忍者ブログ

三郎とおやすみ羊のBMW R1200GSで世界一周の大冒険

   
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Day 567: 2012年2月12日

Puerto Iguazu (Complejo Turistico Americano)
55,445km to 55,488km = 33km

今日はイグアスの滝を観光して来ました。エスペランサで国立公園内まで。片道15キロほど。入園料は100ペソ!!とお高い万円です、が、ここを外しては通れないでしょう。駐車料金はバイク1台12ペソ。

DSCF1017.jpgDSCF1093.jpgさて、早速滝を見に行きます!!途中アナグマに遭遇したり。可愛いのか可愛くないのか、よくわからん動物ですな、アナグマ。

DSCF0997.jpgDSCF0998.jpgDSCF1013.jpg




DSCF1015.jpg上の歩道しばらく歩いていくと、見えて来ました!!! 弩迫力です。凄い水量。言葉は要りませんね。ヒツジさんもサンカクも大興奮!!


DSCF1022.jpgDSCF1026.jpgDSCF1035.jpg






DSCF1037.jpg上の歩道を歩いた後は下の歩道へ。こちらからは滝を前面に見ることが出来ます。凄い、の一言。




DSCF1039.jpgDSCF1040.jpgそして、サン・マルティン(San Martin)島に渡ります。しばらく歩くと、「悪魔の喉笛(Garganta del Diablo)」が遠めに見えます。


DSCF1046.jpgDSCF1049.jpgDSCF1053.jpg






DSCF1064.jpgまたてくてく歩くと、滝が前面にパノラマ状だ!! 虹まで見えて、ヒツジさんも大喜び。




DSCF1069.jpg上までもどり、列車に乗って「悪魔の喉笛」まで。駅を降りたら、桟橋の上をしばらく歩きます。川の上に桟橋があるのですが、大きな鯰や亀などが見れます。



DSCF1073.jpgででで、ついに「悪魔の喉笛」が見えて来ました!!! 





DSCF1076.jpgDSCF1081.jpgDSCF1083.jpg






近づくと、すっげぇ、水量。感動です。

DSCF1090.jpgやはり、ここは高いお金を払っても来た甲斐があります。ナイアガラには行かなかったので、これで満足、ですかね。

最後はジャングルの中のトレッキング。一番最後に滝が見える、というので。片道40分以上。炎天下の中を歩きます。が、滝が大したこと無い。下には天然プールになっているので、そこそこ観光客が楽しんでますが、ワシは水着持ってないし、いいや。また40分トボトボ歩きました。これで、疲れ果てた!!!

エスペランサでキャンプ場まで戻り。休憩。充実した1日となりましたね。

明日はパラグアイのイグアス日本人移住区に行くつもりなんですが、ここからパラグアイまでは直接道が無く、ブラジルに一旦入国しなければいけません。なので明日朝一番でビザ申請です。上手く行くかな?? 駄目だったらもう1泊ここでするか、ちょっと戻って(300キロ以上)他の国境を越えるかですね。


Day 567: 12 FEB 2012

Puerto Iguazu (Complejo Turistico Americano)
55,445km to 55,488km = 33km

Today I visited Iguazu Falls!! I rode to the national park. THe entrance fee was 100APs (US$25) and it was expensive but it was worth it! The parking fee for a motorcycle was 12APs.

As soon as I parked my GS and got ready to walk, I started to walk on the "Upper Trail" to see the falls. On teh way, I could see some native animals.

Then I started to see magnificent falls!! Mr, Sheep and Sankaku were very excited too!

Then I walked o "Lower Trail". Here I could see the falls closer. The volume of water rushing down was so much. It was really amazing to see that.

From the botom of "Lower Trail", I ook a dingy to San Martin Island. Walking on the trail for a while, I saw "Devil's Throat (Garganta del Diablo)" from the distance Wow, that would be awesome to see that close by. 

Then I walked on he trail again. Then those falls appeared panoramically in front of my eyes. Wow.

I  could see a rainbow to. What a beautiful senery. Mr. Sheep lost his words.

