忍者ブログ

三郎とおやすみ羊のBMW R1200GSで世界一周の大冒険

   
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ポンペイの街を / Pompei

ポンペイのキャンプ場のネット使用料が1日5ユーロと高かったので2日間日記をアップしてませんでした! ただいまアップしましたのでご覧下さい!!

Now I updated 2 diaries. Please have a look!

Day 675: 2012年6月2日

Pompei Scavi (Camping Pompei)
64,691km

さて今日は気合を入れて6時半に起床。8時半に遺跡のゲートが開きますが、7時半過ぎにはゲート前に待機。もちろん一番乗りです。昨日お姉さんに行列が出来る、と言われたのですが、待ってるのはワシと親子連れとカップルのみ…。気合を入れすぎたか??

I got up at 6:30am. As the gate of the ruins of Pompei would be open at 8:30am, I went there just after 7:30am to avoid the long queue. The lady at the ticket office told me usually there would be a long queue in the morning. I was the first one to get there. But there were only a few people waiting before the gate opened...

そして8時半にゲートが開くとともに遺跡へ!! おーーーー、まだ誰もいないポンペイ。遺跡、って感じですねぇ。ヒツジもご満悦。

As soon as the gate was opened at 8:30am, I rshed into the site. None was there at the site yet. I felt like I owned the site! Very exceptional feeling! Mr. Sheep was very happy too!
DSCF3818.jpg


 

 

 












このポンペイの街を死に追いやった張本人ヴェスピオス火山が遠望できます。

I could see Volcano Vesuvius in a distance, which terminated the life of this city Pompei.
fea18398.jpeg


 

 

 

 










これはなんだかわかりますか?? ここは売春宿なんです。「こんな体位も出来ますよ」っていう見本みたいです。

Would you recognise what it was? Here was a brothel. The paintings were the examples of postures the clients could do...
DSCF3830.jpg



 

 

 









これがコトの行われていたベッド。石製です…。堅くて痛そう、と思いますよね?? ちゃんとマットレスが上に置かれていたそうです。

This was one of the beds used. It was made with stones. It would be rough. But do not worry, a soft matress was put on top of it.
44295ca1.jpeg

 

 

 













火山の噴火でこの街は火山灰に埋もれてしまったのですが、もちろん逃げ遅れた人も多かったのです。発掘中になんか空洞があってよく人骨が出てくるので、石膏を流し込んだら…。

As the volcanic erupton was too sudden and the city was burried under volcanic ashes, so many people were trupped. During the exavation, people realised that there were many cavities and often they found human remains. So they put liquid plaster into the cavaty  left in the bed of ashes...

犠牲者の方が徐々に腐乱し出来た空洞だったんです。

As plaster solidified, it produced the body shape of a victim...It was made because of the gradual decomposition of the victim's body.
39921626.jpeg

 


 












この家には、なんと皆さんも一度は写真で見たことがあるモザイク画があったのです。

In this house, there were a mosaic art which everyone must see once a photo of it .
7542a22c.jpeg

 

 

 













それは、「アレクサンダー大王対の戦い」。確かイッソスの戦い(紀元前333年)でアレクサンダー大王がダレイオス三世を破った時のものです。

It was "The battle of Alexander the Great". If my memory serves my correctly, it was the scene from the battle of Issus 333BC that Alezander the Great defeated Persian king Darius III.
DSCF3849.jpg



DSCF3851.jpg

 

 

 

 























しかしこれはレプリカ。本物はナポリの国立考古学博物館にあるそうです。

But it was a reprice. The real one was in National Archeological Museum of Napoli.

轍が出来ているのがわかりますか? 数世紀もの使用で石の舗装が車輪でえぐられてしまったんですね。最盛期には人口10万人もいたポンペイの街。さぞかしに賑やかで物々運搬も多かったのでしょう。

Could you see there were rut? As it was used for centuries, the stone pavement was wearn out. There were 100,000 habitants in ancient Pompei. So it was very busy city and lots of goods needed to be transported.
c185f65b.jpeg


 

 

 










これはパン屋さんの臼です。小麦粉を作ります。

There were bakeries too. The photo shows mills making wheat flour.
DSCF3860.jpg





 

 









そして捏ねて、オーブンでパンを焼き上げる。現代と同じですね。

Then they made doughs and bake them in the oven. Just the same as today.
6907f12b.jpeg








 


 





こんな看板もありました。古代から好きなんですねぇ。

I found a sign like "this". Nothing has changed over 2,000 years.
DSCF3869.jpg

 

