忍者ブログ

三郎とおやすみ羊のBMW R1200GSで世界一周の大冒険

   
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

さらばミュンヘン! / Good-bye Munich!
Day 655: 2012年5月13日

Munich to Höchst im Odenwald (La Casa de Katrin)
62,031km to 62.407km = 376km

今日13日は父の誕生日。おめでとう。

It's my dad'sbirthday today. Congratulations!

ヒツジさんとサンカクとローラのひつじ。「お別れが寂しい」とヒツジ。

Mr. Sheep, Sankaku and Laura's sheep. Mr. Sheep said it's hard to say good-bye...
a2854ed3.jpeg


]













今朝は曇りで寒いですが、バイクで移動するには丁度いい気候。朝は軽くパンを抓んでイナと歓談。そして荷物をエスペランサに積みます。カリさんにいただいたOrtliebのRack Packを後部座席と荷台に縦に置き、RocStrapで括り付けます。これで荷物の積み降ろし、そして持ち運びが大分楽になります。

This morning it was cloudy and cold but it would be a nice day to ride a motorcycle. I had some breads for breakfast and chat with Ina. Then I loaded up luggages on Esperanza. I put the Ortlieb Rack Pack given by Kari on the pillion seat and the rear rack and secured it with the Rok Straps. With these, it is much easier to load, unload  and carrying the luggage.

11時半頃にローラがやってきたので、ミュンヘン名物白ソーセージをスィート・マスタードを付けて食べます。必ず2本とか4本偶数食べるそうです。白いので豚肉か、と思ったらなんと子牛肉だそです。口当たりは軽く、ちょっとはんぺんと竹輪の中間くらいの食感。味もソーセージというよりは軽くてはんぺんや竹輪に近いような。

Laura came to visit me around 11:30am then I had Munich famous "White Sausage" breakfast. It was served with sweet mastered. Traditionally it must be consumed before noon and would be served in pair. As it was white, I thought it was made with pork, but Ina told me it was made from veal. The texture was pretty similar to Japanese Hanpen or Chikuwa (both of them are fish cakes), or kinda in between them. It tastes more like those fish cakes rather than meat sausages.
4d2c5639.jpeg
















天気は晴れ間が広がってきて、ベランダで日当たりにいると暑いくらい。

While having white sausages, the weather got better and better and it was little hot staying at the balcony.

1時半頃までローラとイナと歓談し、別れ惜しいですが出発です。なんだかんだで2週間以上お世話になってたんですね。気さくで優しいイナ。流石ローラのお母さんなのでインテリでとても刺激的な会話を楽しめました。
そして、ローラ。大学や仕事で忙しくてなかなか一緒に行動できませんでしたが、彼氏のダークとともにワシのミュンヘン滞在を有意義なものにしてくれました。ありがとう。9月末か10月初め(オクトーバ・フェストにあわせて)にはまたミュンヘンに戻ってくる予定なので、その時にはバイク乗りになっていることでしょう。
「では、また秋に会いましょう!」と別れを告げて走り出します。

Until around 1:30pm, I was chatting with Laura and Ina. It was hard to leave, but I must move on. I stayed there for more than 2 weeks. Ina was very friendly and very kind. As Laura's mum, she was very intellegent and I really enjoyed talking to her.

Lura was busy with her uni works and tutoring works, but with her boy friend Dirk, she helped me around a lot. It was really nice to catch up with her. Thank you guys so so much! Danke!!
Anyway, I am planning to come back to Munich by the late September or the early October (for Octoberfest!), so I will se them again soon.

"See you in Autumn!", then I left there.
DSCF2895.jpg7d9f165f.jpeg 
































ミュンヘンの市街地をバイパスし、サッカースタジアムを左手に見ながら9号線を目指します。ニュルンベルク、ベルリン方面を時速100キロ~110キロではしります。
3~4車線あるので問題は無いのですが、このスピードだとガンガン車に追い越されていきます。

I bypassed the city of Munich and passed by the Succor stadium, then went on the route 9. I followed the signs to Nurnburg and Berlin. I was cruising at 100-110km/h and many cars were passing me by so fast! As there were 3-4 lanes on the highway, it was not scary or anything.

走っていると結構寒い。所々曇っていますので、気温が上がらないのでしょう。途中のレストエリアで(中南米と違いちゃんと国道沿いにレストエリアが設備されています)インナージャケットを着込みます。そして「ドナウ(Donau)」の文字が見えました。ドナウ川を越えて更に北上。子供の頃から「ドナウ川」と聞いていたので、実物を見ながら橋を越えるのはちょっと感慨深いものがありますね。

It got really cold while riding. As it was partially coudy, it did not have enough sun to heat up the air. So I made a short stop at a rest area to wear the inner jacket. Then I rode acorss a bridge over "Donau" river. As I learnt this name "Donau" in the history class and the geography class when I was a kid, I had kinda special feeling when I crossed the bridge seeing the actual river.
DSCF2898.jpg
















ニュルンベルクを越えた辺りで給油。そして3号線に入りフランクフルト・アム・マイン(Frankfurt am Main)方面へ。あとでカトリンに聞いたんですけど「アム・マイン(am Main)」ってどういう意味なんだろう?って思いながら走ってたんです。で、マイン(Main)川を越えたので、マイン川に関係あるんだろう、ってのは判ったんですけどね。

I made another short stop just after Nurnburg for refueling. Then I turned into the route 3, heading to Frankfurt am Main. I was wondering what "am Main" means. Later on I asked Katrin and found out.