After the sland trecking, I went back up andtook a train to "Devil's Throat". Once I got off the train, I walked on a trail over the rivers. I could see big catfish and turtles in the river. 

Then I saw "Devil's Throat".It was incredible! So much water was gong down at once! It was the expensive but it was totally worth doing it! As I did not g to Naiagara, now I should be satisfied "Falls".

In the end, I walked on a jungle trail. I heard that I could see a small fall in the end at the information. In the hot and humid climate, I walked more than 40mins one way. But in the end, the fall was not spectecular at all/. There was a natural swimming pool at the bottom of the fall and some tourists were having good time there, but I just turned and walked back.

After this walk, I was exhausted. But I really enjoyed seeing those magnificent falls.

Tomorrow I am planning to go to Yguazu Japanese settlement in Paraguay, but I have to cross to Brazil first to enter Paraguay (there is no direct route to Paraguay from Puerto Iguazu - Argentina). So I have to apply a Brazilian visa first thing in the mornng. I hope it would be done tomorow. Otherwise, I have to ride back to Posada (30km southwest) and cross to Paraguay...

拍手[3回]

PR
Day 566: 2012年2月11日

Paso de las Libres to Puerto Iguazu (Complejo Turistico Americano)
54,806km to 55,445km = 639km

さて今日はイグアスの滝の拠点プエルト・イグアス(Puerto Iguazu)まで600キロ走ります。朝飯は昨晩買ったクッキー。昨晩はネットのつながりが悪かったので、朝ちょこっとネット。

9時に出発。朝のうちは涼しかったのですが、昼過ぎから暑くなりました。今日はただただ走っているだけ。風景も単調。途中イェルバ・マテ(マテ茶の葉)畑が見えたのだけがちょっとした刺激。

5時過ぎにプエルト・イグアスに到着しましたが、ロンプラに乗っているキャンプ場は閉鎖したとのこと。インフォメーションの近くのキャンプ場(ホテル、キャビン、レストラン、プールなどなど観光複合体)はテント代40ペソで1人40ペソなので80ペソ!! キャンプに80ペソは、ねぇ。

もう1つ街外れにキャンプ場があるというので行ってみましたが、結構雰囲気の悪いエリアみたいなので、引き返しました。なので街中まで戻り宿を探します。

交差点で信号待ちをしていたら日本人らしき女性が2人いましたので声を掛けてみました。1人は既に宿を取っていて、もうもう1人は探している途中だとか。1人が泊まっている宿に行って見ましたが、満室。ロンプラに載っている宿も2軒行って見ましたが、満室。これはさっきのキャンプ場に戻るか、と思い、また交差点で信号待ちをしていたら、さっきの日本人女性が。「友達あと2人来るんですが、宿が見つからない・・・」と。今日は土曜日なので家族連れが多く来ているのでしょう。

キャンプ場にもどり、ここにテントを張ります。早速何人かのアルゼンチン人が話しかけてきました。しまった、また週末にキャンプ場。ってことは、ラテン音楽朝までガンガン、かな??

さて、明日はイグアスの滝を見に行きます。世界最大級の滝です。ナイアガラが小さく見えるそうです。楽しみだ!!


Day 566: 11 FEB 2012

Paso de las Libres to Puerto Iguazu (Complejo Turistico Americano)
54,806km to 55,445km = 639km

I rode more than 600km to Puerto Iguazu, the hub for he world famous Inguazu Falls.

I had cookies for breakfast and durfed on Net for a while as I had a bad connection last night. The I left the hotel around 9am.

It was cool in the morning, but it got hotter and hotter as the sun rose up. Thescenery was broing and I was just riding whole day. Just seeing the farm of Yerba Mate was something ineresting. 

I arrived Puerto Iguazu around 5pm. I was looking for a campsite shown on Lonely Planet. But I could not find it. I went to Information Centre and found out that it was closed. There was a hotel coplex nearby offering campsite, but it cost 40APs for a tent and 40APs for a person!! It was too expensie for teniting, so I went to another campground the staff at Information Centre old me. 

It was far away from the town and it looked a dodgy place, so I went to the town and loked for a hostel.