 

 

 










高台からポンペイを見下ろします。

A view of Pompei from the hill top.
DSCF3878.jpg



 

 

 

 









そして半円形劇場。流石に保存状態がいいですね。今でも使える感じです。

This half circled theatre would be one of the best conditioned. It looked like we could use it now.
DSCF3879.jpg
757f54b4.jpeg

 

 

 




























所々に鮮明な色を残した壁画が見られます。

Some places had wall paintings with vivid colours still remaining.
DSCF3892.jpg




 

 

 









そして、大円形競技場へ。

Then I went to the great oval stadium.
DSCF3896.jpg





 

 

 

 

 




入り口を通って中に入ると、

Entring through the gate...
DSCF3898.jpg







 

 

 





古代のロマンが甦ります。

The ancient excitement came to live!
57561362.jpeg




 

 










そして貝から出てきたヴィーナス(アフロディテ)。

Then venus out of the scallop.
d3d41bd6.jpeg







 

 

 






最後にヴェスピオス火山を眺めて、遺跡見学終了!! 

In the end, I saw Vesuvius, I finished exploring Pompei!!
DSCF3908.jpg









 

 

 

 


もっと沢山見るところはあったのですが、紹介しきれないのでこの辺にしておきます。しっかり4時間見学しました。本当に堪能しましたが、流石に疲れました。連日の移動と観光で結構クタクタなんですよね。どっかで骨休みしないと…。

There were much more too see, but I could not write everything here. I spent really 4 hours! I really had a great time, but at the same time I was exhausted. I've been busy travelling and sightseeing now a days, so I need to have some rests now.

そしてスーパーに寄ってキャンプ場に戻り、サンドイッチを作って昼飯。

On the ay back to the campground, I went to a supermarket and I made sandwithces for lunch.

ナポリの街へ繰り出します。ナポリの街は結構猥雑な感じ。路上マーケットなんかあって、メキシコとかを思い出させます。車もクラクションをよく鳴らしますし、本当にラテン・アメリカみたい。まぁ、ここもラテンの国なんですけど。

Then I went to the city of Naples. The downtown of Naples was very chaotic! There was street market on and it reminded me of Mexico. Drivers beeped often too. Here is so much like Latin America. In fact here is a latin country too.
DSCF3917.jpg












 




目指すは国立考古学博物館。カラカラ帝。そうです、あのローマにあったカラカラ大浴場を造らせた皇帝です。

I visited National Museum of Archeology. The bust of Emperor Caracalla. Yes, he was the one made the gigantic thermal bath facilities in Rome.
8c6b42b9.jpeg








 

 

 




若きディオニソス神と子供(?)の像。楽しそう。

The statue of young Dionysus and a child (?). They look really happy.
5fd06d0d.jpeg

 

 

 

 















ここに来た目的のは、これを見るためです。「アレクサンダー大王の戦い」のモザイク。

The reason why I came here was to see this one. "The battle of Alexander the Great".
DSCF3932.jpg






 

 

 







追うアレクサンダー大王と、

Alexander chasing,
DSCF3934.jpg

 

 















逃げるペルシャ王ダレイオス三世。流石に迫力満点です。こりゃ、来た甲斐があった。

Darius III running away. It was the very dynamic mosaic. I was glad I visited the museum.
DSCF3935.jpg

 

 















ふざけた感じのモザイクもあります。

There were some mosaic arts really funny like this one.
DSCF3941.jpg
 

 

 


















で、こんなのも。

Also there were something like those!
DSCF3942.jpg


 

 

 










強調しすぎですね。

Isn't it too much exaggeration?
a1968a85.jpeg










 

 


 

三馬鹿トリオ。

3 stupid guys.
DSCF3953.jpg









 

 





イェーイ!! 

Yeah, baby. Yeah!!
DSCF3955.jpg








 

 

 

 



空まで飛んでます。

Flying ones too!!
DSCF3956.jpg




 

 










羊まで…。

A sheep with an enlarged...
DSCF3957.jpg














 


なんだか、ペルーのチムー文化でしたっけ、プレ・インカの文化にもこういうのありましたよね。(写真はチムー文化の出土品 in Peru) こんなところにも南米とお共通点が!??

They remindedme of Chumu culture in Peru. They had similar one too (the photo shown is from Peru). Another similarity between Italy and South America!!??
ff2c6f68.jpeg

 

 

 













半獣神と雌山羊…。

Half goat god and a female goat...
DSCF3958.jpg




 

 

 

 







いろいろ展示されてましたが、古代人も現代人も好きなことは変わりませんね。

There were many more and the ancient people and modern people like the same thing!

