖堂。

Cathedral of Nantes.
DSCF4540.jpg
















明日ノルマンディーに向けて出発する前に、ちょっと街散策しますかね。

It's pitty that I will be leaving here tomorrow. I will walk around the city tomorrow morning before heading to Normandy.

キャンプ場はネットで調べてたんですが、高級キャンプ場です。20ユーロのつもりが25ユーロでした(ハイシーズン価格!!)。でも今日は下の道600キロ走って疲れているので、ここにしちゃいました。

The campground I went was 5 star campground. I thought it would be 20 Euros but it was 25 Euros as it was already high season!! I thought about going to another campground, but after 600km of riding, I decided to stay there.
DSCF4542.jpg
















明日はナントの街を軽く見てから、あのモン・サン・ミシェル(Le Mont Saint Michel)を訪ねて、ノルマンディーの街カン(Caen)を目指す予定です。

I will explore the city of Nantes, I will visit Le Mont Saint Michel, and then I will head to Caen in Normandy.

*******************************************************************************************************************************************************

世界一周ブログランキングに参加中です。 上位にランクインすることで、このブログがより多くの方の目に留まります。そして更に多くの方に読んでいただけます。 クリックしてご一票をいただけると嬉しいです。

I am competing in "Round the World Trip Blog Ranking". Please click the button to make my blog No.1!! にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 *******************************************************************************************************************************************************
 

拍手[3回]

Day 687: 2012年6月14日

Barcelona (Casa de Sagrada)
66,799km

今日はエルネスト・ラファエル・ゲバラ:デ・ラ・セルナの誕生日。おめでとう司令官。

It's Ernesto Rafael Guevara de la Serna's birthday. Happy Birthday, Comandante.

天気は良し。朝は洗濯をしてから出かけました。先ずはピカソ博物館(Museu Picasso)へ。流石世紀の巨匠ピカソの博物館、行列です。

It was a sunny day. I washed my clothes and went out to Picasso museum. It seemed to be a popular tourist destination, so here was a long queue.
DSCF4168.jpg
















しかしたまたまワシの前に並んでいたのが日本人のカオル君とヒデ君。会話をしながら並んでいたら、待ち時間も感じずに済みました。

But luckily 2 guys in front of my were Japanese - Kaoru and Hide, so I was chatting with them while waiting. So I did not feel like waiting that long and we could get into the museum.

この博物館は、ピカソの若年期の作品から、老年期の作品を主に展示しています。若い頃のピカソは「ピカソ」らしからぬ、「真面目」な絵を描いています。残念ながら館内での写真撮影は禁止。

In this museum, there were paintings from his youth and paitings from the later period of his life. Those paintings from his youth, they were not like "Picasso" which I knew. Unfortunately taking photo was prohibited.

若年期にも結構ユーモアがある作品はありましたね。で、だんだんと一般的に有名なピカソの画風が確立されていきます。

Among those paintings from his youth, there were some with humour. And then his style was becoming to be like "Picasso".

今まで何点かピカソの作品を見たことはありましたが、ここまで一気に見たのは初めてですね。流石に巨匠、面白い作品がありました。まぁ、たまに手抜きしてんじゃないか?って思われる作品もありましたけど。

I had seen some of paintings of Picasso before, but it was the first time to see so many of his paintings at once. There were many interesting pieces. But some looked like as he did not put much effort.

カオル君とヒデ君とカフェで軽く生ハムのボカディージョ(スペイン風サンドイッチ)を食べて、お別れ。2人は短期旅行なのでツアーバスに乗ってサッカースタジアムに行くそうです。よい旅を。

I had a bocadillo and a drink for lunch with Kaoru and Hide. Then they took a touristic bus to a football stadium. Have a good trip!
DSCF4169.jpg

















ワシは、地下鉄に乗り、グエル公園(Parc Guell)を再び訪ねました。公園内で一番高い丘トレス・クルス(Tres Cruz)からはバルセロナの街が見渡せます。

I took a metro to Parc Guell again. I climeb up to Tres Cruz on the highest hill in th epark. There I could see the city of Barcelona clearly.
4d532311.jpegDSCF4172.jpg
































それから下へ。ゲバラ風の格好が気に入られ、大道芸人?かお土産売り?のおっちゃんに気に入られて「写真を一緒に撮ろう」と他の観光客に撮ってもらった写真。何故か彼は中国風の衣装。