At a intersection I saw 2 Japanese girls. I pulled over and spoke with them. 1 was looking for a hostel and another one had aready her place to stay. She told me to try where she stayed.

I went there but it was fully booked. I asked around a few more hostels but they were all full. I saw the Japanese girl again but she could not find any. She said she was waiting for her friends but it would be hard for them to get any bed tonight... Good luck!! It was saturday, so I guess tons of tourists are here.

So I went back to the campground and checked in. After I pitched my tent, a few Argentinians came to chat with me.Oh no, it would be a fiesta night!! Could I have a good night sleep??

Tomorrow I will visit Iguazu Falls. One of the world biggest falls! 

拍手[3回]

Day 565: 2012年2月10日

Rosario to Paso de las Libres (Hotel Escorpio)
54,132km to 54,806km = 674km

昨晩は10時ごろには相部屋のイスラエル人たちも静かにベッドに入って読書などをしていたので、これは眠れるぞ、と思ったのが間違い。
しばらく眠った後、話し声と物音で目が覚めました。最初は朝早く出発でもするのか、と思いましたが、時計を見ると12時半!!夜中のです。
話し声も小声でなく普通の音量でしてますし、恐るべし、イスラエル人。

実際これまでイスラエル人の旅行者(ライリーって日本人旅行者の間では呼ばれてます)の悪い噂は沢山聞いて来ましたが、実害にあったのは初めてです。レストランでも宿でもイスラエル人お断り、というのがあるのは分かる気がします。

で、朝は7時半に起床。何故だかワシのタオルが床に落ちていてライリーの靴の下敷きになっておりました。嫌がらせか?? 床は彼らの荷物で足の踏み場も無いくらい。
8人部屋なんですけど、ライリーが8人。そしてワシ。1人多いです。ベッド1つに男女が一緒に寝ています。本当にルールを守れない奴等です。
普段なら静かに用意を済ませるところですが、気にしません。普通に音を立てて準備をします。

朝飯は8時から。クロワッサン(Media Luna=半月)2つとバナナと珈琲を頂きました。そして駐車場に向かい、荷物をエスペランサに積んで出発です。

先ずはパラナ川対岸のヴィクトリア(Victoria)を目指します。橋を渡らないといけないのですが、なかなか橋に辿り着けません。GPSを駆使しますが、結構あっちこっちに。
結局30分くらいかかって街から抜け出すのに成功。

橋はパラナ川と中州、そして湿地帯にかかっています。橋からロザリオの街を遠望し、湿地帯を眺めながら走ります。野鳥とか好きな人にはたまらない場所なのでしょうけども。

ヴィクトリアで給油、と思い本線から外れてヴィクトリアの街に入りましたが、ガソリンがスタンドに無い。出たな、アルゼンチン。一旦街に入ると抜け出すのに一苦労。今日はどうも迷う日、みたいです。

次の街ノゴジャ(Nogoya。ローマ字で書くとナゴヤみたいですね)で給油。そこからロザリオ・デル・タラ(Rosario del Tala)手前で6号線に左折するべきでしたが、何故か直進。結局14号線まで東進しました。

14号線は未完成の幹線道路。上下2車線にしようと工事中ですので、片側だけを使用可能にして上下1車線。所々で反対側に移らなければならないので、思うように距離が伸ばせません。
コロン(Colon)の手前で給油とチョリパンの昼飯。そして北上。ブエノス・アイレスより北に向かうのでどんどん暑くなる、と思っていたのですが、今日は走っていると涼しいです。

コンコルディア(Concordia)手前で14号線は封鎖されており、街に入り再び14号に復帰しなければいけませんでした。街道をバイパスするっていうのはどういうこと?って感じですね。
しかし、一旦街に入ると抜け出すのが大変なんです。標識も出ていないので、結構時間を無駄にしました。

どうにかこうにか14号線に復帰して北上を続けます。ブラジルとの国境の街パソ・デ・ロス・リブレス(Paso de los Libres)は本線から10キロほど東に外れたところにありますが、次の街サント・トメ(Santo Tome)は210キロ先だし、時刻はもう6時半だしなので、リブレスで1泊することに。

