忍者ブログ

三郎とおやすみ羊のBMW R1200GSで世界一周の大冒険

   
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

美術館な1日 / A day in Alte & Neue Pinakothek
Day 782: 2012年9月16日

Munchen - Germany (La Casa de Ina)
83,417km

昨晩からフランクフルト行きの電車やバスを検索してましたが、朝になってイナが素晴らしいサイトを見つけてくれました! Deinbus.deです(ドイツ語しかないのですが)。なんとミュンヘンからフランクフルトまでたたの9ユーロ!! 所要時間は6時間と電車に比べえ遅いですが、9ユーロなら文句は無いでしょう!

I was researching how I could get to Frankfurt economically. The in the morning, Ina found a web site of a bus company. Deinbus.de. It's in German only though. The price to Frankfurt from Munich is surprising 9 Euros!! It would take 6hours to get there (slower than a train), but just for 9 Euros, how could I complain!  

早速18日の朝の便を予約。

I made a booing for a bus leaving in the morning of 18th tuesday.

これでフランクフルト行きは決定ですね。

I secured my ticket to Frankfurt.

後はミュンヘンからウィーンに行く方法とウィーンからイスタンブールへの飛行機を確保しなければいけませんね。

Now, I need to find a tranportation to Vienna and need to make a booking for a fliht from Vienna to Istanbul.

今日は12時にオガワ君と街で待ち合わせをしているので、調べごとは途中にして電車に乗って街まで。

But I had an appointment with Ogawa in the city at 12 noon, so I stopped myresearch and went to the city.

まぁ、腹が減ったので先ずは昼飯、ということになり、ケバブを。塩が効いたヨーグルト・ドリンク「アイラン」が良く合いますね。

We were hungry (yes it was lunch time), we had lunch at a kebab shop. Salted Yogort frink "tAyran" went very well with the kebab.


先ずは「アルテ・ピナコテーク(古美術館)」へ。ここは以前に行った事ありますが、今日は日曜日で入館料は1ユーロなんです。美大のオガワ君は昨日も訪れたとか!

We visited "Alte Pinakothek". I visited there last time in May. But on sunday, the entrance was just 1 Euro. Ogawa actually went there yesterday. But he said he wasnted to see those paintings again.

で、1階から見て周ったのですが、まぁ、ワシの目と心を震わせる作品はありませんね。前から気になっていたのですが、どの作品もイエスが子供の頃は金髪で描かれているのですが、成人してから茶髪になるんですね。まぁ、実際金髪の子供が成長して髪が黒くなることもあるんですけど、なんで子供イエスは金髪なんだろう?

We started our tour from the ground floor. There was no any painting touched my heart, unfortunately... Oh, I was wondering from before that why infant Jesus is always dipicted with blond hair, but Jesus in his youth is always dipicted with brown hair. Does anyone know why?

オガワ君のお気に入りは、ブリューゲル作「怠け者天国(Land of Cockaigne)」です。卵に脚が生えていたり、豚が切り刻まれていて、ナイフが刺さっていたり、右上の方に枝に掴まっている人物が描かれているんですが、かなりユーモアも見れる作品なんです。16世紀の作としてはかなりハッチャけてる、と思いませんか??

Ogawa like this piece from Pieter Bruegel de Oude"Land of Cockaigne" painted in 16thcentury. In this painting, we can find some interesting charactes, such as a egg with legs, a pig cut up and with a knofe stubbed, a man holding a branch blown away etc. Ogawa likes Bruegel's sense of humour.


2階へ上がりましたが、相変らず「駄作」ばかりです。あれ、以前来たときはもっといい作品に思えたんだけどな・・・(その時のエピソードはこちらから)。

At upstair, I still could not find something spearing into my heart. I thought there were at least a few paintings I liked last time I visited here (the episode of the last visit is here). 

オガワ君と話した結論は、「ルーベンスは駄目」っていうこと。あの「フランダースの犬」のネロがあんなにも憧れた大家ルーベンス。ネロはルーベンスの作品を一目見て最後を遂げるんですね。でも、ワシもオガワ君も、「ネロはルーベンスの作品を見ないほうが良かったのではないか?」という結論になりました。ルーベンスの作品が好きな方、申し訳ありませんが、本当にそう感じました。

Ogawa and I came to a conclusio after seeing te most of the collection in ALte Pinakothek tat "Rubens sucks". Nello of "A dog of Flanders" dreamed to see "The Elevation of the Cross" by Rubens in Cathedral of Antwerp and he could see it just before he died. But Ogawa and I reckoned that Nello was better off ot to see the paiting. I am sorry to those who like Rubens works, but I could not get anything from his pantings...

ワシらがアルテ・ピナコテークで一番気に入った作品は、これです。

Then we reckoned this piece was thebest in Alte Pinakothek.


画家の名前も作品名も失念しましたが、この絵は16世紀の作品なんですが、異彩を放ってましたね。

It s a16th century work. We lost the name of the artist and the painting, but it has something shining.