Then I went down to the plaza. One street performer (?) liked my "Che" style and he asked me to take a photo together. Some how he was in Chinese style outfit.
DSCF4177.jpg





















天井にも砕いたタイルで装飾。曲線にタイルを貼る為、わざとタイルを砕いたそうです。

The broken tiles were used for ceiling as well. As Gaudi used curves a lot, the tiles needed to be broken to cover the curved surfaces.
DSCF4178.jpg

















有名なトカゲ。

The famous lizard.
DSCF4180.jpg
















正門から公園を見上げます。

THe view of the park from the main gate.
DSCF4182.jpg
















しばら公園を散歩した後、エスペランサを駐車してある矢田さん経営のもう一つの宿「アクロポリス・バルセロナ」を訪ねます。ここはただいま改装中。しばらく矢田さんとお話した後に宿に戻り、明日以降の行き先の下調べ。

さて、今夜は矢田さんと美味しいスペイン料理を食べに出かけます。何が出てくるんでしょう!?

In the evening, I went out to have typical SPanish dinner with Mr. Yata. I wondered what would be served.

電車を乗り継ぎ旧市街へ。中央郵便局。

We caught metro to downtown. This is Central Post Office.
DSCF4191.jpg
















矢田さん行きつけのレストランへ。が、しかし、一ヶ月前にオーナーが代わったとのこと!! 矢田さんはしばらく日本に帰っていらしたので、ビックリ。馴染みの店が変わるのはショックですね。

We went to a restaurant where Mr. Yata had been eating at for 20 years. But just a month ago, the owner of the restaurant had changed. As Mr. Yata was in Japan for a while recently, he did not know and was shocked.

しかし、料理のクオリティーは落ちてないそうです。11ユーロでこのボリューム!!! 前菜、パエリア(写真は2人前です)、そしてメインの肉料理(後ろのは矢田さんの分)。デザートもついてワシは大満足です。

However, the quality of foods served was not lowered, and for just 11 Euros, I could have this much!! An entree, Paella (the photo show was for 2 people), and the main dish (beef in cream sauce). It came with a desert too!
9bedd811.jpegDSCF4194.jpg5a41050e.jpeg
















































そしてスペイン広場に行き、噴水ショーを。これは世界一の規模だとか。流石迫力あります。夜景もきれい。

Then we went to Spainish Plaza to watch the fountain show. It was amazing and the night view of the city was beautiful.
DSCF4199.jpg
















スペイン広場にある新しいショッピング・センターは闘牛場を改築したもの。

A shopping centre near by the plaza used to be a bull fighting stadium.
DSCF4208.jpg

















なんと5メートルも基礎が上げられたとのこと。スゴイ技術ですね。

The basement of the stadium was lifted for 5m or so! Amazing!!

そんなこんなで楽しい夜でした。矢田さんありがとうございました!! 明日はバルセロナを発ち、ヴァレンシアに向かいます。

Thanks for a great evening, Mr. Yata. I will leave Barcelona tomorrow to Valencia.

*******************************************************************************************************************************************************

世界一周ブログランキングに参加中です。 上位にランクインすることで、このブログがより多くの方の目に留まります。そして更に多くの方に読んでいただけます。 クリックしてご一票をいただけると嬉しいです。

I am competing in "Round the World Trip Blog Ranking". Please click the button to make my blog No.1!! にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 *******************************************************************************************************************************************************

拍手[3回]

Day 684: 2012年6月11日

Toulouse (La Casa de Jean-Yves y Estelle)
66,233km to 66,415km = 182km

昨晩は遅くまで両親とスカイプで歓談。何故なら今日はワシの誕生日だからです。去年はエクアドルでアダムとウベ、そしてホルへ・ファンと祝いましたね。あれから1年、いろいろ有りましたねぇ。え、何歳になったかって? それは秘密です。

なので今日は11時に起床。天気は、まぁまぁですね。晴れ間も見えるし、黒い雨雲も見える。うーん、どうしますかねぇ。出かけようかな??

Facebookで友達からの誕生祝を沢山もらって、嬉しい限り。返信してたら、もう1時。天気も良くなったので出かけました。行き先はカルカッソンヌ(Carcassonne)かコルド・シュル・シエル(Codes Sur Ciel)との選択がありましたが、ヨーロッパ最大級の中世要塞があるカルカッソンヌに決定。

トゥールーズから東南へ田舎道を走ります。丘陵に畑が広がりフランスの郊外もイイ感じ。

6617082a.jpeg
















1時間半くらいでカルカッソンヌの街に到着。要塞は街からオード川(Aude)を渡ったラ・シテ(La Cite)と呼ばれるエリアにあります。流石ヨーロッパ最大規模の城塞、デカイです。が、しかし雲行きが・・・。

DSCF4082.jpg

















城塞近くの駐車場に停めて、ちょっと場内を散歩しようと思ったら、花粉症が重く・・・。しばらく城壁に腰を下ろして休憩。

d649bf14.jpeg
















そしたら天気が良くなって来ました。こうなると元気も湧いてきて場内散歩開始!!