今日は金曜日。明日は土曜日。まさか、の場合を考えて給油を。しかし相変わらずYPFは行列です。給油が済んだのはもう7時過ぎ。宿を探しにかかります。が、高い!! 最初に聞いたのは350ペソ!!これは高すぎ。
次に聞いたのは250ペソ(60米ドル)    。個室ですし、敷地内に駐車できるし(自分の部屋の前)、WiFiもあるから、まぁ、いいか1日くらい、ということでここにしました。

が、しかし、ネットにつながったりつながらなかったりです。宿代が高かったので、夕飯はクッキー3.5ペソで済ませました。


Day 565: 10 FEB 2012

Rosario to Paso de las Libres (Hotel Escorpio)
54,132km to 54,806km = 674km

I thought I could have a good night sleep as all of guests in my room were on the bed around 10pm. I went to sleep after 10:30pm or so. But I was wrong.

I was awaken by the noise! Thye were talking with the normal tone and making lot of noise. I thought someone were leaving early, but when I checked my watch it was 12:30am....

I heard about bad rumars on Israelis but I had never experienced one until last night. Now I understand why some hostels and restaurants are not welcomming Israelis.

I woke up around 7:30am. I found my towel was on the floor (somehow) and it was underneath of a pair of shoes... There were 8 beds in the room but there were 8 Israelis... On 1 bed 1 guy and 1 girl were sleeping together. They cannot keep rules...

Usually I would be quiet, but I did ot care. I was getting ready as if there would be none around.

The breakfast was ready at 8am. I had 2 meda lunas (Croissants) and a banana. I went to the car park and got ready.

It took e a while to get out of the city. I had to go on a bridge and cross to Victria, bt somehow I could not find the way. My GPS was confusing as well...

The highway was crossing the Parana river, its islands and the wet land beyond It would be an awesome place for those bird watchers and nature lovers, but I was not really interested in.

Today I took wrong ways man times. I planed to go on Route 6, but I ended up on Route 14. Route 14 was the unfinished highway and many times I had to switch the lane.

The good thing was it wasn't hot today. As I was heading north, it would be hotter and hotter but it was quite cool today.

I arrived Paso de los Libres around 6:30pm. It was 10km or so off the main highway but the next town Santo Tome would be 210km away. So I decided to stay there. I went to YPF to fill my tank but I had to wait for a long time again. What's wrong with Argentinian petrol surpply?

But I could not find any cheap acomodation. The one I found was 250APs (US$60)... It was a private room, with aircond, WiFi and secure parking. It was expensive, but just for a day, I stayed there

As I sepnt toomuch on accmodation, I just had cookies as dinner. The Internet conection here is really bad...

拍手[2回]

Day 564: 2012年2月9日

Buenos Aires to Rosario (La Casona de Don Jaime 2)
53,849km to 54,132km = 283km

さて、今日は10時前に出発です。暑い地域に行くので、ヒートテック的な肌着は置いていくことに。そういえばこの旅で一回も着用していません。しかしヨーロッパで活躍が予想されます。そして、破損したマッド・スプラッシュ・ガード、ローラへのお土産用のマテとボンビージャもダカール・モトスに置いていくことにしました。

エスペランサを店の外に出し、左右のパニアを取り付けて、予備タイヤを乗せ、そしてタイヤの真ん中に防水ロール・バッグを。ハビエルと息子のジュリアン(残念ながらサンドラは今日はお休み)、ダンキン、ピーターとサム親子に別れを告げて出発。高速道路9号線を直走ります。

高速道路上は単調ですね。しばらく走り3車線が2車線になります。そうすると、右側車線(通常車線)は多くのトラックが使用するためでしょうか、路面が結構デコボコ。なので左側の追い越し車線上を走りますが、乗用車が飛ばしてくるので(制限速度は時速130キロ。ワシは燃費を考えて110キロ以上は追い越し以外では出しません)、サイドミラーを確認しながら、右車線に変更、また左に戻るの繰り返しでした。