そうそう、アルテには宗教画が多く収蔵されているんですけれど、赤ん坊イエスがことごとくヒドイんです。なんで赤ん坊を上手く描けなかったのか。これはレオナルド・ダヴィンチ作「聖母と子(Virgin and Child)」ですが、みんなこんな感じに描かれているんです。そこに「母性愛」も「普遍愛」も全然感じられない・・・。

We found one thing here. There were many "Virgin and Child" paiting there but every single infant Jesus was painted ugly... Below is one of them by Leonard Da Vinci. You see, Jesus is not pretty at all in this picture. I could not see any "Matanity love" or "Love" in these paintings at all...


一体いつから人類は赤ん坊を上手く描けるようになったのか、それを検証に一旦休憩を挟んで新美術館「ノイエ・ピナコテーク(Neue Pinakothek)」へ。こちらも入館料1ユーロ。

We wondered from when we human would be able to draw an infant with a proper propotion. So after a short break, we went to "Neue Pinakothek". The entrance was 1 Euro as well.

こちらも、「グッ」と心に来る作品がありません。時代を追って見てるのですが、なんかイマイチ。

We looked through the paintings in chronogical order; however, we could not find anything impressed us..

で、ようやくこの作品が! 聖痕が両手と額に出てしまった少女を描いているのでしょうが、これは見てて怖かったです。

Then, finally, we found this painting!! We reckoned this picture was about agirl with stigmata. She looks like terrified with Stigmata and we both felt "fear" from this picture. The impression we got from this painting was much more than other master pieces exhibited in 2 art gallaries. 


大体1870年を境に赤ん坊を描く技術が格段に進歩したみたいです。あ、写真を撮ってないや。

Then we got an answer for our question. Around 1870, an infant was painted in proper proportion. FInally! But I forgot to take a photo.

で、印象派の大家「モネ、ルノワール、ゴーギャン」などの作品もありましたが、印象派の作品はただの「手抜き」にしか見えませんね。

There were some collection of Impressionists such as Monet, Renoir, Gauguin etc, but we were not impressed by them at all.

ゴッホ先生の作品も何点か。

There were a few pieces by Van Gogh.


「ひまわり(12本)」は有名ですね。当時は画期的な作品だったののでしょうが、今見ると魅力はあんまりありませんね。

"Sunflower" is a very famous piece. I guess it was an epoc-making art at his time, but I could not feel much from this.


で、ワシの好きなクリムト先生の「音楽(Musik)」。うーん、ウィーンにあったの作品のほうが断然良かったですね。

Then, "Musik" by my favorite artist Gustav Klimt. But those in Vienna were much more dynamic and full of passion and love, I felt...


クリムト先生作「マルガレーテ・ストンボロー=ウィトゲンシュタインの肖像」。これも迫力がイマイチ。うーん、ウィーンにあった先生の女性人物画はあんなに「生命」が満ち溢れていたんですけどね。

"Portrait of Margaret Stonborough-Wittgenstein" by Klimt. Again, those portraits in Vienna were much more lively and impressive.


なので結論。バイエルン王は「駄作」を集めるのが好きだった。

So our conclusion of today, "Bavarian Kings liked to collect arts but they did not really have great tastes."

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
今日は美大のオガワ君と美術品を鑑賞できて本当に楽しかったです!! ありがとうオガワ君!!!
本日も「世界一周」ボタンをクリックして一票よろしくお願いいたします!!


I am competing in "Round the World Trip Blog Ranking". Please click the button to make my blog No.1!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 *******************************************************************************************************************************************************

拍手[2回]

PR
  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
フリーエリア
一日一回クリックするとランキングがあがります! よろしくお願いいたします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



View Europe in a larger map
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
New Comments 最新コメント
[04/20 Yoshi]
[09/01 NONAME]
[02/07 室橋一也]
[02/04 Yoshi]
[02/03 Yoshi]
カウンター
プロフィール
HN:
三郎
性別:
男性
職業:
革命家
趣味:
バイク・旅
自己紹介:
オーストラリアに移住して16年。遠く南の大陸から母国日本を眺めてみて危機感を感じてはや16年。なにか出来ないものかと考えて考えて、ようやく自分で行動することに数年前に思い当たる。とりあえず自分が出来ることから始めよう!ってことで、革命軍M-26-Julioをシドニーで結成。
誰かが世の中変えるのを待ってるだけじゃなく、自分で社会に貢献できることから始めよう。
世界を旅しながら色々な人と出会い革命の輪を広げていきたい。
2010年からおやすみ羊とBMW R1200GSで世界一周中!

Hasta la victoria siempre, Patoria o Muerte!

現在の愛車:BMW R1200GS 「Esperanza de la Tora」(世界一周)、 SUZUKI DR650SE 「孫市」(オーストラリア一周)
過去の愛車:Buell XR12R Firebolt, Yamaha FZ1, Yamaha TRX850, 、HONDA XR250R, Suzuki XF650 Freewind, Yamaha XV250 Virago
ブログ内検索
バーコード
Copyright ©  -- M-26-Julio 羊とめぐる冒険 BMW R1200GSで世界一周の旅 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]