6c60403d.jpeg
















やはり城塞なので無骨。バイエルンの瀟洒な城や宮殿とは趣が違いますね。

DSCF4091.jpg
















カルカッソンヌの街を一望できます。この写真にはエスペランサが移ってます。さて、何処でしょう??

DSCF4094.jpg
















ちょっと寂れた感じが歴史を感じさせます。

DSCF4097.jpg
















城塞内部は街になっていて、レストランやお土産屋が並んでいます。

DSCF4098.jpg
















ここら辺りでまた雲行きが怪しくなってきたので、駐車場に戻り、帰途に付きます。途中から土砂降りになりました。今日はパニアを外した状態なので雨具を持ってこなかったんですね・・・。ジャケットもパンツもゴアテックスなんですが、約2年使用した結果最近は防水機能が低下。中までビチョ濡れです。ヒツジとサンカクが普段入っているカンガルー柄のバッグもずぶ濡れ。しかしヒツジとサンカクはちゃんと雨具を着込んでいるので大丈夫。

6時頃に帰宅すると、ジャン・イヴが今夜のパーティーの支度を始めていました。友達のギョームとセバスチャンも来てくれて、ジャン・イヴ手作りのキッシュとピザでパーティー。本当はクリスとカリンも参加予定でしたが、愛犬が事故にあったとかで参加できず。愛犬は大丈夫かな。

DSCF4101.jpg

















ケーキの代わりにジャン・イヴ特性のアップルパイ。ロウソクを立てて願い事を。ワシはこのパイ好きでしたが、何故か皆には人気が無く・・・。



みんなでゲームなどをして夜は深けるのでした。

いやぁ、本当にありがとう、ジャン・イヴにエステル。楽しい誕生日が過ごせました。

さて、明日はいよいよスペインに向けて出発です。ピレネー山脈を越えて、途中小国アンドラに寄ってからバルセロナに向かう予定です。もしかすると思いがけない再会がバルセロナで??

*******************************************************************************************************************************************************

世界一周ブログランキングに参加中です。 上位にランクインすることで、このブログがより多くの方の目に留まります。そして更に多くの方に読んでいただけます。 クリックしてご一票をいただけると嬉しいです。

I am competing in "Round the World Trip Blog Ranking". Please click the button to make my blog No.1!! にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 *******************************************************************************************************************************************************

拍手[4回]

  
フリーエリア
一日一回クリックするとランキングがあがります! よろしくお願いいたします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



View Europe in a larger map
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
New Comments 最新コメント
[04/20 Yoshi]
[09/01 NONAME]
[02/07 室橋一也]
[02/04 Yoshi]
[02/03 Yoshi]
カウンター
プロフィール
HN:
三郎
性別:
男性
職業:
革命家
趣味:
バイク・旅
自己紹介:
オーストラリアに移住して16年。遠く南の大陸から母国日本を眺めてみて危機感を感じてはや16年。なにか出来ないものかと考えて考えて、ようやく自分で行動することに数年前に思い当たる。とりあえず自分が出来ることから始めよう!ってことで、革命軍M-26-Julioをシドニーで結成。
誰かが世の中変えるのを待ってるだけじゃなく、自分で社会に貢献できることから始めよう。
世界を旅しながら色々な人と出会い革命の輪を広げていきたい。
2010年からおやすみ羊とBMW R1200GSで世界一周中!

Hasta la victoria siempre, Patoria o Muerte!

現在の愛車:BMW R1200GS 「Esperanza de la Tora」(世界一周)、 SUZUKI DR650SE 「孫市」(オーストラリア一周)
過去の愛車:Buell XR12R Firebolt, Yamaha FZ1, Yamaha TRX850, 、HONDA XR250R, Suzuki XF650 Freewind, Yamaha XV250 Virago
ブログ内検索
バーコード
Copyright ©  -- M-26-Julio 羊とめぐる冒険 BMW R1200GSで世界一周の旅 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]