正解は「フランクフルト」という地名はドイツに2つあって、1つは世界的に有名な「フランクフルト」これが「アム・マイン」です。もう一つはベルリンの近くにある「フランクフルト」。こちらはフランクフルト・アン・デア・オーダー(Frankfurt an der Oder)。「アム=am」は畔という意味なので、「フランクフルト・アム・マイン」とは「マイン川畔のフランクフルト」という意味になります。

Katrin told me that "am Main" means "beside Main river".  As there is another Frankfurt near Berlin, which is called "Frankfurt an der Oder", Frankfurt, the famous one in the middle of Germany is called "am Main" o distiingush from another one. 

フランクフルト手前90キロくらいで国道3号を降りて田舎道に入ります。多少ワインディングのある牧歌的な風景が広がる素敵な道。途中小さな街々を通り抜けて、カトリンが住んでいるホェースト(Höchst)に到着したのは6時半過ぎ。
カトリンはヒッチハイクしてほぼ無銭旅行なんてしてたのに、実家はかなり広い家です。カトリンとはブラジルはサンパウロ以来の再会です。あれからもう1ヵ月半以上経つんですね。

90km or so before Frankfurt am Main, I got off from the route 3 and rode on the local road. There were some bends on the road I could enjoy riding through and the pastral scenary pleased my eyes. I went through some sall towns on the way, I got to the town of Höchst im Odenwald where Katrin lives after 6:30pm. She was hitchhiking in South America and did not have much money, but her place looked pretty good. It's been more than a month and half since we saw last time in Sao Paulo.

お父さんのローランドさんが出てきてくれて、早速ガレージにエスペランサを駐車させてもらいました。丁度カトリンのお姉さんと甥っ子が訪ねてきていたので、皆で夕食。スモーク・サーモン、2種類のサラミ、いろんな種類のチーズ、そしていろんな種類のパン。

Her dad Roland came out and helped me to park Esperanza in the garage. There were her sister and nephew too, so we had dinner together. Some smoked salmon, 2 kinds of salames, various cheese and various breads.

夕食後お姉さんと甥っ子はダームスタットの自宅へ。なのでカトリン、お父さんとお母さん、そしてワシの4人でラミイ(Rummy)というゲームをしました。結構頭を使うので慣れないうちは戸惑いますが、面白いゲームです。
お母さんが3勝、お父さんが1勝、カトリンが1勝。ワシはドベ…。次は負けないぞ!!

After dinner, her sis and nephew went back their home in Darmstadt. Then with Katrin, her dad and mum, I played "Rummy". It was the first time for me to play the game, and it required lots of thinking, so I was a bit confused for a few games. But I found it really interesting. In the end, her mum won 3 games, her dad won 1 game, Katrin won 1 game, and I did not win any game... Next time, I will do better!!

そんなこんなで1日は暮れたのでした。

Just like this, the day had gone. 

*******************************************************************************************************************************************************

世界一周ブログランキングに参加中です。 上位にランクインすることで、このブログがより多くの方の目に留まります。そして更に多くの方に読んでいただけます。 クリックしてご一票をいただけると嬉しいです。

I am competing in "Round the World Trip Blog Ranking". Please click the button to make my blog No.1!! にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 *******************************************************************************************************************************************************
 

拍手[4回]

PR
  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
フリーエリア
一日一回クリックするとランキングがあがります! よろしくお願いいたします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



View Europe in a larger map
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
New Comments 最新コメント
[04/20 Yoshi]
[09/01 NONAME]
[02/07 室橋一也]
[02/04 Yoshi]
[02/03 Yoshi]
カウンター
プロフィール
HN:
三郎
性別:
男性
職業:
革命家
趣味:
バイク・旅
自己紹介:
オーストラリアに移住して16年。遠く南の大陸から母国日本を眺めてみて危機感を感じてはや16年。なにか出来ないものかと考えて考えて、ようやく自分で行動することに数年前に思い当たる。とりあえず自分が出来ることから始めよう!ってことで、革命軍M-26-Julioをシドニーで結成。
誰かが世の中変えるのを待ってるだけじゃなく、自分で社会に貢献できることから始めよう。
世界を旅しながら色々な人と出会い革命の輪を広げていきたい。
2010年からおやすみ羊とBMW R1200GSで世界一周中!

Hasta la victoria siempre, Patoria o Muerte!

現在の愛車:BMW R1200GS 「Esperanza de la Tora」(世界一周)、 SUZUKI DR650SE 「孫市」(オーストラリア一周)
過去の愛車:Buell XR12R Firebolt, Yamaha FZ1, Yamaha TRX850, 、HONDA XR250R, Suzuki XF650 Freewind, Yamaha XV250 Virago
ブログ内検索
バーコード
Copyright ©  -- M-26-Julio 羊とめぐる冒険 BMW R1200GSで世界一周の旅 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]