ブエノスから200キロほど走ったところで給油と昼飯休憩。サンドイッチを。ロザリオはもう100キロ足らず。一気に走ります。

市街地に入ってからセントロまで結構走ります。面積が広い街なのですね。ロンプラに乗っていた安宿に行って見ますが、駐車場は無し。ちょっと高めのホテルに行きましたが、1軒は近くの有料駐車場に駐輪だし、もう1軒は235ペソ(80米ドル)なので高すぎです。なのでもう一回安宿をあたってみました。そうしたら「La Casona de Don Jaime」というホステルはもう一軒あるそうで、もう一軒の向かいの駐車場と特別契約しているから安いとのこと。早速行って見ました。

料金はドミで52ペソ、WiFiと朝飯付き。駐車場は25ペソなので、まぁ、いいでしょう。早速チェックインし、エスペランサを駐車場に。

着替えて出かける準備が出来たのはもう3時。この街にはたった1つの目的の為に来ました。それはエルネストの生家を見るため、です。地図を見ると宿からは直ぐそこなので、早速歩きで。場所はEntre Rios 480です。

DSCF0959.jpgアパートですが有名な建築家「Alejandro Bustillo」の設計した建物だそうで、なかなか立派な構え。エルネストが生まれたのは1928年6月14日。いまから84年も前。それ以前から建物はあったのでしょうから築100年くらいですね。

DSCF0961.jpgDSCF0962.jpgCasa Natal Che Guevara (チェ・ゲバラの生家)、とは看板が出ていますが、中に入れるわけでもなく(未だにアパートとして使われています)、まぁ、生後まもなくはここで暮らしたんだな、という程度です。結局彼はここで喘息を患って、ご両親はもっと気候のいいアルタ・グラシアに引っ越したのですね。

DSCF0963.jpgDSCF0965.jpgあと、ハビエルが「ブエノス・アイレスの彫刻家が古い鍵を大勢から譲ってもらい造ったゲバラの像があるよ。」と教えてくれたので、それも見に。地図を見ると生家の近くに「Mural del Che Guevara」とあるので行って見ました。

そうしたら、エルネストの画が書いてある公園でした。幼い頃ここで遊んだのでしょうか? 一体銅像は何処に? (あとで調べたら「Mural」とは壁画、でした。)

DSCF0967.jpgちょっと歩き回っていたらパラナ川(Rio Panara)の公園に出ました。ここに大きなタンカーが2隻浮んでいました。川にタンカーって。

地図を見直すと、かなり離れた所に"Monumento Al Che"と書いてあります。像はこれですね。どのバスに乗っていいのかも分からないので、とりあえず歩いてみました。結構な距離でしたよ。1時間は歩きましたかね。

DSCF0970.jpgDSCF0979.jpg廃線になった線路の土地を利用して造った公園みたいです。エルネストの銅像はひっそりとそこに立っていました。

DSCF0977.jpgDSCF0978.jpg彼の生誕80周年を記念して建てられたそうです。表情が穏やかなのが印象的でした。


DSCF0973.jpg壁には「Todas las causas que lo motivaron a rebelarse siguen vigentes, su ejemplo y sus ideas tambien (革命にいたったすべての原因は現在でも存在し、またあなたの見本と考えも生きているのです。All the causes that led to revolt are still valid, your example and ideas too).」 とあります。

DSCF0981.jpg古い鍵で造られたとだけあって、足元とかには「鍵」がそこかしこ、と。アルゼンチンでは彼の死後しばらく賛否両論、というか結構忘れられた存在だったようです。やはり1997年に彼の遺体が「発見」されて世界的に再注目されたのがきっかけでしょうか。今では結構な人気です。

彼に別れを告げて街まで歩いて帰りました。夕飯はパン屋でエンパナーダを買って済ませました。どうもこのホステルにはイスラエル人が多いみたいです。部屋は散らかってます・・・。今夜ドンちゃん騒ぎしなければいいけれど・・・。

さて、明日は何処まで走れるかな? 


