忍者ブログ

三郎とおやすみ羊のBMW R1200GSで世界一周の大冒険

   
カテゴリー「Bolivia」の記事一覧
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Day 443: 2011年10月11日

Sucre (Hostal Pachamama)
41,131km

さて今日も一日待つ日、我慢の子です。

ウベはようやく溶接の素材をゲット。早速IMETへ。

ワシはシモニやエリックと中庭で歓談。昼飯はメルカドで。

午後はBBCの「Wonders of the Universe」を。最終的には宇宙そのものが冷え切って時間すら無くなる、とか。ワシ等生命体の存在意義を考えさせられます。

夕飯はウベとケバブ屋へ。溶接はされましたが、あまりキレイな溶接ではなかったそう。TIGだとキレイに仕上がるはずなんですが、溶接工の腕は・・・。しかもウベのいない間に塗装しなおされて、マスキングしなかったためケーブルやそのたも塗装されたそうです。ボリビア人、恐るべし。

夜はスージー、エリック、フランセスカ、ウベと歓談。エリックとスージーは明日から10日間ぐらい小旅行にいってくるのだそう。

ワシはチリからなにもアップデートが無いので、まだ動けない状態。待ってるだけは、ツライですね。しかも明日はチリの祭日・・・。


Day 443: 11 OCT 2011

Sucre (Hostal Pachamama)
41,131km

Well, I did not have any update from Caros today... So I have to be just patient.

Uwe received his welding material and he went to IMET to do the welding job. But the quality of the finishing was not very good. To make matters worse, they repainted the welded part while Uwe was away, they did not cover other parts, so they painted those cables and other parts... A Bolivian job...

Just waiting without any progress is very painful. I hope I will get a good news from Chile tomorrow, but it is a national holiday in Chile tomorrow...

拍手[3回]

PR
Day 442: 2011年10月10日

Sucre (Hostal Pachamama)
41,131km

さて、今日は月曜日。なにか動きがあるか?と思いメールをチェックしますが、何も無し。ウベのほうもどうやら溶接の素材はラパスの税関で引っかかっている模様。うーん。

更にエクアドルのクエンカでお世話になった独りペドロが亡くなったとの知らせを受けました・・・。詳細は不明ですがまだ若いのに・・・。ご冥福を祈ります。

それにしても最近はあまりいいニュースを聞きません。最近ラパスで日本人夫婦がマラリアの発病で亡くなったとか(アフリカで感染したという話です)。ワシは直接の知り合いではないのですが、同じ旅人として他人事ではないですね。ご冥福を祈ります。

今日はグラハムとジーナ主催のカレーパーティーが学校でありました。集まったお金は老人ホームに寄付されます。みんなで野菜を切ったりしてカレーの準備。味もなかなかでした。あ、写真撮るの忘れた。

うーん、チリからは何も知らせが無いので今のところ、待つしかなさそうですねぇ。


Day 442: 10 OCT 2011

Sucre (Hostal Pachamama)
41,131km

I checked e-mails from the morning to see if there was any update about my shock absorber. But there wasn't.

Uwe also did not receive any update. He checked with UPS and found out that his welding rod was held at custom in La Paz.

I also received a sad news. Pedro, who helped us in Cuenca died. I did not get any detail, but he was still young. I would like to send my sincere condolence to his family.

Recently, I do not receive any good news. Recently Japanese couple died in La Paz due to Malaria (They were infected in Africa).

This evening, Graham and Xina hosted a charity found raising Curry Party @ the school. Everyone cooked together and the curry was pretty good.

As I did not receive any update from Chile, I just have to be more patient for now.

拍手[3回]

Day 441: 2011年10月9日

Sucre (Hostal Pachamama)
41,131km

今日はエルネストの命日。没後44年。この44年でボリビアは、世界はどのように「発展」したのでしょう。彼の理想は我々の中にまだ生き続けている。

流石に昨晩は遅かったので、朝起きたのは10時過ぎ。乾杯のシャンペンを軽く飲んだだけなので「二日酔い」は無いと思いますが、頭が重い。歳ですな。

朝飯を食べて珈琲を飲みながらダラダラと。ウベとメルカド・カンペシーノ(いなかっぺ市場)」に行ってガソリン予備タンクを買う計画でしたが、ウベは本格的に二日酔いなので中止。

昼飯は宿の近くの飯屋で。部屋でBBCの「Power of the Earth」を鑑賞。シベリアの永久凍土が溶けてメタンが発生して温暖化が加速する可能性があること、世界中の氷河が急速に溶けていること。我々の未来はそんなに明るくない!? 

