忍者ブログ

三郎とおやすみ羊のBMW R1200GSで世界一周の大冒険

   
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ウロス族の浮き島へ / The floating islands of Uros
Day 371: 2011年7月30日

Puno (Kusillo's Posada)
38,539km

DSCF7212.jpg昨日は早めに寝て今朝は8時まで寝てたのでかなり調子は良くなりました。
朝飯は美味しいパン、バター、ジャムに半熟の目玉焼き2個。フレッシュ・オレンジジュースも付いていてなかなかやります。宿のドミンゴさんが色々話しかけてくれて楽しい朝食となりました。

DSCF7192.jpgウロス族の浮き島に行くには港で往復10ソルと浮き島入場料5ソルを支払います。かなり観光地化されてると聞きますのであんまり期待はしてなかったんですけどね。ヒツジが行きたいと言うもんで。

DSCF7193.jpgDSCF7194.jpgDSCF7197.jpg




船はうわさに違えず遅い。湖にはペットボトルやビニール袋が浮いてたり、かなり汚染されている模様。船が進むに連れてウロス族の浮き島が見えてきました。

DSCF7202.jpgDSCF7209.jpgDSCF7213.jpg




浮き島の1つに接岸して上陸。トトラという葦ににた植物で浮き島は造られています。ウロス族の兄ちゃんがチチカカ湖のことウロス族の浮き島のことなどを説明してくれます。本当に浮いているんですね、島。この島を考え出した古代の人は凄いですね。

DSCF7203.jpgDSCF7204.jpgDSCF7210.jpg




トトラで造られた船もあります。この船のデザインは古代エジプトでパピルスの茎で作られた船にそっくりなのです。全く交流が無かったとされる2つの大陸の異なった文明で全く同じ船が造られていつのは不思議ですね。島は文字通り浮いているのでアンカーに紐でくくられているそうです。

DSCF7220.jpgDSCF7221.jpgDSCF7225.jpg




それからトトラ船に乗って対岸の浮き島へ。兄ちゃんとおばちゃんが一生懸命漕いでますが、逆に流されてます。仕方が無いのでモーターボートで押されて対岸へ。対岸には旅行者が山のように。対岸までの移動料5ソルとられました。

DSCF7229.jpgDSCF7233.jpg対岸には店とかありましたが、本当にツーリスティックなのでプーノに戻ることにしました。

帰りの船もペルー人だらけ。そして今日もペルー人嫌いになる出来事が。ゴミ袋とか船の窓から湖にポイっと捨てるんです。よくバスの窓からペットボトルとかお菓子の包みとかが投げ捨てられますが、湖でも同じとは…。本当に環境に対する意識が低いんですね。

プーノに帰り着いたのは12時前。昼飯を食べて、歩いてiPeruという観光案内所まで。ここでクティンボ(Cutimbo)遺跡への行き方を訊いてコレクティーボで行こうかと思ってましたが、体調が万全でないので宿に戻って昼寝をすることに。

6時頃まで寝て、TKC80をバイクにくくりつけて夕飯は街へ。中華を。

さてまだ洟がグズグズいっているので今日も早めに寝ますか。

明日は朝8時ごろに出発しクティンボを訪ねた後国境越えですね。この旅14カ国目ボリビア入国です。


Day 371: 30 JUL 2011

Puno (Kusillo's Posada)
38,539km

As I slept well, I was feeling much better this morning. The breakfast served here was excellent! Sr. Domingo, the staff of the posada, was very friendly and we had a good conversation over the breakfast.

I walked to the harbour to catch a boat to those floating islands of Uros. The fare was 10 Soles and additional 5 Soles for entering the islands.

The boat was very slow as it was discribed on Lonely Planet. I could see garbages were floating on the lake. Peruvians seemed to be lack of the scense of protecting environment...

I could see those floating islands as the boat progressed. We doced on of the island where the local Uros boy explained about Lake Titikaka, life of Uros and how the islands made. The islands were made out of "Totora" and those Uros boats as well. In Ancient Egypt, those boats floating on Nile looked exactly the same as those Uros boats. It would be very interesting to find out why 2 separate culutes developed the same design of the boats when there was (said) no direct connection between them.

It was really amazed to see the islands were floating. We took the "Totora" boat to another island. A young kid and a lady were rawing the boat, but it did not go anywhere. So motor powered boat pushed the "Totora" boat. The fare was 5 Soles.

On another island, there were tons of tourist. There were shops and restaurant, but it was so touristic, so I took another boat back to Puno.

The boat was full of Peruvians. They threw plastic bags and other garbages out to the lake... I really felt bad to see that. WHen I was riding through Peru, I saw many times that Peruvians threw those trushes out from the buses. I saw the same in other Latin American countries, but I saw the most in Peru.

I came back to the harbour just before 12 noon. I had lunch and walked to iPeru tourist information to know how I could get to the ruins of Cutimbo. But I felt a little sick again, so I went back to the hostel and had a nap till 6pm.

I will visit Cutimbo tomorrow and then head to the border. I will be in Bolivia, the 14th country on this trip, tomorrow.


拍手[3回]

PR
  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
TRACKBACK

TrackbackURL

フリーエリア
一日一回クリックするとランキングがあがります! よろしくお願いいたします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



View Europe in a larger map
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
New Comments 最新コメント
[04/20 Yoshi]
[09/01 NONAME]
[02/07 室橋一也]
[02/04 Yoshi]
[02/03 Yoshi]
カウンター
プロフィール
HN:
三郎
性別:
男性
職業:
革命家
趣味:
バイク・旅
自己紹介:
オーストラリアに移住して16年。遠く南の大陸から母国日本を眺めてみて危機感を感じてはや16年。なにか出来ないものかと考えて考えて、ようやく自分で行動することに数年前に思い当たる。とりあえず自分が出来ることから始めよう!ってことで、革命軍M-26-Julioをシドニーで結成。
誰かが世の中変えるのを待ってるだけじゃなく、自分で社会に貢献できることから始めよう。
世界を旅しながら色々な人と出会い革命の輪を広げていきたい。
2010年からおやすみ羊とBMW R1200GSで世界一周中!

Hasta la victoria siempre, Patoria o Muerte!

現在の愛車:BMW R1200GS 「Esperanza de la Tora」(世界一周)、 SUZUKI DR650SE 「孫市」(オーストラリア一周)
過去の愛車:Buell XR12R Firebolt, Yamaha FZ1, Yamaha TRX850, 、HONDA XR250R, Suzuki XF650 Freewind, Yamaha XV250 Virago
ブログ内検索
バーコード
Copyright ©  -- M-26-Julio 羊とめぐる冒険 BMW R1200GSで世界一周の旅 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]