Day 564: 09 FEB 2012

Buenos Aires to Rosario (La Casona de Don Jaime 2)
53,849km to 54,132km = 283km

I was ready just before 10am. Javier gave me an o-ring and a washer for the pannier (those were lost in Touratech) for free. Thanks Javier! I said good-bye to Javier, Julian (unfortunately Sandra wasn't there), Dunkin, Peter and Sam, and left Dakar Motos. I will be back to Dakar Motos after I go to Paraguay, Brazil and Urguay, so I left a few things (thermal clothes, a set of mate and bombilla for Laura, and the broken mad splash guard) at Dakar Motos.

I headed to Ruta 9. On the motorway, it was really boring to ride. After 3 lanes became 2 lanes, the right lane (for the slow traffic) became really rough. I guessed there are many trucks using this slow lane, so the surface of the road became uneven. I used the left lane, but I had to watch out for fast cars coming from behind as the speed limit there was 130km/h. I was not riding any faster than 110km/h as I wanted to save fuel and to be easy on the tyres. 

I made a stop at a petrol station aroud 200km from Buenos Aires. I had a sandwitch as lunch there. The city of Rosario was less than 100km from there, so I rode straight to the city.

I used the GPS to navigate in the city. From the fringe of the city to the centre, it took a while. I thought the area of the city was pretty large.

I went to a few hostels shown on Lonely Planet, but none of them had got any parking space for my GS. So I tried more expensive hotels, but the frist one I went had no parking space (so I would have to park my GS at a secure parking nearby) and another one cost 235APs, which would be too expensive.

I went back to a hostel I went before and asked if I could find any secure parking nearby. Then the recepcionist told me that they have another hostel and I could park my GS at a secure parking in front of the hostel. So I went.

The name of the hostel is "La Casona de Don Jaime 2". A dorm bed costs 52APs including WiFi and breakfast. The parking cost 25APs a night (a discounted rate for a guest at the hostel). It wasn'T cheap but not a bad deal either.

Once I got changed and was ready to go out, it was already 3pm. I had to visit "Casa Natal de Che Guevara (The birth place of Che Guevara)". It was actually closed to the hostel, so I walked there.
The building (still used as an apartment ) was designed by a famous architect Alejandro Bustillo. The adress is Entre Rios 480.

The building was quite nice. The parents of Ernesto "Che" Guevara de la Serna - Ernesto Guevara Lynch and Celia de la Serna lived in the building after his birth. The building is still used as an apartment, so the place is not open for public. He suffered asthma here when he was 2 years old, then the family moved to Alta Glacia where the environment was better for young Ernesto.

Javier told me there was a statue of "Che" sclupted by an artist in Buenos Aires. He asked people to donate old keys and bronze objects, and made the statue. On the map, I found "Mural of Che Guevara" nearby the birth place, so I went there.

But there was a park with his face painted on a wall. Later I checked "Mural" means a wall paining.

Then I walked to a park at the riverside of Rio Panara. There were 2 huge tankers on the river! Unbelievable.

Then I found "Monumento Al Che" on the map. It would be far away from where I was, but I walked there. It took me more than 1 hour to get to the monument.

The monument was standing very quietly on a park - used to be a rail way  track. As it was made of donated keys and other objects or not, his face seemed to be very calm. It was built for the 80th anniversary of his birth.

On the wall I read - Todas las causas que lo motivaron a rebelarse siguen vigentes, su ejemplo y sus ideas tambien (All the causes that led to revolt are still valid, your example and ideas too).

Now he is very popular through out Argentin. Hewas kinda a "forgotten" hero in Argentina until recently. I guess the recovery of his body in 1997 made a spot light on his existence once more. At least, his spirit is still living in many people.

I said good-bye to "Che" and went back to the centre of the town. I had empanadas for dinner.

Oops. There are many Israelis in my room (actually 7 out of 8 are Israelis!). I am wondering if I can have a good night sleep tonight...