中庭でマルコとウベと珈琲を。今夜はアキルとフランシスカのスクレでの最後の夜なのでみんなで例のステーキハウス「Cumana Churrasqueria」に行くことに。

アキル、フランシスカ、マルコ、シモネ、ウベ、そしてワシの6人で歩いて「Cumana」へ。しかし今日は休み!!! 中から肉の焼ける匂いがするんだけど?? ノックしたらなかからスタッフが出てきて、やはり今日は休みだと。近くのステーキ屋「Chrrasqueria El Asador」を紹介してくれました。

DSCF9708.jpgこちらのステーキ屋は「Cumana」よりも若干安いです。肉の質も悪くないですが、焼き加減を調節してくれないので、やはり「Cumana」のほうが良かったですね。でも、みんなで楽しい夕食をとることができました。

アキルはインド出身ですが、オーストラリアのパース在住。オーストラリアねたで盛り上がります。彼と彼女のフランシスカ(スイス出身)は明日ウユニに行ってしまうので、再会はオーストラリアですね。Buen viaje mis amigos!!

さて、明日は新しい動きがありますかね。カルロス(Wilbersチリ)の言うとおり今週水曜日にドイツから発送されて17日前後にサンティアゴに到着するようでしたら、ジャングルにでも行って来ようかな。


Day 441: 09 OCT 2011

Sucre (Hostal Pachamama)
41,131km

Today is the 44th aniversary since Ernesto "Che" Guevara kicked the bucket. I wonder how Bolivia and the World have "evolved" for thease 44 years. His idea is still alive in us.

Well, I woke up after 10am this morning, as I stayed up late last night. Usually I don't drink any alcohol and I only shipped a champaign for a toast last night. But I had a headache this morning. Hangover??

Having breakfast and coffee, I had a lazy morning.

Uwe and I was planning to go to Mercado Campesino to find jerrycans. But Uwe had a really hangover, so we decided to stay at the hostel.

We had lunch @ the nearby restaurant and I watched BBC "The Power of the Earth" in the room. The program was talking about the global warming is melting permafrost in Siberia, which is causing methane gas released to the atomosphere. Methane gas has 20 times more greem house effect than CO2, so more methane gas will be released, more green house effect wil be. A catastrophic chain reaction.... Also the program was talking about how fast those glaciers on this planet are quickly disappearing. Very disturbing stories, indeed.

I had a cuppa with Marco and Uwe in the courtyard. As Akil and Franceska is leaving Sucre tomorrow morning, we planned go to "Cumana Churrasqueria " for dinner tonight.

Akil, Franceska, Marco, Simone, Uwe and I walked to"Cumana". But the door was closed!! We could smell of cooking meats, so we knocked the door. A staff came out but she said they were closed today... But she told us there was another nice Churrasqueria neearby, so we went there.

"Churrasqueria El Asador" it was. The price was a little cheaper than "Cumana". The quality of meats were good but we could not ask how we would like the meat to be cooked, so I still prefered "Cumana". Anyway, we all had a good time there.

Akil is from India but living in Perth, Australia. We talked about Australia a lot. He and his girl friend Franceska will go to Uyuni tomorrow. When I go back to Australia, one day, I will visit him in Perth. Till then, Buen viaje mis amigo.

Hopefully I can receive an update from Carlos (Wilbers Chile) tomorrow. As he said earlier, if the new shock absorber will be shipped from Germany this Wednesday and will be in Santiago around 17th of Oct, I might go to Jungle meanwhile.

拍手[3回]

Day 440: 2011年10月8日

Sucre (Hostal Pachamama)
41,131km

さて、今日はニコルのパーティーです。朝飯を食べたらプレゼントを買いにウベと街まで。
15歳の少女は何をもらったらうれしいのか、皆目見当もつかないので、宿の女将アナ、スージーに訊いて見ました。チョコレートや花束なんかがいいんじゃないかと。うん、無難な意見ですね。