で、一番気になったのが、こいつ等。展示物の入ったガラスケースの足になってるんですが、一人一人表情が違うんですよ。しかも物思いにふけってる。

I really wondered what these guys were thinking. Each had a different face.
DSCF3967.jpg











 





何を考えてるんでしょうねぇ?

What are you thinking, boy?
543f8d31.jpeg






 

 

 












ちょっとキメポーズの禿げかかったオッサン。

A slightly boldy man in a sexy posing.
2a849eec.jpeg

 

 

 

 










あ、先ほど男性のある部分が強調された特集がありましたが、古代ローマのスタンダード・サイズはどれくらいだったのでしょう??

There were many enlarged ones before, so I wonder what the average size of ancient Roman time.

これは皇帝クラウディウスの銅像です。

Here is an example. This was the status of Emperor Claudius.
4f17b7b5.jpeg










 

 










結構小さい!! しかも皮被ってます。

It is quite small!! And it's phimosis.
DSCF3994.jpg









 

 

 



っていうか基本的にギリシア、ローマ、そしてルネッサンスの像は皮被ってます。

Generally speaking ancient Greek, Roman and Renaissance sculptures have it as phimosis.

時間は5時前。まだまだ陽はあります。外に出て、ナポリ散策。ヌォーヴォ城(Castel Nuovo)。

It was before 5pm. The sun was still high, so I went out to explore Naples. Castle Nuovo.
DSCF4010.jpg

 

 

 












そして遠目に卵城(Castel Dell'Ovo)。ここまで来てもう疲れ果てました。

I saw Egg Castle (Castel Dell'Ovo) from a distance. Then I was so exhausted. 
DSCF4013.jpg





 

 

 








地中海をまたいで見るヴェスピオス火山を眺めて、帰途へ着きました。

I saw Volcano Vesupius once more accross Mediterranian see and went back to the campground.
DSCF4014.jpg





 

 

 

 






最後はアウグストゥス帝で〆てナポリ散策終了!!

The last shot from Naples was Augustus Caesar!!
0d5c1938.jpeg






 

 

 












さて、明日はジェノヴァまで足を伸ばしますかね。750キロくらいの道のりなので高速道路に乗ってしまいます。

I would like to get to Genova tomorrow. As there would be around 750km to get there, so I would take Motorway.

******************************************************************************************************************************************************

世界一周ブログランキングに参加中です。 上位にランクインすることで、このブログがより多くの方の目に留まります。そして更に多くの方に読んでいただけます。 クリックしてご一票をいただけると嬉しいです。

I am competing in "Round the World Trip Blog Ranking". Please click the button to make my blog No.1!! にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 *******************************************************************************************************************************************************

拍手[4回]

PR
  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
フリーエリア
一日一回クリックするとランキングがあがります! よろしくお願いいたします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



View Europe in a larger map
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
New Comments 最新コメント
[04/20 Yoshi]
[09/01 NONAME]
[02/07 室橋一也]
[02/04 Yoshi]
[02/03 Yoshi]
カウンター
プロフィール
HN:
三郎
性別:
男性
職業:
革命家
趣味:
バイク・旅
自己紹介:
オーストラリアに移住して16年。遠く南の大陸から母国日本を眺めてみて危機感を感じてはや16年。なにか出来ないものかと考えて考えて、ようやく自分で行動することに数年前に思い当たる。とりあえず自分が出来ることから始めよう!ってことで、革命軍M-26-Julioをシドニーで結成。
誰かが世の中変えるのを待ってるだけじゃなく、自分で社会に貢献できることから始めよう。
世界を旅しながら色々な人と出会い革命の輪を広げていきたい。
2010年からおやすみ羊とBMW R1200GSで世界一周中!

Hasta la victoria siempre, Patoria o Muerte!

現在の愛車:BMW R1200GS 「Esperanza de la Tora」(世界一周)、 SUZUKI DR650SE 「孫市」(オーストラリア一周)
過去の愛車:Buell XR12R Firebolt, Yamaha FZ1, Yamaha TRX850, 、HONDA XR250R, Suzuki XF650 Freewind, Yamaha XV250 Virago
ブログ内検索
バーコード
Copyright ©  -- M-26-Julio 羊とめぐる冒険 BMW R1200GSで世界一周の旅 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]