拍手[4回]

Day 563: 2012年2月8日

Buenos Aires (Dakar Motos)
53,835km to 53,849km = 14km

さて昨晩は嵐がブエノス・アイレスを襲いました。今朝は曇りです。道はまだ濡れています。8時過ぎには宿を出てレティロ(Retiro)駅まで。列車に乗ってフロリダ(Florida)駅まで。歩いてダカール・モトスまで。

ダカール・モトスにはイギリスから来たダンカンがいました。イギリスからバイク(YAMAHA XT600 Tenere)を輸送したのですが、手違いでまだイギリスにあるとか! 来週までここに待つとのこと。

ワシはツーラテックにパニアを取りに行きたいのですが、誰も電話に出ません。仕方が無いので、直接訪ねてみました。

溶接は出来てましたが、シリコンを塗っています。ていうことは、今日は何もパニアに入れないほうがいいということ。もう1日ブエノス・アイレス滞在決定。料金は225ペソ(50米ドル)。

ダカール・モトスに戻り、ハビエル一家と昼飯を食べて、セントロに行きました。サンドラが保険屋ATMに電話してアルゼンチン国外用の保険証が出来たのを確認してくれたので。

ATMで保険証を受け取って、再びダカール・モトスへ。ハビエルの友達カールも遊びに来ていてダンカンと歓談。夕方に2人のライダーがやってきました。アメリカ人のピーターとサムです。お父さんにピーターはDUcati Hyper Motardを。息子のサムはBMW X Country650を乗っています。イグアスの方面に行ってきたとのことで、ちょっと話を聞きました。

夜も4人のライダーで歓談。やはりバイクはいいな。さて、明日こそはブエノス・アイレス脱出です。


Day 563: 08 FEB 2012

Buenos Aires (Dakar Motos)
53,835km to 53,849km = 14km

Thunder strom hit Buenos Aires last night. This morning it was cloudy and the streets were wet. I left the hostel after 8am and took a bus to Retiro Station. I cought a train to Florida and walked to Dakar Motos.

At Dakar Motos, there was a guest from UK - Duncan. He is waiting for his YAMAHA XT600 Tenere shipped from UK. There were some happened at the UK side and the bike has not left UK yet. He is expecting to receive it next monday. 

I wanted to pick up my pannier from Touratech and I gave them a few calls, but none answered them... So I went there directly.

The welding job was done, but silicon was just applied. Which means I'd better not to put anything in the pannier today. So I decided to spend 1 more day in Buenos Aires. The cost was 225APs (US$50).

Back to Dakar Motos, I had lunch with Javier's and went to centro. Sandra made a phone call to "ATM" and confirmed that my policy outside Argentina was ready.

I picked my policy and came back to Dakar Motos. Karl - the friend of JAvier - visited and with Duncan we talked about motorcycles. Later in the afternoon, American travellers Peter and Sam (on Ducati Hyper Motard and BMW X Country 650) arrived. We talked about our trips and motorcycles.

Tomorrow I will head to Rosario, for sure!!

拍手[4回]

  
フリーエリア
一日一回クリックするとランキングがあがります! よろしくお願いいたします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



View Europe in a larger map
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
New Comments 最新コメント
[04/20 Yoshi]
[09/01 NONAME]
[02/07 室橋一也]
[02/04 Yoshi]
[02/03 Yoshi]
カウンター
プロフィール
HN:
三郎
性別:
男性
職業:
革命家
趣味:
バイク・旅
自己紹介:
オーストラリアに移住して16年。遠く南の大陸から母国日本を眺めてみて危機感を感じてはや16年。なにか出来ないものかと考えて考えて、ようやく自分で行動することに数年前に思い当たる。とりあえず自分が出来ることから始めよう!ってことで、革命軍M-26-Julioをシドニーで結成。
誰かが世の中変えるのを待ってるだけじゃなく、自分で社会に貢献できることから始めよう。
世界を旅しながら色々な人と出会い革命の輪を広げていきたい。
2010年からおやすみ羊とBMW R1200GSで世界一周中!

Hasta la victoria siempre, Patoria o Muerte!

現在の愛車:BMW R1200GS 「Esperanza de la Tora」(世界一周)、 SUZUKI DR650SE 「孫市」(オーストラリア一周)
過去の愛車:Buell XR12R Firebolt, Yamaha FZ1, Yamaha TRX850, 、HONDA XR250R, Suzuki XF650 Freewind, Yamaha XV250 Virago
ブログ内検索
バーコード
Copyright ©  -- M-26-Julio 羊とめぐる冒険 BMW R1200GSで世界一周の旅 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]