しかしワシ等はなにか変わったものをプレゼントしたい。そこでマーティンに訊いて見ました。マーティンは14歳。「本が一番いいよ。」と。なるほど、本か。

そこで文房具屋兼本屋に行って見ました。万年筆ってのも悪くないですが、ちょっと硬すぎますか。何軒か本屋などを見て廻って、「そうだ、エルネストの“モーターサイクル南米旅行記(Diarios de la motocicleta)”をプレゼントしよう。」と思い当たりました。若きエルネストが旅の途中でさまざまな出会いや新しい体験をし、悩んだりし、そしれ成長していく様が描かれています。ワシもバイクで旅をしているので(エルネストの場合は旅の初期でバイクが壊れて、ヒッチハイク旅になりましたが)、ワシらしい贈り物になると思います。

しかし、なかなか「モーターサイクル南米旅行記」が売っていない!! 4軒ぐらい本屋を廻ってようやく見つけました。

宿に戻り、昼飯を食べて昼寝。今夜のパーティーは明け方まで続くと言うので、備えます。ウベは溶接屋「IMET」に行って素材が届いたか、確認。しかしまだ届いていないと。3日前にラパスに到着し、スクレに発送されているはずなんだけど・・・。一体???

招待状には「7時」とあったので7時前に会場へ。ウベは「ここは南米だから、8時以降に行ってもまだ始まってないよ。」と言ってましたが、その通り。まだ会場は準備中で、「9時ごろ始まる。」と係りのオバちゃん。

小腹が空いたので、「Shanghai」でチャーハンを。9時に会場に行きましたが、まだ始まっていない!! しかしニコルはワシを見て大喜び!! どうやら、参加できるようになったという伝言を聞いていなかったようです。

DSCF9676.jpgDSCF9679.jpgDSCF9681.jpg





ウベと会場のロフトで飲みながら歓談。チラホラと参加者が登場し、実際に始まったのは10時過ぎ!! 流石に15歳の誕生日なので参加者は10台の若者が殆ど。DJの曲にみんなノリノリで踊ってます。

DSCF9683.jpgDSCF9689.jpg11時過ぎにようやく音楽が一旦とまり、セレモニー。14組の男女のペアが整列し、それぞれがニコルの1年を象徴します。そしてニコルが登場し、お父さんとダンス。流石南米、ダンスがやはり重要なんですねぇ。

ワシはからっきしダンスは駄目なのですが、ニコルの英会話の先生ジョヴァナに誘われてダンス。うーん、リズムに乗れませんねぇ。

DSCF9695.jpgDSCF9696.jpgDSCF9700.jpg








しかし、みんなから「写真とっていいか?」と人気者。会場にはウベとワシしか外国人はいませんでしたからね。そりゃ珍しいわ。

DSCF9702.jpgDSCF9705.jpg2時過ぎまで踊ったり、ロフトで飲んだりしてましたが、流石に眠くなってきました。ニコルに別れを告げてウベと宿まで。

南米の文化の一端に触れて、楽しい夜を過ごせましたね。

拍手[4回]

Day 439: 2011年10月7日

Sucre (Hostal Pachamama)
41,131km

さて今日は出発の日なので、起きてから荷物の整理です。一通り荷物をまとめたら朝飯。

朝飯を食べ終わって部屋に戻り、メールをチェックしたら、なんとチリのWilbersのカルロスからメールが。まだオーダーが通っていない模様。何回かやり取りしたら、ショックがドイツからサンティアゴに届くのは17日くらいになるとか!! 10日間もです。どうやらドイツにもストックが無いようですね。

なので予定変更。古いショックをオーバーホールしてチリまで走るという手もありますが、シリンダーにバルブを取り付けたりと、ちょっと不安要素も残るので、やはりここま待ちの一手ですかね。待ってる間他の街に行く、という手もありますね。

残念ですがウベの滞在許可は25日に切れてしまうので、ワシを待てないですね。ウベは溶接が済み次第ウユニ、ラグーナズ・ルートに向かうことになります。17日前後にショックが届くとなると、スクレをエスペランサと出発できるのは20日前後となりますのでワシもラグーナズ・ルートに向かう時間が無さそうですねぇ。どうしますか。

先ずはMotoserviに行き報告。ハイメさん的にはワシがもうしばらく滞在するのでうれしいみたい。それから学校に行き、ニコルに明日のパーティーに参加できるようになった旨を言伝。

宿に戻りウベとメルカドへ昼飯。それからネット。ウベがヨーロッパに帰った後どのバイクを買おうか、とリサーチを始めたので、XR650Rがいいんじゃないか、なんて調べてました。それからバイク話。

DSCF9671.jpgDSCF9672.jpgDSCF9673.jpg





夕飯はステーキ屋「Cumanu Churrasqueria」で。250グラムのステーキとチップス、サラダなどの付け合せで48ボリと少々高いですが、最高のステーキ!! ちゃんとレアに焼かれて、美味い事。アルゼンチンの肉は噂ほど大したことないとよく旅行者に聞くので、ここボリビアで美味い肉を食べておいて正解ですね。捕鯨の話、ヒトラーがもし負けなかったら何を目指していたのか?などについての話、先進国での若者のやる気の無さについての話、東ドイツ時代の話と、いろいろ有意義な話をして盛り上がりました。

さて明日はニコルの15歳誕生パーティーです。友達1人連れて来て言いというので、ウベも参加です。やはり、ゲリラ服で行くしかないですね。



Day 439: 07 OCT 2011

Sucre (Hostal Pachamama)
41,131km

I started to pack luggages and prepared for checking out from the morning. Once done, I went to the courtyard to have breakfast.

After breakfast, I went back to the room and checked e-mails Carlos from Wilbers Chile sent me one and said the new Wilbers WESA shock absorber would arrive Santiago around 17th OCT! 10 days from today!! This was because Wilbers Germany did not have any stock.They would ship it out on Wednsday nextweek. 

So, now I had to change my plan. There was no poin to go to Santiago so early (as everything in Chile would be more expensive than in Bolivia).
I could ask Jaime to rebuild my oil shock, but driling a hole at the top of thecylinder and making volve there would not apeal to me. I reckoned it would be better to be paitient a little longer. I could visit other places in Bolivia by bus while waiting.

But now I would not be able to go to Lagunas Route with Uwe. His visa expires on25 OCT, so as soon as his welding job is done, he needs to move on. If he waits for me, the visa expires. Also I would be able to take off from Sucre with my GS around 20th OCT, so I might not have enough time to go through Lagunas Route either...

I went to "Motoservi" to report what happned. Jaime seemed to be happy to hear that I would stay here little longer though.

Then I went to the school to leave a message to NIcol that I could attend her 15th birthday party.

With Uwe, I had luch at Medrado. Back to the hostel, I surfed the Net. Uwe was checking whichibike he would buy oce back to Europe. Honda XR650R seemed to be a good one, so we wer e reading articles and talked about it.

We went to "Cumanu Churrasqueria" for dinner. They searved very good steaks. The price was 48Bs for 250g steak, chips, salad, etc, so it was a bit expensive. But the steak was excellent. I ordered 
to cokk rear, and it was perfectly cooked rear. As I heard from many travellers went to Argentina that steaks there were not very good and expensive, so it was good idea to have good steaks while in Bolivia. We talked about Whaling, life in Esat Germany period, what Hitler would have aimed / achieved if he did not fail, and so on. It was really good dinner.

Well, tomorrow is Nicol's 15th birthday party. As I can take one friend with me, Uwe is invited. What should we wear?

拍手[3回]

  
フリーエリア
一日一回クリックするとランキングがあがります! よろしくお願いいたします!!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村



View Europe in a larger map
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
New Comments 最新コメント
[04/20 Yoshi]
[09/01 NONAME]
[02/07 室橋一也]
[02/04 Yoshi]
[02/03 Yoshi]
カウンター
プロフィール
HN:
三郎
性別:
男性
職業:
革命家
趣味:
バイク・旅
自己紹介:
オーストラリアに移住して16年。遠く南の大陸から母国日本を眺めてみて危機感を感じてはや16年。なにか出来ないものかと考えて考えて、ようやく自分で行動することに数年前に思い当たる。とりあえず自分が出来ることから始めよう!ってことで、革命軍M-26-Julioをシドニーで結成。
誰かが世の中変えるのを待ってるだけじゃなく、自分で社会に貢献できることから始めよう。
世界を旅しながら色々な人と出会い革命の輪を広げていきたい。
2010年からおやすみ羊とBMW R1200GSで世界一周中!

Hasta la victoria siempre, Patoria o Muerte!

現在の愛車:BMW R1200GS 「Esperanza de la Tora」(世界一周)、 SUZUKI DR650SE 「孫市」(オーストラリア一周)
過去の愛車:Buell XR12R Firebolt, Yamaha FZ1, Yamaha TRX850, 、HONDA XR250R, Suzuki XF650 Freewind, Yamaha XV250 Virago
ブログ内検索
バーコード
Copyright ©  -- M-26-Julio 羊とめぐる冒険 BMW R1200GSで世界一周の旅 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]